男の着こなし.com

洋服のポケットのホコリがカビの温床に!?定期的に掃除を

洋服のポケット

実は洋服のポケットは非常にホコリが貯まりやすい構造になっています。

ホコリが貯まりやすい白シャツの胸ポケット

洋服のポケットは普通に使っているうちに自然とホコリが貯まることもあるのですが、それよりも洗濯機で洗った時にポケットが「糸くずネット」のような役割を果たしてしまうので、知らず知らずのうちにホコリが貯まっていってしまいます。

洗濯機の糸くずネットに貯まったホコリは簡単に取り除くことが出来ますが、洋服のポケットの中のホコリは意外と見落とされがちです。

洗濯機の糸くずネットを放置してしまうと、水分を含んだホコリにカビが発生してしまいます。洗濯物にイヤな臭いがうつる原因として、よく洗濯槽クリーナーなどを使用することが言われていますが、糸くずネット(糸くずフィルター)が原因ということもあります。

洋服のポケットの中のホコリも、同じようなことになるケースがあります。

厚手のシャツのポケットだと目立つことはありませんが、カビや悪臭の原因となってしまうので、定期的に掃除する必要があります。

そこで今回は洋服のポケットの中のホコリを簡単に取り除く方法を紹介します。

洋服のポケットの簡単な掃除

ポケットの中のホコリを簡単に掃除するには、手で摘まんでもいいのですが、洋服ブラシを使用することがおすすめです。

ブラシの毛の先端がポケットの隅々まで届いてホコリを掻き出してくれます。

洋服ブラシ

上のタイプ(エチケットブラシ)でも取れないことはないのですが、毛のブラシの方が向いています。

参考洋服ブラシによる手入れの効果!

またコロコロクリーナーでホコリを貼り付けてしまうのも簡単でおすすめです。特にズボンのような大きなポケットとは相性が良いですね。

逆にワイシャツなどの小さなポケットだと裏返すのが難しくなるので、コロコロクリーナーを一枚剥がし、小さくちぎるとホコリを取りやすくなります。

衣替え前が大切

一般的な洋服のポケットの中というのは縫い目が重なっているので、非常にホコリが貯まりやすくなっています。

さらに洗濯後の乾燥が最も遅い箇所でもあります

洋服が乾いたと思って収納してもポケットの奥が乾いていないケースがあります。しかもそこにホコリが貯まっているので、カビやダニの温床になってしまいます。

さらにそのまま衣替えで長期間保管してしまうと、洋服にイヤな匂いが染みついてしまうこともあります。

洗濯の度にポケットの中のホコリを取り除く必要はありませんが、せめて衣替えの前は意識してください。出来れば定期的にポケットの中を掃除してください。

コロコロクリーナーや洋服ブラシがない方でも、粘着力のあるテープであれば代用できます。

ガムテープでもシールでも構いません。値札のようなものでもいいので、時々はポケットの中のホコリを取りましょう。

透けるホコリ

ワイシャツの素材にもよるのですが、胸ポケットの中に貯まったホコリが透けて見えることがあります。

洗濯後はホコリが水分を含んでいるので目立つのですが、乾燥すると目立たなくなるので、多くの方が掃除を忘れてしまいます。

ですが、ワイシャツを着て汗をかくと、洗濯後と同じように湿った状態になってしまいます。

気にして観察してみると胸ポケットにホコリが貯まっている方が結構いるものです。清潔感が失われるので気をつけてください。

参考透けない肌着を取り入れよう!

また透けないシャツだからといって油断していいわけではありません。洗濯をしている全ての洋服のポケットに当てはまるので、部屋着やパジャマなどのポケットも時々は掃除してください。

ちなみに靴下も同じです。五本指ソックスなどは特に注意が必要です。

ホコリが貯まりやすい五本指ソックス

たった一度の洗濯でも、このように指の先端にホコリが貯まってしまいます。このまま知らずに履き続けてしまうと、ホコリがカビて爪に入り込むことになるかも知れません。

普通の靴下であればたまに裏返して洗濯をするだけでOKですが、五本指ソックスは頻繁に裏返してホコリを取る必要があります。

まとめ 美は細部に宿る

洋服のメンテナンスというと洗濯やクリーニング、アイロンばかりに目がいきますが、ポケットの中のホコリの掃除も忘れないでください。

たかがホコリでも長年見落としていると、痛い目にあうかも知れません。

特にズボンはポケットの数も多いです。裏返すと「糸くずネット」だらけのように見えてしまいます。

裏返したズボンのポケット

定期的に洋服のポケットの中のホコリも取り除いてください。特に衣替えの前がポイントです。

掃除機でも先端に細かいブラシが付属しているのであれば大丈夫だと思いますが、直接だと生地が吸い込まれてパイプの内側に生地が触れて汚れてしまうので、やはりブラシや粘着テープなどがおすすめです。

時々はジャケットやコートの内ポケットも、中身を引っ張り出して掃除してください。

このように洋服のポケットの中を掃除していると、様々な事に気がつくようになります。良い洋服はポケットの縫製もしっかりとしていたり、逆に安いや洋服だと縫製が適当で糸がビローンと飛び出ていたりするものです。

参考洋服の品質は価格と比例するとは限らない!

このような様々な気づきを得る事で、洋服の品質を見極められるようになっていきます。

さらに細かな事を言うと、ホコリはポケットだけでなく、生地の織り目にも溜まることがあります。

そのような箇所のホコリを取り除くことで、裏地の重要性や縫製の違いなどにも意識が向けられるようになります。

これは靴磨きなども同様ですが、愛情をもってメンテナンスをしてあげることで、様々な気づきが得られます。どんなに高級な洋服や革靴でも、手入れをする習慣がないと傷つく原因に気がつくことが出来ません。

靴磨きや洋服ブラシをかけていると、自分の歩き方やクセなどを知ることになり、普段の自分の行動やしぐさが洗練されていきます。

これは自分の洋服や靴を綺麗に保てるようになるだけでなく、同じような相手の人の気遣いにも気づいてあげられるようになります。

いつ会っても洋服や靴を綺麗にされている方というのは、見えない箇所にも手を抜かない素晴らしい内面の持ち主の可能性が高いです。

一方でろくにメンテナンスもしないで、少し傷んだら買い替えるような人というのは、長く付き合うのには向いていない考えの人かも知れません。

ビジネスの場でもファッションが重要視されるのは、このような内面を現しているからでもあります。

その場しのぎで都合の良いことを言っている人と、出来る範囲の仕事でも、しっかりと向き合っている人を見極められるようになると、仕事もスムーズにすすむものです。

たかが洋服のポケットのホコリの掃除といっても、様々な気づきが得られるものなので、しっかりと向き合ってほしいと思います。

美は細部に宿るという言葉があるように、細部を疎かにしていると、思わぬ落とし穴(カビ臭や不潔に見える)にハマってしまうかも知れませんよ。

【関連記事】
足元からわかる情報量をなめてはいけない

靴磨きは100均アイテムで十分!?

清潔感さえあれば十分!では不十分な理由

コメント

  • ・・・まさかと思ってポケットをチェックしたら衝撃でした。
    これから全ての洋服のポケットを掃除すると思うと憂鬱ですww

    by ジブロー €2016年7月11日 17:44

  • 私の洋服からも想像以上にホコリダマリが出てきました、これは知らなかった方がよかったかも

    by のの €2016年7月25日 20:01

  • ホンマや!恐ろしいほどのホコリがあった

    by 匿名 €2018年9月12日 10:23

down

コメントする