男の着こなし.com

革靴の保管方法、とりあえず新聞紙シューキーパーで形をキープ

シューキーパーで型崩れ予防を!

簡単な革靴のお手入れの次は、革靴の保管方法を紹介します。

基本的には前回の記事で紹介したお手入れを行ったことが前提です。汚れたまま革靴を保管してしまうと、カビが発生してしまうので気をつけてください。

綺麗になった革靴を保管する為に、まず用意してほしいのがシューキーパー(シューツリー)です。

シューキーパーとは、靴のためのハンガーのようなものです。型崩れ防止に役立ちます。

革靴の保管時にシューキーパーを入れる、このちょっとしたことで革靴の寿命が大きく変わってきます。

スーツやジャケットをハンガーにかけないと、皺が残って型崩れしてしまいます。革靴にも同じようなことが起きると思ってください。

しかも洋服のような生地ではなく、革は動物の皮なので、より深く皺が刻まれてしまうことになります。

革靴

洋服のように簡単にアイロンで伸ばすことは出来ません。深い皺が刻み込まれる前に手入れをしてあげる必要があります。

シューキーパーの種類

新品の靴の中には丸めた紙が入っていたと思います。実はあれも一種のシューキーパーのような役割を果たしています。たかが丸めた紙でも型崩れ防止になります。

洋服のハンガーと同じでシューキーパーの質もピンキリです。最高峰のものだと何万円としますが、それこそ100円ショップにも売られているので安心してください。

ただし、気をつけてもらいたいのが、安い革靴だと相性が悪いケースがあります。靴の構造が弱いと、押し付ける力が強いバネ式のシューキーパーを使うと、革が伸びてしまうことがあります。

このバネタイプを安い革靴に装着すると、このように踵がとんがってしまいます。

安い革靴

踵の革の内部が強化されている革靴は、このバネ式のシューキーパーで問題ありません。靴との相性があると覚えておいてください。

これは私の持っているシューキーパーの種類です(右のは紙ですが)。

シューキーパーの種類

機能的にはどれでもいいと思います。どれも型崩れ防止の役にたってくれます。構造の弱い安い革靴には、むしろ新聞紙で丸めた紙が適しています。

右から2番目、3番目はどちらも100円ショップで購入しました。プラスチックよりは木製のほうが湿気を取れて良いとは言われていますが、高級なシューキーパーでもキレイにニスで塗装されていて、湿気を吸わなさそうなモノもあるので、それほど気にしなくてもいいのかと思います。

木製のシューキーパーのメリットは何といっても見た目がカッコいいです。下駄箱で揃っていると嬉しくなってしまいます。私もいつか全ての革靴のシューキーパーを統一したいものです。

私の経験から言わせてもらうと、定価で6000円以上の革靴はだいたい踵がしっかりしています。

手で軽く押してみるとわかるのですが、強化されている革靴の踵を踏んづけることなどまず出来ません。手持ちの革靴の踵が踏みつけられそうな弱さだったら、バネ式のシューキーパーはやめて丸めた新聞紙にしておきましょう。

本格的なシューキーパー

理想的なシューキーパーというのは、踵全体に力が加わるこのようなタイプです。

正直、ファッション初心者にこれを買えというのも酷な気がします。安い革靴と同じぐらいの価格です。

お金持ちであれば問題ないとは思いますが、まずは丸めた紙を詰めるところから始めてください。新聞紙でもOKです(多少インクが移る可能性あり)。

といいますか、丸めた新聞紙は結構万能でして、決して機能は悪くありません。

新聞紙シューキーパー

画像の上の紙を詰めた靴の甲の皺が伸びているのがわかるでしょうか。

新聞紙でもそれなりの効果はあります。しかも紙の量を微調整できるのも魅力の一つです。言ってみればオーダーメードのシューキーパーです(笑)。

ちなみに革靴の踵が強化されているのは6000円オーバーと言いましたが、1万円オーバーの革靴だと、つま先部分の革も強化されています。

上の革靴はそうではないので、ストレートチップのラインの前にまで皺が入ってしまっています(あくまで値段は私の私見ですので参考までに)。

革靴の値段はピンキリですが、安い革靴というのは、それだけ手間を抜かれているということです。長く履き続けるのには適していない手抜き構造になっています。

ただし値段が高くても、つま先や踵が強化されていない革靴もあります。セールで8割引き!なんていう革靴は、最初からセール用の安い構造ということもあります(購入経験有り)。

