男の着こなし.com

スニーカーを長持ちさせる方法!愛着の為のメンテナンス

スニーカーを長持ちさせる方法

革靴のメンテナンスというと靴磨きが一般的ですが、スニーカーだとメンテナンスをしないで履きつぶす方も多いのではないでしょうか。

メンテナンスされていない汚れたスニーカー

スニーカーも革靴と同様にメンテナンスをしてあげることで、長持ちさせることが出来ます。

多くの方は無意識にスニーカーの寿命を縮めるような履き方をしてしまっています。そこを意識に上げて改善することが、スニーカーを長持ちさせるポイントになります。

そこで今回はスニーカーを長持ちさせる4つの方法を紹介します。日頃からきちんとスニーカーと接するようにして、長持ちさせましょう。

1 きちんと履く

実はスニーカーをきちんと履いている方が驚くほど少ないです。

スニーカーの踵を踏みつけている方は問題外ですが、靴紐を緩めに固定して脱ぎ履きしている方が非常に多いです。

靴紐を緩く結んでしまうと靴の中にダブつきが出来てしまい、余計な皺が増えてしまいます。さらに履き口も広がって生地が伸びて張りがなくなってしまいます。

スニーカーを脱ぐときも靴紐を緩めずに、しかも手を使わないで靴同士を擦りあわせて脱いでいると、踵の内側の生地が擦れて傷んでしまいます。

傷んでいるスニーカー

革靴だとそのような脱ぎ方をする人は少ないのですが、スニーカーだと一気に増えてしまいます。これらはメンテナンス以前の問題です。

これがスニーカーの寿命を縮めてしまう最も大きな原因です。

スニーカーを長持ちさせる最も大切なポイントは、きちんと脱いできちんと履くことです。多くの方はこれだけで型崩れが抑えられ、大幅にスニーカーを長持ちさせることが出来ます。

ちなみに人間の足は一日にコップ一杯分もの汗をかくともいわれています。この汗の水分が悪臭の原因になるのですが、毎晩きちんと乾燥させることで防ぐことができます。

理想は毎日続けて同じスニーカーを履かないことです。深夜まで履いていたスニーカーは、翌朝までに内部まで乾燥することは難しいです。

いくつものスニーカーを用意するのは大変かも知れませんが、お気に入りのスニーカーだけでも立て続けに履かないように意識してみてください。

2 簡単な掃除

スニーカーを丸ごと洗うとなると少し大変ですが、簡単な掃除であれば数分で可能です。

まずは靴用のブラシを用意し、スニーカーの表面の泥汚れを定期的にブラッシングして落としてください。

革靴用のブラシと併用してしまうと油が付いているので、スニーカーのキャンバス地だと染みになることがあります。それとは別にスニーカー用のブラシを用意してください。

理想はこのような専用のブラシですが、よほど硬いブラシでなければ問題はありません。多くの靴屋さんに売られていますし、100円ショップでも売られていることがあります。

参考靴磨きは100均で十分!?

スニーカーのキャンバス地についた汚れは、ブラシで擦ることで浮き上がって落ちてくれます。これをやるとやらないでは、風合いが全然違ってくるのでスニーカー用にブラシを一つ用意してください。

次はスニーカーの中敷きを外して中のホコリを取り除いてください。スニーカーの内側を絞った雑巾やウェットティッシュで拭き取るだけでOKです。次いでに中敷きも拭きましょう。

スニーカーの中というのは靴下の繊維が飛び散っているので、想像以上にホコリが貯まっているものです。特に靴の先端部分にはホコリが貯まりやすいので定期的に掃除してください。

