男の着こなし.com

学生服を着こなすには姿勢が大事!高校生なら筋トレもポイント

洋服と姿勢の関係

姿勢の重要性を理解している学生は少ないものです。たかが姿勢の違いだけでも見た目の印象が大きく変わることを、ここではしっかりと理解してほしいと思います。

実は姿勢が悪いだけで身長は低く見えます

姿勢が悪いと肩幅がせまくなり、首が短くなり、顔が前に出て大きく見えてしまいます。

猫背の比較 引用元:http://homepage3.nifty.com/nodenode/kyousei-nekozekyousei.html

これは非常にもったいないことです。全く同じ身長でも姿勢が悪いだけで大きく損をします。当然、学生服も似合わなくなり、女性にモテることにもつながりません。

そして姿勢が悪いと自信がなさそうに見えるので、大人っぽい男性に憧れる女子から避けられてしまいます。多くの女子が先輩に憧れるのは、落ち着いた雰囲気(オーラ)の自信を感じ取っているからでもあります。

運動部の男子がモテやすいのは、この自信が漲っているからでもあります。特定の部活内だけでも圧倒的な実力があると、それが自信となって周囲に伝わっていきます。

顔やスタイルが良くなくても、全国大会に出場しただけでモテモテになる男子学生は珍しくありません。テレビで放送される甲子園に出場すると、他校の女子生徒からもモテてしまうものです。

一方で自信なさげに背中が丸めてしまっていると自信は全く感じられません。実際の身長よりも低くみられ、表情も曇り、喉も潰れるのでハキハキとした声も出なくなります。

参考女性に好かれる良い声を出す方法

小柄でもモテる男子

どこの学校にも小柄でもモテる男子がいるものです。ジャニーズのようなルックスでモテる場合もありますが、それだけではありません。

自信に満ちた姿勢が関係しています。

周りにそのような男子がいれば観察してみてください。いつも胸を張って堂々とした態度をしていると思います。同じぐらいの身長の男子よりも大きく頼もしい存在に見えます。またその感じに女子は弱いです。

イメージしやすいのは「黒子のバスケ」という漫画のキャラクターの赤司君でしょうか。

(左から三番目)

ジャニーズのようなルックスであれば、主人公の黒子のような頼りない感じでもモテるかも知れませんが、並のルックスで自信なさげだと子供っぽい印象にしかうつりません。

堂々としている人というのは実際よりも存在が大きく見えます。自信に満ちた堂々とした姿勢と表情ができると、実際の身長よりも大きく見られるようになります。これは部活のキャプテンがモテる理由でもあります。

逆に背が高くてコンプレックスがある人も、猫背になって姿勢が悪い傾向があります。無意識に大きく見られないよう、目立たないように肩をすぼめて腰を曲げてしまいます。

同じように背が高い人でもバスケ部やバレー部で高身長が武器になっている場合は、背筋が伸びて堂々としているものです。実際の身長だけではなく姿勢や態度も関係あります。

この姿勢による魅力の違いは女子生徒にも当てはまります。それほど胸が大きくない女子でも、姿勢よく胸を張っていると女性らしいボディラインが出て魅力的ですが、猫背で背中を丸めていると分からなくなってしまいます。

当ブログでも姿勢の重要性については色々と紹介してきているのですが、姿勢を良くするだけでグッと洋服の着こなしが良くなる事は珍しくありません。

参考男性ファッションの9割は姿勢?

洋服の上着は肩で決まるので、猫背で肩をすぼめていると皺だらけになって似合いようがありません。身長だけでなく首も短く見えて、男らしさが失われてしまいます。

ちなみにズボンをずり下げるような着崩しも足が短く見えてしまいます。股下の位置が下がり、さらにズボンの裾が靴がぶつかってダブつくので短足に見えてしまいます。

ずり下げたズボン

学生服の着崩しもバランスよくまとめることが出来ればいいのですが、中途半端だとマイナスになってしまうので、あまりおすすめはしません。

きちんと制服を着こなすことよりもずっと難しいです。あえて着崩すようなタブーに挑戦するのが悪いとは言いませんが、中途半端になるのが一番ダサいので気をつけてください。

自信なさげに姿勢が崩れていると、どんな洋服も似合わなくなる事を覚えておいてください。簡単に自信をみなぎらせる事は難しいですが、姿勢が良くなるように意識するだけであれば、それほど難しくないはずです。

