男の着こなし.com

健康のために乳酸菌ブームに乗ったら、まさかの副(福)作用が!

髪質改善?

「短髪&石鹸」のおかげで、薄毛については悩まないようになりました。

それからしばらくして、久しぶりに実家に帰省すると、そこで母親からまた衝撃の一言が発せられました。

 

「あら随分肌のツヤがいいわね、髪も黒々して」

 

私はポカンとしてしまいました。以前に私の薄毛を指摘してきた憎き母親(笑)からの、まさかの褒め言葉です。

「え?」と思って洗面所に向かい頭皮を観察してみると、確かに以前よりも地肌が見えなくなっていたのです。

さらに白髪も減ってしました。私は十代の頃から白髪があり、同年代の人からみると白髪が多いほうだったのですが、明らかに白髪の数も減っていました。

その頃は肌の調子がいいのも実感していました。髭を剃るときにカミソリ負けをしなくなっていたからです。

この時は髪質が良くなったことについて、これといった理由を見つけられませんでした。薄毛に悩んでいた頃から比べて、気にしなくなったという意味でストレスが減ったおかげぐらいだと思っていました。

それからまた少し経った頃です。会社に出社すると寝癖を指摘されました!

久しぶりの寝癖!

「寝癖?」と後輩に聞き返すと、

「はい」と言われ、トイレの鏡の前に立って首をひねると、確かに後頭部に寝癖がありました。

十代の頃は毎日寝癖がついていましたが、しばらくはそんなことがありませんでした。

薄毛の方ならわかっていただけると思うのですが、髪が細くなってハリやコシが無くなると寝癖はつかなくなります。

多少は寝癖がつくこともありましたが、手櫛し一発で解決するぐらいの弱い寝癖でした。

そんな頼りない髪質から、そこそこ頑固な寝癖がつくようになったのです。

それからは毎朝意識して寝癖をチェックするようなりました。確実に髪にコシが戻ってきてくれたことを日々実感するようになりました。

「短髪&石鹸」で薄毛が目立たなくなったのは確かなのですが、それで髪質が改善することにはならないはずです。

そもそも髪は肌から出来ているので肌ツヤが良くなったことが、結果的に髪質に好影響を与えたのだと思います。

髪質が良くなったことから考えるとわからなかったのですが、肌ツヤが良くなったことから考えると、「あ、これが理由か!」と思い当たる理由がありました。

乳酸菌ブームに乗っかる

私はその半年ぐらい前から「乳酸菌」を意識して取るようにしていました。

2014年ぐらいからテレビの健康関連の情報が、腸内環境の改善がテーマになりました。

とにかく腸内環境さえ整えれば健康になりますよと、様々なテレビ番組や書籍で紹介されるようになりました。

その中でも藤田紘一郎さんという菌の権威の方がいまして、私はその方の本は昔から読んでいたので、すんなりと納得して健康の為に乳酸菌を取り入れて腸内環境を整えるようになりました。

腸内環境改善、乳酸菌を取る方法を簡単に要約すると、

「毎日発酵食品を食べましょう」

キムチ

ということなので、納豆やキムチ、漬物、ヨーグルトなどを意識して食べるようにしていました。

元々お通じはそれほど悪くはなかったのですが、意識して発酵食品を取るようになると、毎朝快便になりました。力むことなくスルっと出る感じです。トイレットペーパーにもあまり残りが付着しなくなりました。

そして肌荒れが少なくなったことを実感するようになりました。

私はカミソリ負けをしやすく、床屋さんできちんと髭を蒸らしてから剃ってもらっても、いつもカミソリ負けをしてしまい、何か所から血が出てしまうのが普通だったのですが、馴染みの床屋さんに「あれ?肌良くなったね、綺麗に剃れるよ」と言われました。

目立つカミソリ負けもなく、いつもよりも明らかにヒリヒリとした感じもなく、自分でも驚きました。

そんな風に腸内環境を整える乳酸菌の健康効果を実感していたのですが、肌や髭の状態が良くなっていると同時に、髪質改善にまでつながってくれたようでした。

肌ツヤの改善やカミソリ負けや寝ぐせのおかげで、私の髪質改善に光が差したように感じました。

そこで次は具体的に腸内環境を整える意味や、テクニックについて紹介します。腸内環境を整えるだけではなく、メンタル面も整えて気持ちよく納得しながら髪質改善を目指してほしい思います。

次は:髪質改善=健康改善、全ての細胞は同じ栄養素
mae iti ni iro san tugihe
3ページ中、2ページ目を表示

down

コメントする