男の着こなし.com

靴磨きにもTPOがある!?磨き過ぎにはご用心

ピカピカの靴が必ずしも良いとは限らない

当サイトでは靴の手入れの重要性について色々と紹介してきたのですが、ピカピカに光り輝く靴が必ずしも良いというわけではありません。

分かりやすいのは通夜や葬式のような法事の時です。ピカピカで華やかさが出てしまうと喪に服す感じではなくなり、マナー違反となってしまいます。

これはバッチリとオシャレな髪型にセットするようなことなので、あまり良い印象にはなりません。

もちろん薄汚れた革靴だったり、寝ぐせ頭が良いわけでもないのですが、バシッと決めることが適さない場もあるということです。

実はビジネスのような場でもやり過ぎがリスクになることがあります。

鏡面磨きもほどほどに

先日、私が勤めている会社に訪れてきた営業マンがとてもオシャレで私は感心していたのですが、周りの女子社員からはまさかの不評でした。

その理由が、

  • カッコつけ過ぎ
  • チャラくて信用ならない
  • 上辺だけの奴

といった感じで、反対意見ばかりで驚きました。

彼はオシャレではあるのですが特別イケメンというわけでもなかったので、初めはそれが理由なのかと思っていたのですが、どうもそうではないようでした。

「あんな靴を履いてるナルシストはキモい」

のような発言まであり、私自身も少しショックでした。

彼の履いていた革靴はアンティーク調の一枚革のホールカットで、それは見事に光り輝いていました。いわゆる鏡面磨きが施されている状態です。

革靴の鏡面磨きはつま先と踵を少し輝かせるのが定石なのですが、彼の黒い革靴は新品のガラスレザーのように前面が光り輝いていました。

結婚式のような華やかな席ではその魅力を存分に発揮できるかも知れませんが、初対面の人に信用してもらう必要があるビジネスの場では、マイナスに働いてしまうことがあるということです。

もちろんビジネスの場といっても様々なので、オシャレである事が求められる職種であれば有利に働くかも知れませんが、私が勤めている会社はそのような業種ではないので、ファッションに敏感な女性ほど、やり過ぎ感を察知して信用を落とすことになったのかも知れません。

女性はこの辺のバランス感覚に非常に長けているので、ビジネスの場でセクシーさを醸し出す女性に対して厳しいものですが、男性ファッションに対しても見極められるのだと感心しました。

改めて私自身も靴磨きの奥深さについて考えさせられる出来事となりました。

革靴のTPO

靴磨きの楽しさにハマると、とにかくピカピカに磨きたくなる気持ちは理解できます。私もそのような時期がありました。磨きたいが為に冠婚葬祭用の黒のストレートチップを履いて近所のコンビニまで歩いたものです。

初めて新車を買った人が休日の度に丁寧にワックスをかけて磨くようなことです。これも私が経験している事ですが、綺麗すぎる車は同乗者に嫌われてしまいます。

汚い車より綺麗な方が良いのですが、極端に綺麗すぎてこだわりを感じてしまうと気をつかわせてしまいます。たまに車内を土足厳禁にしている方がいますが、私なら二度と乗りたくありません。

これは靴磨きやファッションにも当てはまります。汚い靴が良いわけがありませんが、極端に綺麗すぎてこだわりの強さを感じられると、なんとなく面倒な印象に映ってしまいます。

だからといって適当なのが良いわけでもありません。あくまでもバランスが大切です。

ファッションのTPOを意識している方は少なくないですが、「葬式は黒いスーツに黒いネクタイに黒い革靴さえ履けばいいんだろ」程度の認識では不十分です。

実際に法事に平気で金の腕時計をしてくる方がいますし、華やかなデザインのローファーやエナメルの革靴を履いている方もいます。ネクタイの結び目にディンプルが出来ている方も多いです。

そんな細かなところまで合わせる余裕がないといった意見もあるのですが、どれもお金が必要なわけではありません。

金の腕時計よりホームセンターで売られている1000円ぐらいのシンプルな針時計の方がよっぽど適していますし、靴の量販店で売られている3000円ぐらいのシンプルなプレーントゥやストレートチップで十分です。ネクタイの結び目を変えるのにお金は一切かかりません。

