男の着こなし.com

靴のサイズが大き過ぎると足が太くなる?様々なデメリットを紹介

靴のサイズの重要性

洋服のサイズに比べて靴のサイズは「5mm」刻みで細かく分けられています。

これは僅か「5mm」の違いで弊害を感じるほど、靴のサイズ合わせが重要だということでもあります。

様々な紐靴の革靴

洋服は大き目のサイズの方が動きやすいと勘違いしている方が多いのですが、大き過ぎる洋服は余計な生地がまとわりついて動きにくいものです。さらに余計な生地の分の重さも増してしまいます。

動きやすさを重視するスポーツ選手のユニフォームも、昔から比べるとスマートに進化しています。

洋服と同じように靴も大き過ぎることによる弊害、デメリットが多いのですが、日本人は靴の脱ぎ履きを優先してサイズが大き過ぎる傾向があります。

そこで今回は靴のサイズが大き過ぎることによる様々なデメリットを紹介します。これらを理解して改めてきちんと靴のサイズを合わせてほしいと思います。

1 痛み

靴のサイズが大き過ぎると痛みの原因となってしまいます。

これは女性のハイヒールをイメージするとわかりやすいのですが、踵が高いと前のめりになります。足の親指や小指の付け根の点に過重されてしまいます。

ハイヒールの女性の足元

男性の靴の場合はハイヒールほどわかりやすくはないのですが、男性の靴でも踵の方が僅かに高くなるように設計されています。

きちんとサイズを合わせた靴であれば、踵や土踏まずや甲がフィットしているので、激しい運動でもしなければ前のめりになることはありません。

一方でサイズが大き過ぎる靴だと、引っかかりがないので指先に負担がかかりやすくなります。要するに靴擦れをします。

女性に外反母趾が多いのもヒールが多いからなのですが、サイズを合わせが適当だからとも言えます。また女性は男性と比べて筋肉量が少なく、むくみやすい傾向があるので、男性よりも大き過ぎる靴を選ぶ傾向があります。

2 歩き姿

大き過ぎる靴を履いていると歩き姿も悪くなります。

これはスリッパを履いて歩いている姿を思い浮かべてください。歩幅を狭めて引きずるように歩くしかないと思います。

茶色のスリッパ

そもそも日本人は雪駄や下駄など、指先を中心に固定する履物文化でした。ビーチサンダルなどは日本の草履を元に出来たと言われています。

指先だけの固定だと、足を上げる時に勢いをつけられません。子供の頃にスリッパを飛ばして遊んだことがあると思うのですが、歩いている時に膝をピンと伸ばしてしまうと、スリッパは飛んでいってしまいます。

そうならないように自然と膝を少し曲げたままスリッパを持ち上げて歩きます。靴のサイズが大き過ぎるとスリッパのようにしか歩けません。狭い歩幅ヒョコヒョコと歩くようになります。

欧米人が颯爽と歩いているように見えるのは、足を前に出す時に膝がしっかりと伸びているからです。スリッパであの歩き方をすると飛んでいってしまいます。

颯爽と歩くビジネスマン

時代劇の下っ端をイメージしてほしいのですが、つま先から着地してヒョコヒョコと歩く姿はカッコイイものではありません。

現代人でも同じような歩き方をしている人は少なくありません。周りの人の歩き方を観察してみてください。しっかりとつま先で地面を蹴って、膝を伸ばしている方は少ないものです。

靴のサイズが大き過ぎると、誰もがスリッパのように足の先端を持ち上げるように歩くので、歩き姿がカッコ悪くなることを理解してください。

そしてきちんと歩けないということは、走ることも出来ません。スリッパで泥棒を追いかけることなどできません。日頃から大き過ぎる靴を履いていると、いざという時の反応が悪くなります。

これは自分の為だけではなく、大切な人を守る為にも日ごろからきちんとした靴を履く必要があるということです。

3 足の筋肉

歩き姿が違うと足の筋肉の付き方にも影響が出てしまいます。

よく「太ももだけが太い」という方がいますが、多くは歩き方が影響していると言われています。

大き過ぎる靴を履くと足の指先が上を向くようになります。すると足の裏に均等に体重がかかりません。常に足のかかと側に体重がかかると、バランスを取る為に足の上の姿勢を変化させます。

たかだか足裏の重心のかけ方一つで、上半身や頭の位置も含めて姿勢が崩れてしまいます。土台がしっかりとしていないとしわ寄せが生まれてしまいます。

積み重ねられた石

正しい姿勢だと骨が体重を支えてくれるのですが、姿勢が崩れるとバランスを保つ為に筋肉が支えることになります。試しに立ちながら足の指先を上に向けてください。太もも辺りに力が入ると思います。

