男の着こなし.com

オーバーサイズの着こなしで得する一般男性は多くない!

オーバーサイズの着こなしが流行?

数年前から男性向けのファッション雑誌で、「オーバーサイズの着こなし」が特集されるようになってきました。

オシャレに無頓着な男性ほど適当に洋服のサイズを選んでいるので、結果的にオーバーサイズになっているものですが、

オシャレなオーバーサイズの着こなしというのは、そのような雑な感じではなく緻密に計算されたものです。

上着だけをオーバーサイズにし、その他のアイテムはスマートに着こなしているからこそ、あえてオーバーサイズを選んでいるのが伝わってきます。

なんでもかんでもオーバーサイズにしているわけではありません。

このようなファッションというのは、はっきりいってレベルが高いです。安易に取り入れてしまうと火傷してしまうファッションです。

スタイルも求められます。太っている体型を隠す為にオーバーサイズを選んでしまうと、余計な皺が増えて益々太っている事がバレてしまうように、「あえて」が伝わらないと成り立ちません。

これは古着のバランスで考えると分かりやすいのですが、単純に古い洋服を着ていてもオシャレな印象にならないような事です。ボサボサ頭で汚い靴を履いていると、オシャレなダメージジーンズが汚いだけのズボンに成り下がってしまいます。

これらのような着崩しというのは「諸刃の剣」です。多くの一般男性にとってはプラスになるどころか、マイナスになってしまう可能性があります。

さらに厳しい事をいうと、容姿のレベルまで求められます。

イケメンだけが許される遊び

それほど容姿やスタイルが良くない男性でも、オシャレな男性がいないとは言いませんが、古着やオーバーサイズといった着崩しを上手く着こなせているのは、容姿やスタイルが恵まれた男性ばかりです。

これは男性が客観的に判断しやすい女性ファッションで考えると分かりやすいのですが、個性的なファッションでも可愛らしい女性というのは、やはり美人ばかりです。

ブスの女性が個性的なファッションをしていても何もプラスにはなりません。むしろマイナス評価になってしまいます。

渡辺直美さんの個性的なファッションが人気なのは、あくまでも女性だけであり、デブ専以外の男性には全く響きません。太っている女性という括りなら、柳原可奈子さんの方がずっと男性人気が高いような事です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

渡辺直美さん(@watanabenaomi703)がシェアした投稿

柳原可奈子さんの方が男性に人気があるのは、ファッションではなく単純に容姿のレベルが高いからです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ふじみ指圧院さん(@fujimishiatuinsato)がシェアした投稿

これが現実です。イケメンや美人がちょっと変わったファッションをしてもマイナス評価にはなりませんが、そうではない人がファッションで個性を主張しても、異性に好かれる事にはつながりません。

オーバーサイズの洋服の着こなしといったものも同じです。清潔感のあるイケメンが取り入れると「可愛らしい」といった評価につながるかも知れませんが、そうではない一般男性が取り入れても得するどころか損してしまいます。

身体のコンプレックスを上手く隠せて良くなるケースがないとは言いませんが、それこそ絶妙なバランスで計算する必要があるので、相当難易度が高いオシャレです。

オーバーサイズの着こなしが悪いと言いたいわけではないのですが、容姿やスタイルが普通の一般男性にとっては、あまり得策だとは思えません。

似合う=似合わなくはない

自分の好きなオシャレをする事で気持ちが高揚するといった効果もあるので、それが間違いだとは言いませんが、多くの一般男性がオシャレをする理由は、やはり女性にモテたいからではないでしょうか。

その為に流行のファッションやテクニックを取り入れようとする男性が多いわけですが、必ずしもそれらが自分に似合うファッションだとは限りません。

ファッション雑誌などを眺めていると、オシャレのポイントが紹介されているものですが、そもそもオシャレな印象にうつる人というのは、特定のポイントが優れているという事よりも、優れていない箇所がないからでもあります。

これはスーツで考えると分かりやすいのですが、スーツが似合っている男性というのは、腕に金のロレックスが光っているからではありませんし、光沢のある高級そうなネクタイが目立っているからオシャレでもありません。

むしろ似合っていない要素がない事の方が重要です。

スーツを違和感なくスマートに着こなしているからこそ、似合っていないという評価になりません。

オシャレというと何か特別なアイテムばかりが注目されてしまうのですが、オシャレな印象というのは特定の何かが目立つ事よりも、「違和感がない」「似合っていなくはない」という状態に対して評価です。

スーツはカジュアルな洋服と違って細かくサイズを合わせられるので、普段着がダサいお父さんでもカッコよくなる事があるわけです。

一方でサイズ展開が少ないカジュアルなファッションほど、違和感を失くす工夫が出来ません。試着を繰り返しながら自分の体型にフィットする洋服を探さなければなりません。

多くの一般男性はこの作業を怠るので、違和感だらけの似合わないファッションになってしまいます。

自分の好きなファッションをするのが悪いとは言いませんが、特定のブランドにこだわるとまるでフィットしない洋服を選んでしまう事になってしまうものです。

自分の体型にフィットする洋服のサイズを理解した上で、オーバーサイズの着こなしを取り入れるのであればバランスを保つ事が出来るかも知れませんが、安易に取り入れてしまうとバランスが無茶苦茶になるので気をつけてほしいと思います。

清潔感のあるイケメンの若者であれば、このような多少の違和感は問題になりませんが、ある程度の年齢の男性が中途半端に取り入れてしまうと、違和感だらけになるので気をつけてほしいと思います。

まとめ 理想と現実

知り合いの女性がいつもシンプルなファッションをしており、その理由について聞いてみると、

「若い頃は色々試したけど、ホントに似合わなかったんだよね」

と答えました。その女性も若い頃は芸能人をファッションを真似したり、煌びやかな洋服に憧れていたそうなのですが、どれも似合わなくて、消去法で現在のシンプルなファッションに行きついていました

