男の着こなし.com

靴紐をきちんと結ばない事のデメリットを理解しよう!

靴紐をしっかりと結ばない日本人

日本は屋内で靴を履かない文化なので、どうしても脱ぎ履きしやすい靴を選んでしまう人が多く、さらに靴紐を緩めて固定してしまっている人も珍しくありません。

少し前にネットニュースで興味深いものがあったのですが、外国に訪れているアジア系の人物の国籍を見極めるポイントとして、日本人の特徴があげられていたのですが、

  • 財布が尻ポケットからはみ出ている
  • 荷物を置いたままトイレに行く
  • 歩き方が汚い

とありました。

少し前までのアジア人というのは、日本人だけが圧倒的に身なりが良いので簡単に見分けがついたそうなのですが、最近は中国人の身なりもオシャレになり、単純に見た目だけでは判断が付かなくなってきたそうなのですが、治安の良い日本に住んでいる日本人というのは、全体的に行動にスキが多いのだそうです。

それもイメージできるのですが、私が興味を引かれたのは「歩き方が汚いから」というものでした。

私自身もファッションに興味をもつ前は、全く歩き方など気にした事がなかったのですが、正しい歩き方を意識して取り入れるようになると、世の中の人の大半が背中を丸めて俯いて歩いている姿に驚く事になりました。

フィットしていない靴ではまともに歩けない!

激しい運動をする時というのは、誰でもしっかりと靴紐を結ぶものですが、日常生活でしっかりと靴紐を結ぶ人となると、やはり少数派になってしまいます。

日常生活で全速力で走るような事は滅多にないですが、全速力で走れないぐらいのフィット感の靴だと、少なからず歩き方に影響が出てしまいます。

スリッパやサンダルや長靴のようなフィット感のない靴だと、誰もが歩きにくさを感じるものですが、靴紐を適当に緩めているような状態でも、悪影響が出てしまう事を理解していません。

特に革靴のように重みがあってフィットしにくい靴ほど、歩く度に慣性が働いてズレが生じてしまうので、多くのサラリーマンが革靴を履くと疲れるという結果になってしまいます。

きちんとフィットしている革靴であれば、それほど疲れるものではないのですが、脱ぎ履きしやすいように靴紐を緩めて固定していると、重たいスリッパのようなフィット感になってしまうので、靴擦れなどを引き起こしてしまうわけです。

それを避ける為にスニーカーを履くような事が悪いわけではないのですが、もしかしたらきちんと靴紐を結ぶだけで解決する問題かも知れません。

靴紐をきちんと結ばないデメリット

日本人の歩き方が汚い要因の一つとして、この靴紐をきちんと結ばない事も含まれているのではないでしょうか。

当ブログでは以前に姿勢の重要性が分かるサッカー漫画を紹介した事があるのですが、

参考フットボールネーションが面白い!

この漫画の中で日本人ならではの問題として、学校の上履きが取り上げられていました。

スリッパのような緩いフィット感しかない上履きに若い頃から慣れてしまう事で、正しく歩けなくなる日本人が多いのかも知れません。

こればっかりは体験してみないと分からない事なのですが、取りあえず靴の踵に合わせてからしっかりと靴紐を結び直し、自分なりに姿勢を正して街中を歩いてみてください。

すれ違う日本人の多くが、常に足元が視界に入るような俯いた姿勢で歩いている事に気がつくと思います。

自分の目線の高さも変わるだけでなく、いかに世の中の多くの人の俯いてチョコチョコと歩いているという事が理解できると思います。

歩きスマホは論外ですが、スマホを見ていなくても肩をすぼめて背中を丸めて歩いている人が多いものです。

病院などでスリッパを履くと、まともに歩けなくなる感覚は誰にでも分かると思いますが、だからといって意識的に歩き方を変えているわけでもなく、無意識が勝手に身体の使い方を変えて適応しているわけです。

普段から靴紐を緩めた状態が当たり前になっていると、無意識がその状態に適応して歩くようになるので、自然と姿勢が崩れて歩き方が汚くなるのもイメージできるのではないでしょうか。

靴紐をきちんと結ばない事には、様々なデメリットがある事を理解してほしいと思います。

無意識は優秀

人間の無意識というのは優秀なもので、直ぐに環境の変化に合わせて適応する事ができてしまいます。誰でも滑りやすい路面に合わせて歩き方は勝手に変わりますし、走る必要がある場面では靴紐をしっかりと結びます。

この無意識に適応してしまえるだけに、靴紐を緩めてフィットしていない状態でも歩けてしまうわけですが、それだけに誤った歩き方になってしまいます。

スニーカーであれば靴紐を緩めていても、そこそこにフィットしてくれるものですが、それでも全速力で走れないような緩い状態だと、無意識が勝手に歩き方を適応してしまいます。