TPOといっても自分をアピ―ルする為のものと、相手への敬意が求められるケースがあるので、しっかりと使い分けられる必要があります。

靴磨きのバランスもここに含まれています。

照明が抑えられている薄暗いバーであれば、光り輝く革靴が映えるものですが、昼間の明るい環境だとギラギラし過ぎて鬱陶しさや暑苦しさを感じるものです。

ホステスの髪型やメイクやファッションは夜の照明だからこそ輝くものです。明るいところで同じ格好をしてしまうと、ケバい印象になってしまいます。

靴磨きの楽しさにハマるとピカピカに輝かせたくなるものですが、その革靴を履いていくシーンに合わせて調整できるようになりましょう。

まとめ バランス感覚

テレビの芸能人やファッションモデルのオシャレというのは、かなり特殊な場です。一般人がそうそう出くわすシーンではないので、意外なほど参考にならないものです。

オシャレな髪型も撮影前に整え直しているからこそ良い状態(90点以上)をキープできますが、一般の人が同じような髪型にしてしまうと崩れた状態(60点未満)でいる時間が多くなってしまいます。

一方で風の影響を受けにくい髪型(80点)であれば、常にそれなりの状態をキープすることが出来るようになります。

100点を目指すことが悪いわけではないのですが、その状態をキープできるのは鏡の前や限られた場だけなので、平均すると80点に満たないことは珍しくありません。

なんだかんだ言って普通の髪型や普及しているファッションというはよく出来ています。多くの人がそれなりの点数をキープできるので、中途半端な背伸びよりも高得点(良い印象)になるものです。

靴磨きにハマると様々なシーンに合わせた靴が欲しくなるものですが、芸能人のようにスタイリストが用意して何度も着替えられるわけではないので、一日を通してTPOが一致することは難しいです。

どこかにバシッと合わせてしまうと、その場から離れた瞬間に場違いのファッションになってしまうので、平均すると80点を下回ってしまうかも知れません。

お金持ちばかりを相手にしている営業マンであれば、それなりにお金をかけたファッションの方が信用が得られるかも知れませんが、様々な客層と接する営業マンであれば、オシャレ過ぎる印象がマイナスに働いてしまうことがあるということです。

豪華な装飾品を売り歩く営業マンが軽自動車に乗っていると不安になるものですが、お得な便利グッズを売り歩いている営業マンが高級外車でやってくると、それもまた不安になるものです。

靴磨きのバランスも同じでやり過ぎることにはリスクがあります。もちろん全くやらない事にもリスクがありますが、普段はほどほどに綺麗にしておくだけで十分なのかも知れません。

銀座の飲み屋に通える重役であれば、運転手付きの車で自宅に戻ってお風呂に入って着替えてから行くことが出来ますが、多くの一般人には難しいものです。

それでも髪型をセットし直したり、ネクタイを結び直したり、ボディシートで汗を抑えたり、靴磨きシートで軽く磨いたりすることで、80点をキープするような努力はできるので、この辺のバランス感覚を磨いた方が結果的に有利に働くと思います。

飲み屋に行く前のプロの靴磨き屋によって鏡面磨きをしてもらうと、そのピカピカの革靴をその後に仕事で履くことになり、バランスが崩れてしまうかも知れません。

もちろん鏡面磨きといってもつま先だけを軽く輝かせるぐらいであればいいのですが、やり過ぎてバランスが崩れないように意識してほしいと思います。

ケバいメイクの女性を好きな男性は多くありません。男性よりも圧倒的にファッションレベルが高い女性に好かれる為にも、下手な背伸びをして粗を出してしまうのではなく、無理なくバランスを整えられるレベルで抑えることが大切です。

結果的に平均点を高く保つことが出来ますよ。

【関連記事】
オシャレが好きな男性はモテない?

男性ファッションこそ普通が有利

加点より減点を避けるのがポイント

down

コメントする