男の着こなし.com

ワイシャツの簡単なお手入れ方法!自宅で洗濯も可!

ワイシャツのお手入れ

ここでははワイシャツのお手入れ方法について紹介させていただきます。

「ワイシャツは全てクリーニング」という方はそれで問題ありません、全然OKです、読み飛ばしてもらって構いません。

今回は自宅でワイシャツを洗濯する時のちょっとしたコツ、お手入れ方法のポイントを紹介します。

自宅でワイシャツを洗濯

白いワイシャツはどうしても襟に皮脂汚れが目立ちやすいので、洗濯をする前に下処理をするとことで綺麗に落とすことができます。

襟や袖の汚れをケアする専用品もあるのですが、普通の固形石けんを擦りつけても案外落ちてくれます。

固形石けん

と言いますか、私の経験では専用の商品よりも固形石けんを擦りつけのほうが皮脂汚れが落ちます、専用品が悪いわけではありませんが、皮脂汚れが目立つ時は襟の黒ずみに固形石けんを擦りつけて洗濯してみてください。

ここで気づいてほしいのが白のワイシャツ以外のカラーシャツの存在です

カラーシャツを着た男性が殴られる

カラーシャツやネルシャツも白いワイシャツと同じように襟や袖に皮脂汚れは付いています、白くないから目立たないだけです。

耳裏や首周りから加齢臭が出るとも言われているので、この皮脂汚れのシャツへの蓄積は避けたいところです。

なのでワイシャツ以外のシャツも時々石鹸を擦り付けてお手入れしてあげましょう、パジャマは盲点なりやすいので気をつけてください。

また塩素系の漂白剤だと色落ちの原因になることがあるのですが、これも固形石けんだとリスクを避けることが出来ます。

お風呂上がりなのに加齢臭が匂う人は衣服の皮脂汚れの蓄積しています、白いワイシャツ以外もお手入れしてください。

【スポンサーリンク】

胸ポケットの中のホコリ

次は見逃しがちなポイントを紹介します、それはワイシャツの胸ポケットの中のホコリです。

ワイシャツの胸ポケット

洗濯機の中で回されることによってポケットにホコリ(繊維)が蓄積されてしまいます、毎回でなくてもいいのでホコリをとってあげましょう。

しばしば長年のホコリがごっそりと貯まっている人を見かけます、白いワイシャツは汗を含むと透けて丸見えになります、上の写真は洗濯直後の湿った状態のワイシャツです。

このポケットのホコリは乾燥すると目立たなくはなりますが、気持ちのいいものではありません。

ポケットの奥のホコリは少し取り除きにくいのですが、私はシールの粘着力を使って取ります、缶コーヒーなどに付いているシールで気づいた時にくっつけてしまいます、もちろんセロテープなどでもOKです。

こちらも白いワイシャツに限らず他のシャツにも当てはまりますので、たまにはお手入れしてあげましょう。

頑固な皮脂汚れ対策

頑固な皮脂汚れが付いてしまったワイシャツは「お湯で洗濯」をすると落ちやすくなります。

お風呂の残り湯でも構いません、少しつけ置き洗いをするとさらに効果的です。

バターを想像すると解りやすいのですが、食器についたバターの油分は冷たい水道水だと中々落ちません、ですがお湯を使うとあっけないくらい簡単に落ちてしまいます。

人間の皮脂汚れもバターと同じ動物性の油です。

ただし熱湯だとワイシャツの生地が傷んでしまうので気をつけてください。

お風呂の温度ぐらいで十分です、衣類のタグに洗濯時の温度の上限が示されているので、高級なシャツの場合は必ずチェックしてください!

ただし残り湯洗濯の場合は入浴剤に気を付けてください、入浴剤の中には残り湯洗濯OKと表示されていても、実際に使ってみると匂いがうつることがあります。

洗濯に使用するのであれば、その日の入浴剤は我慢したほうがいいでしょう。

あとは残り湯の汚れ具合も注意してください、追い炊きを使って数日間使用したお湯は雑菌で一杯です、これも匂いが洗濯物にうつる可能性があるので、あまり古いお湯はおすすめ出来ません。

【スポンサーリンク】

ワイシャツの脇汗対策

そしてワイシャツの脇汗の処理も大切なポイントです、ワキガの人は要チェックです(私もです)。

ワキガの人は汗ジミでシャツが黄色くなることがあります、だからこそ私はシャツの下に肌着を着る派です、肌着は安くて買い替えしやすいというメリットもあります。

参考透けない肌着の考察

私は肌着の洗濯の前に脇の部分に液体漂白剤(スプレータイプが便利)で軽く下処理します。

ワイドハイターEXパワーガンコなシミ用 本体 300ml


スプレーするだけでも効果があるのですが、出来ればスプレーしたあとに軽く手もみ洗いをするとより効果的です、ただし漂白剤は手が荒れてしまうのでビニールの手袋が必要です。

また予防として脇汗パッドと呼ばれる商品もあるのですが、

ワキ汗パッド

試してみると確かに効果は抜群なのですが、このパッドを固定するテープの跡がワイシャツに付着してしまったことがあります、それがまた洗濯しても落ちないという事態になりました、初めて使用するときは気をつけてください。

理想は洗濯ネット

最後にもう一つ、シャツのお手入れのコツを紹介します。

ワイシャツに限らず洗濯機で衣類を回すと生地同士が擦れてしまうので、デリケートな生地の衣類は洗濯ネットに入れた方が良いと言われているのですが、これが結構面倒といいますか、洗濯ネットの数も揃える必要があります。

そこで、私考えました。

ワイシャツを脱ぐ時に第二ボタンぐらいまでしか開かないで、そのままトレーナーのように手をクロスさせて脱いで、裏返しにしたまま洗濯機に入れています。

裏返したシャツ

裏返しにすると汗や皮脂汚れが付着した裏側が擦れるので、襟や袖の汚れも落ちやすくなります、シャツの表面が擦れることがないのでネットに入れる必要がありません。

私は安物のシャツだけ裏返してネットに入れずに洗濯をしています、少し値段が高かったシャツは、きちんとネットに入れて洗濯をしています。

そして洗濯機の脱水もポイントになります。

最後の脱水の前にワイシャツ同士の袖の絡まりをほどいてから脱水をすると、シャツの皺がかなり少なくなります。

洗濯機のモード設定などで、脱水前に一度止めてシャツの袖の絡まりをほどいてあげましょう。

これにも裏ワザがありまして、シャツの袖ボタンの穴に、シャツを閉じる真ん中のボタンを留めて、袖を抱きかかえるようにして洗濯をすれば、他の衣類と絡まりにくくなります。

シャツの袖が絡まらない方法

私のようにシャツを裏返して洗濯をする人には使えませんけど・・・。

そして洗濯後に素早くシャツを出して皺を伸ばしながら(私は両肩を持ち、バサバサ振るだけですが)ハンガーにかけましょう。

洗濯物

これだけ通常の洗濯後よりも皺を少なくすることが出来ます。

また形状記憶のワイシャツに限っていえば、脱水をしないで干すと皺が少なくなります、ぽたぽた水滴が垂れるので屋外がお風呂場に干せる人は試す価値があると思います。

次は:自分だけのワイシャツへ、オーダーメイドではなくオリジナル!
mae iti ni iro san tugihe
3ページ中、2ページ目を表示


down

コメントする




CAPTCHA