男の着こなし.com

洋服の品質は必ずしも価格と比例するわけではない

安い洋服=低品質?

洋服をカッコよくオシャレに着こなす為には、それなりにお金が必要だと感じる方が多いと思いますが、必ずしもそうとは限りません。

高価な洋服ほど高品質でオシャレな可能性が高いですが、一方で安価な洋服が低品質でダサいとも限りません。

そもそも洋服の価格というものは大きく変動します。しかも下がる一方です。

季節外れになれば半額セールになるのは珍しくありません。それでも売れ残った洋服は年末などの特別セールで8割引きになったりします。

稀にプレミアがついて価格が上がる洋服もありますが、基本的にマニアの世界の中だけなので一般の人にはあまり関係がありません。

洋服の価格が下がっても形や品質は変わりません。ただ価格が下がっただけです。

このような品質の良い洋服を上手に選ぶことが出来れば、意外なほどオシャレにお金はかからないものです。高い洋服でないとオシャレが出来ないと思っている方は、今すぐにその考えを改めてください。

洋服の価格は目安に過ぎない

少し前に海外のある有名ブランドが、膨大な量の洋服(ファッションアイテム)を処分していたことがニュースになりましたが、これは二束三文で売りたたいてブランドイメージを傷つけない為の処置と言われています。

これは超有名高級ブランドだからこそできる対処法です。

多くのファッションブランドでは、たとえ二束三文でも利益が出る方を選びます。大量の洋服を倉庫に保管しているだけで維持費が発生するので、次のシーズンの洋服を仕入れる前にジャンク品を扱う業者に買い取ってもらいます。

これは100円ショップをイメージするとわかりやすいと思います。ダイソーのような大手はオリジナル商品をたくさん開発していますが、それでも全てが自社開発した商品ではありません。

一般的な100円ショップで売られている多くの商品は、それなりの価格で売るはずだった商品の売れ残りです。それを大量に安価で買い付けて販売しているのが、100円ショップの仕組みです。

基本的には企業名を外したりパッケージが変えることで、ブランドイメージを傷つけないように工夫されています。

同じことがファッション業界でも当たり前のように行われています。

二束三文で買い取られる際の条件として、ブランド名を伏せる(タグをカット)ように指示することもあります。

そのようなノーブランド品(元ブランド品)を専門に扱うネット上のお店もありますし、古着屋に流れることもあります。

実際に私は古着屋さんでファーストリテイリング(ユニクロの前のブランド名)名義の、裾上げされていない新品のチノパンを購入したことがあります。確か500円でした。

元々の定価の8割引きで販売されていたとしても、その洋服の品質が低いことにはなりません。

また最近のスーパーマーケットにはプライベートブランドが増えてきましたが、これも低品質だとは限りません。

大手食品メーカーが販売しているポテトチップスと、とあるプライベートブランドのポテトチップスの中身が全く同じということもあります。

何故ならその大手食品メーカーの工場でつくっているからです。これは生産量が増えることで、メインのポテトチップスのコストが下がって利益を出すことができます。

さらにメインのポテトチップスのブランドイメージも傷つけません。消費者によく安売りすると思われると消費が安定しません。

これもファッション業界では昔から行われています。

岡山の児島はデニムの生産で有名ですが、世界中の有名ブランドの下請けになっています。全く同じ工房で同じ素材から作られているデニムが、有名ブランドのロゴがつくと高価になり、地元メーカーのロゴだと安くなります。

もちろん外国人向けのデニムのデザインやシルエットと、日本で販売されるものが全く同じということではありませんが、むしろ日本人向けに作られている日本のメーカーのデニムの方が、価格が安くても似合う可能性が高いのではないでしょうか。

