男の着こなし.com

靴紐が切れると縁起が悪い!?現代では素晴らしいことです!

靴紐が切れると縁起が悪い?

日本には「靴紐が切れると縁起が悪い」という言い伝えがあります。

これは江戸時代の風習が現代にまで受け継がれていると考えられています。

草履をはかせるイラスト

「靴紐が切れると縁起が悪い」と言われるようになった経緯を簡単に説明すると、江戸時代は亡くなった人の棺桶を墓地まで運んだあと、悪霊に取りつかれないように履物(草履)をその場で処分し、新しい履物に履き替えてから家路についていたそうです。

そして処分する時は履物の鼻緒を切ってから捨てていました。そのことから、

「出がけに履物の鼻緒を切れると縁起が悪い」

と言われるようになりました。それが現代では靴紐に受けつがれるようになりました。

このような迷信を大切にされる方にとっては、靴紐が切れると縁起が悪いと感じるかも知れませんが、あえて私はこの考え方に反論します。

鼻緒と靴紐の違い

草履や下駄の鼻緒は三点で支えています。現代の靴とは構造がまるで違うので切れやすいのは当然です。

現代のように道路も整備されていなかったので、鋭利な石などを踏みつけて鼻緒の接続部分を傷つけてしまうこともあったと思います。

草履を履く着物姿の男性

一方で現代の靴紐にはそのような負担はかかりません。滅多に靴紐が切れないからこそ、このような迷信が受け継がれているのかも知れません。

靴紐が切れる原因

一方で現代で靴紐が切れる原因の多くは、靴紐をきちんと結んでいるからです。

激しい動きをするスポーツシューズの靴紐は頻繁に切れます。バスケットやテニス、ボクシングやサッカーなど、左右に切り返す動作が多いスポーツのシューズほど、靴紐に負担がかかります。

テニスをする女性の足元

彼らは何度も靴紐を交換しています。大事な試合中に切れないように直前で靴紐を交換することも珍しくありません。

一方で多くの一般人のように適当に靴紐を結んでいると、切れることは滅多にありません

多くの方がスニーカーなどの靴紐を緩めて固定して履いています。履く度に靴紐をきちんと結び直す方は少数派なのではないでしょうか。

靴を履く度にしっかりと靴紐を結び直しているということは、その度に靴紐が擦れることになります。きちんと靴を履いている人ほど、靴紐が切れるのは自然なことです

靴の寿命

激しいスポーツをしている方の靴紐は、何度も切れて交換しているものです。

靴紐の交換を繰り返しながら、徐々に靴底がすり減ってきたり、靴の強度が落ちて(ヨレて)くると靴の寿命を迎えることになります。

一方で一般の方の靴の寿命の多くは、見た目が汚くなったからです。

現代では靴底が擦り減ってから買い替える方は稀です。その前に見た目がボロボロになってしまいます。その理由は、

 

きちんと靴を履いていないからです。

 

きちんと靴紐を結ばないということは、明らかに緩めに履いています。

靴を履く時には強引に足を押し込みます。靴ベラなど使いません。

そしてつま先をトントンとします。さらに脱ぐときは靴同士を擦りあわせて強引に足を引き抜きます。これが靴の見た目がどんどん傷んで汚くなる理由です。

街中を歩いている時に靴が汚れるよりも、雑に靴を脱ぎ履きをしていることで汚れていきます

強引に押し込む度に履き口が伸びてヨレていき、トントンする度につま先が汚れていき、靴を脱ぐ度に踵の内側が擦れ、靴はどんどん汚くなっていきます。

一方できちんと靴を履く方は靴紐を緩めて靴ベラを使用します。履き口が無駄に広がることはありません。靴を脱ぐときも靴紐を緩めて手を使うので、靴の踵の内側が擦れあうこともありません。

靴の寿命は「履き方、脱ぎ方」で大きく左右します。

現代では靴底がすり減る前に、雑に扱って劣化させている方がほとんどです。わかりやすいのは靴の踵を踏みつけている方でしょうか。一発で靴の強度がなくなってしまいます。

これらの事からも分かるように靴紐が切れるというのは、しっかりと靴と向き合っていたからです。もし靴の神様がいるとしたら、そのような方にバチを与えるようなことは、しないのではないでしょうか。

まとめ むしろ縁起は良い!