きちんと靴紐を結ばない事には、スマートな歩き方をする事など不可能なので、歩き方を改善したい人は意識してみてください。

ちなみに海外ではトボトボと歩く速度が遅い人ほど、認知症になるリスクが高いという研究も出ています。

歩く速度だけの問題とは言い切れませんが、下半身の筋肉だけを使ってトボトボと歩く人と、全身の筋肉を使って颯爽と歩く人では、健康面での違いがあっても不思議ではないのではないでしょうか。

介護用の靴もフィットしやすいようにマジックテープなどで出来ていますし、靴のフィット感というのは、全身の健康に影響が出るという事を覚えておいてください。

正しい歩き方を意識に上げる事も大切ですが、そもそも靴がフィットしていないと改善する事は難しいです。

靴のせいにして良さげなものに買い替えても、きちんと履く習慣がないと意味がありません。靴紐を緩めて履く事はデメリットだらけなので、改めて理解してほしいと思います。

姿勢や歩き方が良くなれば、休日に特別な運動をせずとも通勤で歩くだけで健康になれるかも知れませんし、洋服だって似合いやすくなります。

良い姿勢になれば内蔵の機能も向上(回復)して、肌ツヤといった要素も良くなるかも知れません。誰もが深呼吸をする時には自然と胸を張った姿勢になるものですが、あれは肺が大きく膨らみやすいように身体が勝手に適応した結果です。

日頃から背中を丸めていると肋骨の動きが妨げられて肺が大きく膨らめないので、呼吸の質も下がってしまいます。

背中を丸めているとお腹周りの筋肉も緩んでしまうので、内臓の位置も下がってお腹が出てしまいます。腹筋周りを鍛える事も大事ですが、日頃から正しい姿勢で歩けるようになると、自然とそれらの筋肉を刺激する事になるので、健康的なスタイルを維持しやすくなるものです。

これらのように歩き方が汚いと、様々なデメリットがあるという事を改めて理解してほしいと思います。

まとめ 靴紐をきちんと結ぼう

靴紐をきちんと結ぶだけで、何から何まで良くなるとは言いませんが、適当に靴紐を緩めていると様々なデメリットがあるので、今すぐにでも意識に上げて改善してほしいと思います。

外国の人からすると日本人の歩き方は汚いと思われるのは、決して大げさな事ではありません。特に旅行中の日本人は身なりが綺麗なだけに、その落差を感じるのではないでしょうか。

靴がフィットしていないと、いざという時の行動にも影響が出るはずです。強盗に襲われた時や暴走ドライバーが歩道に突っ込んできた時に、咄嗟に回避行動ができないような靴だと被害も広げる事になってしまうかも知れません。

日本は治安が良いだけに、そのようなルーズさでも何とかなってしまうのかも知れませんが、フィットしていない状態の靴には様々なデメリットがあるので、今すぐにでも意識にあげて改善してほしいと思います。

女性はヒールの高い靴を履く事もあるのでフィットさせるのは大変ですが、男性であれば大抵は靴紐をしっかりと結ぶだけで、フィット感を向上させる事ができます。

靴紐のないスリッポンタイプの靴の方が脱ぎ履きしやすいものですが、靴べらも使わずに履けるような緩い靴ではまともに歩く事など出来ないので、自ら様々なリスクを引き寄せる事になってしまいます。

そもそもローファーという言葉には「怠けもの」という意味があります。きちんと靴紐を結ばない多くの日本人が怠けものなのかも知れません。

ちなみに私の知り合いの女性は近所のゴミ出しにサンダルを履いて行った時に、マムシに噛まれて入院する事になってしまいました。

流石にこのようなケースは多くありませんが、日常的にそのような靴で生活していると、転倒のリスクが高まりますし、トボトボとした歩き方による偏った筋肉の使い方になってしまいます。

太ももだけが太くで悩んでいる女性が多いものですが、これも身体の使い方の問題である事がほとんどです。滑りやすいスリッパを履いて歩くと分かりやすいのですが、太ももの前側の筋肉を使って足を持ち上げるような歩き方になるので、そこばかりが発達してしまいます。

適当に靴紐を緩めた状態で履いている事も、少なからず同じような影響が出てしまうので、まずはきちんと靴紐を結ぶ事から始めてみてください。

大切な人を守る為にも咄嗟に行動できる状態である事が望ましいですし、その為にも自分自身が健康である必要があります。

たかが靴紐と軽視せずに、しっかりと向き合ってみてください。知らず知らずのうちに受けていたデメリットが解消されると、姿勢や歩き方といった外見的な要素が良くなるだけでなく、心身ともに良い状態に近づいていきますよ。

【関連記事】
靴紐が切れるのは幸運の兆し?

靴紐を素早く結ぶ方法

雪国の人の歩き方は自慢にならない

down

コメントする