男の着こなし.com

大胸筋だけじゃない!腕立て伏せの手首の負担が激減した!

初めてのプッシュアップバー

近所のスポーツ用品店には「プッシュアップバー」が一種類しか置いてなかったので、とりあえずそれを購入しました。

価格は1600円ぐらいだったと思います(その帰りに立ち寄ったニトリで700円ぐらいで売られていて衝撃でしたけど・・・)。

自宅に帰り、さっそく「プッシュアップバー」を使ってみた感想は・・・

 

大胸筋が・・・

 

最高でした!!!

 

プッシュアップバーを使うと通常の腕立て伏せよりも高さが出るので、いつもよりも深く腕立て伏せが出来ます。

プッシュアップバー 引用元:http://www.joinus1980.com/SHOP/3B-3037.html

プッシュアップバーは効率よく大胸筋を追い込めるということなんですが、むしろいつもより腕立て伏せの回数が増えてしまいました

「あれ~?」って思いましたよ、てっきり負荷が上がって辛くなると思っていたので拍子抜けでした。

しかし次の日は猛烈な筋肉痛に襲われました。やはり一般的な腕立て伏せよりもプッシュアップバーを使った方が、大胸筋に強い負荷がかかっていたようです。

これについて、私なりに気づいたことがあります。

腕立ての限界

あくまでも私が感じたことですが、腕立て伏せの限界というのは、私の場合は大胸筋に効くように肩幅以上に手を開いて腕立て伏せをするので、当然大胸筋の限界だと思っていました。

それがプッシュアップバーを使うと、いつもよりも大胸筋に負荷がかかっているのにも関わらず回数が増えたわけです。

回数UP

ということは、今までの腕立て伏せがきちんと出来ていなかった可能性があります

大胸筋以外の部位に先に限界が訪れていた可能性が考えられます。

情けない話ですけど、正しいフォームで腕立て伏せを出来ていなかったのかも知れません。

正しい腕立て伏せ 引用元:http://www.cudan.ws/kinyo/mune/udetatefuse-kihon.html

私なりに腕立て伏せのフォームは意識していましたが、どうしても疲れてくるとフォームが乱れてあちこちの筋肉を使っていたのだと思います。

それがプッシュアップバーを使用することで、手首の位置が固定されただけでなく、顔の位置が徐々に後ろに下がってしまうのが実感しやすくなり、正しい腕立て伏せのフォームを維持しやすくなったと感じています。

そして、もう一つプッシュアップバーならではの効果を感じているのが、「手首」の負担が少なくなったことです。

今まで私が通常の腕立て伏せをしていたときは、大胸筋の疲れも当然あるのですが、わりと手首にも負担を感じていました。

 

プッシュアップバーを使用すると、それが全くなくなりました。

 

もしかしたら私の腕立て伏せの限界は手首だったのかも知れません。それがプッシュアップバーを握ることで軽減され、回数が伸びたのだと思います。

通常の腕立て伏せで手首を痛めたことがある人は、プッシュアップバーを試してみる価値があると思います。

WS000000 引用元:ニトリネット

ニトリに激安で販売されていたので、お試しにはちょうどいいかと思います。

プッシュアップバーを購入してから気づいたことですが、いわゆるスポーツ用品店だけではなく、ホームセンターや大型の雑貨店にも売られていました。

むしろドンキホーテや東急ハンズの方が、スポーツ用品店よりもプッシュアップバーの種類が豊富なので、実物を見て選びたい方にはおすすめです。

追記

プッシュアップバーによっては、このように角度が付いているものがあります。

プッシュアップバーの傾き

この向きを間違えて腕立て伏せをしてしまうと、手首を痛めることがあります。片方だけ逆向きに使用してしまうということもあるので、必ずプッシュアップバーの向きを確認してから腕立て伏せを行ってください。

また手首が曲がらないように、きちんと位置や向きを調整して握ってください。片方の手だけ傾いてしまうと手首に負担がかかることがあります。

フローリングの木目や絨毯の柄などを目安にして、毎回同じ幅で腕立て伏せを行うようにしてみてください。

次は効率的なプッシュアップバーの使い方を紹介します。私は腕立て伏せぐらいにしか使えないと思っていたのですが、改めて調べてみると様々なトレーニングが出来るようでした。

次は:プッシュアップバーの効率的な使い方、腹筋も鍛えられる!
mae iti ni iro san tugihe
3ページ中、2ページ目を表示

コメント

  • あんまり安いプッシュアップバーだと持ち手のスポンジが破けてくるよ、お試しならいいけどさ

    by 道具マニア €2015年6月1日 09:39

down

コメントする