これが足が太くなる原因とも言われています。肩こりや腰痛や首の痛みも同様です。姿勢の悪さでそれらの筋肉に力が入ったままになるので、痛みが発生してしまいます。

足が太くなる原因は、姿勢の悪さによって日頃から太ももやふくらはぎの筋肉に負荷がかかっているからです。疲労物質が貯まり、筋肉も大きくなってしまいます。

そのきっかけになるのが大き過ぎるサイズの靴ということです。スリッパのような歩き方ではバランスが崩れるだけではなく、姿勢まで悪くなって筋肉に負担がかかるというデメリットがあることを理解してください。

革靴を履くと痛くなる理由

久しぶりに革靴を履くと痛みを感じる方が多いのですが、これがまさに靴のサイズが合っていないといういうことです。

スニーカーは少しぐらいサイズが大きくても何とかなってしまいます。

もちろん激しい運動をすれば別なのですが、日常的に歩くだけであれば、伸縮性のある素材や靴紐のおかげで、それなりにはフィットしてくれます。

一方で革靴の革に伸縮性はありません。革も少しずつは伸びていきますが、臨機応変に伸び縮みするわけではありません。

また革靴は靴紐がなかったり、靴紐を通す穴が少ない傾向があります。スニーカーに比べて調節する余地がありません。

スニーカーの紐を結ぶ女性

革靴を購入するときに、スニーカーと同じような感覚で大き目のサイズを選んでしまうと、デメリットを全面的に受けてしまいます。

中敷きや厚めの靴下で調節する方法もありますが、簡単ではありません。

痛みの出る革靴は、そもそものサイズが合っていないということです。

特に自分の靴のサイズは26センチだと決めつけている方は危険です。靴のサイズはメーカーによっても差がありますし、同じメーカーの靴でもデザインよってフィット感も違います。

革靴は一般的にはスニーカーよりも0.5mm小さなサイズの方が良いと言われているのですが、これもスニーカーのサイズ合わせが適当だと合いようがありません。

靴のサイズが大きくなる理由

靴のサイズが大きくなる理由は、子供の頃の習慣を引きずっているからでもあります。

成長著しい子供の頃は、常に大き目のサイズの洋服や靴を購入します。

その感覚が残っているので、成長が落ち着いてきた高校生ぐらいでも大き目のサイズを選んでしまっています。

完全に成長が止まったのであれば、改めてきちんとサイズを合わせて欲しいのですが、一センチぐらい大き目のサイズが適正だと思い込んでしまっているケースがあります。

それでもスニーカーであれば問題は少ないのですが、伸縮性がなく調整も効かない革靴では、先ほど紹介したサイズが大き過ぎることのデメリットが出てしまいます。

そもそもフィットした靴を履くときは、しっかりと靴紐を緩めて靴べらを使わないと履けないものです。

軽く足を押し込んで履けるような革靴は大き過ぎます。そして靴紐も緩めずに雑に脱ぎ履きをしていると、履き口が広がって益々サイズがズレてしまいます。

まとめ 足元をみる

靴の良し悪しは健康に大きく影響します。

最近は高齢者向けのウォーキングシューズにオーダーメードが増えてきましたし、中敷きのオーダーメードもあります。

靴なんて何でもいいという意識では、中々靴の重要性に気がつくことはありません。知らず知らずのうちにデメリットを受けてしまい、太ももだけが太くなるようなことになってしまいます。

「足元を見る」という言葉がありますが、あれは経済力を推し量るだけではありません。人間性も如実にあらわれています。

靴に対する意識とは、相手に対する敬意だけではなく、自分としっかり向き合っているかもあらわれています。

適当に靴を履いてシーズンごとに買い替えている人が多いですが、一方で大切に靴をメンテナンスしながら何年も履いている人もいます。

安い靴は素材も構造も酷いので長く履くことはできません。常にそのような靴を選ぶ人というのは、考え方もコスパだけを重視していると伝わるものです。

高級な靴が偉いという意味ではなく、しっかりと靴と向き合っている方というのは、適当なサイズ合わせをすることもありません。

しっかりと靴の質やサイズを見極められると、結果的に長く愛用することになります。革が柔らかくなり、靴底が沈んで足に馴染んでいきます。

またこのことを知っている人は、新しい革靴が馴染むまで時間がかかることも理解しているので、少しずつ履く時間を伸ばして馴染むまで待つことができます。

靴が馴染むとは、自分の足の関節や可動域に合わせてシワが入って柔らかくなることです。一方でそうではない箇所の革はハリのある綺麗な状態を保ちます。柔らかいだけの革や素材ではこうはなりません。

