ズボンの裾上げの重要性!足が長いからと軽視するのはNG!

ファッションコラム

ズボンの裾上げは必須!

少し前にお酒の席で知り合った身長の高い男性が、

「俺はズボンの裾上げをしたことがない!」

と自慢げに語っていました。

その場に居合わせた女性陣は「すごーい!カッコイイ!」と喜んでいましたが、彼が立ち上がった時にズボンの裾の長さをチェックすると、微妙にあっていませんでした。

足が長いからと裾上げをしなくても良いのは素晴らしい事ではありますが、本当にベストな裾の長さになっているかというと微妙なものです。

たかが数センチの裾上げでバランスがグッと良くなる事は珍しい事ではありません。

足が長さをアピールする為に「裾上げをしていない!」と自慢するのは、自ら無知をさらけ出しているだけです。

ズボンのシルエットの変化

ここ十年ぐらいで男性向けのズボンのシルエットは大きく変化しました。ざっくり言うとスリム化されました。

同じブランドのズボンを持っている人だとわかると思うのですが、たかが数年前のズボンでも微妙にシルエットが変化しているものです。

お腹周りのサイズが同じズボンでも、股上や太ももや脛のサイズは微妙に変化しています。

もちろん人間の体形も変化していきます。若い頃と同じ体重をキープしている人でも、お尻や太ももがたるんでいるかもしれません。

当ブログでは洋服の購入時の試着の重要性について、形を変えながらくどいぐらい紹介しているのですが、

こちらの記事で紹介したように、私は同じユニクロのズボンでもサイズがバラバラなものを所有しています。

同じブランドのズボンだからと、ろくに試着もしないで選んでしまうと、残念な結果になってしまう可能性があります。

実際に私も裾上げを必要としないズボンも所有していますが、それはかなり昔に購入したものです。スッキリとしたシルエットのズボンが主流の現在、裾上げが必要ない男性は少なくなっているはずです。声高に自慢することではありません。

苦い経験

実は昔の私も冒頭に紹介した彼と同じように、ズボンの裾上げをしないことを自慢するタイプでした。女性に顔を褒められた経験はありませんが、足の長さ(と声と指)を褒められることは、しばしばありました。

そんな時は自慢げに「そういえば、ズボンの裾は上げたことないなぁ~」と言っていました。穴があったら入りたい気分です。

昔のズボンはメーカーによるサイズの差も少なく、寸胴型のシルエットばかりだったので、目安となるサイズを選んでおけばOKだったともいえます。

ですが、現在では同じブランドでも様々なシルエットのズボンを用意しており、お腹周りのサイズが同じだとしても、お尻や太もものフィット具合がまるで違うことがあります。

スリムなシルエットのズボンだと、サイズが一つどころか二つ上がることも珍しくありません。そのようなズボンだと当然裾も長くなるので合わなくなります。

しばしばスリムなズボンを履いて裾を弛ませてしまっている男性がいるのですが、せっかくスラーと見えるはずのズボンが台無しになってしまいます。

たかが1~2センチの違いなら気にする必要がないと考える男性も多いとは思いますが、そのようなわずかなスキが積み重なることで、全体的に残念なファッションになってしまします

美は細部に宿ると言いますが、ほんのわずかな違いで印象が変わるのは珍しいことではありません。

これは髪型で考えるとわかりやすいのではないでしょうか。髪の分け目をちょっと変えただけで大きく印象が変わるのは珍しいことではありません。

明らかにダボついてるズボンでなければ、1~2センチの裾上げをしたところで大きく印象が変わるとは言いませんが、そこに姿勢の悪さやメンテナンスの怠りなどのマイナスポイントが加わると、一気に残念な印象になってしまうかも知れません。

