男の着こなし.com

木村拓哉の歩き方についての分析が秀逸だった

姿勢や歩き方の重要性

当サイトではファッションに関する情報を中心に紹介していますが、姿勢や歩き方の重要性についても度々紹介してきました。

参考正しい姿勢を簡単に知る方法

参考男性の歩き方についての考察

この理由は、どんなにカッコイイ洋服を着ていても姿勢や歩き方が悪いだけで、カッコよく見えなくなってしまうからです。

基本的に洋服(上着)は肩で着るものなので、猫背で肩が前に入っていると、上着に大きな縦線の皺が入ってしまいます。

きちんと試着室でサイズを合わせていても、普段の姿勢が悪いとサイズが合っていない洋服のようにだらしのない印象になってしまいます。

誰だって試着室の鏡の前では姿勢を正すものですが、その姿勢は本当の姿勢ではありません。

逆に普段の姿勢や歩き方を改善するだけで、一気に洋服が似合うようになる方も珍しくありません。

ですが、一般の人は姿勢や歩き方をわざわざ習うことなどないので、意識すらした事がない方がほとんどだと思います。

客観的にテレビ画面に映し出される芸能人やモデルでもない限り、多くの人が自分の歩き方がどのように見えているのか知りません。

私はたまたまファッションに興味をもつようになり、洋服のサイズ合わせの重要性や皺を意識するようになったことで、姿勢や歩き方に意識が向くようになりましたが、周囲の男性を見渡してみても綺麗に歩けている人は滅多に見かけないものです。

そんな中、あるテレビ番組で女性の印象評論家が、木村拓哉さんの歩き方の魅力を見事に分析していたので、今回はその歩き方のポイントを紹介します。

木村拓哉の歩き方

木村拓哉さんはイケメンの代表格なので、姿勢や歩き方など関係ないと思われる男性がいるかも知れませんが、女性からすると木村拓哉さんの歩き方に「ときめく」方が多いそうです。

イケメンなら何をしてもカッコイイと言ってしまうと元も子もないのですが、木村拓哉さんはイケメンの中でも「特別」男らしいセクシーさを感じさせられているそうです。

その理由の一つとして、歩き方が紹介されていました。

木村拓哉さんの歩き方の大きな特徴は、

  • 一直線の上を歩く
  • 黒目からビームを出しいる

の二つです。

実際に印象評論家の女性が木村拓哉さんの歩き方のマネをしてみると、まさにそれっぽく見えて感動しました。

この二つを意識しながら歩くことで、木村拓哉さんのようなカッコいい歩き方になるそうです。

ただこの表現だけだと、少し漠然とし過ぎているので、私なりに解説してみます。

一直線の上を歩く理由

誰でも真っ直ぐに歩いていると思われるかも知れませんが、これは足のつま先の向きが真っ直ぐということです。

いわゆる平均台の上を歩くような一本線の上を歩くことではありません。

女性モデルだと実際に一直線上に歩くことがあります。すると足がクロスしたような印象になり、女性っぽさを演出することが出来ます。

ただ男性が同じように足をクロスさせてしまうと、この女性っぽさが引き出されてしまい、オネエっぽく見えてしまいます。ここを勘違いしないでください

実際に木村拓哉さんの歩き方を見ても、一直線上に足を置いていません。左右の足のつま先が真っすぐ平行に進んでいくようなことです。

おそらくこれは木村拓哉さんが日頃から意識していることなんだと思われます。その理由は司会のさんまさんの歩き方を木村拓哉さんが再現した時に、見事につま先が外を向いたガニ股になっていたからです。きちんと使い分けられていました。