スニーカーの中敷きにこびりついているホコリ

一度も掃除をしたことがないスニーカーだと、ごっそりとホコリの塊が取れると思います。

これだけでもスニーカーのイヤな臭いを抑えるのに効果的です。汗を吸収したホコリには雑菌やカビが繁殖してしまうので、定期的に内側も掃除しましょう。

また靴底のゴムが白い場合は縁(コバ)のゴムの汚れも気になると思います。この汚れは消しゴムやメラミンスポンジで簡単に落とすことが出来ます。

ただし、必ず目立たない場所で試してください

スニーカーのゴムは経年劣化により色あせてしまうので、汚れと共に表面のゴムも削られると、ゴムの色が新しくなって逆に目立ってしまうケースがあります。

3 シューケアグッズ

スニーカーのキャンバス地の汚れがブラッシングだけで落ちない頑固な汚れの場合は、スニーカー専用のケア商品を利用する方法があります。

ムース状の泡を汚れに吹きかけ、しばらく放置すると汚れが浮き上がってきます。

この泡を拭き取るだけで簡単に汚れを落とすことが出来ます。たくさんのスニーカーを持っている方や子供が多い家庭などは、このような専用品が一本あると便利だと思います。

4 本格的な洗い方

最後は本格的にスニーカーを洗う方法を紹介します。

これも専用の洗剤が売られているのですが、基本的にキャンバス地は布なので洗濯洗剤で代用することが出来ます。

洗濯洗剤とバケツと使い古した歯ブラシを用意してください。手が荒れないようにゴム手袋もあると良いかと思います。

まずはスニーカーの靴紐と中敷きを外します。

バケツに洗濯洗剤を適量入れて、そこに勢いよく水を入れ泡立てます。スニーカーに直接洗剤をかけてしまうとすすぎが悪くなるので気をつけてください。

洗剤を泡立てたバケツの中にスニーカーを入れ、そのまま「20~30分」ほど放置します。途中で軽くかき混ぜたり向きを変えてあげて、まんべんなくスニーカーに洗剤液を浸らせてください。

これだけで界面活性剤の効果で大まかな汚れは落ちてくれます。汚れが目立つ場合は、そこで使い古した歯ブラシで軽くブラッシングしてください。ゴシゴシ擦るよりも内側から軽くブラッシングすると落ちやすいと思います。

スニーカーの中敷きも洗える素材であれば、一緒にバケツの中に入れてもOKです。しばらく浸した後に、中敷き同士を軽く擦りあわせて汚れを落としてください。

靴紐は少し気をつける必要があります。靴紐の先端の硬いところが水に浸されると、崩れてしまうことがあります。

参考靴紐の先端を復活させる方法!

靴紐をバケツに入れて洗う場合は、先端の硬い部分に水に触れないように工夫してください。

そして最後にスニーカーを水で十分にすすぎます

このすすぎが悪いと洗剤が残ってしまい、余計な染みや色褪せの原因になるので気を付けてください。しっかりと何度もすすぎましょう。

そして洗ったあとの仕上げも凄く大切です

スニーカーをしっかりと乾燥させる必要があります。

理想は屋外でスニーカーをしっかりと握り、大きく振りまわして水分を飛ばすことです。こうすることで劇的に早く乾燥してくれます。

スニーカーを振り回して水分を飛ばしている様子

スニーカーを振ってあらかた水分を振り落としたあと、丸めた新聞紙を詰めてスニーカーの内側から水分を吸い取らせます。

この新聞紙も何度か変える必要があります。初めの新聞紙は5分ぐらいで交換してください。これを何度(3回以上は必須)か繰り返して新聞紙がほとんど水を吸い込まなくなれば、後は自然乾燥させます。

理想は陰干しです。直射日光は避けて風通しのあるところにスニーカーを干してください。

これらを怠るとスニーカーの乾燥に時間がかかってしまい、生乾きの洗濯物のようにイヤな匂いを発生させてしまいます。

スニーカーは洗うことよりも乾燥させることが難しいので十分に気を付けてください。天候が悪い場合は扇風機やドライヤーの風を利用するのもおすすめです。

ただし、ドライヤーの熱風だと生地を傷めてしまう可能性があるので少し距離をとってください。冷風でも良いかと思います。

また針金ハンガーを折り曲げて、スニーカーをぶら下げて乾燥させるのもおすすめです。床に置く場合でもつま先を軽く壁などに立てかけて空間をもたせて風通しを良くしましょう。

子供のスニーカーで頻繁に洗う必要があるのであれば、専用のハンガーを用意するのも良いかと思います。それほど高価なものではありません。

スニーカーの汚れがひどくなくても、シーズンオフで衣替えする時には、このように一度綺麗にスニーカーを丸ごと洗ってあげると、次にシーズンでも悪臭を発することなく使用することが出来ます。

そして長期間スニーカーを保存する場合は、簡易的なモノでも構わないので、シューキーパーを入れておくと型崩れを防ぐことが出来ます。

参考新聞紙シューキーパーが意外といい?

