オシャレな男性はモテない?バランスを意識する方法

ファッションコラム

オシャレな男性はモテない?

男性がオシャレに興味をもつきっかけの多くは、やはり「女性にモテたい」からなのではないでしょうか。私自身もそうでした。

ですが、多くの女性は「オシャレが好きな男性のことが好きではありません。

オシャレな黒人男性

そして同性である男性も、オシャレな男性のことが好きではありません。

オシャレが好きな男性のことが好きな人というのは、実は少数派です。女性の中でも一部と言っていいのではないでしょうか。

「オシャレが好きな男性」は実は誰からもモテません。

この言葉の意味をよく理解してください。

「オシャレな男性」はモテますが、「オシャレが好きな男性」の多くはモテません。この違いをしっかりと理解できると、オシャレの方向性もわかってくるはずです。このバランス感覚がないと、自分よがりなオシャレになって誰からも評価されません。

オシャレが好きな男性とは

「オシャレが好きな男性」とは、いわゆるこれ見よがしなファッションをしている男性のことです。

周りの男性と違いを演出したいので、わかりやすいファッションや髪型を好みます。

  • 誰もが知っている高級ブランドのロゴ
  • 目立つカラー(白いスーツ等)
  • ダメージ過ぎるジーンズ
  • 変わったシルエット(サルエルパンツ等)

これらのように一目で周りとの違いがわかるファッションを好むのが、「オシャレが好きな男性」の特徴です。

ファッション雑誌のモデルのままの服装や髪型を真似たり、芸能人の恰好をそっくり真似たりします。

サングラスが似合っていない男性

おそらくファッションモデルや芸能人は、そのような目立つ格好をプライベートではしません。あくまでも撮影の為にわかりやすく目立つ格好をしているのであり、その格好が似合うシチュエーションなどはそうそうあるものではありません。

そもそもモデルさんは洋服の良さを引き出す為の道具という立場です。あくまでも洋服が主役の着こなしなので、身につけている人を魅力的にするとは限りません。

また結婚式の二次会やパーティーにしか合わないような洋服を、オシャレが好きな男性は普段から平気で着てしまいます。ド派手な金ぴかの腕時計が合うTPOなど、そうそうあるものではありません。

これらのオシャレ好きな男性が身に着けるファッションアイテムというのは、似合う、似合わないの前に場違いなファッションになってしまいます。さらに私も含めて多くの一般男性は、芸能人やモデルのようなルックスやスタイルでもありません。

奇抜な髪型の芸能人は、プライベートでは目立たないように帽子をかぶっているものですが、「オシャレが好きな一般男性」は逆に堂々としてしまいます。

「俺はオシャレだろ!」

というアピールを感じると、女性に限らず男性にもモテません。

ビジネスの場であれば冷たい視線を浴びて不利になりますし、誰からも評価してもらえません。コスプレパーティーのような同じような趣味の人が集まる場の中でしか、評価されないファッションになってしまいます。

ヴィンテージのジーンズなどがその典型です。マニアの中で垂涎の的のヴィンテージでも、その他多くの人からは汚い印象にしか映らないものです。

こだわりが感じられるオシャレというのは、相当少ないターゲットにしかアプローチできないという事実を覚えておいてください。せっかくの努力が水の泡になるどころか、マイナス評価になってしまいます。

オシャレな男性はモテる!

一方で「オシャレな男性」は多くの女性にモテます。そして同性の男性にも嫌われません。

「オシャレな男性」とは、これ見よがしなファッションではなく、TPOに合わせたファッションや髪型をしている男性のことです。簡単に言うとバランスの取れたファッションを身につけています。

きちんとサイズの合わせた洋服に身を包み、清潔感のある身だしなみをしています。周りを圧倒するわけでもなく奇抜でもないので、ファッションに興味のない男性には気づかれることもありません。

取引先や上司に煙たがられる事もありませんし、周りの男性は同じような服や髪型とすら思っています。

ですが、男性よりも圧倒的にファッションレベルが高い女性はそう思いません。オシャレに興味のない男性と、全く同じような服や髪型とは認識しません

きちんとサイズを合わせた洋服は余計な皺やヨレがでません。生地が引きつる事もないので疲労も蓄積しにくくなります。そこに清潔感のある髪型が加わると、爽やかさがプラスされて全体のバランスが整います。

この違いを多くの女性は、一瞬で認識しています。

わかりやすいファッションや奇抜な髪型をしなくても、女性から見ると「オシャレな男性」と、そうではない男性は簡単に区別できます。

一流の料理人ほど、素人に毛が生えた程度の奴が調子にのって奇抜な料理を提供していると、一瞬で粗を見抜けるような事です。

大きなチャーシューで話題になっているラーメン屋でも、スープや麺のバランスを無視していると、美味しく最後まで食べられるものではありません。

一部のチャーシュー好きな人には選ばれるのかも知れませんが、ラーメン好きの人からは見向きもされなくなりますし、一般の人も一度食べただけで「もういいや」といった評価になるものです。