筋トレと姿勢の関係

身長を伸ばすことは難しいですが、身長が小さく見えてしまう要素を避けていけば、今の身長よりも大きく見せることは可能です。

その為に有効なのが姿勢を正すことなのですが、積極的に姿勢を正したいのであれば、まずはおしりの筋肉を鍛えてみてください。

その理由については別のところで詳しく紹介したことがあるのですが、

参考正しい姿勢を簡単に取り戻す方法

おしりの筋肉を鍛えると骨盤の位置が正常に戻り、自然と胸を張った良い姿勢に導かれるようになります。

無理やり胸を張ると腰が痛くなったり、長続きしないものですが、おしりの筋肉に力をいれると骨盤が起き上がって猫背が治るので、無理なく良い姿勢をキープできるようになります。

スマホが当たり前になった現代だからこそ、この姿勢の差が大きくなっています。

おしりの筋肉を鍛えるといっても、バーベルを担いでガチガチに鍛える必要はありません。自分の意思でおしりの筋肉に力を込められる感覚を身につけることがポイントです。

これだけでかなり良い姿勢を取り戻す事が出来るのですが、さらに男らしい身体つきを目指したいのであれば、腕立て伏せを取り入れてみてください。

腕立て伏せを行うと肩や胸の筋肉がほぐれて、肩が後ろに下がり(正常な位置に戻り)、胸を張った男らしい姿勢をキープしやすくなります。

そうなると肩幅が広がり、首もスラーっと長く見え、頭の位置も後ろに下がるので小顔に見えるようになります。

猫背の男性のイラスト

女子が写真を撮るときに隣の女子よりも少し後ろに下がって小顔に見えるようにするテクニックがありますが、姿勢が悪いということは、その逆の効果を常に引き寄せているようなことです。

姿勢が悪くて良い事など何もありません。目立たなくなりたいのであれば別ですが、いじめっ子というのはそういう態度の人ほどターゲットにするものです。

自信なさげな姿勢でいると制服が似合わないだけでなく、女子からモテなくなり、様々な面倒事を引き寄せる事にもなるので、今すぐに良い姿勢を取り戻すようにしてください。

特に最近の学生は長時間スマホやゲームに熱中しているので、猫背やストレートネックになっている傾向があります。周りにそのような生徒が多いからこそ、姿勢を正す価値も高まっています。

良い姿勢とは?

自信満々の男らしい良い姿勢でイメージしやすいのは、オードリーの春日さんでしょうか。

オードリー 引用元:http://owaraimania.blog80.fc2.com/blog-entry-394.html

春日さんは実際に凄いマッチョなのであまり参考にならないのですが、胸を張った堂々とした印象は伝わってくると思います。ただ春日さんはわざとこのような姿勢をしているので、ここまで極端に胸を張る必要はありません。むしろ隣の若林さんぐらいの姿勢が理想です。

この男らしい印象にうつる良い姿勢を作るのに有効なのが、胸の筋肉に刺激を与えられる「腕立て伏せ」です。

詳しくはこちらの動画を参考にしてみてください。

腕の筋肉を鍛える腕立て伏せではなく、胸の筋肉を鍛えることがポイントです。盛り上がった胸は男らしい身体の象徴です。

ただし、中学生は気をつけてください。成長期に筋肉をつけすぎてしまうと背が伸びにくくなると言われています(体操選手は小さい頃からムキムキなので小柄な人が多い)。

長嶋茂雄と内村航平引用元:http://blog.livedoor.jp/hikaru2013817/archives/cat_1083741.html?p=7
(左の長嶋茂雄は178cm、右の内村航平は161cm)

なので、腕立て伏せも高校生ぐらいで成長が落ち着いたのであれば、積極的に胸の筋肉を鍛える価値があると思います。

成長期の中学生なら胸や肩甲骨周りのストレッチを行ってください。大きく胸の筋肉が発達するわけではありませんが、自然と胸を張った良い姿勢へ導く事は可能です。

本格的に胸の鍛えるといっても簡単に筋肉は大きくならないのですが、普段使っていない筋肉に刺激を与えるだけでも姿勢は良くなります。たった十回の腕立て伏せでも堂々とした印象になるはずです。

肩幅が広がると視覚効果で小顔に見えるようになります。二人の首から下を手で隠して、顔の大きさを比べてみてください。

入江陵介と高橋大輔 引用元:http://ameblo.jp/shuppansports/archive10-1-201101.html

同じぐらいの顔の大きさだと思います。

ですが、左の水泳の入江陵介選手は肩幅がとても広いので、顔が小さく見えて首も長く見えます。

右のフィギアスケートの高橋大輔選手の肩幅がせまいわけではないのですが、比べる対象があると大きく見えてしまうということです。

猫背で姿勢が悪いと頭の位置が下がり、顔が前に出て首が短く見えてしまい、さらに肩幅が狭まって顔も大きく見えてしまいます。

だからこそ、姿勢を改善することで堂々とした印象になるという事です。

たかが姿勢とバカにしないでください。悪い姿勢のまま洋服が似合うような事はありません。

猫背だと学生服に余計なシワがでるだけでなく、制服の生地が引っ張られるので疲れやすくもなります。制服を着ると疲れやすい人は、猫背の可能性が高いので自分の姿勢を意識してみてください。

