男の着こなし.com

筋肉質な男性におすすめのファッション!くびれをアピールしよう

筋肉質な男性のファッション

残念ながら筋肉質な男性に似合うファッションは多くありません。

基本的に立派な身体ということなので、薄着になればなるほど筋肉質な魅力をアピールすることが出来るのですが、冬場のように洋服の枚数が増えると着ぶくれてしてしまいます。

プロレスラーはカッコイイ肉体の持ち主ですが、洋服を着ると魅力が半減してしまいます。この主な原因は、肩周りの大きく発達した筋肉が洋服のサイズに大きく影響するからです。

僧帽筋が大きいと上着の肩が浮いてしまい、首が短く見えてしまいます。

さらに肩の三角筋が大きく発達すると洋服の袖が通らなくなります。洋服を選ぶ時に袖が通ることが基準になるので、肩周り以外の箇所がオーバーサイズになってしまいます

筋肉質な身体でお腹周りが引き締まっているのにも関わらず、かなりサイズが大き目の洋服になってしまうので、洋服が似合わなくなってしまいます。

筋肉質の男性におすすめのファッションというのは、かなり難易度が高いものです。

理想は薄着

筋肉質な男性に最も似合う洋服は海パン一丁です。立派な肉体を思う存分にアピールできます。

ただ海やプール以外では現実的なファッションではありません。やはりTシャツ等の薄着が理想です。

筋肉質な男性のTシャツ姿

Tシャツの多くは伸縮性があるので、ある程度身体にフィットしたサイズを選ぶことが出来ます。これらは既に多くの筋肉質の方が実践されているファッションだと思います。

ただタンクトップはアピールし過ぎになり、女性受けがあまり良くないと言われています。季節や場所によっては問題ありませんが、普段からタンクトップというのはおすすめではありません。

胸元をあらわにしている女性は男性の目を引きますが、男性の中には下品と感じる人も多いのではないでしょうか。

いつでもどこでもあからさまに筋肉質の肉体をアピールすることが、必ずしも良い結果になるとは限りません。筋肉質な身体に似合う薄着のファッションといっても、ほどほどにしておくのがポイントです。

筋肉質の人におすすめのシャツ

Tシャツですら季節や場所を選びます。職場環境によっては難しいかも知れません。ポロシャツがOKな職場であれば、Tシャツに近い着こなしをすることはできます。

私が筋肉質の男性におすすめしたいのは、きちんとフィットさせた襟付きシャツです。襟付きのシャツというだけで清潔感がグッとでるので、あらゆるシーンに合わせやすくなります。

お洒落な白シャツ

紳士服店などでは細かくサイズわけされたワイシャツが販売されています。一般的に売られている既製品のシャツのサイズ(SMLなど)よりも、かなり体型に寄せることが可能です。

最近の紳士服店のワイシャツの中には、わりとカジュアルな柄やデザインも販売されるようになりました。これらの中から筋肉質な身体のサイズに合ったオシャレなシャツを選ぶのがおすすめです。

筋肉質な男性は首が太かったり、盛り上がった肩や腕のおかげで洋服の袖や裾が短くなることが多いのですが、細かくサイズやシルエットが分けられているシャツを選ぶことで、ある程度は解消される可能性があります

仕事でスーツを着ている男性は、おそらくそれなりに筋肉質な体型に合わせたYシャツを持っていると思います。そのようなサイズ合わせの基準で、カジュアルよりなデザインのシャツを選ぶのがおすすめです。

オーダーメードという選択

伸縮性のないワイシャツの生地を、ピタリと体型にフィットさせることは、それなりに難しいことです。

市販のシャツはどうしてもお腹周りにゆとりを持たせているので、せっかくの筋肉質で引き締まったお腹周りを隠してしまいます。

洋服の上からでも筋肉質な肉体をアピールさせるには、腰のくびれを強調させることがポイントになります。

くびれと言っても女性のように細い腰のくびれではなく、胸の筋肉の盛り上がりを強調させるための胸の筋肉の下の段差と考えてください。

外国人俳優

伸縮性のないワイシャツでTシャツのように胸の段差をアピールさせるには、きちんと胸囲を合わせる必要があります。

理想を言えばオーダーメードでシャツを作ることです。

ネットの格安オーダーメードシャツでも、かなり細かくサイズを設定できるので、理想的なサイズに仕上げることが出来ます。またカジュアルな生地や柄が豊富なのも魅力です。

首周りや袖や裾の長さだけではなく、胸囲に腹囲、肩幅や腕の太さ、袖周りまで細かくサイズを選ぶことが出来ます。

きちんとサイズを合わせたシャツは、シャツの上からも筋肉質な肉体を存分にアピールできます。

マッチョのワイシャツ姿引用元:https://www.youtube.com/watch?v=2_sLH1NwJzs

市販のシャツのようにお腹周りの生地に余裕があると、同じ体型の方でも見え方に差が生まれるものです。

WS000001引用元:https://www.youtube.com/watch?v=t0Z3NbBqcMk

これは女性がピチピチのシャツを着たときのようなことです。それほど胸が大きな女性でなくても、洋服の上から胸のラインがわかることで色気を感じたことがあるのではないでしょうか。

