男の着こなし.com

試着力を磨く事こそがオシャレな男性への道のり

試着の技術

最近はAIなどの進歩もあり、ネット上で合成してバーチャル試着が出来るような技術が生まれてきました。

話題になったZOZOスーツなどもそうですが、試着なしで似合う洋服を見つける事は困難な事です。

もちろん市販の洋服のサイズに運よくピタリと合う体型の男性もいるので、何を着ても平均以上に似合ってしまうラッキーな人もいるのですが、そのような人でもしっかりと試着をする事で、よりフィットした洋服選びが出来るようになります。

当ブログでは何度も試着の重要性について紹介してきましたが、

参考試着室の利用率の男女比に衝撃

多くの一般男性は洋服の購入時の試着を適当に済ませてしまうので、なかなか似合う洋服を手に入れられません。

バーチャル試着のような技術が悪いわけではありませんが、あれはどちらかと言えばコーディネートといった要素を見極めるのに優れているのであり、細かなフィット感を見極める事は難しいです。

それこそZOZOスーツがあまり上手くいかなかったように、実際に袖を通してみないと分からない事がたくさんあります。

試着力を磨く事こそが、オシャレな男性への道のりなのだと感じています。

試着力による差

少し前に放送されたテレビ番組でオリジナルジーンズを作る企画があり、出演者の男性芸能人が専門店に訪れていました。

オリジナルジーンズといってもオーダーメードという事ではなく、既に縫製されているジーンズの中から好みのものを選び、最後に好きなリベット(ボタン)やラベル(革パッチ)を取り付けるような感じでした。

その番組で印象的だったのが、出演者である2人の男性芸能人の試着時間の違いです。

1人は店主におすすめされた生地をパッと選び、一度の試着で決めてしまったのですが、もう1人は1時間以上かけて試着を繰り返し、「長いよ~」といった感じで笑いになり、その人は普段の仕事の衣装合わせも長いとからかわれていました。

そのような事を言われても位に返さずに試着を繰り返していた男性は、同じ生地でも1つ下のサイズを試したり、おすすめされたジーンズよりもさらにストレッチ素材のものを試したり、シルエットが違うスキニータイプを試着したりと、かなりこだわって試着をしていました。

初めに6着ものにジーンズを試着室に持ち込み、その後にも一度試着したジーンズを再び履いたりして、細かな違いを確かめていました。

最終的に2人が選んだジーンズは同じ生地のもので、違いはサイズとオリジナル要素のリベットとラペルぐらいだったのですが、その仕上がりは全くの別物でした

左の男性は決して太っているわけではありません。2人ともスリムな体型の持ち主です。

明らかに試着を繰り返した右の男性のジーンズの方がフィットしており、余計なシワもなく足がスラーと長く見える着こなしになっていました。

ジーンズはダボっと着るのが好きな人もいるので、必ずしもパッと決めた人の着こなしが悪いとは言いませんが、そのダボっと具合だって様々なサイズを試す事で、より理想に近づけたはずです。

クラシックな昔の製法で作られているジーンズだと、生地も硬くて縫製もガッチリしているので、あえて緩めのサイズを選ぶのも理解できるのですが、現在はデニム生地の進化もあって様々なシルエットに対応できるようになりました。

女性のジーンズだと体型にピタッとフィットさせたスキニータイプが主流になっていますが、

昔のデニム生地でここまでフィットさせてしまうと、まともに動く事すら出来ません。デニム生地の横糸に伸縮性をもたせられるようになってから、ジーンズのデザインやシルエットは多様化しました。

とはいえストッキングのように全方向に伸びるわけでもなく、常に伸びてフィットしているような状態だと、そこの色が薄くなってしまうので、スキニータイプのジーンズを履いている女性は、かなり慎重に試着を繰り返して自分の体型のギリギリのラインを狙って選んでいます。

特定のブランドありきで選んでいません。いかに自分の体型に近いシルエットのスキニージーンズを見つけられるかがポイントになるので、いきなりネット通販でスキニージーンズを買う女性は多くありません。

流石に男性が同じようにフィットさせてしまうと、少しやり過ぎになってしまうので程よいフィット感が求められるのですが、女性のように慎重に選ぶ男性は多くありません。

この程よいフィット感を見極める為には、実際に試着を繰り返して鏡の前で確認しながら選ぶ必要があります。

試着を繰り返した男性芸能人は「これかな」と決めた後でも、店内を歩き回って履き心地を確かめていました。このような行動を取れる事こそが、まさに試着の重要性を理解している事を表しています。