そして足裏の体重がかかる箇所が沈んでいきます。自分の土踏まずのアーチに合わせて靴底の形が変形してくれます。これが靴が馴染むということです。

この状態の靴でしっかりと紐を結んで調節するのが理想です。靴紐がないと購入時にピタリとサイズがあっていても、徐々に大きくなってしまいます。

脱ぎ履きのしやすいローファーなどをフィットさせることは難しいと思ってください。よほど足の形と相性の良いメーカー(木型)を見つけない限り、理想的なフィット感は得られないと思います。

赤茶色のローファー

ただでさえ足は左右で肉付きが違うものなので、調節出来ないスリッポンタイプの靴はおすすめしません。

身だしなみを整えたり、洋服を着飾ったり、好きな靴を履くということは、要するに人から良く見られたいからです。異性にモテたいからです。

自分の好みの靴や洋服や髪型が必ずしも似合うとは限りません。

「自分が好きだから他人の意見は関係ない」というのは、本来の目的から遠ざかっています。好きでも似合わないモノは自宅の中だけで楽しめばいいだけです。

自分好みの靴でもサイズが大き過ぎると弊害が大きくなります。上手く歩けない靴ではカッコよく歩くことなどできませんし、ケガをしてしまえばデートも出来ません。本来の目的から遠ざかってしまいます。

当サイトでは洋服でも靴でもサイズを合わせることの重要性を何度も紹介しているのですが、何度も言いたくなるほど世の男性の多くが適当にサイズを選んでいます。靴に限っていえば女性も相当多いですが。

今回紹介した靴のサイズが大き過ぎる弊害、デメリットを知ってください。

カッコよくなりたいという、本来の目的から遠ざかっていることを理解してください。

これはお金を出せば解決する問題ではありません。高級ブランドの靴でもサイズが大き過ぎればカッコよく歩けません。有名ブランドの洋服でもサイズが合っていなければ皺だらけになります。

むしろ高級な洋服や革靴に使われている素材は、天然のものが多いので、扱いが悪いと直ぐに劣化してしまいます。足元を見ればすぐにわかってしまうものです。

モノを大切に扱うようになると、モノが長持ちします。そしてモノの品質の違いがわかるようになります。長持ちすると次に購入するときにはお金も貯まっているので、より高品質のモノを選べるようになるものです。

年期の入った靴磨きの道具

一方で適当にモノを扱っていると、直ぐに劣化してしまいます。品質の差ではなく扱いの悪さで劣化してしまいます。結局直ぐに買い替えることになるので、コストパフォーマンスにしか目がいきません。

どちらが成長できるのか分かると思います。靴の扱い方一つでも得られる情報は膨大です。

真新しいスニーカーを履いていても、緩めている靴紐から伝わってくるものがあります。踵の内側の擦れ具合から、脱ぐときに靴同士を擦りあわせていることが伝わってきます。つま先のキズから履く時に強引に押し込んだ後にトントンとしていることが伝わってきます。

新しい靴だからこそ目立つキズもあるものです。

「足元をみる」とはよく言ったものです。

足元の僅かなスキが全身の姿勢にまで影響を与えます。姿勢や歩き方まで崩れてしまいます。

よく「金持ちは靴を大切に扱う」などと言いますが、これは「あらゆるモノに対してきちんと接している人が金持ちになる」という意味です。

靴さえ磨けば金持ちになるという意味ではありません。

「トイレ掃除をすると金運がアップする」と同じようなことです。トイレ掃除だけで金運が上がるのではなく、「気持ちよくお客さんに過ごしてもらおうと考えられる人が成功する」ということです。

靴のサイズを合わせるだけ何もかも改善するわけではありませんが、しっかりと自分の身体と向き合ってサイズを合わせてください。店員さんの意見も聞き入れてください。

靴屋の陳列

最高にフィットした良質な靴は、歩く姿勢を美しくしてくれます。猫背が治って血流もよくなります。すると血色や顔色もよくなり、身体も健康になって脳も活性化します。

結果的に巡り巡ってあたなの魅力を引き出してくれます。これこそが、本来の目的に合致するのではないでしょうか。

まずはきちんと洋服や靴のサイズを合わせることから始めてください。そこで得られる気づきは様々な好影響をうみだします。

サイズの大きい靴のメリットというのは、履きやすくて脱ぎやすいだけなので、その為だけにデメリットを受け取るのはもったいないですよ。

【関連記事】
スニーカーを長持ちさせる方法

革靴の足音の違いで幸福度が変化!?

洋服を馴染ませて着心地向上!

down

コメントする