男の着こなし.com

Tシャツの着こなしテクニックは・・・中年男には厳しいのであります

Tシャツと中年男性の相性

いきなりですが、

中年男性とTシャツの相性は、あまり良くありません。

いかにも中年太りでお腹が出ている場合は、残念ながらTシャツは全く似合いません。

中年太りの男性

ある程度の体型をキープしている中年男性であれば、きちんとサイズを合わせることで似合う可能性はありますが、あくまでも可能性です。

それほどTシャツというのは若者向けのファッションアイテムです、素で清潔感がないとだらしなさを強調してしまうので、肌や髪の清潔感が衰えている中年男性にとっては難しいアイテムです。

逆に若者であれば、お腹が出ていることも少なく、黙っていても肌や髪に清潔感があるので、多少のサイズのズレがあってもそれなりに似合う傾向があります。

この違いをしっかりと理解した上で、Tシャツと向き合う必要があります。

Tシャツの選び方

Tシャツを選ぶ基準というのは、当ブログで何度も口をすっぱくして伝えてきているサイズ合わせがポイントになります。

多くのメーカーのTシャツのサイズ展開は、S、M、L、XLぐらいしかありません。

Mサイズのタグにある165cm~175cmという表記は、この間の身長の全ての男性に似合うサイズという意味ではありません。

175cmの痩せ型の人や170cmのがっちり体型であれば似合うのかも知れませんし、165cmのデブでも可能性がありますが、問題なく着られたからといって似合うとも限りません。

Tシャツが似合うポイントというのは、身体にフィットしている事は当然ですが、肩幅や着丈や袖丈のバランスも重要です。

大きすぎるTシャツ

このように肩のラインが落ちてしまうと、一気にだらしなさが出てしまいます。

どんなに好きなブランドのTシャツでも、自分の体型に合わなければ似合いようがありません。特に欧米のブランドのTシャツは平均的な日本人体型とはかけ離れているので、よほどスタイルが良い男性でないと似合う可能性が低いです。

スーツやジャケットのような洋服であれば、ある程度は体型に寄せていく事が出来ますし、袖の長さを微調整するような事も出来ますが、Tシャツのようなシンプルな洋服だと微調整は出来ません。

素の身体を浮き彫りにしてしまうだけに、体型が崩れてしまっている中年男性が似合う確率はかなり低くなってしまいます。

なのでTシャツの選び方というのは、購入前のサイズ合わせが全てです。様々なブランドのTシャツの中から自分の体型に合うものを見つけるのは至難の業です。

女性ファッションの強み

男性よりも圧倒的にファッションセンスのある女性は、この辺の事を理解している人が多いので、中年女性が安易にTシャツ一枚で勝負するような事は多くありません。

男性よりも見る目が厳しいので、小柄な女性向けのブランドやグラマラスな女性向けのブランドがあったり、ファッション雑誌でも年代別だけでなく様々な層に向けて細かくターゲットが分かれています。

全く同じ表記のサイズでもブランドがターゲットにしている層によって、随分とサイズが違う傾向があります。

小柄で可愛らしい宮崎あおいさんをモデルにしているブランドと、スタイルの良い道端三姉妹をモデルにしているブランドでは、全く方向性が違います。

アースの宮崎あおい 引用元:k636515.blog.so-net.ne.jp

一方で男性向けのファッションだと、若者向けの洋服屋と紳士服店のTシャツの形は、女性服ほどの違いがありません(デザインは別)。

一部の太った人向けの洋服を取り扱っている専門店では、3L(XXL)などの大きなサイズがありますが、MサイズのTシャツをスリムな人向け、ぽっちゃり向けと分けて売ってはいるブランドはあまりありません。

スーツやジャケットやYシャツだと、かなり細かく体型別に分かれているので、ある程度は洋服の方を体型に合わせることが出来るのですが、Tシャツとなると自分で見極めるしかありません。

女性ファッションのように細かく層が分かれていないだけに、着こなすスキルによって大きく差が出てしまう傾向があります。

体型が崩れている中年男性にとっては、かなり難しいファッションアイテムなので、無理に取り入れる必要はありません。

それでもTシャツを着たいという男性も多いと思うので、次はTシャツを合わせるポイントについて紹介していきます。

次は:Tシャツを合わせるポイントは肩幅の合うのブランドを見つけること
mae iro iti iro ni tugihe
2ページ中、1ページ目を表示

down

コメントする