男が洋服を選ぶ時の試着時間が長い事をバカにするような風潮があるのかも知れませんが、このような微差がオシャレのレベルを左右するものです。

ユニクロのようなファストファッションのお店でも、男性向けのジーンズだけで4種類ぐらいのシルエットを用意してしますし、さらに細かく数センチ刻みでサイズが分かれています。

TシャツのようにSMLといった大雑把な選び方では、程よくフィットしたジーンズは見つけられません。

試着が出来ないネット通販でAIに頼るのが悪いとは言いませんが、試着をする技術(見極める技術)というのは、そんな簡単なものではありません。

鏡と向き合うという事

当ブログでは以前にファッションセンスがない男性の特徴として、自宅に全身が写る姿見(大きな鏡)がないと紹介した事があるのですが、

参考ファッションセンスがない男の特徴

当たり前の事ですが、鏡を見るという行為は自分と向き合うという事です。

日頃から鏡と向き合う機会がない人というのは、自分が他人からどのように見えているのか理解できていません。

新しい洋服を購入する時には一応試着をするという男性でも、普段から鏡と向き合う機会がないと比較できないので上手く判断できません

試着室の鏡の前だけ姿勢を正しても、普段の姿勢が悪いとフィット感は変わります。ズボンだと靴を履いたりベルトを通すと変わる事もあります。

これらのような微差を感じ取れないと、試着室でそれなりに良いと思っても、実際に普段着てみるとイマイチという事になってしまいます。

きちんと試着をしないというのは、料理人が味見をしないような事です。きちんとした料理人ほど、普段から作り慣れている料理でも味見をします。

新しい食材を試した時だけ味見をするのではなく、使い慣れている食材といったものでも、日々確認しながら食材の僅かな違いと向き合っています

同じお店から仕入れているトマトでも、季節によって酸味や甘みは変わるものですし、気温や保存状態によっても状態は変わります。

それらの微差と向き合っている料理人であれば、その微差に合わせて微調整する事ができますが、そうではない人はレシピ通りにしか作れないので、上手くいかなかった時の原因に気がつく事ができません

それこそAIによるバーチャル試着やZOZOスーツのような事です。参考にするのは構いませんが、そこに頼ってばかりいると、

「何かイマイチなんだよなー」

の「何か」が分からないので対応できません。

女性はメイクをする事もあり、男性よりも圧倒的に鏡と向き合ってきた経験があります。この経験の差がオシャレのレベルの差となるわけです。

また女性は胸の大きさという個人差も大きい事もあり、誰もが当たり前のように試着をしてフィット感を確かめるものですが、男性はこの辺を適当に済ませてしまう人が多いので、いつまで経ってもオシャレになれません。

スーツはお店の人がフィット感を確かめてくれるので、普段着がダサいお父さんでもそれなりにカッコ良く着こなせる可能性が高いのですが、自分で試着して選ぶ技術がないと、よほど運よく自分の体型にフィットしたブランドの洋服にでも出会えない限り、オシャレに見える事はありません。

まとめ オシャレは微差

オシャレが好きな事と、オシャレに見える事は微妙に違います。

参考オシャレ男性は意外と女性モテない?

料理人のこだわりが詰まった料理が、必ずしも美味しいとは限らないように、オシャレが大好きな人が他人からオシャレに見えるかというと、そうとも限りません。

人の好みはそれぞれなので、特定の個性というのは諸刃の剣です。好きな人には好かれますが、それでもない人からは嫌われる要因となってしまいます。

オシャレな印象に見える男性というのは、特定の個性が際立っているのではなく、誰から見ても違和感がない着こなしだとも言えます。

全く同じデニム生地のジーンズでも、しっかりと向き合ってフィットしたものを選ぶ事で、こまかな違和感を排除する事につながり、結果的に多くの人にオシャレな印象として映る事になります。

オリジナルジーンズが作れるお店の店主の恰好が印象的だったのですが、かなり高級そうなダメージ加工のジーンズをダボっと履いていました。

ただ似合っていたかというと全く別の問題です。ジーンズからウォレットチェーンが垂れており、両手の指に大きなシルバーアクセサリーをつけ、さらに両腕に腕時計までしていました。

このようなファッションは好みの問題ではありますが、私には全くもって似合っているようには見えませんでした。おそらく多くの女性も同意見だと思います。

参考女性から嫌われるファッションとは?

