男の着こなし.com

姿勢の歪みとオシャレの関係は無視できない要素

姿勢の重要性

当サイトでは洋服をオシャレに着こなす為に、姿勢の重要性について口を酸っぱくするほど語ってきました。

参考正しい姿勢が簡単にわかる方法

どんなにオシャレな洋服を身に着けていても、姿勢が悪いと残念な印象にうつってしまいます。また洋服に余計な皺も入ってしまいます。

これまた以前に「イケメン、美人の定義」について紹介したことがあるのですが、

参考イケメン、美人は平均値である!

容姿は顔の左右のバランスがとても影響するものです。そしてこの左右のバランスは、身体にも当てはまります。

一般的にスタイルが良いというと、くびれや引き締まった身体のことをイメージしますが、左右のバランスもとても大切です。

改めてその事が大事なのだなと感じさせる出来事がありました。

【スポンサーリンク】

美人でスタイルもいいのに・・・

少し前に知り合った女性がいるのですが、彼女は容姿も良く引き締まったスタイルだったのですが、どことなく残念なオーラを醸し出していました。

私なりに分析してみたのですが、髪型やファッションにこれといった落ち度も見つからず、不思議に思っていたのですが、その後の懇親会で訪れた居酒屋で、私の先に座敷に上がった彼女の靴の片方だけが倒れており、立たせてみると理由が分かりました。

明らかに左右の靴の靴底のすり減り具合に差があったからです。

右足の靴のかかとが明らかに偏ってすり減っていました。私が立たせてもまたすぐに倒れてしまいました。

靴底のすり減り方というのは、歩き方や姿勢に大きく左右されます。

長年履き続けている靴があれば確認してみてください。左右バランスよくすり減っていることの方が珍しいものです。

誰でも多少は差があるものですが、彼女の靴の場合は極端に偏っていました。

居酒屋を出た後、さりげなく彼女の歩き方を観察してみると、やはりバランスが崩れていました。歩幅が左右で違うだけでなく、足の向きも左右で大きく違いました。

ファッションや容姿やスタイルが良くても、やはり姿勢が歪んでいると違和感を感じるものです。

姿勢の歪みは先天的なものやケガが理由ということもあるので、必ずしも修正できるとは限りませんが、多くの方の姿勢の歪みは生活習慣からもたらされます。

ちょっとしたクセや習慣が長年続くことで、姿勢は徐々に歪んでいくものですが、その原因を突き止めることができれば、徐々に歪みも改善されていくので意識してほしいと思います。

姿勢の歪みを改善する方法

姿勢の歪みを改善するには整体師などの専門家に頼ることが一番ですが、自分で原因を突き止めることが出来れば、改善していくのはそれほど難しくありません。

またマッサージやストレッチをすることが悪いわけではありませんが、それらはあくまでも対処療法であり、姿勢が歪む原因を失くすわけではないので、分けて考える必要があります。

姿勢の歪みを改善する方法としておすすめなのは、利き腕(足も)ではない方の動作を日常生活に意識して取り入れることです。

右利きの方はどうしても右手ばかりを使うので、右肩が下がる傾向があります。両手で荷物を抱えていたとしても、主に右腕が重さを支え、左手は補助のような使い方になるからです。

スーツやジャケットを新調した時に、袖の長さが左右で違うということは珍しくありません。

利き腕を酷使するスポーツを幼少の頃から続けてきた方は、実際に左右の腕の長さが大きく違うことがあるのですが、一般的な人は腕の長さの差はわずかで、姿勢の歪み(多くは肩甲骨の位置の左右差)によって腕の長さに差が生まれる傾向があります。

この歪みはある程度は改善できます。

ポイントは簡単な日常動作を、積極的に利き腕ではない方で行うことです。

重要な仕事を慣れていない利き腕ではない方の腕で行うと、大失敗につながるかもしれないので無理しなくていいのですが、簡単な日常生活の動作であれば少し違和感がある程度で済みます。

たとえばシャワーを持つ手を変えるようなことです。実際に試してみるとわかりますが、いつもと違う方の手を使うと、物凄い違和感があると思います。

多少洗い流すのに時間がかかってしまうかも知れませんが、それほど重要なことではありません。

歯を磨く手を変えるのも有効です。しっかりと歯を磨けなくて虫歯になってしまうと問題ですが、時間をかければ問題ないですし、最後の仕上げにだけ利き腕を使用しても構いません