バランスの取れた美味しいラーメンに、ちょっとこだわりのあるチャーシューを乗せるぐらいであれば、分かる人にだけ分かる美味しいラーメンといった評価になりますし、ラーメンに詳しくない人にとっても悪くはありませんが、特徴的な要素があるラーメンというのは、多くの人から避けられる結果となってしまいます。

オシャレも全く同じであり、バランスの取れた清潔感のあるファッションをしていると、誰からも嫌われる事がありません。

一部の人に強烈に好かれる事もありませんが、見る人が見ると分かるぐらいの、さりげないこだわり程度であれば、プラス材料として機能します。

この見る人が見れば分かるの見る人というのが、男性よりも圧倒的にオシャレのレベルが高い多くの女性という事になるので、これ見よがしなファッションが多いオシャレ好きな男性は嫌われてしまいます。

オシャレの基準

オシャレの基準を定義するのは難しいのですが、「高級な物、有名な物、目立つ物を身につけること」だと考えている人は、男性にも女性にも敬遠される傾向があります。

これ見よがしなわかりやすいファッションというのは、メッキでキラキラの車のようなイメージです。このような車の助手席に乗りたい女性は極一部です。

銀メッキのベンツ

ここまで分かりやすく目立つ車は多くありませんが、車にこだわりが強い男性ほど、余計な改造をしてバランスがおかしくなるのはイメージできるのではないでしょうか。

多くの女性は車に詳しくないですが、女性が男性に乗っていてほしい車のアンケートで目立つスポーツカーがトップ10に入る事などないですし、目立つカラーの車も嫌われてしまいます。

少し大きめのSUV車といった車が女性に人気であり、それも高級外車のSUVという意味でもなく、乗り降りがしやすくて快適な車が良いという意味です。

女性が男性のファッションに求めるのも同じような事であり、目立つ要素など全く望んでいませんし、場違いにならない清潔感のある普通のファッションを望んでいます。

こだわりのあるヴィンテージのジーンズというのは、乗り心地が悪くてエアコンが効かないクラシックカーのような事であり、車好きの中でもさらに一部の層からしか好かれません。

林道をかけぬけるビートル

多くの女性から好感が持たれる車やファッションというのは、男性のこだわりが強く反映されていないものであり、こだわってしまうほどに女性との間に距離が出来てしまいます。

財布に取り付けるウォレットチェーンなどは、女性が嫌いな男性ファッションの代表格ですが、

このようなわざわざ取り入れたアイテムのせいで、損してしまうケースが珍しくなく、オシャレ好きな男性ほど好んでしまいます。オシャレの基準が男女では全く違うので、こだわればこだわるほど残念な事になってしまうわけです。

一方で女性からモテるオシャレな男性のファッションというのは、いたって普通のファッションです。

これを言葉で説明するのは少し難しいのですが、説明しにくいほど違和感がないファッションという事でもあります。

清潔感があるのはもちろんのこと、しっかりとTPOに合っている洋服だったり、体型にフィットしている事だったり、姿勢良く着こなしているような事です。

どこがどうオシャレだとは言えないのですが、これこそがまさに違和感のないバランスが取れたファッションという事です。

ただ勘違いしてほしくないのは、多くの男性が思っている普通の恰好というのは、女性からすると全然普通のレベルに達していません。

サイズ合わせがいまいちだったり、場違いなファッションアイテムを取り入れていたり、不潔な要素が出てしまっています。

女性が好きな男性のタイプをあげるときに、「清潔感のある男性」というキーワードが頻繁に現れるのは、まさに清潔感がない男性が多い事の裏返しでもあります。

女性にとっての「オシャレな男性の基準」というのは、

  • 似合っている
  • 清潔感がある
  • TPOに合っている

であるのに対し、「オシャレが好きな男性」の基準が、

  • 有名なブランド
  • 洋服の価格
  • 希少性

になってしまっています。全く基準が違います。この違いを意識することが、女性にモテるオシャレのポイントです。

私も含めて男性がオシャレになりたい理由は、「女性に好かれるたい」や「女性にモテたい」だと思いますが、男性がオシャレにこだわりを強くもってしまうほどに、女性が求める基準から離れていってしまいます。

これは筋トレに励む男性にも言えるかも知れません。女性にモテる為に始めた筋トレが、筋トレそのものの魅力に取りつかれてしまうと、極端なマッチョを目指してしまい、多くの女性に好かれる細マッチョから遠ざかってしまうような事です。

