男の着こなし.com

ダサいファッションから抜け出したいなら減点法で考えよう

オシャレ=ダサくない?

そもそもオシャレなファッションを定義することは出来ません。時代や年代によって価値観は変化しますし、それこそ個人の価値観によっても評価は左右します。

オシャレに正解はないということです。

ですが、オシャレの対極に位置するダサいに限って言うと、いくつかのポイントが上げられます。

ダサいファッションは誰が見てもダサく見えます。流行や年代に関係なく誰が見てもダサいファッションはダサいものです。

よく「俺はファッションセンスがないから・・・」と諦めてしまう方がいますが、そのような考え方をしてしまう理由は、そもそもオシャレを勘違いしている可能性があります。

オシャレに見える方というのは、何かしらの特別なファッションアイテムを身に着けている人のことではありません。

個性的なファッションや流行のファッションを身に着けることがオシャレではありません。

これといったブランド物を身に着けていないのにも関わらず、オシャレに見える方があなたの周りにもいるのではないでしょうか。

彼らのどこがオシャレに見えるのか理解できなくても、何となく「オシャレだな~」と感じさせる方がいると思います。

まさにこの「何となくオシャレに見えてしまう」のがポイントです。ここに答えがあります。ダサいファッションから抜け出したい人は、この「何となく」の意味を理解するのがポイントになります。

しばしばダサいファッションから抜け出す方法として、特定のブランド服を勧めている方がいるのですが、安易にそのような意見に頼ってしまうと益々ダサくなってしまいますよ。

オシャレは減点法

ダサく見えてしまう方の特徴として、オシャレを加点法で考えている傾向があります。

ファッション雑誌で紹介されていた○○を持っているからオシャレ

のように、何かしらプラスすることでオシャレになると考えています。

少し前にある有名人の私服がダサいということでネット上で話題になっていたのですが、その有名人の反論の仕方が、

「え!?コレ雑誌に乗っていたコーディネートだよ!」

というものでした。まさにオシャレを勘違いしている人の典型です。

ファッション雑誌で紹介されていた洋服やコーディネートがオシャレなのではなく、そのモデルさんに似合っていたからオシャレなのであり、全ての人に合うわけではありません。

このような考え方が完全に間違いだとは言いきれませんが、特定の○○への評価は個人によって差があるものです。同じようなファッションが好きな人達が集まるコミュニティの中であれば、プラス評価になるかも知れませんが、その他の人に受け入れられるとは限りません。

極端な例をあげるとコスプレのようなことです。コスプレパーティーでは最高かも知れませんが、その恰好で仕事に行くと大抵はマイナス評価になってしまいます。

これは流行のファッションや髪型でも同じです。葬儀屋さんに勤めている方が金髪にしていたり、左右非対称に刈り上げたオシャレヘアーをしているとマイナスに働いてしまいます。

保険の外交員や銀行員も同様です。大切なお金を預ける人に、少しでも不信感が生まれてしまうとマイナスです。

特定の場に合わせてプラスを狙うことは間違いではありませんが、目立ちやすい大きなプラスほど大きなマイナスに裏返ってしまう可能性があります

一方でこれといった特別なファッションをしているわけでもないのに、何となくオシャレに見える方というのは、プラスを狙った加点法ではなく、徹底的にマイナスを排除した減点法でファッションをまとめています

目立ちすぎる色や柄を避けたり、清潔感のある洋服を身に着けたり、しっかりとサイズを合わせた洋服を身に着けています。

悪く言えば無難なファッションです。

ただし、しっかりと無難なファッションと向き合っています。この差がポイントです。

「どうせ何着たって似合わないし・・・」といった投げやりな感じの無難ではなく、全力で無難を狙いにいった結果の80点です。

投げやりな感じだとサイズ合わせも適当になり、メンテナンスも怠り、TPOに合わせる気持ちも薄くなります。これでは60点にすら到達しません。

ダサい人と同じようなファッションなのに、オシャレに見える人がいる理由は、この差です。

投げやりな無難と積極的な無難では雲泥の差が生まれます。

全く同じユニクロの洋服を着ても、オシャレに見える人とダサく見える人がいるのは、この意識の差です。

全力で無難を狙っている方は、ダサく見えるポイントを少しずつ理解できるようになっていきます。

洋服を購入するときにはしっかりと試着をするようになり、何度も鏡と向き合うことで、

「何で同じサイズなのにこっちのシャツは似合わないんだ?」

と自分なりに学んでいくことになります。

同じサイズのシャツでもメーカーによってサイズはまちまちです。同一メーカーですらシリーズによってシルエットやデザインが違うことは珍しくありません。

自分なりに似合うシャツの形が理解できるようになると、目星を付けていたシャツが似合なければ諦めることが出来るようになります。これが出来るとダサく見られることがなくなります。

オシャレに見える人というのは、ダサく見えてしまう要素を理解しているので、そのような洋服を所有していません。サイズ感がイマイチだったり、肌の色と合わない柄だったり、メンテナンスが難しい洋服を着ないからこそ、いつでも無難な洋服だけど悪くはないといった感じになります。