足の向きを意識したことがなければ、とっさに使い分けることなど出来るはずがありません。

一方で多くの一般男性の足のつま先は外を向いています。極端なガニ股の方でなくても、足のつま先が外に開いている方が少なくありません。

足のつま先が外に開いていると、足がピンと伸びません。

今その場で試してみてほしいのですが、少し極端にガニ股にして歩いてみてください。ずっと膝が曲がったままになると思います。

程度の差はありますが、多くの男性が自然とこのような歩き方になっています。

足を開いて膝が曲がっていると、それだけで身長が低く見えてしまいます。

またガニ股で早く歩くことなど出来ません。これは太ももの前側の筋肉を中心にして足を持ち上げることになるからです。

大きなダンボールなどを抱えて歩く時をイメージしてほしいのですが、上半身の筋肉が固定されてしまうと、チョコチョコとしか歩けなくなると思います。腰から下の筋肉だけを使って歩くからです。

ガニ股で歩くのも同じです。大股で歩くことも早歩きをすることも出来ません。

少し歩いただけで疲れやすい方というのは、特にこの傾向があります。

さらにこの歩き方は体重が真っすぐ前にのらずに、斜め前にのってしまうので、重心が左右にぶれてしまいます。偉そうにガニ股で歩いている人を思い浮かべるとイメージできると思います。

一方で足のつま先を真っすぐ前に向けて歩くと、本来の身長の見た目に戻り、上半身も安定します。

よほど大股で歩かない限り、頭の位置、高さが一定になります。

これが出来ているからこそ、黒目からのビームを発射できるようになります。

黒目からビームを出す方法

実際に黒目からビームを出すことなど出来ませんが、目標物に向かってビシっと目線を固定できると、男性らしさを感じさせることが出来ます。

それこそ上半身が左右にフラフラとする歩き方では、目線をビシっと固定することが出来ません。

「目は口程に物を言う」ということわざがあるように、目の動きというのは様々な情報を含んでいます。

ウソをついている子供は目を合わせることが出来ませんし、やましいことを隠している大人の目は泳いでいるものです。

以前に女性と目を合わせることが苦手な男性向けに、トレーニング方法を紹介しました。

参考女性と目を合わせられない男性へ

ここでは、きちんと目を合わせられないことの様々なデメリットを紹介したのですが。これを逆に考えると、しっかりと目線を合わせられる人というのは、それだけ多くのメリットがあるということです。

「一目惚れ」という言葉があるように、目を合わせた瞬間に好意を持ったり、嫌悪感をもったりするものです。

世の中には一目ぼれのテクニックというものがあるのですが、これらを簡単に説明すると好意的な気持ちで相手の目を覗き込むことがポイントになります。

誰だって嫌いな人と目を合わせるとなると、睨みやすごみが出ますし、相手にもそれが伝わるものです。

逆に好意的な感情をもっていても相手に伝わります。人間は興味のある対象に対して、自然と瞳孔が開いて黒目が大きく見えるので、それが相手の無意識にも伝わると考えられています。

おもちゃに夢中な子供の目は輝いていますし、どこか不安げな子供の目はフワフワとしているものです。

一方で好意的な気持ちをもっていても、相手の目を見ることが出来ないと伝わりにくくなります。恥ずかしくて伏し目がちだと、相手は興味がないのかなと捉えてしまうかも知れません。