たかがズボンの裾上げと考えずに、購入前の試着時にはしっかりとベルトを留め、試着室から一歩出て靴を履いてから最適な裾の長さを確かめるべきです。

靴を脱いでいる試着室の中で裾上げの箇所を決めてしまうと、靴を履いた時に印象が変わってしまいます。

ベルトもしないで決めるのは論外ですが、意外と靴とのバランスまで考えている人は少ないので、お洒落な男性を目指している人は意識してください。

きちんとサイズを合わせて購入したはずのスーツですら、裾がダブついてしまっている男性は珍しくありません。

きちんと裾上げをしたからといって、劇的にお洒落のレベルが上がるとは言いませんが、これは料理で言うところの灰汁取りのような事なので、軽視するべきではありません。

このような手抜きがいくつか重なると、どことなく残念な印象になってしまうので気をつけたいポイントです。

まとめ 小さなミスの怖さ

同じような体型の男性のファッションでも、明らかに似合っている人とそうではない人がいるものですが、明確なミスが見当たらない場合、ズボンの裾上げのようなわずかなスキが積み重なってぼんやりとした印象になっている可能性が高いです。

ベルトのループの通し忘れだったり、靴が汚れていたり、肩にフケが乗っていたり、寝ぐせが付いていたりといった、ちょっとしたミスもいくつか重なると、一気に残念な印象になってしまいます。

ベルトのループの通し忘れ

お洒落な印象にうつる人というのは、奇抜な目立つファッションをしているわけではなく、普通のファッションを隙なく丁寧に着こなしているものです。

最近はズボンの裾が短めのファッションも受け入れられるようになりましたが、実はファッション雑誌で言うほど簡単なファッションではありません。微妙なさじ加減をあやまるとどっちつかずの残念な印象になってしまいます。

全体的にスリムで軽快な印象のファッションだからこそ引き立つテクニックなので、中年のおじさんが安易に取り入れてしまうとおかしなバランスになってしまいます。

アンクル丈のズボンが似合うのは清潔感が漲っているスタイルの良い若者だけであり、それを真似たところで誰もがお洒落になるものではありません。

太っている人にも似合いませんし、姿勢や立ち姿が悪いとガニ股になって裾の位置も上がってしまいますし、皺が残りやすい生地だと膝や足の付け根の生地が詰まって裾が短くなってしまいます。

モデルのように綺麗な立ち姿で皺のないズボンを履くのであれば、理想的なアンクル丈の位置をキープできるのかも知れませんが、一般の人にとってはかなり難易度が高いズボンです。

裾を折り返して短くする場合であれば、鏡を見ながらその都度バランスをチェックすることができますが、そうではない場合は裾上げを軽視するべきではありません。

足の長さに自信がある男性でも、なるべくならお店の人と相談しながら適切な裾の長さに調節してください。

裾上げテープなどで自分で裾上げをする事も出来ますが、きちんと無駄な生地をカットして仕上げないと、妙な位置に皺が出てしまう事もあります。やはりプロに縫い付けてもらった方が仕上がりが良いものです。

プロはお客さんが着ている上着や靴などから、ファッションの方向性を見出してくれます。そのようなファッションに相応しい裾のバランスをアドバイスしてくれます。

また裾上げをしてもらう時は必ずベルトを締めてください。そして目安となる裾の長さを決めてもらったら、試着室から一歩外に出て靴を履いた上でバランスを再確認してください

面倒だと思われるかもしれませんが、どんなに有名ブランドの洋服でも、このような調整を怠ると残念な結果になってしまいます。

逆にノーブランドの洋服でも、しっかりとフィットしたものであれば確実に魅力を引き上げてくれます。

これはズボンの裾上げに限った話ではないですが、しっかりと身につけるものと向き合うことでバランスが取れるので、意識してほしいと思います。

清潔感のある若者であれば、ジーンズの裾を巻くっても良いとは思いますが、スリムなジーンズが似合わない中年男性が裾を巻くっていると、ただただ残念な印象になってしまうので気をつけてください。

購入済みのズボンの裾上げを行う場合は、YouTubeなどで紹介されている動画を参考にしてみてください。素人が上げている動画より、裾上げテープを販売しているメーカーなどの動画を参考にするのが良いかと思います。

しばしばスーツの裾上げでもカットせずに自分でテープで適当にテープでやってしまったばっかりに、膝下辺りの変な位置に皺が出ている人がいるものです。

たかが裾上げ、されど裾上げです。足の長さなどを自慢している場合ではないので、しっかりと向き合ってほしいと思います。

【関連記事】
洋服の個体差による違いを意識しよう

試着室の男女比におけるレベルの違い

新品の洋服の洗濯は必要!?