一方でダサく見える人は判断基準が曖昧なので、好きな柄のシャツというだけで安易に購入してしまいます。それこそ雑誌やテレビで紹介されていたからという理由だけで購入するかも知れません。

たまたまサイズが合えば似合うこともあるかも知れませんが、ほとんど運任せなので確率は低くなります。

さらに日頃からろくなメンテナンスをしないので、すぐに傷んでしまいます。運よく似合うシャツに出合えたとしても、皮脂汚れが目立っていたり、色褪せていれば清潔感を保つことは出来ません。

オシャレに見える人というのは、全力でダサく見えてしまう要素を排除している人のことです。

オシャレが好きな人と混同してほしくないのですが、自分よがりなファッションをしている人はオシャレが好きなだけであり、オシャレなのではありません。

参考オシャレな人と好きな人の違い

オシャレな印象にうつる人というのは、加点(プラス評価)を狙うのではなく、全力で減点(マイナス評価)にならないように意識している人のことです。

オシャレが好きな人は加点を狙い過ぎてちぐはぐな印象になりますし、適当に選んでしまうと減点だらけでダサいファッションになってしまいます。

まとめ 美味しいラーメンとは?

美味しいラーメンを定義することは出来ません。味の好みは人それぞれです。

背脂たっぷりのこってりラーメンが好きな人がいる一方、苦手な人も多いものです。現在では個性的なラーメンが溢れていますが、一時的な流行で消えていくラーメンも多いものです。

一方で昔ながらの無難なラーメンも生き残っています。テレビやグルメサイトで話題になることは少ないかも知れませんが、昔ながらの王道ラーメンで行列をつくるラーメン屋さんも珍しくありません。

王道ラーメンでは物足りないと感じる人もいるとは思いますが、しっかりと出汁をとって丁寧に作られた80点の王道ラーメンを不味く感じる人は少ないものです。

オシャレなファッションも同じです。

個性的なファッションは一部の人やコミュニティ内でしか受け入れられません。適材適所(TPO)で使い分けられないと思わぬマイナス評価を受けてしまいます。

一方で無難なファッションを中心に組み立てていれば、適材適所で使い分けやすくなるものです。髪型のセットを変えたり、腕時計や靴を変えるだけで合わせることが出来ます。

ただし、無難なファッションといっても投げやりな態度の60点では難しいです。

お葬式で黒いスーツ、ネクタイ、革靴を身に着けていても、何となく残念な印象にうつる方を見かけたことがあると思います。

借り物のスーツのようにサイズ感がイマイチなのか、スーツがシワシワなのか、シャツの襟が汚いのか、ネクタイの結び目が合っていないのか、革靴が汚いのか、目立つ腕時計をしているのか、何かしらの理由が見つかるものです。

投げやりな感じだと60点をキープすることすら出来ません

「どうせ俺なんて何を着ても無駄だよ」

といった意識では髪型が崩れていても気がつくことがありません。トイレで鏡の前に立ってもチェックしないからです。

ラーメン屋さんでも投げやりに普通のラーメンを作ってしまうと、それは必ずお客さんに伝わります。スープの温度がぬるかったり、麺を茹でるお湯を変えなくて粉っぽくなったり、盛り付けが崩れていたり、器がベタベタしていたりするものです。

たまたま美味しく出来る日もあるかも知れませんが、成功率は低いはずです。

お客さんがどこかに違和感を感じてしまうと、それだけで美味しさは半減してしまいます。

ダサいファッションから抜け出したい人は、全力で無難なファッションを目指してみてください

いきなり洋服を買い替える必要はありません。現在所有している洋服と向き合ってみてください。それらをしっかりとメンテナンスしてあげてください。

すると所有している洋服の中から、わりと似合っている洋服というものが見つかります。その理由としっかりと向き合うことで、次に購入する洋服選びに活かされていきます。

逆にダサく見えるポイントも意識できるようになります。同じLサイズのTシャツでも、肩幅や裾の長さが案外違うのだなと気づくものです。このような積み重ねで自分なりにダサく見えるポイントが理解できるようになっていきます。

安易にファッション雑誌を頼ってしまうと、サイズ感がイマイチな高価な洋服を手にすることになってしまうかも知れません。流行っているからオシャレなのだと、勘違いしているオシャレ好きの人が多いものです。

どんなに高価なブランド服でも似合わないものは似合いません。似合わない洋服ではダサく見えて当然です。

まずは鏡の前で所有している洋服としっかりと向き合ってみてください。自分なりに似合う洋服の基準を構築していってください。これがダサいファッションから抜け出す方法です。

厳しい言い方になるかも知れませんが、近道はありません。アイロンや裾上げといった微差の積み重ねでオシャレにもダサくもなってしまうものですよ。

【関連記事】
新品の洋服にも個体差がある?

試着室の男女比にみるレベルの差

ファッションセンスがない男の特徴

コメント

  • 自分の好きなファッションをするのが悪いとは思わないが、似合っていない人は多いよね
    2万ぐらいのスーツでもしっかりと向き合っている奴は似合っているし、全然似合わない10万の服をこれ見よがしに着ている奴はダサい
    ダサさは洋服の価格で決まらんもの

    by 匿名 €2019年4月6日 12:51

down

コメントする