これらからもわかるように、あくまでも洋服の価格は目安に過ぎません。これが「洋服の品質が必ずしも価格と比例するわけではない」理由です。

洋服の定価とはそれなりに比例するかも知れませんが、実際に洋服を購入する段階の価格とは、比例しないことが多いものです。

もちろん初めから安価で売ることを目的とされた低品質の洋服は別です。一度洗濯をしただけで首元がダルダルになる低品質のTシャツとは分けて考えてください。

定価が5,000円のTシャツがセールで500円で売られているのと、そもそも500円で売ることを前提に開発されたTシャツでは、品質に雲泥の差があるものです。

ただ中には初めからあえて高い価格を設定し、割引きの目玉商品として売る目的の洋服もあるので気をつけてください。アウトレット専用商品などの価格設定はその傾向があります。定価に惑わされずに、きちんと品質を判断しましょう。

ちなみにブランド名が大きく縫い付けられているデザインの洋服は、転売に向かないので自社の店舗の年末の福袋で処分される傾向があります。

洋服の品質とは?

洋服の品質というと生地の質だったり、縫製の技術だったりするものですが、どんなに高級な生地で素晴らしい縫製が施されている洋服でも、身に着ける人に似合わなければオシャレにはなりえません。

すごく当たり前のことですが、意外と見落とされているように感じます。

洋服の目立つ箇所に、有名ブランドのロゴがあしらわれているからオシャレな洋服なのではありません。

サイズが合っていなければ似合いようがありませんし、手入れが悪ければ不潔な印象になってしまいます。

洋服そのものの品質を見極めるには、生地の質だったり縫製をチェックすることは大切ですが、それだけでは意味がありません。

あくまでもその洋服を着る人にとって相性が良いものが、高品質ということです

いつもTシャツ姿でガンガン着回している人にとっては、Tシャツの首周りの縫製は大切な要素になりますが、たまたま子供の運動会に参加しなければならなくなったお父さんにとっては、その日だけもってくれればいいので、500円の低品質のTシャツでも十分かも知れません。

数年に一度の冠婚葬祭ぐらいでしか黒い革靴を履かないという方であれば、靴の量販店で売られている2000円の合皮の黒い革靴で十分かも知れません。

一方で自分のファッションスタイルが確立されているオシャレな方であれば、自分の肌の色に合う生地やカラーがありますし、似合うシルエットも理解しています。

そのような方であれば、タグがカットされてブランド名がわからなくなっている洋服でも、しっかりと品質を見極めることが出来ます。

洋服そのものの品質だけでなく、自分との相性を見極められるので、オシャレな洋服として活用することが出来ます。

特に男性ファッションは流行が早くないので、去年の売れ残りでも全く古臭くなく着こなすことが出来るものです。

稀に「これは10万円のジャケットだぜ!」と価格を自慢している方がいますが、似合っていなければただのダサいファッションです。どんなに品質が高くても意味がありません。

有名ブランドの洋服が大幅に割引されていても、似合わなければ全くお得な買い物ではありません。

本人に似合う洋服をしっかりと見極められる方だけが、オシャレな洋服を見つけ出すことが出来ます。その時に洋服の価格はそれほど関係ないということです。

自分と向き合うしかない

自分に似合う洋服を見極めるポイントというのは、何度も鏡の前で自分の体型と向き合うことしかありません。

以前にファッションセンスがない男性の特徴を紹介したことがあるのですが、

参考ファッションセンスがない男性の特徴

そもそも自分と向き合う機会がない方は、レベルアップのしようがありません。男性よりも女性の方が圧倒的にオシャレなのは、子供の頃から自分と向き合ってきた証です。

女性は男性とは比べ物にならない容姿の差別を小さな頃から受けてきているので、思春期ともなれば多くの女の子が少しでも可愛く見えるように努力を重ねて成長していきます。

一方で思春期の男の子で洋服に興味をもつのは一部だけです。これが男性と女性のファッションレベルに、圧倒的な差がある理由です。

また洋服を購入する時に試着をしない方もレベルアップは無理です。お店のマネキンと同じ体型の人は滅多にいません。

洋服が似合っているポイントを理解するのは難しいのですが、似合っていないポイントというのは、誰でも理解できるものです。どこがどう似合っているのか説明できなくても、似合っていないのは一目見ればわかります。

