男の着こなし.com

Tシャツの寿命と購入時のポイントについて考えてみた

定番ファッションアイテムのTシャツ

男女問わずTシャツを持っていない人は少ないと思います。ファッションに興味があろうがなかろうが、誰でも持っているのがTシャツというアイテムなのではないでしょうか。

ダサいTシャツ

それほどファッションに興味がない人でも、ジーパンにTシャツだけでもカッコ良く着こなせてしまう人と、そうではない人がいるものです。

そこで今回はTシャツが似合うポイントや条件、さらに長持ちさせて寿命を伸ばす方法やメンテナンスについて紹介します。たかがTシャツでもちょっとした意識の差で随分と印象が変わるものですよ。

Tシャツの寿命、メンテナンス

まずはTシャツが似合う条件よりも、似合わない条件から考えてみようかと思います。

Tシャツが似合っていない人に多いのが、ヨレヨレのTシャツを着てしまっていることです。

寿命が過ぎたTシャツでは清潔感が損なわれます。十代の若者であれば多少のよれは可愛げもあるのですが、中年のおじさんだと一気に不潔に見えるので気をつける必要があります。

Tシャツの寿命を見極めるポイントは、ズバリ襟(首周り)のよれです。

よれたTシャツの襟

首周りは視線に入りやすいので非常に目立ちます。Tシャツの襟が少しでもヨレてしまうと、基本的に元に戻すことは出来ないので人前で着るのは避けてください。

この襟のヨレをいかに防ぐかが、Tシャツの寿命を左右するポイントです。

その為にはTシャツの脱ぎ方と洗濯後の干し方の二つを意識してください。

Tシャツを脱ぐ時に襟を広げて伸ばしながら脱いでしまうと、直ぐにヨレヨレになってしまいます。なのでTシャツを脱ぐ時は襟ではなく裾を掴んで脱いでください

手をクロスさせてTシャツの両サイドの裾を掴み、バンザイするようにTシャツを滑らせると、襟元に負担を掛けずにスルスルと脱ぐことが出来ます。顎が引っかからないように少し引くのがポイントです。

先に腕を抜いてからでも良いのですが、わざわざ腕を抜かなくても綺麗に脱ぐ事ができます。

そしてもう一つ気をつけたいのが洗濯後に干すハンガーです。洗濯後のTシャツは水分を吸って重たくなっているので、自らの重みで襟元が広がってしまいます。そうならない為には滑らないハンガーを利用するのがポイントです。

後ろ側の滑りやすいハンガーに掛けてある黒いTシャツの襟の裏側が、ピンと横に張っているのが分かるでしょうか。重みで伸びてしまっています。一方で手前の滑らないハンガーだと自然な襟の丸みがキープされています。

この二つを意識するだけ襟元のヨレはかなり防ぐ事ができます。Tシャツの寿命が大幅に延びるので意識してみてください。

さらに細かな事をいうと、ハンガーから取り出す時に下から抜くような事も大切です。襟を伸ばしながら強引に抜くようなことは避けてください。

生地の寿命

Tシャツの首周りのヨレが最も影響力が高く、寿命を見極める重要なポイントになるのですが、他にもいくつかのポイントがあります。

単純に汚れが落ちなくなったり、生地が擦り切れてしまったものも避けてください。Tシャツは地肌に直接触れる衣類なので汚れやすく、しかも乱雑に扱われることが多いので、どうしても寿命が短い傾向があります。

この対策として有効なのは、あまりTシャツを着ないという方法です。

どういうことかと言うと、外出用と自宅用できっちりと分けることです、自宅に戻ってきてもお気に入りのTシャツをそのまま着ている人が多いのですが、そのタイミングでさっさと二軍の自宅用のTシャツ(よれている)に着替えてしまうことで、本命のTシャツの寿命を延ばすことが出来ます。

Tシャツの生地が傷むのは、外出時よりも自宅内でくつろいでいる時の方が影響が大きいです。姿勢が崩れてTシャツの生地が様々な方向に引っ張られてしまいます。外出中の立ち姿よりも自宅でリラックスしている時のほうが、Tシャツにとって厳しい環境です。

