男の着こなし.com

洋服ブラシの手入れの効果を理解していない人が多い・・・

洋服ブラシとは?

洋服ブラシとは、名前の通りに洋服用のブラシのことなのですが、オシャレに敏感な人でも意外と持っていないようです。

つい最近知り合ったオシャレな男性も、毛羽立ちが目立つ洋服を着ており、それとなく指摘してみると、

「もう寿命なんだよね~、クリーニングに出してもダメなんだよ」

と言われてしまいました。

丁寧に洋服ブラシをかけてあげれば、生地の綺麗な風合いに戻る可能性があるのですが、洋服ブラシを持っていないとのことでした。

日頃のメンテナンスはホコリが気になった時にコロコロクリーナーで取り、たまにクリーニングに出すだけなのだそうです。

オシャレに興味がないのであれば、このようなメンテナンスしかしない人も多いと思うのですが、彼はとてもオシャレだっただけに残念でした。

洋服ブラシによる手入れの効果

洋服ブラシによる手入れの効果というのは、

  • 洋服に着いた汚れを落とす(浮かす)
  • 潰れた繊維を起き上がらせる(風合いが良くなる)
  • 毛玉が出来にくくなる(初期段階なら抑えられる)
  • 洗濯やクリーニングによるダメージを減らせる

といった効果があります。要するに洋服を綺麗な状態に保てるということです。

論より証拠なので、実際に洋服ブラシをかけた効果がわかるように写真を撮ってみました。

これは撮影用にあえて洋服ブラシをかけずに、しばらく使用していたウール100%のマフラーです。細かなホコリや毛羽立ちがあります。

マフラーは様々な方向にねじれて擦れるので、わりと直ぐに毛羽立ちが発生してしまいます。

このマフラーに洋服ブラシでサッとブラッシングすると、

細かなホコリや毛羽立ちが無くなったのがわかるでしょうか。これが洋服ブラシの効果です。

ホコリだけなら洗濯やコロコロクリーナーでも取れるのですが、洗濯機で脱水されると繊維が一方向に押し付けられてしまうので、どうしても風合いが失われてしまいます。

またウールのような天然の生地には油分が含まれているので、洗剤で洗うたびにカサカサになっていってしまいます。

コロコロクリーナーやガムテープなどは、必要以上に繊維を引っ張ってしまうので、毛玉が出来やすくなってしまいます。

一方で洋服ブラシは繊維の中に絡まっている汚れを掻き出した後、一方向にブラッシングすることで綺麗に繊維の向きを整えることが出来ます。

するとしばらく毛羽立ちを抑えられるので、毛玉にまで成長することなくなります。

大きくなった毛玉はカットするしかありませんが、それを繰り返していくと生地はどんどん薄くなっていってしまいます。

シーズン毎に洋服を買い替えるような使い方であれば、それでもいいのかも知れませんが、せっかく身体に馴染んできた洋服をみすみす捨てることになってしまいます。

近年はユニクロで安価なカシミヤセーターが売られていますが、ろくにメンテナンスをしていないせいか、シーズン終盤には毛玉だらけでヨレヨレになっている人がいるものです。

洋服ブラシの使い方

洋服ブラシの使い方は特に難しくありません。ハンガーにかけた洋服をブラッシングするだけです。

ポイントは手首のスナップを使いながら、洋服ブラシの毛先で軽くブラッシングしてあげることです。寝ぐせを直す時のように、繊維の向きに逆らうように軽く擦ってください。

力を入れる必要はありません。逆に押し付けてしまうと汚れを掻き出せません。

一気に全体を擦るのではなく、一ヵ所をサッサと手首を返しながら何度か左右に擦る感じです。

仕上げに毛並みを整えるように、毛羽立ちが収まる方向にブラッシングして終了です。

あまり難しく考えなくていいのですが、汚れている箇所や生地がつぶれている箇所だけ念入りに行い、他はサッと済ませてOKです。これだけなら1分もあれば可能です。

洋服の裏側や襟の裏側などは、たまに行うだけで十分です。

そして注意してほしいのが、洋服ブラシそのものの汚れです。どうしても使用しているうちに洋服ブラシの中にゴミが貯まっていくので、たまに櫛で梳いて汚れを落としてください。

