男の着こなし.com

グンゼの肌着は紳士の味方!着心地が段違いだった!

肌着を着る意味

ファッションに興味のある男性のみなさんは、肌着にこだわりがあるでしょうか?

紳士服の世界だと「ワイシャツの下に肌着を着ること自体がけしからん!」と言った意見もありますが、私は肌着を着る派です。

透けたワイシャツ

その理由については他の記事でも触れているのですが、ヨーロッパと違って高温多湿の日本の場合は肌着を着た方が快適ですし、「あまり目立たなければいいかな」といったスタンスです。

特にワイシャツの生地にポリエステルが混ざっているものだと、通気性が損なわれて匂いの原因にもなります。さらに汗でベトつくとシャツが肌に張りついてしまい、地肌が透けてしまう事もあります。

参考女性が嫌がる夏の男性ファッション一位

厚手の綿100%のワイシャツであれば透けることはないとは思いますが、薄手のシャツは肌着を下に着た方が着心地が良いだけでなく、何かと印象が良くなるものです。

だからといって肌着そのものにはそれほどこだわっていませんでした。透けにくい色のベージュの肌着で、ワイシャツの首元から見えにくいVネックを選ぶぐらいでした。

ベージュのVネック

この条件が当てはまる肌着を、適当にネットで安く購入していました。現在ではこれが間違いだったと反省しています。肌着にもこだわる価値がありました。

肌着の王様、グンゼの凄さ!

ある時、楽天のスーパーセールでグンゼの肌着が販売されていました。

グンゼの肌着は王道中の王道です。いかにも紳士の肌着といったイメージが私にはありました。正直おじさんっぽいかなとも思っていました。

グンゼは肌着の王道だけに価格設定が高めなこともあり、人からはあまり見えない肌着だからと敬遠していたのですが、スーパーセールで半額以下ということで、思い切って購入してみました(それでも激安肌着よりは高い・・・)。

グンゼの肌着

本当は透けにくいベージュの肌着がよかったのですが、そのセールで売られていたグンゼの肌着はホワイトとライトグレーしか扱っておらず、しかもホワイトは既に売り切れていました。

グレーもベージュの次に透けにくい色と言われているのですが、やはり多くの男性は白の肌着を自然と選んでいるようです。おかげで私は透けにくいライトグレーを選ぶことが出来ました。

そしてグンゼの肌着が到着し、さっそく袖を通してみると・・・

 

!!!

 

着心地だけではなく、あらゆる要素が段違いで衝撃でした!流石はグンゼです!

肌着の着心地とは?

そもそも私は肌着にそれほど着心地を求めていませんでした。激安品の肌着でも大抵は綿100%で伸縮性があるので、それほど気にしていなかったのですが、グンゼの肌着は肌触りが段違いに素晴らしかったです。

これを言葉で伝えるのは難しいのですが、サラサラとも違うのですが、心地良い肌触りを感じます。

そして見た目の質感、シルエットが良かったのも印象的でした。むしろグンゼの肌着の方がおじさんっぽく感じませんでした。

以前に当ブログでは肌着とTシャツの違いについて紹介したことがあるのですが、そもそも肌着というのは見た目のシルエットを良く見せようとは出来ていません。

参考肌着とTシャツの違い!?

Tシャツは一枚だけでも様になるようなデザインになっていますが、肌着はあくまでも黒子に徹しているのでデザイン性は二の次です。

それにも関わらず、グンゼの肌着の見た目がカッコいいとはいいませんが、いかにも肌着といった感じではありませんでした。想像以上にスマートな印象でした。

そして首周りの縫製もしっかりとしており、だらしなさを感じさせないのも好印象でした。まだ使いはじめて間もないですが、おそらく寿命も長いと思われます。

グンゼのグレーの肌着

ライトグレーということもあり、右の台紙の白と比べてそれほど色が変わりませんが、光が反射しなくなっているので透けにくいようになっています。

肌着を人前でさらけ出すことは少ないですが、いざそのようなことになった時にベージュのよれた肌着よりも、ライトグレーのグンゼの肌着はスマートな印象になるなと嬉しくなりました。

透けにくさだけならベージュの方が上ですが、それなりに透けにくく、見た目も良いのがグンゼのライトグレーの肌着ということです。

流石は肌着の王様グンゼでした。あらゆる要素で文句のつけようがありません。今まで激安の肌着を着ていたせいもあり、もの凄くレベルアップをしたと感じています。

洋服と疲れの関係

洋服の着心地というのは、身体の疲れ具合に大きく影響を与えるものです。スーツの上着やジャケットのように張りのある生地だと違いもわかりやすいですが、肌着のように薄手のものでも、長時間着ていると違いがわかるようになってきました。

以前に無印良品の直角靴下の履き心地が最高だったと紹介したのですが、グンゼの肌着にはあの時のと同じような感動がありました。

参考無印良品の直角靴下を試してみた

ちょっとした洋服のサイズのズレというのは、身体に疲れを蓄積させていきます。体力のある若い頃は気にならなくても、年齢を重ねるごとに疲れを感じるようになります。

たかが靴下のゴムの締め付け、角度の違いだけでも随分と足が楽になるように、肌着の着心地や生地のつっぱり具合でも影響は出ていたのだと思います。

骨格の違う欧米人に合わせて作られたブランドのTシャツが、日本人の体型に全く似合わないことがありますが、これは見た目の印象だけではなく、疲れ具合も変わってくるはずです。