もちろんオリジナルジーンズが作れるようなお店なので、ジーンズマニアのお客さんからは評価されるファッションなのかも知れません。それはそれでお店の恰好としては相応しいのかも知れませんが、普段の恰好としては足し算のし過ぎなやり過ぎなファッションなので、一般の人が活きる場などそうそうあるものではありません。

一方で試着を繰り返して慎重に選んだ男性のジーンズというのは、とても清潔感のある着こなしで誰からも嫌われません。

ゴルフ場やドレスコードのあるような場でもない限り、多くの場で通用する着こなしです。色落ちしていないデニムなので、ジャケットを合わせれば上品になりますし、カジュアルなファッションとも相性が良いと思います。

一方でパッとサイズが大きめのジーンズを選んだ男性だと、ジャケットを合わせるのは難しいと思います。Tシャツぐらいしか合わせられないのではないでしょうか。

上着にジャケットやコートを着てしまうと、下膨れになってバランスが崩れてしまいます。

彼は引き締まった体型の持ち主なので、少しぐらいサイズが大きくても太っているようには見えませんが、中年太りの男性が同じような着こなしをしてしまうと、見た目の重心が下がって小太り感が強調されてしまうかも知れません。

男性ファッションはピチピチにフィットするのが良いわけではありませんが、必要以上に大き過ぎると皺が増えたり、余計な生地のせいで重たくなったり、まとわりついて疲れやすくなったり、足の付け根の位置が下がって短足に見えてしまうものです。

参考足が長く見えるファッションとは?

若者であればこのようなファッションを取り入れるのも良いかも知れませんが、だからといって魅力が上がっているかというと、そんな事はありません。極一部の人にしか好かれないファッションです。

多くの男性はファッションで自分の魅力を引き出せていないどころか、余計な事をして魅力を引き下げてしまっています。オシャレが好きな男性が個性的なファッションを取り入れている事は多いですが、魅力を下げないフィットした洋服を選んでいる男性は本当に少ないです。

オシャレが好きな事とオシャレに見える事は違うので、中途半端なこだわりで魅力を下げるような事はしない方が良いのではないでしょうか。

それこそジーンズが作れるお店の店主のように、特定の場では有効なファッションというものもありますが、万能ではないので意外と使いどころが難しいものです。TPOに合わせて使い分けられないと、デメリットばかりになってしまいます。

試着に1時間もの時間をかけろとは言いませんが、目星をつけた洋服の前後のサイズを試したり、少しシルエットが違うものを試したりすると、より程よいフィット感の洋服が見つけられやすくなると思います。

ズボンなら最後にベルトを通して靴を履いて見極めてみてください。これらをせずに裾上げをしてしまうと、微妙なズレが生じてしまいます。

さらに細かな事をいうと、洋服には個体差があります。全く同じサイズの洋服でも、微妙にフィット感が違う事は珍しくありません。

参考洋服にも個体差(品質のバラつき)がある

私は試着を繰り返して「これだ!」という洋服が見つかると、全く同サイズの洋服を3着ぐらい試着室に持ち込んで、一番フィットするものを選んでいます。

流石にここまでしろとは言いませんが、不思議なもので全く同じサイズの洋服を試着しても、着心地やフィット感に差があるものですよ。

それこそダメージ加工や色落ちしているジーパンだと、同じサイズでも随分と印象が違うのではないでしょうか。革製品なども個体差が大きいものです。

スーツ姿はそれなりにカッコ良いのに、普段着がイマイチなお父さんが多いのは、まさにこれらの微差と向き合う事がないからです。

気がつきもしないので原因も分かりません。料理が下手な主婦ほど、ろくに味見もしないでレシピや食材の文句を言っているものです。

オシャレな男性になりたい人は、日頃から鏡と向き合い、試着力を磨いておいてください。所有している洋服の中からでも、何となく似合う洋服とそうではないものの違いが分かるようになり、微差を見極められるようになっていきます。

試着時の見極め方については、当ブログの他の記事で色々と紹介しているので参考にしてほしいのですが、それらだって料理でいるレシピのような事であり、そのまま鵜吞みにすれば良いわけでもありません

レシピ本に「最後に味見をして物足りなかったら塩を加えましょう」とあったとしても、そもそもその料理の美味しい塩気が分からないと判断できません。

こればっかりは経験がものを言うので、日頃から鏡と向き合いながら経験値を積み重ねていく必要があります。

芸能人のようにスタイリストが調節してくれるような人であれば良いのですが、多くの一般男性はそんなわけないので、日頃から鏡と向き合って試着力を磨いてください。

安易に分かりやすいファッションを取り入れるのではなく、きちんと微差と向き合ってください。これこそが多くの人から嫌われないオシャレに見える男性への道のりですよ。

【関連記事】
オーバーサイズの着こなしのリスク

男性ファッションはさじ加減で決まる

姿勢の歪みとオシャレの関係

down

コメントする