おすすめの洋服ブラシ

洋服ブラシのおすすめは、天然素材で出来たものが良いと言われているのですが、洋服ブラシと名のつくものであれば、基本的には問題ありません。

天然の毛の洋服ブラシでも2000円未満で売られています。

ただ洋服ブラシといっても毛玉を取る機能に特化しているものもあるので、それは別物として考えてください。

これは毛玉取りカッターのようなものなので、普段のメンテナンスには向いていません。

お金に余裕のある方は、このような高級品もあります。

カシミヤのようなデリケートな生地の洋服を持っている方は、良質な洋服ブラシがあると良いかと思います。

また洋服ブラシと似たようなもので、エチケットブラシというものもあります。

エチケットブラシでも悪くはないのですが、どうしても生地に押し付けながら使うことになるので、仕上がりの風合いという意味では、洋服ブラシの方が断然良くなります。

右側のエチケットブラシはコンパクトなので、私はいつも鞄の中に忍ばせて出先で気になった時に使用しているのですが、着用後の手入れという意味では、洋服ブラシの方が簡単で効率よくブラッシング出来るのでおすすめです。

真ん中の切り替え式のエチケットブラシも便利かと思って購入したのですが、普通の洋服ブラシの方がずっと楽でした。

まとめ 洋服ブラシは必須アイテム!

洋服ブラシによる手入れをするとしないでは、洋服の寿命を大きく左右します。

せっかく高価な洋服を購入しても、メンテナンス次第では直ぐにダメになってしまいます。むしろ高価な洋服ほど毛羽立ちやすい天然生地が使われている事が多いので、洋服ブラシは必須アイテムです。

洋服の寿命は洗濯の仕方や着用時の姿勢やハンガーとの相性などによっても変わりますが、洋服ブラシの存在も忘れないでください。

洋服ブラシはそうそう買い替える必要もないので、オシャレに興味のある方は良質なものを一つ用意しておきましょう。

ちなみに洋服ブラシはあまり売られていません。高級紳士服店には高価な洋服ブラシが売られていることがありますが、一派的な洋服屋だと滅多に売られていません。

手入れをして洋服の寿命が延びてしまうと、商品の回転が悪くなるので推奨したくないのかもしれません。

ホームセンターなどでも洋服ブラシが売られていますが、私が知る限り豊富な品揃えがあったのは東急ハンズだけです。現物を見ながら購入したい方は参考にしてみてください。

もちろんネットで探せばいくらでも見つかります。

【amazon】洋服ブラシ

【楽天】洋服ブラシ

私がオシャレに興味をもつようになり、洋服ブラシをかけるようになると、様々な気づきが得られました。

よく肘をついていたせいで、肘辺りの生地がつぶれていたり、いつも同じ方の足を組んでいたせいで、ズボンの左右で擦れる箇所が違っていたり、ポケットの中が洗濯ネットかのようにホコリが貯まっていることに気がつきました。

すると生地の織り目や縫い目に貯まっているホコリにも気がつくようになり、縫製や裏地の存在意義についても考えるようになりました。

さらに車のシートベルトによる擦れなどにも意識が向くようになり、肩掛け鞄ではなく手持ちの鞄をもつようになりました。

たかが洋服ブラシをかけるという行為でも、様々な気づきがあるものです。

靴を磨くようになると、靴同士を擦り合わせて雑に脱ぐようなこともなくなりますし、靴底のすり減り方で歩き方のクセを改めるきっかけになることもあります。

これらのメンテナンスは、単純に洋服や靴が綺麗な状態になる事だけでなく、自分の行動や習慣にも目を向けるきっかけとなってくれます。

姿勢や歩き方が良くなると益々魅力が上がりますし、結果的に洋服も似合いやすくなるものです。

洋服のメンテナンスを奥さんやクリーニング屋さんに丸投げしていると、このような気づきが得られず、成長にもつながりません。

たかが洋服ブラシと軽視するのではなく、しっかりと向き合ってみてください。

洋服の手入れで寿命が延びるだけでなく、あなたの魅力を引き上げてくれるかも知れませんよ。

【関連記事】
洋服を馴染ませて着心地を良くする方法

靴磨きは100均アイテムで十分?

改めて感じたユニクロの凄さ

down

コメントする