男の着こなし.com

首相のようなスーツの頭取、押し出しの大和田常務、エリートの黒崎

頭取のスーツは日本的

半沢直樹が務めている銀行のトップ、頭取役の北大路欣也さんのスーツ姿も見事でした。

頭取のスーツ 引用元:http://www.tbs.co.jp/hanzawa_naoki/gallery/

あまり抑揚がなく寸胴型のシルエットです。年配の方が好むスーツの型です。わかりやすく言うと安倍総理のようなスーツでした。

安倍総理のスーツ 引用元:http://www.seishiro.jp/archives/4954.html

このスーツの型には戦後のアメリカ文化の影響が感じられます。保守的だけど威圧感のあるといった感じでしょうか。

【スポンサーリンク】

大和田常務のスーツ

香川照之さん演じる、あのイヤな上司の大和田常務のスーツもらしさが全開でした。

大和田常務と半沢直樹 偉そうな大和田常務 引用元:http://www.tbs.co.jp/hanzawa_naoki/gallery/

必ず高そうな生地のスリーピースを着ています。常に周りを圧倒する押し出しの強い俺様的なスーツでした。周りの奴とは俺は違うぞ!といった感じが見事にじみ出ていました。

浅野支店長のスーツ

浅野支店長役、石丸幹二さんのスーツもスリーピースでした。

浅野支店長のスーツ 引用元:http://www.tbs.co.jp/hanzawa_naoki/gallery/

こちらは大和田常務のような押し出しの強いスリーピースではなく、落ち着いた一つ上の雰囲気を上手に演出したスリーピースでした。

街の紳士服店の最高峰といった感じでしょうか。嫌味のない好感のもてるお手本のようなスリーピースのスーツ姿でした。

【スポンサーリンク】

国税の黒崎のスーツ

片岡愛之助さん演じる、鼻持ちならないエリート感漂う黒崎もスリーピースでした。

黒崎のスーツ 引用元:http://www.tbs.co.jp/hanzawa_naoki/gallery/

これまた大和田常務と浅野支店長とは違った雰囲気のスリーピースです。有名な仕立て屋さんが仕上げたような感じですかね。

上質な生地を使い、気品溢れるスーツに仕上げています。かといってジャケットのボタンを外して、これ見よがしにはしていないところにもエリートの余裕が感じられます。

さりげなく凄いオーラを醸し出す見事な演出でした。

スリーピースだけでも様々なパターンがあることに改めて気がつかされました。それぞれの立場、背景をこれほど見事にスーツで演出するのは本当に感動ものです。

一流俳優陣による迫真の演技が話題になった「半沢直樹」ですが、スタイリストを含めスタッフ全員が本気で作り上げた作品なのだと思います。

次は:皺だらけのタミヤ電機、型遅れの小木曽、一番似合っていた及川光博
mae iti ni iro san tugihe
3ページ中、2ページ目を表示


down

コメントする




CAPTCHA