しかも胸の谷間を強調するような、これ見よがしな下品さはありません。上品に筋肉質な体型をアピールできるのが、フィットしたシャツの魅力です。

別のところでも紹介しましたが、男性が女性の胸元につい目が行くように、女性も男性の胸元に色気を感じているものです。身長の差から言っても女性の目線は男性の胸元が近いです。

参考女性が好きな男性の体型アンケートの結果

市販のシャツは不特定多数の体型に合わせるために、かなりサイズに余裕を持たせています。多くの男性が中年になるとお腹が出ることを想定してサイズが決められています。

筋肉質な男性に向けて首や肩周りに余裕を持たせ、ウエストを引き締めるような洋服は滅多にありません。これがオーダーメードをすすめる理由です。

暑い夏にタンクトップやTシャツ姿になるのが悪いとは言いませんが、職場や冬場でもタンクトップでアピールすると下品な印象を与えてしまうので、筋肉質な肉体をさりげなくアピールするためにも、スマートなシャツを手に入れてほしいと思います。

まとめ さりげなく筋肉をアピールしよう

基本的に筋肉質な男性のファッションは難しいです。市販の洋服のサイズが想定していない体型だからです。

夏場であれば薄着で思う存分にアピールしてもらえばいいのですが、重ね着をする季節は慎重にサイズ合わせをしてください。できればSMLのようなサイズ展開の洋服ではなく、スーツのように細かくサイズ分けされている洋服を選んでください。

ちなみにピチピチのTシャツは筋肉をアピールするのには向いていますが、肩周りに余裕がなく袖が短くなる傾向があります

Tシャツの短すぎる袖は肌着のような印象になってしまうこともあるので、Tシャツの袖や裾の長さも気をつけてください。

参考Tシャツと肌着の違い!

一般的なTシャツでもメーカーによって袖や裾の長さが違うものなので、自分の身体に合うTシャツを見つけたら、そのメーカーのTシャツで揃えると良いかと思います。

あえてスリムタイプのTシャツを選んだ上で、サイズをあげるとフィットすることもありますよ。

また真っ白なTシャツは清潔感がありますが、それだけに僅かな汚れや汗染みが目立つので注意が必要です。胸の下の段差を強調するのであれば、少し色の濃いシャツの方が強調されやすいのでおすすめです。

また裏ワザとしてそれほどフィットしていないシャツの上に、タイトなニットベストを合わせるという方法もあります。

WS000004

これも季節を選びますが、大きすぎるシャツを引き締めて胸のライン(からのくびれ)を強調することが出来ます。着ぶくれしないように、なるべく薄い生地のニットを選ぶのがポイントです。

筋肉質な男性が最もを似合うファッションの理想は、やはりオーダーメードのシャツということになるのですが、予算の都合もあると思うので、なるべくならサイズの豊富な紳士服の量販店のシャツや、タイトな薄い生地のニットを合わせてみてください。

ジャケットのようなものでも、あまり厚みのある生地は避け、ボディラインが出やすい生地を選ぶと良いかと思います。

身体にピタリとフィットした洋服というのは、無駄な皺がなくなるので見た目の印象も良くなります。

逆にお腹が出ている男性は市販の大き目のシャツの方が向いているケースがあります。ダボダボな生地がお腹のラインを緩やかに隠してくれます。ピチピチだと隠せません。

お腹がピチピチのワイシャツ

スーツやジャケットのオーダーメードとなると、それなりの価格を覚悟しなければなりませんが、シャツは手頃な価格(だいたい1万未満円)でも可能なので、身体に自信のある筋肉質な男性こそ、チャレンジする価値がありますよ。

改めて自慢の筋肉の太さを計測することになるので、筋トレのモチベーションアップも期待できます。

【関連記事】

Tシャツを着こなすポイントを紹介

筋トレを長く続けるコツ!

握力を道具なしで鍛える意外な方法!

down

コメントする