相手の目を覗き込むというのは、実は簡単ではありません。

何故なら人間の目が二つあるからです。無意識に目を合わせると左右どちらかの目に焦点が合ってしまいます。

さらに左右の目を交互に見てしまうと、目が泳いだ状態になってしまいます。

相手の目を覗き込むコツは、目と目の間をグッと見ることです。すると相手は自分の中を覗き込まれたかのように感じてしまい、一気に気になる存在に昇格します。

ちなみにカメラは焦点を合わせる対象が一つ(レンズ)なので、この目力が発揮されやすい傾向があります。

高画質な動画が当たり前の時代にも関わらず、わざわざアイドルの写真集を購入する方というのは、そのアイドルから覗き込まれることに魅力を感じているとも言われています。

おそらく木村拓哉さんの黒目からビームが出ていると表現した印象評論家は、このことを言いたかったのだと思います。

目標物に向かって視線を固定しながら真っすぐに進んでいく姿というのは、夢に向かって一直線に突き進む男性のような印象にうつるのではないでしょうか。

一方でフラフラと上半身を揺らして目線もあちこちに向いてしまう男性というのは、これといった目標のない頼りない男性にうつってしまうのだと思います。

まとめ 歩き方や姿勢で伝わること

姿勢や歩き方から伝わる情報量は少なくなりません。洋服が似合わなくなることや健康に悪いということだけでなく、様々な印象を受け取っているのだと思います。

木村拓哉さんの歩き方をマネしたからといって、必ずしも女性にモテるとは言いませんが、頼りがいのある男らしい歩き方にはなると思うので、日頃から自分の歩き方を意識してみてください。

コツは足のつま先を真っすぐに向け、進行方向に目線を固定しながら歩くことです。

正しい歩き方を知りたい方は、少し大股で早歩きをしてみてください。自然と足のつま先が前を向いて、全身の筋肉を使いながら歩けると思います。

その身体の使い方を覚えると、普通の歩幅で歩く時にも全身の筋肉をバランスよく使えるようになると思います。

背中やお腹周りの筋肉を使って歩けるようになると、カッコイイ歩き方になるだけでなく、同じ距離を歩いても疲れなくなるものですよ。

骨盤が起き上がって上半身の姿勢も整うので、肩コリや首のコリまで改善されるかも知れません。実際に私は重度の肩コリで整骨やマッサージに長年通っていましたが、歩き方を改善すると肩コリがなくなってしまいました。

正しい姿勢になると前に入っていた肩が正され、肩甲骨が後ろに戻り、普通に歩いているだけで自然と肩から手が振られ、肩周りの筋肉の緊張が無くなったように感じます。

たかが歩き方と決めつけずに、しっかりと向き合ってみてください。様々なメリットがあると思いますよ。

ちなみに私は高校に入学して間もない頃に、歩き方でこんなことがありました。

廊下を歩いていると急に後ろから肩をつかまれ、

「よっち、なんでいるの?」

と上級生に話しかけられました。振り向いた私の顔を見てその先輩が、

「あ、ごめん、違った」

と言いました。「よっち」とは私の二つ上の兄のあだ名です。

しばらくしてその先輩と話せるようになったのですが、同じ中学出身で兄と仲が良かったらしく、

「おまえの不貞腐れた歩き方がよっちとそっくりだったんだよ」

と教えてくれました。いくら兄弟とはいえ、後ろ姿の歩き方だけで人物を見極められるほどの特徴があることに驚いたものです。

誰もが無意識に行っている歩き方ですが、周囲の人は様々な情報を受け取っているものです。

マリリンモンローが歩き方をセクシーに魅せる為に、片方の靴のヒールだけ少し削って、わざとアンバランスにしてお尻を振っていたのは有名な話です。

適当な歩き方が肩の痛みの原因になっているかも知れないように、正しい歩き方で健康になることにつながるのであれば、それが巡り巡って魅力的になるのはイメージできるのではないでしょうか。

猫背が改善されると内蔵の位置が整って機能が上がります。内蔵の機能が上がれば疲労回復も早くなりますし、仕事やプライベートも充実していくのではないでしょうか。

もちろん木村拓哉さんの歩き方に憧れてマネしてみるのでもOKです。自分の歩き方を意識に上げて改善していくことが大事なので、きっかけや目的は何でもよいと思います。

【関連記事】
大山式足指パッドの本当の効果!

靴のサイズが大き過ぎると太くなる?

足元からわかる情報量をなめてはいけない

コメント

  • 一直線の意味がよくわかりました。ありがとうございます。平均台のような歩き方は変ですもんね。スッキリしました。

    by 匿名 €2018年8月25日 13:16

  • これってホンマでっかに出ている重田さんのだよね?
    この間キンプリの分析もやってて
    相手の瞳の色を確認するかのように
    覗き込む眼力があると
    女性をその気にさせるって

    拓哉にその能力があっても不思議じゃないけど

    by 目からビームww €2018年10月11日 08:37

down

コメントする