男の着こなし.com

身だしなみを整えることは周囲への愛である!

身だしなみを整える意味

いきなりですが、私のモットーを紹介します。

 

身だしなみを整えるということは愛である

 

どういうことかと言いますと、身だしなみを整えても自分で直接見ることはできません。せいぜい鏡やビデオカメラの前でしか見ることができません。

鏡にうつった男性

つまり「身だしなみを整える」「オシャレをする」ということは周囲の人のためにする行為です。

車の洗車に近いかも知れません。どんなに綺麗に車体を磨いても運転している人には見えません。

洗車も自己満足の要素がないとは言いませんが、汚い車は周囲の迷惑です。車好きの方にとってはカッコいい車、美しい車は目の保養になりますが、汚い車は多くの方の迷惑になります。

【スポンサーリンク】

着飾らないのは愛の欠如

極論ですが、身だしなみを整えずに汚い格好をしていると周囲の人に迷惑です。お店にも迷惑がかかりますし、家族にすら煙たがられます。

車もそうです。汚れた車=事故を起こしやすい、とは言い切れませんが、整備が行き届いた状態の良い車には見えないと思います。

錆びてボロボロの汚い車と並んで走りたくはありません。後ろを走っていても不安になるものです。

これは人間も同じです。イケメンや美人にこしたことはないですが、一般的なセダンでも綺麗に洗車されていれば、嫌悪感を感じることはありません。

もし不潔なお父さんが小ぎれいになったら、娘さんは嬉しいと思います。奥さんにとっても自慢になるのではないでしょうか。これが洋服を着こなすメリットの一つです。

母と娘

あなたの周囲にもルックスが並でも素敵な男性がいると思います。清潔感あって感じが良くて、いつも笑顔で周囲の人まで幸せにするような魅力的な方がいます。

ファッションもその魅力に含まれています。容姿や体型のように先天的な要素ではなく、誰もが取り入れられることができる要素です。

洋服の着こなし方や髪型で清潔感を出せるように、たとえイケメンでも手を抜いてしまうと不潔になり、感じも悪くなってしまいます。

どうにもならない要素(イケメン)もありますが、どうにかなる要素であれば、想像以上にどうにかなるものです。特にファッションに興味がなかった男性ほど伸びしろがあります。

これまた極論ですが、天国をイメージしてみるとわかりやすくなります。

【スポンサーリンク】

この世を天国へ

頭の中にイメージした天国に、汚い人、不潔な人はいないと思います。

みんな笑顔で清潔感があって素敵な人ではないでしょうか。美男美女ばかりとは限りませんが、おそらくみんな笑顔だと思います。

ちょっと変わった話をしますが、人の見た目を点数でたとえてみます。

ルックスが並の人の魅力を60点だとします。その人が努力をして65点、70点と魅力をアップさせていくことがオシャレです。

もちろん50点の人でも全然いいんです。努力で周囲の人への気遣いで1点でも魅力をあげることは、本当に素晴らしいことです。

生まれながらにルックスが恵まれて80点の人でも、努力をして90点を目指すことがオシャレです。

この努力はこの世の人の平均点を上げることになります。オシャレをするということはこの世を天国に近づけることでもあります。

天国のイメージ

これって素晴らしいことだと思いませんか?

逆に身だしなみを整えないでどうでもいいという人もいますが、せっかく80点もの魅力をもちながらも、無精髭で汚い格好で清潔感がなくなれば、魅力は70点、50点と下がってしまいます。

これを本人だけの問題だと思っていますが、その行為はこの世の平均点を下げていることになります。これはこの世をスラム化して地獄へ近づける行為です。

天国と地獄の看板

「身だしなみを整える」ということは、自分をよく見せるためだけではありません。この世をよくする行為です。個人の魅力が上がると全体の平均点があがります。

それは周囲の人への「」でもあります。

逆に身だしなみを整えない、適当でいいという考えは「自分勝手」ということです。

ゴミをその辺に捨てる行為と同じようなことです。この世を汚しているわけです。本人の魅力を下げるだけの問題ではありません。

本人にはその気はないとは思いますが、結果的に周囲の人へ迷惑をかけてしまいます。

汚い格好では誰も喜びません。お店に入っても店員さんや他のお客さんに煙たがられます。会社の同僚や取引先にも喜ばれません。家族にも恋人にも喜ばれません。当たり前のことです。

逆に身だしなみを整えるだけで店員さんの扱いが良くなります。取引先にも好かれて仕事も上手く回ります。家族や恋人も笑顔になります。

たかが身だしなみを整えるだけで、この世がどんどん天国に近づくことになります。それも自分を中心に良くなっていきます。

「人は見た目じゃない」という方がいますが、正確には「人は見た目だけじゃない」です。

もちろん内面も大切ですが、だからといって外面をおろそかにすることが良いことではありません。

内面が素晴らしい方は相手のことを慮って喜ばれるような格好をします。相手に迷惑になるような格好をする人の内面が素晴らしいとは思えません。

イケメンや高級ブランドが偉いのではなく、相手を不快にさせない程度の身だしなみは最低限必要なスキルです。それプラス魅力をあげることが出来れば、この世はあなたを中心にどんどん天国に近づいていきます。

そのための方法の一つとして、ファッションの基礎を学ぶことだと私は考えています。

着こなしテクニックは一生モノ

当サイトでは、あくまでファッション初心者さん向けの情報が中心なので、上級者さんにはくだらない内容かも知れません(わざわざ名指しで批判してくれた方もいらっしゃいました。紹介していただき感謝です)。

上級者向けのファッション情報はあちこちにあるので、雑誌なり他のサイトなりを参考にしてください。

まだファッションの基準を持ち合わせていない初心者さんの参考になれば、本当に嬉しいです。

記事の下の「次は」をクリックしていただくと、本のページをめくるように順番に読んでいくことが出来る構造になっています。

ファッション基礎講座だけでも結構なボリュームになってしまったので、本を一冊読むぐらいの情報量だと思います。時間のある方、スマホの充電に余裕のある方は、良ければお付き合いください。

あなたのファッションレベルを上げて、この世を天国に近づけましょう。

そしてあなたの男性としての魅力をアップさせて、女性にモテましょう(こっちがメイン笑)。

次は:Ⅰ-1 あなたに洋服が似合わない理由!身体のサイズは千差万別!
mae iti ni iro tugi iro
2ページ中、2ページ目を表示


down

コメントする




CAPTCHA