女性でも綺麗になりたいと始めたはずのダイエットに取りつかれ、男性からすると全く魅力的ではないガリガリ体型になってしまう事がありますが、本来の目的から逆算して考える事で、オシャレの方向性というものも見えてくるのではないでしょうか。

まとめ 普通の凄さ

今回は「オシャレ好きな男性」のことを悪く言ってしまったのですが、全てのオシャレ好きの男性が悪いと言いたいわけではありません。

女性にモテたくてオシャレをしているわけでもなく、自分が好きなファッションをする事で気分が高揚する人もいるので、それはそれで悪い選択肢ではありません。

人間関係で得する(評価される)事は多くないと思いますが、ホリエモンや本田圭佑のような特別な存在(圧倒的な仕事ができる)であれば、どんな恰好をしていて通用します。

ただ私も含めて多くの一般男性は彼らのような天才でもなく、ずば抜けた実力があるわけでもないと思うので、あまり周囲の人からの評価が下がるような要素は、取り入れない方が良いのではないでしょうか。

ターゲットにしている女性がヤンキーで好みがハッキリとしているのであれば、ヤンチャなファッションや改造車の方が評価されるかも知れませんが、多くの女性から評価されたいのであれば、普通を極めた方がずっと結果につながりやすくなります

多くの男性のファッションは、女性からすると全然普通のレベルに達していないので、まだまだ伸びしろがあります。

きちんと靴を履いている男性があまりにも少なく、姿勢や歩き方が崩れてしまっている人も多いです。男性によってはきちんと靴紐を結ぶだけでも、グッとバランスが取れて印象が良くなるかも知れません。

もちろん洋服のサイズ合わせやメンテナスといった事も大事です。基本的な事をすっ飛ばして分かりやすさに頼ってしまうと、どでかいチャーシュー麺のような、一部の人からしか好かれない残念なファッションになってしまいます。

こんな目立つベルトが有効に働く場など、かなり限られています。ビジネスの場だと軽薄な印象に映ってしまいますし、普段使いにするにしても嫌味な印象になってしまいます。ホストのような人が身につける分には悪くないのかも知れませんが、一般人が違和感なく身につけられる場など、そうそうあるものではありません。

玉の輿狙いの女性からモテたいのであれば、ハイブランドのロゴが目立つ分かりやすいファッションや、高級車がモテにつながる事もあるとは思いますが、私も含めて多くの一般男性はお金持ちではないですし、そのような女性と仲良くなれたところで良い関係を築けるものではありません。

中途半端なこだわりや背伸びというのは、期待していたメリットよりもデメリットばかりになってしまいます。

美味しいラーメンを提供するお店というのは、丁寧にスープの出汁を取ったり灰汁を取ったりといった基本的な事を疎かにしていません。店内の掃除や接客も含めてしっかりとしているからこそ、これといった特徴がないシンプルなラーメンでも多くの人に受け入れてもられます。

そのような基本に忠実に手を抜いていないラーメン屋であれば、ちょっとした変わり種のラーメンを提供してもバランスを取る事ができるので、大きく外す事がないのですが、その変わり種だけを不味いラーメン屋が真似ても上手くいくものではありません。

女性にモテるオシャレな男性のファッションも同じで、基本に忠実に選んでいます。ブランド物を取り入れるのしてもバランスを崩さないように気をつけますし、メンテナンスもしっかりとしているので清潔感も失われません。

高級な物ほど天然素材で扱いも難しい事が多いので、メンテナンスができない人が購入しても良い状態は保てず、むしろ価格の安い化学繊維の洋服よりも不潔な印象になってしまう事もあります。

ろくに試着もしないで適当に大きめのサイズを選んでいると、汚れていない新品の洋服でも余計な皺が出て清潔感は漂いません。手持ちのズボンでも数センチの裾上げをするだけでバランスが良くなるケースがあるのですが、そこと向き合う事なく新しいズボンを購入していると、いつまで経ってもバランスが良くなりません。

オシャレに全く興味がない男性でも、スーツさえ着てしまえばそれなりに見えるものですが、スーツは店員さんが細かくサイズを合わせてくれるので、基本的な事をクリアできるからです。

これがまさに普通のファッションの凄さです。

スーツが似合う外人

スーツは本当によく出来ています。様々な補正効果がふんだんに取り入れられているので、多少崩れた体型でも自然に包み隠して男性らしい魅力的なシルエットになってくれます。