ソファーでくつろぐ女性

洗濯物は増えてしまいますが、大切なTシャツほど、さっさと二軍のTシャツに着替えてください。これも寿命を延ばすうえで大切なポイントです。

もう一つTシャツの生地が傷んでしまう原因が洗濯です。別の洗濯物がTシャツと絡まって擦れてしまいます。襟元に他の衣類が絡まったまま脱水されると、一発で首周りが伸びてしまう事もあります。

これを防止するには洗濯ネットに入れることが有効です。洗濯機の中での擦れによる生地の傷みが抑えられます。わざわざネットに入れるのは面倒ですが、お気に入りのTシャツだけでも意識するようにしてください。自宅用のTシャツはそのままでOKです。

WS000000

ネットに入れない場合でも裏返して洗濯をすることで、生地の表面の擦れが減って寿命を伸ばすことになります。Tシャツの裾をクロスしてから脱ぐと、自然と裏返した状態になるので一石二鳥になります。

洋服を裏返してから洗濯をするメリットは意外なほど多いので、Tシャツに限らず意識してください。

参考洋服を裏返して洗濯するメリット

Tシャツが似合う人の特徴

続いてはTシャツが似合う人の特徴について考察していきます。おそらく誰でも何となく似合うTシャツとそうではないTシャツがあるのではないでしょうか。

その違いというのは、ズバリサイズが合っているかどうかの違いです。

ブカブカのシャツの子供

子供であればオーバーサイズでも可愛らしいのですが、成人した男性が大きすぎるTシャツを着ていると、だらしのない印象にしかなりません。あえてオーバーサイズの着こなしを選択するオシャレもありますが、絶妙なバランスの上に成り立つファッションなので簡単ではありません。

参考オーバーサイズの着こなしで損する人

自分の体型にフィットしたTシャツを選ぶポイントは、特定のブランド名にこだわらない事です。もちろん自分の体型にフィットしたTシャツを販売しているブランドにこだわるのはいいのですが、ブランド名ありきで選んでしまうとサイズのズレが生じてしまいます

全く同じMサイズのTシャツでもブランドによってサイズは微妙に違います。そのブランドが想定している層や年代によって、Tシャツのシルエットだけでなく丈の長さなども随分と違うものです。

あくまでも自分の体型にフィットしたブランドを選ぶ事が大切です。これを見極めるには試着をして確かめるしかありません。

ただTシャツはお店によっては必ずしも試着出来るとは限りません。最近はTシャツがパックに入って売られている事も増えてきています。

手持ちのTシャツの中にも似合うものとそうではないものがあると思うので、似合うTシャツのサイズやシルエットを覚えておいてください。試着できないTシャツでもディスプレイ用として飾られているTシャツを参考に選ぶ事が出来るようになります。

世の中にはファッションに無頓着でも、Tシャツとジーパンだけでそれなりにカッコよく着こなせてしまう人がいるのですが、そのような人はたまたま既製品のサイズと合致した体型だという傾向があります

モデル体型というと高身長で引き締まった身体といったイメージがありますが、それはLサイズが似合う体型という事です。

Lサイズは身長が170~180といった感じなのですが、180cmでも太っているとピチピチになるように、ちょっと肉付きの良い175cmの人でも似合うといったケースがあります。

ただそれだとTシャツの裾が長すぎたりする事もあるので、裾が長くないブランドのLサイズを選ぶと理想的なサイズになるような事です。

これは肩幅や袖の長さといった要素も同様です。ブランドのよって同じLサイズでも微妙な差があるので、しっかりと試着をしてから見極める必要があります。

「俺はLサイズだから」と決めつけていると、微妙なフィット感になってしまいます。

お店によっては試着が難しいと言いましたが、店員さんに断りを入れると可能な事もあるので、なるべくならTシャツを試着をしてフィット感を確かめてください。試着する際には地肌に直接着るのではなく、肌着やTシャツの上に重ねて着るのがマナーですよ。

Tシャツが似合う人の特徴というのは、たまたま既製品のサイズのフィットする体型の持ち主か、きちんと試着をしながら自分の体型と向き合った人です。

多くの男性がモデル体型ではないと思うので、Tシャツの購入時にはデザインやブランド名だけで選ぶのではなく、きちんと向き合ってほしいと思います。

Tシャツの購入時のポイント

続いてはTシャツの購入時のポイントについて紹介します。

陳列されたTシャツ

どんなに有名ブランドでも関係ありません。あくまでも自分の体型に合うブランドが良いだけです。あくまでもこれはフィット感の事なのですが、それ以外のチェックポイントも紹介します。