参考外見の変化が相手の無意識に伝わる理由

明らかにサイズが合っていなければわかりますし、メンテナンスを怠ってボロボロになっていると清潔感が出るわけがありません。

日頃から自分と向き合っている方だけが、オシャレな洋服を身に着けられるようになります。ここに洋服の価格はそれほど関係ありません。

もちろん芸能人のようにプロのスタイリストに頼めば可能かも知れませんが、それでも洋服のメンテナンスを知らない人というのは、平気で洋服を傷めつけるような動作をしてしまうのでボロが出るものです。

ファッション雑誌で紹介されていた流行の革靴を購入しても、ろくに靴紐を結ばないような人だとすぐに履き口が広がって型崩れしてしまうものです。脱ぐときも靴同士を擦り合わせてしまうので、どんどん傷ついて汚れていきます。

ご自慢の10万円のジャケットも扱いが適当だと、直ぐに型崩れして着心地が悪くなってしまいます。乱雑に脱ぎ捨てて放置したり、合っていないハンガーを平気で使ってしまいます。

一方で日頃から洋服と向き合っている方というのは、様々な気づきが得られます。ジャケットのブラシをかけていると、一部の生地が擦れていることに気がつくかも知れません。

すると日頃の動作や姿勢にも意識が向くようになります。いつも肘をついていたり、猫背で椅子にもたれているのに気がつくかも知れません。

そのような気づきが自分を成長することに繋がります。綺麗な姿勢になると血行が良くなって健康になるのは当然の流れです。

肩こりが解消されるような表面的なことだけではありません。姿勢が良くなれば内蔵の機能も改善しますし、肌ツヤや髪にも好影響があるかも知れません。

日頃から靴磨きをしていると、よく擦れている箇所や靴底の減り具合から、歩き方のクセを意識するようになるかも知れません。

知らず知らずのうちにガニ股で歩いている男性が多いものですが、スッとしたスマートな歩き方が出来るようになると、同じ距離を歩いても疲れ具合が全然違いますし、体幹の筋肉を使えるようになるのでお腹も凹んでいきます。

洋服や靴と向き合うことは自分と向き合うことです。これで見た目の魅力がアップしないわけがありません。

これらを意識していない方というのは、そもそも洋服が似合う可能性が低いです。たまたまフィットした洋服と出会えればいいですが、それが続くわけがありません。洋服のサイズ合わせはそんなに簡単なものではありません。

ブランド名や洋服の価格だけでしか品質を判断できないような人には、ならないでください。

まとめ 審美眼を磨こう

洋服の価格と品質は必ずしも比例しているとは限りません。

また高価な洋服の品質が高いとも言えません。

有名高級ブランドが二束三文でも転売することなく処分できるということは、それだけの損失分をカバーできる価格が、洋服の定価に含まれているということです。

また有名デザイナーを起用する費用や膨大な広告費用も洋服の価格に含まれています。洋服そのものの品質は、ノーブランドの洋服と大きな差があるとは限りません。

女性ファッションはそれなりに流行に敏感である必要があるかも知れませんが、男性は王道ファッションを丁寧に着こなしていれば、まずダサい印象になることはありません。

流行を取り入れたファッションが悪いとは言いませんが、しっかりと自分と向き合って似合う洋服を見極められるようになってほしいと思います。

自分に似合う洋服を見極められる審美眼を身に着けると、それこそセールの洋服の中からでも最高の一着が見つけられるようになれます。

私にとって最高の洋服が、あなたにとって最高とは限りません。年代や体型も違えば環境も違います。

あなたにとって最高に似合う洋服は、あなた自身で見極めるしかありません。

稀にファッションセンスの良い奥さんに任せっきりで上手くいってる方もいますが、メンテナンスまで丸投げにしていると気づきは得られません。

恋人や奥さんの意見を参考にするのは構いませんが、やはり自分と向き合って成長していってほしいと思います。

しっかりとファッションと向き合ってきた方はわかると思いますが、意外とオシャレはお金がかからないものですよ。

【関連記事】
「男性向けファッション基礎講座」

靴(足元)から推測できる情報量の多さ

男性の歩き方についての考察

down

コメントする