そもそもブランドのロゴが目立っているスーツなどありません。わかりやすいファッションに頼らなくとも、似合っていれば魅力的にうつるものです。

一方でSMLといったサイズしかないカジュアルなファッションだと、多くの男性は適当に選ぶ事になってしまうので、身体にフィットした物を選べなくなってしまいます。

どんなに有名ブランドの洋服でも、このスキルがないと似合う事などありません。

女性は胸の違いが大きいだけに体型の個人差も大きいので、小さな頃から洋服のフィット感と向き合ってきただけに、見極める能力も優れています。

一方で男性は自分の体型と向き合うような人が少ないだけに、オシャレに興味を持ち始めると、分かりやすいこれ見よがしな手法に頼ってしまう傾向があるのですが、それこそがオシャレが好きな男性の特徴であり、女性にモテないだけでなく、同姓の男性からも嫌味な奴だというレッテルを貼られる事になってしまいます。

ハイブランドのファッションアイテムを身に着けていると、キャバクラやクラブでは女性にモテるかも知れませんが、それはあくまでも金ずるとしてカモにされているだけなので勘違いしないでください。

ファッション雑誌で紹介されていた、有名ブランドの洋服だから、といった基準で洋服を選ぶのではなく、多くの一般男性を魅力的にしてくれるスーツのように、普通のファッションでも自分の体型に合わせてしっかりと選ぶ事で、一つも二つも上のレベルの着こなしをする事ができるようになります。

ファッションレベルの低い同姓の男性からすると、大した違いがないファッションに見えるかも知れませんが、女性からすると全くの別物として認識されるので、誰からも嫌われる事なく女性からの評価だけを得る事ができます。

それが最も「オシャレな男性」になる近道です。某有名ファッションブロガーが言うような、

「○○さえ買えばオシャレ最速でオシャレになれる!」

のような事はないので間違えないでください。これはお金だけで解決できる問題ではありません(プロのスタイリストに全て任せれば別ですが)。

女性から好感をもたれる「オシャレ(違和感のない)な男性」になるには、普通のファッションときちんと向き合い、自分の体型に最も似合うサイズのブランド(高級という意味ではなく)を見つけ、しっかりとメンテナンスやTPOに合わせる事が重要です。

世の中の多くの男性が普通のファッションをきちんと着こなせていないで、普通の洋服をきちんと着るだけでも相対的に魅力が上がるものですよ。

逆に考えてみてください。ハイブランドの洋服をこれ見よがしに着ている女性に惹かれる男性は少ないと思います。お嬢様よりも手の届きやすそうな女性の方がずっと男性にモテるものです。

こだわりの強い個性的なファッションに身を包んでいる女性も同じです。

奇抜な髪の色の女性

男性からするとそんな要素はまるで望んでいません。自分の好きなファッションをするのは自由ですが、少なくとも男性から好かれたいファッションとしては、無駄な努力になっています。

多くの男性が女性に求めるファッションというのも、やはり至って普通のファッションなのではないでしょうか。それを言葉で説明するのは難しいですが、違和感のないバランスの取れたファッションの中に当てはまるはずです。

女性は男性ほど相手に容姿のレベルを求めていません。美女と野獣は成り立ちますが、逆は滅多にありません。

そもそも男性がオシャレで魅力がアップすることは少ないです。むしろ中途半端なオシャレのせいでマイナスになってる事の方が多いです。

もちろんオシャレに無頓着で適当なファッションでも、評価を下げてしまうのですが、女性からすると普通のレベルにすら達していない男性ばかりなので、そこと向き合ってほしいと思います。

ファッション雑誌の特集で女性から好かれる男性ファッションというと、何かしらの個性(高級腕時計など)を分かりやすく紹介している事が多いのですが、それは単純にファッション雑誌がアピールしない商品を取り上げているだけであり、ファッション誌以外の雑誌で似たような特集が組まれていると、大抵はスマートな清潔感のある普通のファッションといった結果になるものです。

だからといって普通のファッションでいいんだと適当なままだと、レベルの高い女性の基準に到達する事はできないので、やはり基本に忠実に丁寧に普通のレベルを高めていってください。

さりげなく普通のファッションを、スマートに着こなしている男性が女性側の理想です。

何の為にオシャレをするのか、改めてよく考えてみてください。

周りの人から評価など関係なく、自分が気持ち良くなる為にオシャレをするのも自由ですが、それで通用するのは圧倒的な実力の持ち主だけであり、そのような人ですら普通のファッションをした時の方がさらに評価されるものです。

目的から逆算して考えると、オシャレの方向性を間違えなくなるので、今回紹介した事をしっかりと理解し、普通のファッションと向き合ってみてください。

型破りな事ができるのは極めた人だけであり、素人が適当に真似てしまうと残念な結果にしかならないので気をつけてほしいと思います。

【関連記事】
「ファッション基礎講座」

センスのない男性の特徴!

スーツが似合わない人の特徴