こういった違いに気付けるようになるのも、日頃から革靴のお手入れをしているからです。

意識したことがない方はチンプンカンプンかも知れませんが、靴の造りや革の材質、製法などの違いや機能を理解出来るようになると、高品質な革靴を見極められるようになります。

すると高級な革靴の意味も理解出来るようになります。このような品質の違いがわからないと、20万の革靴とか意味がわからないと思います。

私はこの靴が欲しくてたまりません。値段も高いとは思いません。ただ買えないですけど(苦笑)。

車に興味のない人にとって、一般的なの車の10倍以上の価格のポルシェやフェラーリの意味や価値は感じないと思いますが、車好きになればなるほど、その価格の意味、価値もわかるのではないでしょうか。

革靴の魅力を理解するためにも、靴磨きから始め、保管方法も意識するようにしてください。

冠婚葬祭ぐらいでしか革靴を履かないという方の中には、明らかに手入れを怠っていただろう、みすぼらしい状態の革靴を履いている方いるものです。

革靴の価格やブランドということではありません。あくまでも適当な扱いをされている革靴には、悲壮感が漂うものです。

冠婚葬祭のように相手への経緯やTPOが求められる場面で、そのような残念な革靴や洋服にならないようになってください。

世界一カッコいい靴磨き?

大分話がそれました、すいません。最後に靴磨きの本格的な手順の紹介も含めて、最高にカッコいい靴磨きの動画を張っておきます。再生回数が半端ないです。

スピードが尋常じゃないですが、素人でもゆっくり行えば同じようなことは出来ます。ただいきなりここを目指してしまうと挫折してしまうので、革靴の初級編では簡単な方法を紹介しました。

靴磨きが楽しくなってきたら、本格的な道具を揃えて是非チャレンジしてみてください。

靴磨きにハマると本当に楽しくなります。私は磨きたいがために冠婚葬祭用の黒のストレートチップの革靴を、たまに履くようにしています(笑)。

靴クリームは一度に僅かな量しか使わないので、一度購入すれば数年は持ちます。100円ショップにもクリームは売られていますが、もう少し奮発することをおすすめしておきます。

また趣味としても、靴磨きは本当におすすめです。

ぜひ家族の靴も磨いてあげてください。他にもバッグやベルトなどの革製品の手入れもしたくなりますよ。

まとめ

革靴の初級編は以上になります。革靴の簡単なお手入れ方法と保管方法について理解して頂けたでしょうか。

衣替えなどで長期間保管する場合に、購入した時についてきた紙の箱に収納される方もいると思いますが、個人的にはあまりおすすめできません。

箱に入れてしまうと湿気がこもるので、除湿剤なども含めて管理しなければなりません。下駄箱に収まりきらないほどの革靴を所有している方は、仕方がないとは思いますが、なるべくなら空気の循環がある下駄箱のような空間に、そのまま保管した方が良いかと思います。

それらの革靴でも二ヵ月に一度ぐらいは足を通し、他の革靴のお手入れをしたタイミングなどに、ついでに軽く拭いてあげてください。一から靴磨きをするようなことではなく、他の革靴を磨いた布で、軽く拭いてあげるようなことです。これだけでも油分を補うことが出来ます。

革靴の購入時の注意点については中級編で紹介していきます。

参考革靴購入時のチェックポイント

ちなみに革靴は毎日同じ靴を履かない方が長持ちします。何足か所有してローテーションさせることが理想なので、新しく革靴を購入するにしても、現在所有している革靴を大切にしてください。

ファッションアイテムの素材として革製品は非常に人気があります。革のお手入れは必須のスキルです。

きちんと革靴を手入れすることが出来れば、他の革製品も同じように扱えるようになります。ベルトや財布、奥様のバックまで手入れをすることが出来るので、頑張ってみてください。

次は腕時計のお手入れ方法について紹介します。意外と腕時計の手入れは見逃されがちなので、意識してほしいと思います。

次へ:Ⅱ-5 腕時計の簡単なお手入れ方法、バランスの取れた装いに時計は不可欠
mae iti ni san iro tugi iro
3ページ中、3ページ目を表示

【関連記事】
革靴の臭い対策!まずは掃除から!

無印とABCのシューキーパーを比較!

靴磨きは百均で十分?ダイソーで揃う?

down

コメントする