新品のスニーカーに入っている紙のようなものです。適当な紙でいいので形を整えて保管しましょう。

ちなみにスニーカーに革が使われている場合は、洗剤で洗ったあとに油分を足してください。布につくと汚れの原因になってしまうので、手の指で少しずつ伸ばしながら新調に塗りこみ、少し乾燥させてから拭き取ってください。

まとめ スニーカーは愛着次第で長持ちする

スニーカーは扱い方やメンテナンス次第で、寿命を大きく左右するので、今回紹介した方法を意識してほしいと思います。

  • 日頃からきちんと履く
  • ブラシや拭き掃除をする
  • 時々丸洗い(すすぎが重要)する

これらを意識してください。

ちなみに一部のコインランドリーには、スニーカー専用の洗濯機があります。

私は使用したことがないのですが、それらを利用するのも簡単なメンテナンス方法だとは思います。

ただ洗濯機の脱水は少々危険な気もします。偏った形で脱水されてしまうと型崩れの原因になるのではないでしょうか。

もしかしたらきちんとスニーカーをセット出来るようになっていたり、脱水も弱い設定になっているのかも知れないので、試してみたい方はよく確認してからの使用をおすすめします。

さらに自宅の洗濯機でもスニーカーを洗えるグッズもあります。

洗濯ネットのようなものの内側にブラシが張り巡らされており、スニーカー全体を洗濯することが出来るようです。

これも私は試したことがありませんが、子供が多くて学校の上履きなどがある家庭だと便利なのかも知れません。

これらの洗濯機を利用したスニーカーのメンテナンスの後でも、しっかりと水分を飛ばしてから新聞紙を詰めることで、乾燥が早くなって悪臭を防止することができます。

これらのようにスニーカーは丁寧に扱いながらメンテナンスをすることで、長持ちさせることが出来ます。

そもそもスニーカーの寿命を全うしている人は少ないです。多くの人が適当にスニーカーを扱って寿命を縮めているだけです。

WS000000 (1)

スニーカーの靴底が減ってしまい、まともに歩けなくなったから買い替えるという人は稀でしょう。

大抵は薄汚れて型崩れしたからと買い替えています。スニーカーの靴底はまだまだ残っているものです。

そもそも本来は靴底の寿命よりも、靴紐の寿命の方が先に訪れます。靴の脱ぎ履きが多い日本で、スニーカーを履く度にきちんと靴紐を結びなおしていると、真っ先に靴紐がダメになってしまいます。

ですが、多くの人がスニーカーの紐を緩めて適当に結んで固定してしまっているので、靴紐を交換することがありません。

きちんと靴紐を結んでいないので、スニーカーの生地も緩んで伸びていきますし、履くときに強引に押し込んだり、脱ぐときに擦り合わせてしまうので、どんどん生地が傷んでいきます。

靴底や靴紐の寿命がまだまだ残っている段階なのに、多くのスニーカーが寿命を迎えてしまいます。

スニーカーを長持ちさせたい方は、まずはきちんと脱ぎ履きをしてください。これだけで大幅に長持ちするはずです。その上でメンテナンスをしてあげることで、さらに長持ちしてくれます。

すり減った靴底のゴムを補修するようなグッズもありますが、それはきちんとスニーカーを履いてメンテナンスをしてきた人だけに許された道です。

適当にスニーカーを履いてヨレヨレになっているようでは、靴底を補修する価値などありません。

靴紐が切れて交換するのが先なので、きちんと日頃からスニーカーと向き合ってみてください。

毎月のようにスニーカーを買い替えるような方であれば、メンテナンスなど気にしなくても良いのかも知れませんが、多くの人はそうではないと思うので、スニーカーを大切に扱って長持ちさせてほしいと思います。

【関連記事】
革靴の効果的な匂い対策

携帯用の靴ベラを持つことのメリット

スニーカーの靴紐が長い場合の結び方

down

コメントする