また姿勢が良くなると歩き方も堂々とした印象になります。狭い歩幅でトボトボと自信なさげに歩いていると、頼りない男の印象になってしまうので気をつけてください。

参考男性の歩き姿の考察

容姿や身長が全く関係がないとは言いませんが、

「どうせ俺は身長が低くてイケメンじゃないし・・・」

という意識の方が問題です。

自分と同じような身長やルックスの男子でも彼女がいるのは、この意識の違いの問題です。

自信満々に堂々と振る舞うのは簡単ではありませんが、まずは卑屈にならないように気をつけてください。そしてなるべくなら今回紹介したおしりの筋肉に力を込める方法と、腕立て伏せ(成長期ならストレッチ)を取り入れてください。

日頃から自分の姿勢や表情や歩き方を意識してください。これだけでグッと学生服も似合うようになりますよ。

また自信がないと女子と目を合わせられなくなってしまいます。これも相手に確実に伝わってしまうので改善する必要があります。

参考目を合わせるトレーニング方法

頼もしい男らしい姿勢でビシっと女子と目を合わせられるようになると、女子は必ず意識するようになります。

一目惚れという言葉がありますが、自信なさげに伏し目がちな男子に一目惚れする女子はいません。自分の中を見透かされたような堂々とした男性の目に惹かれるものです。

どんなにカッコよく制服を着こなしても、目が泳いでしまうと自信のなさが伝ってしまうので気をつけてください。

大人っぽさ=頼りがい

制服をカッコよく着こなす為に自信は無視できません。どうしても女子にモテない理由を顔の良さだけだと考えてしまうかも知れませんが、それだけではないという事を理解してください。

実際に私も学生時代に女子にモテるような事はありませんでした。バレンタインでも一つもチョコを貰った事がありません。

ですが、大人になってファッションと向き合うようになり、姿勢や筋トレといったものも取り入れて自信をつけていくと、バレンタインでチョコを貰う機会がどんどん増えていきました。

社会人になるとバレンタインのチョコでガチの告白をされるような事はないのですが、取引先の女性といったちょっとした知り合いの関係でも、気軽に貰えるようになりました。

するとお返しをしたいからと連絡先を交換するようになり、その後の展開として発展していく事が増えました。

学生時代や社会人になって間もない頃は、自信なさげに女性と目を合わせる事すらできなかったので、このような展開になる事がなかったのですが、中年になった現在ではホワイトデーが面倒になるほどになりました。

容姿が関係ないとは言いませんが、それを嘆いていても何も変わりません。グチってばかりで変われる箇所まで疎かにしていると、せっかくのチャンスを掴む事が出来なくなってしまいます。

容姿は簡単に変えることは出来ませんが、漲るオーラは姿勢や表情や自信やファッションといったものは誰でも変える事が可能です。

社会人になっても学生服のようにスーツという括りがあるので、誰もが自由なファッションを選べるわけではありませんが、そのスーツというルールの範囲内でも着こなしのレベルには差があり、女性は敏感にその差を察知してくれます。

これは学生服でも同じです。タブーを避けた清潔感のある着こなしで、堂々とした姿勢や表情を取り入れられるようになると、何も意識していない周りの男子よりも、頭一つ抜きん出ることが出来るようになります。

ピアスを開けたり、髪を染めたりといった分かりやすい差別化をしなくても、ファッションに敏感な女性には必ず伝わるので安心してください。

学生服をきちんと着こなすことで子供っぽさをなくし、姿勢を正して頼りがいのある男性を目指してください。堂々とした姿勢で女性の目をビシっと見つめられるようになると、あなたを見る周りの女子の目も変わるはずです。

次は最終章、全体のまとめを紹介します。女子にモテる為に重要なことは、顔の良さだけではないということを改めて理解してください。そして社会人になる前に知っておいて欲しい洋服の着こなし情報も紹介します。

一生モノの知識になるので、学生時代から身につけていると人生が有利になりますよ。

学生さん向けの着こなし情報

1.生服をカッコよく着こなす方法!

2.学ラン、ブレザーの着こなし方!

3.子供っぽく見える要素を無くそう

4.姿勢で身長UP!?印象の違い(現在のページ)

5.社会人になる前に知るべきこと!

down

コメントする