また階段を登り始める時に踏み出す足を変えるのも有効です。日ごろは無意識に行っていますが、意識して観察すると同じ方の足から踏み出していると思います。

これらを意識に上げ、あえて慣れない方を使うように心がけてください。

他にも腕組みや足組みを変えるのも有効です。理想をいえば腕組みや足組みをしないことの方が歪みを改善するには有効ですが、あえて普段しない向きで腕組みをしてみることで、歪みを実感することができます。

腕組みは肩甲骨の位置が左右に差が生まれるので、あえて慣れていない向きで組むことでストレッチ効果が期待できます。慣れてくると違和感なく収まるようになりますよ。

他にもちょっとした動作でもいいので意識に上げて変えてみてください。ラジオ体操を行うときにでも、手が交差する上下を変えるだけで違和感があるものです。

指を絡ませて背伸びをする時でも、いつもと違う向きで絡ませると違和感があるものです。

このようなちょっとした動作でも、マッサージやストレッチと同様の効果が期待できます。

オシャレもバランス

オシャレというと個性的なファッションを思い浮かべる方も多いのですが、オシャレな人というのはバランス感覚が優れています。

特定の髪型がオシャレなのではなく、その人の体型(頭の形や顔の大きさなど)に合った髪型をしている人がオシャレにうつります。

オシャレな髪型やファッションに正解があるわけではありませんが、平均値に近づくようにバランスをとるのがポイントです。

なで肩の人が肩パット入りのジャケットを着ることでバランスが良くなったり、目が離れている人がフレームの太い眼鏡をかけることで気にならなくなったりするものです。

雑誌のモデルのように、生まれ持った姿だけで勝負できる恵まれた人は、あえて個性的なアイテムで主張することが出来ますが、多くの一般の方はそうではないと思います。

誰にでも何かしらのコンプレックスがあるものですが、それを和らげることが出来るのがオシャレの凄さです。

姿勢の悪さや歪みも同じです。自覚することで改善していくことは可能です。

【スポンサーリンク】

まとめ 姿勢の歪みを意識に上げよう!

姿勢の歪みが改善されると歩き姿も颯爽としてくるものです。

毎日通勤でトボトボと歩く20分という運動でも、正しい歩き方で行えば筋肉も効率よく使えるので、カロリー消費量だって変わるものです。

猫背だと内蔵の位置が前傾して機能が落ちてしまいます。腸が前傾して偏っていると便秘になるかも知れません。

姿勢の歪みは徐々に進行していくので、なかなか自覚できないものですが、あえて日ごろから利き腕ではない方を意識して使うことで、左右の差を感じられると思います。

バッグを持つ手もあえて普段とは違う方で持つように意識してみてください。よくスマホを操作する方の手など色々見つかると思います。

スマホの操作も重要なメールの返信でミスをすると大変なことになりますが、ネットサーフィンなら多少ぎこちなくても問題にはならないはずです。上手く使い分けてください。

身体の歪みが改善されると、見た目の印象が良くなるだけでなく健康にもなっていきます。それが巡り巡って肌や髪質にも好影響が出てくるものです。

どんなに有名なオシャレブランドの洋服を着ても、バランスが取れていなければ似合いようがありません。

丁寧に試着をしてサイズ合わせを行うことも重要ですが、試着室だけ胸を張った姿勢では意味がありません。姿勢が崩れるとデザイナーさんが狙った洋服のラインが台無しになってしまいます。

仕事で利き腕ばかりを使う方ほど、些細な日常動作を反対側で行うように意識してみてください。

ちなみにゴルフのような片方ばかりに身体をひねるスポーツは、身体を歪ませる原因になると言われています。健康の為にゴルフを行っている年配の方も多いと思いますが、ほどほどにしておいた方が良いかと思います。

あえて反対側で素振りするなどバランスを整えるように意識してください。筋トレも左右で差が出るようなトレーニングはなるべく避けてください。

また姿勢の歪みを意識に上げるポイントとして、自分の靴の足音に注目するのもおすすめです。

参考靴の足音で幸福度がアップする!?

それについてはこちらで詳しく解説しているのですが、左右の足音が揃っている方というのは想像以上に少ないものなので意識してほしいと思います。

姿勢の歪みを改善するには自覚することが何よりも重要なので、日頃からあえて利き腕(足)ではない方で簡単な動作を行うようにしてください。

姿勢の歪みが改善されるほど、あなた自身の魅力もアップしていくと思います。

【関連記事】
足元から推測できる情報量の多さ

姿勢の重要性がよくわかる漫画

男性の歩き方についての考察


down

コメントする