  • 生地が薄い物を避ける
  • 汗が目立つ色を避ける
  • プリントTシャツを避ける
  • 襟元がしっかとしたものを選ぶ

生地が薄いTシャツは避けてください。単純に透けてしまうと安っぽく見えてしまいます。特に乳首が透けてしまうと女性に嫌われてしまいます。

参考女性が苦手な男性ファッション

ちなみに白いTシャツほど生地の質の差が出やすい傾向があります。綿100%の生地でも織り方によって厚みが全然違います。白いTシャツを着こなしたい男性は、少し高価な厚みのある生地を選んでください。逆にあまりお金を掛けられないのであれば、透けやすい白は避けた方が無難です。

汗が目立つ色で分かりやすいのはグレーです。

黒や紺のTシャツであればここまで目立ちません。脇汗が目立つ色のTシャツは清潔感が失われやすいので避けてください。汗染みが目立たない色のTシャツだからといって、実際に清潔なわけではないのですが、清潔感というのは印象が大事です。

プリントTシャツを避けるのは、単純に子供っぽい印象になる事もあるのですが、プリントがハゲると寿命なのでコスパが悪いからです。

せっかくきちんとサイズを合わせて購入し、適切なメンテナンスで襟元をヨレさせないようにしても、プリントがハゲてしまうと台無しになってしまいます。

あえて古着を楽しむスタイルなら寿命とも言えないのですが、基本的にプリントされたTシャツは子供っぽい印象になるので、多くの男性にとって良い事などありません。

襟元がしっかりとしているTシャツを選ぶのは言葉通りです。Tシャツの寿命を大きく左右するポイントです。ハンガーに掛けられている状態が綺麗でも、軽く浮かせると襟元がヨレヨレになっているケースもあるので、しっかりとチェックしてから選ぶようにしてください。

まとめ シンプルなだけに奥深いTシャツ

Tシャツはシンプルなだけに実は難しいファッションです。スーツのように細かくサイズを合わせることが出来ないので、いかに自分の体型にあうブランドを見つけられるかがポイントになります。

中年男性でも若者向けのGUのTシャツがフィットするかも知れませんし、若者でもGUが似合うとは限りません。ブランド名ありきで選んでいると、いつまで経っても相性の良いTシャツと出会えません。

そしてせっかく相性の良いTシャツを見つけられても、扱い方やメンテナンスが雑だと直ぐに傷んで寿命を迎えてしまうので気をつけてほしいと思います。

ある有名人がTシャツが大好きで何百枚も所有しているとテレビで自慢げに語っていたのですが、その人が着替える時にTシャツの襟を広げながら脱いでいて衝撃でした。そのような脱ぎ方をするから何百枚も必要なのかも知れません。

世の中にはたまたま既製品のサイズと相性が良い体型の持ち主という事で、抜群にTシャツが似合ってしまう男性がいるので、簡単なファッションのように思われてしまうのですが、シンプルなだけにしっかりと向き合う必要があります。

こんな感じで微妙にサイズが大きい人がとても多いです。肩の縫い目が落ちて袖も長くなってしまっています。一つ下のサイズの方がずっとフィットして皺も少なくなるはずです。

「洋服なんかなんでもいい」といった考えでは、Tシャツが似合う可能性は低いので、今回紹介したメンテナンスや選び方を参考にしてみてください。

特に体型が崩れている中年男性ほど重要です。ただでさえ清潔感が失われているので、ちょっとした油断(襟元のヨレや生地の傷み等)で一気にだらしのない印象になってしまいます。

清潔感のある若者であれば、古着のTシャツやオーバーサイズのTシャツでもオシャレに着こなす事ができるかも知れませんが、そうではない人ほどしっかりとTシャツと向き合って慎重に選んでほしいと思います。

たかがTシャツでもカッコ良く着こなすのは難しいものですよ。

【関連記事】
Tシャツの着こなしテクニックの解説

ガッテンの洋服のヨレ復活テクニック

Tシャツと肌着の違い!使い分けよう

コメント

  • Tシャツはたまたまラッキーで似合っていしまう人がいるから簡単なファッションに感じるんだよね
    意外と難しいというのは同意

    by 匿名 €2019年6月5日 10:49

down

コメントする