多くの女性は思春期にオシャレに興味を持つようになり、色々と試していく中で自分に似合うファッションを見極めていくのですが、男性は思春期を過ぎてもオシャレに興味をもたない人が多いので、試行錯誤した経験がありません。

小学生の高学年の女の子に、「お金を気にせずにいくらでも洋服を買ってもいいよ」というと、お姫様のような煌びやかな洋服を選ぶかも知れませんが、ある程度の経験を積み重ねてきた20代の女性に同じ事を言っても、セレブやお姫様のような煌びやかな洋服を選ぶ女性は少ないはずです。

そのような洋服が似合わない事を理解しているので、自分に似合うジャンルの洋服の中から、高級な物を選ぶのではないでしょうか。

もちろんスタイルの良い美人だと違うかも知れません。煌びやかな洋服でも似合う可能性がありますし、そのような洋服を着ていく場に行く機会も多いはずです。

容姿やスタイルが普通の一般人にとっては、個性的なファッションが活きるケースは多くありません。若い頃からファッションと向き合っている女性ほど、この事を理解しているのかも知れません。

本音ではスカートが好きだとしてもO脚だからと避けていたり、ショートヘアーにしたいけど顔が大きいから輪郭を隠せる髪型にしているかも知れません。

これらのように自分が本当に好きなファッションをしている女性は多くありません。大抵は本音を隠して現実と向き合って決めているものです。

何を選んでもそれなりに着こなせてしまうスタイルの良い美人やイケメンであれば、個性的なファッションでも上手くバランスを取る事ができますが、そうではない多くの一般人にとっては目立つ個性は「諸刃の剣」です。

もちろんコンプレックスを隠せるような取り入れ方も出来るので、上手くバランスが取れると武器にもなるのですが、元のバランスが良くないだけに難易度が高いものです。

90点のイケメンや美人が個性的な要素を取り入れて多少バランスが崩れても80点台をキープできますが、60点の一般人が同じ事をしてしまうと平均点を下回ってしまいます。

型破りが出来るのは型を極めた人だけです。素人には訳の分からない絵や文字を書く芸術家は、普通の絵や文字も綺麗にかけるものです。

ファッションも同じです。普通のファッションとしっかりと向き合った人だけが、コンプレックスを上手く隠せるようなテクニックを活かす事が出来るのであり、基本が分からない人が安易に取り入れてしまうと、残念なだけのファッションになってしまいます。

オーバーサイズの着こなしも同じです。単純にサイズを一つ上げたからといって完成するものではありません。その他のファッションを綺麗にまとめた上で、絶妙なバランスを保つ必要があります。二つ上のサイズのスリムフィットを選ぶような、細かな作業なしにはバランスは取れません。

容姿やスタイルに自信がある男性であれば、「どうぞ勝手にやってください」なのですが、そうではない一般男性であれば、安易に取り入れない方が良いかと思います。

そのままでもカッコいいスポーツカーに大きくて煌びやかなホイールを組み合わせると、さらにカッコ良くなる可能性もありますが、普通のセダンに同じ事をしてしまうと、残念なヤンキー車になってしまうような事です。

普通のセダンでも上級モデルが装着しているホイールぐらいであれば、品よくまとめることが出来るかも知れませんが、背伸びし過ぎると残念な結果にしかなりません。

オシャレな男性は女性からモテますが、オシャレが好きな男性が女性にモテるとは限りません。

個性的な分かりやすいファッションが、一部の女性の好みに当てはまる可能性がないとは言いませんが、その他の女性からは嫌われてしまいます。分かりやすいオシャレほど「諸刃の剣」になりやすいので気をつけてほしいと思います。

一方で普通のファッションの中にある違和感を排除していくと、女性から嫌われるような事にはなりません。100人の女性の中の1人からしか好かれない個性的なファッションより、100人の女性から「悪くはない」と思われるファッションの方が、ずっとチャンスが多いのではないでしょうか。

芸能人のように母数(100万人)が多ければ、一部の濃いファン(1万人)だけを相手にしても相当な人数になりますが、一般男性が知り合える女性の数は多くありません。

イケメンであれば母数も大きくなりますが、そうではない多くの一般男性にとっては、嫌われないファッションの方が得なのではないでしょうか。

人口(母数)が多い東京なら、奇抜なラーメンでも一部の層に受け入れられて経営が成り立つかも知れませんが、人口の少ない地域で生き残るラーメンは、多くの人に受け入れられる普通の美味しいラーメンのような事です。

自分の好きなファッションをするのが悪いとは言いませんが、目的(女性からモテたい)から逆算すると、母数の多くない一般男性ほど普通のファッションと向き合った方が近道になるのではないでしょうか。

ただ普通のといっても適当に洋服を選ぶという事ではありません。普通の美味しいラーメンを作る為には、丁寧に食材の下処理をして出汁を取ったり、アク抜きをする必要があります。

「こんなものでいいだろ」といった投げやりな普通とは一緒にしないでください。全く同じ食材から作られるラーメンでも、プロが丁寧に作って綺麗に盛り付けるのと、その辺の主婦が適当に作るのでは別物になるような事です。

普通のファッションでもしっかりと向き合う事で、まだまだレベルが上がる要素があります。安易にオーバーサイズの着こなしといった分かりやすいテクニックに頼るのではなく、しっかりと土台(平均点)を積み重ねてください。

土台がしっかりしてくれば、オーバーサイズの着こなしでも上手くバランスを調節できるようになりますよ。

【関連記事】
オシャレ好きな男性がモテない理由

モデルと一般人の着こなしの違い

男性ほど普通のファッションが有利

down

コメントする