縁起を担ぐ方にとっては、靴紐が切れることは縁起が悪いと感じるかも知れませんが、現代人が履いている靴の靴紐が切れるということは、きちんと靴と向き合っているということでもあります。

逆に人生で一度も靴紐が切れたことがないという方は、適当にしか靴を履いてこなかったということです。

きちんと靴と向き合って何度も靴紐が切れるまで大切に履いていた方に、靴の神様が悪さをするはずがありません。決して縁起は悪くありません!

神様の話は私の想像なので大げさかも知れませんが、スリッパのように靴紐を緩めてブカブカの靴を履いている方は、いざという時の動作にも差がでるものです。つまずいた時に態勢を立て直しが効かないかも知れません。

オシャレなスリッパ

長靴のようにダボダボな靴では泥棒や強盗を追いかけることもできません。普段は適当に靴を履いている方でも、子供の運動会に参加することにでもなれば、直前に靴紐を結びなおすものです。

逆に言えば、日頃からきちんと靴を履かないということは、危機管理能力が低くなるということです

楽だからとサンダルしか履かないような人が、震災時に荒れた土地を安全に移動などできるわけがありません。

いざという時に大切な人を守れるような靴の履き方を、日頃から心掛けてください。

たとえ神様が味方してくれなくても、あなたの足が味方になってくれます。

靴紐が切れてしまうのは、しっかりと靴と向き合ってきた証です。その頃には靴の中底も持ち主の足に合わせて沈み、ピッタリとフィットするようになっているものです。

一方で適当に靴を履いていると足の形に靴が馴染んできた頃には、外部の汚れが酷くて寿命を迎えてしまいます。靴紐が切れることもなく、靴底も減っていないのにも関わらず、ヨレヨレになって買い替えることになってしまいます。

一方できちんと靴紐を結びなおしながら大切に履いてきた靴であれば、履き心地の良い馴染んだ靴を、靴紐を交換しながら履き続けることができます。

足に馴染んだ靴というのはパフォーマンスも発揮されやすいものです。縁起が悪いどころか、むしろ縁起が良いのではないでしょうか。

また靴は健康にも影響を与えます。その事については別のところで詳しく紹介しているのですが、

参考男性の歩き方についての考察

雑に靴を履いていると姿勢が崩れて健康面でも悪影響を受けてしまう可能性があります。病院のスリッパでまともに歩くことなどできません。靴紐を緩めることもなく、手も使わずに脱げる大きすぎる靴でも同様です。

ちなみに日本人の歩き方が悪い理由の一つとして、学校時代のフニャフニャの上履きだという説もあるぐらいです。

参考姿勢の重要性がわかる漫画

きちんとサイズ合わせをして購入した靴でも、きちんと履かなければ意味がありません。毎日スリッパのように引きずるような歩き方をしていると、靴の寿命を縮めるだけではなく、見た目や健康にもよくありません。

姿勢が崩れていると洋服も似合いません。健康に悪いだけでなく、人としての魅力にも多いに関係する要素です。

どうしても日本は靴を脱ぎ履ぎする機会が多いので、いちいち靴紐を結び直すことは面倒かも知れませんが、携帯用の靴ベラや素早く靴紐を結ぶテクニックなどを駆使して、スマートに靴の脱ぎ履ぎをしてほしいと思います。

一流のスポーツ選手が道具を大切に扱うように、あなたの身体を守る靴も大切にしてください。いざという時(躓いたり)に守ってくれるはずです。

草履の鼻緒のように切れやすくはない現代の靴の紐が切れるということは、たっぷり愛情が注がれた靴ということです。決して縁起が悪いわけではありません。むしろ誇って良い素晴らしい出来事ではないでしょうか。

【関連記事】
靴紐を素早く結ぶイアンノット

携帯用靴べらの種類が豊富過ぎる

スニーカーを長持ちさせる方法

コメント

  • ちょっと感動しました、靴紐が切れても全く悪いと感じる必要はないのですね。
    実は昨日うまれて初めて靴紐が切れまして、周りから散々不吉だと言われて気になっていました、それで調べていたところ、こちらで逆の意味があると知り、清々しい気持ちになることができました。ありがとうございます。

    by たなかん €2016年7月17日 11:38

  • 素敵な考え方ですね。
    靴を大切にしているからこそ靴紐が切れる!
    ホントにその通りだと思います。
    この考え方が広まるといいですね。

    by 匿名 €2018年5月3日 11:52

  • これいいね!

    by 匿名 €2018年6月27日 13:42

  • 靴紐切れてドキドキしてたけど安心できました

    by 匿名 €2018年8月12日 12:09

down

コメントする