腕の付け根の位置や形が欧米人と日本人では違うこともあり、欧米のブランドのスーツを日本人が着ると、着心地に違和感を感じることがあるものです。

ブランドによっては、わざわざ日本人の体型に合わせてシルエットを変えているところがあります。

 

これは単純にサイズが小さいという事ではなく、多くの日本人の身体に合うようにアームホールを小さくしていたりして、着心地だけでなく見た目にもスマートな印象になります。

そもそも欧米のブランドの肌着は少ないでしょうが、きちんと日本人の体型に向き合って開発されたであろうグンゼの肌着というのは、やはり素晴らしいのだと感じました。

そして改めてグンゼの肌着の販売ページを確認してみると、着心地の良さの秘密が紹介されていました。

WS000001引用元:http://item.rakuten.co.jp/e-hadagi/yv0015-5/

肌着の両腋の下を縫製せずに伸縮性をキープしています。スマートなシルエットにも関わらず、身体をひねる動作などで突っ張りません。ちょっとしたことですが、肌着を一日中着ていることを考えると、このわずかな違いでも疲れ具合に影響を与えるのだと思います。

もちろん縫い目がないので肌触りも素晴らしいです。今まで使用していた肌着を見ると、両脇の下が縫い付けられていました。

グンゼの肌着は生地の質感、着心地、縫製、見た目のシルエット、全てが上質で驚きでした。

価格は少し高いですが、肌着の寿命が伸びているのであれば安いぐらいです。それぐらい全ての質が段違いに良くて感動してしまいました。

勝負下着という言葉がありますが、グンゼの肌着は勝負肌着として着用しようかと思います。

流石に肌着の違いでモテるようになるとは言いませんが、いかにもおじさんっぽい肌着よりも印象が良いのではないでしょうか。

まとめ たかが肌着だけど・・・

私の今までの肌着選びが適当過ぎたということもあるのですが、同じように適当に肌着を選んでいた男性は、一度グンゼの肌着を試してみることをおすすめします。

またTシャツを肌着替わりにしていた人にもおすすめです。肌着はTシャツと形は似ていますが、求められる機能は全く違います。Tシャツは一枚だけで様になるように作られているので、それなりに張りのある生地やゆったりとしたシルエットの事が多く、ワイシャツの下に着ると着ぶくれしてしまいます。

たかが肌着とは思わないでください。しっかりと選ぶ価値があります。

ビジネスの場であからさまに肌着が透けていると、やはり良い印象にはなりません。それこそ「ワイシャツの下に肌着を着るのはけしからん!」といった感じの自称オシャレな男性もいるので、なるべくなら目立たない方が良いかと思います。

もちろん女性からの印象も良くなると思います。いざそのような事になった時、シャツを脱いだらおじさんっぽい肌着を着ているよりも、スマートな肌着の方が好印象なのではないでしょうか。

また最近疲れやすくなったと感じている男性にもグンゼの肌着はおすすめです。スーツやジャケットを買い替えるのは簡単ではありませんが、肌着や靴下であれば買い替えもしやすいです。

白の肌着は少しでも汚れや染みがあると目立つものですが、ライトグレーだと清潔感も保ちやすくなります。それにベージュほどおじさんっぽくありません。

私はたまたまライトグレーを選んだとはいえ、本当に良い買い物をしたなと大満足をしています。

流石はグンゼでした。これ以上の改良が見当たらないぐらい、よく出来ていました。

少し価格の高いグンゼの肌着でも、セールやまとめ買いなどを利用すれば、それなりの値段に抑えられるので、肌着の買い替えの際は検討してみてください。



実際にグンゼの肌着を着てみて初めて王道たる所以がわかりました。世の中の紳士に愛されるにはわけがありました。

今後は下着などもグンゼを試してみようかと考えています。おそらく機能性が高くて快適なのではないでしょうか。

ちなみにこのグンゼの肌着を手に入れて少し似ているなと感じたのが、パジャマの機能性です。私は女性下着で有名なワコールのシルクのパジャマを愛用しているのですが、

参考パジャマを着る派の男性がモテる?

このパジャマにしてから睡眠の質が随分と良くなりました。パジャマも誰かに見せるものではありませんが、疲労回復といった効果は絶大です。

ワコールという日本のメーカーだからこそ、日本の気候や睡眠環境や日本人の体型に合わせて作られているので、本当におすすめですよ。

疲れが抜けにくくなってきたと感じている男性ほど、グンゼやワコールのような日本人向けの洋服や肌着を取り入れる価値があるので検討してみてください。

少し価格は高いですが、高級ブランドの洋服のように目が飛び出るほどではないので、試してみてほしいと思います。

【関連記事】
洋服を馴染ませて着心地をよくする方法

透けない肌着はベージュのVネック

女が嫌がる男のファッションは透け乳首

コメント

  • 私もここ十年ぐらいはグンゼ一筋です
    やはり品質が違います

    by 匿名 €2016年1月17日 21:45

  • 主人が昔から白の肌着を着ていたので、グンゼのライトグレーをプレゼントしました。本人はあまり違いを分かっていないようですが、透けにくくなったのは間違いありません。洗濯をしていてもしっかりとしているのがわかります。ただ乾くのが少し遅いのが難点でした。

    by 匿名 €2018年7月30日 22:29

  • 肌着の着心地は大切ですよね。
    ユニクロのエアリズムもサラサラで良い感じですよ。

    by 匿名 €2019年5月31日 10:34

  • 勉強になりました。一枚グンゼを買って試してみます。

    by 匿名 €2019年7月26日 11:34

down

コメントする