男の着こなし.com

男のベルトの決まり事!NGな着こなしを避けてシンプルに!

ベルトの意味

ここからは「ファッション基礎講座」の「小物編」ということで、まずはベルトについて簡単に紹介していきます。

ベルトの機能というのは、基本的にはズボンがずり下がらないようにするものです。これは当然の事なので誰もがイメージできると思います。

一部のファッションではベルトに役割を持たせて、このような使い方をすることもありますが、ベルトは基本的にズボンがずり下がらなければOKのアイテムです。

そもそもサイズのあったズボンだとベルトがなくてもずり下がらないものですが、ファッション基礎講座ですすめているジャケパンスタイルでは、やはりベルトを身につけたほうが見た目のバランスが整うので、必ず着用するものだと認識してください。

カジュアルなジーパンを合わせるスタイルでも、やはりベルトがあったほうが見た目のバランスは良いものです。

十代の若者であれば、それほど気にしなくても良いのですが、ある程度の年齢であれば必要がなくてもベルトをするように意識してほしいと思います。

男性と女性の違い

女性はスキニータイプの細身のジーパンでベルトなし、というファッションもありなのですが、男性がここまでピチピチのシルエットのジーパンを履くと、ちょっとやり過ぎ感が出てしまうので、あまりおすすめはしません。

フラフープをする女性

このようなお尻のラインが出るファションは、女性だからこそ許されるものです。男性の場合はもう少しゆったりとさせたほうがバランスよく決まります。

若者であればスリムなズボンを合わせることも出来ますが、はっきりいって似合っている方は少ないです。よほど計算してサイズを合わせないと難しいファッションです。

最近はストレッチ素材のズボンが増えてきましたが、それだけに多少強引にでも履けてしまいます。ですが、ピッタリサイズとムチムチは違います。ムチムチだと横に皺が多くはいり、「最近太ったんだろうな」と見えてしまうものです。

またきちんとズボンの丈を合わせていないと裾が詰まって皺だらけになってしまいます。カジュアルに着崩しているのが伝わればいいですが、他のファッションに隙があると残念な印象にしかなりません。

また男性であればわかると思いますが、男性器の大きさは常に一定ではありません。寒い時やおしっこが近くなったりすると、かなり大きさが変動するものです。

極端にスリムなズボンだと大変な苦痛が伴います。腰回りにある程度のゆとり持たせているシルエットのズボンであればいいのですが、細ければ細いほどカッコいいという認識は間違いだと思ってください。

それこそお腹が膨れた時に、ベルトの穴を一つ緩められる程度の余裕があった方が良いかと思います。だからこそベルトが必要だとも言えます。

またベルトレスのズボンも存在します。そもそもベルトを通す輪っか(ベルトループ)がありません。

ベルトレスのズボン 引用元:http://style-cruise.jp/edifice/item/pants/14030320000030.html

このようなベルトレスのズボンであれば、「あえてやっています」とアピール出来ますが、輪っかつきのズボンだと伝わらないので注意してください。

均整の取れた体型でしっかりとズボンのサイズを合わせていてベルトの必要性を感じなくても、見た目のバランスを整える意味でベルトをするように心がけてください。意外とこれを意識していない男性が多いものです。

またファッション上級者であればサスペンダーを合わせることも出来るのですが、サスペンダーをおしゃれに着こなすのは難しいと思ってください。しっかりとサイズを合わせた股上の深いズボンでないと不自然な印象になってしまいます。

基本的にはサスペンダーは初心者にはおすすめできません。もちろん体型的(かなり太っている等)に普通のベルトが厳しい方や、デスクワークなどで座っている時間が長い方などが、サスペンダーの機能(お腹を締め付けない)を求めるのは問題ありません。

ベルトはシンプルでOK

ジャケパンスタイルのベルトに関していえば、基本的にはシンプルな普通のベルトで十分です。

カジュアルなファッションだと個性的なベルトを合わせることも出来ますが、ジャケパンスタイルで主張の強いベルトは必要ありません。むしろ目立ちすぎるとマイナスになるので、ファッション初心者はシンプルなベルトの一択です。

ベルトによって着こなしがプラスに働くという状況はかなり稀です。

これだけでも覚えておいてください。ベルトは加点を狙うアイテムではありません。減点を避けるためのアイテムです。

ブランドのロゴだけで値踏みをするような人に対しては、多少意味があるかも知れませんが、着こなしのバランスという意味では減点対象になってしまいます。

基本的にベルトで余計なことをしないでください。紳士服店で千円ぐらいで売られているベルトでも全然OKです。極端に安っぽいバックルを避ければ問題ありません。

ちなみにこれ(↓)は百円ショップ「ダイソー」で売られていた五百円の本皮ベルトです。使いはじめて三年を過ぎましたが、現在でも全く問題なく使えています。

ダイソーの革ベルト

ベルトのバックルは、ゴールドよりはシルバーのほうが無難です。

バックルが大きなタイプのベルトでもいいのですが、その場合はなるべく主張が強くないタイプをおすすめします。

ベルトの革の色は「黒」「茶」「焦げ茶」の三色があれば万全です。基本的には革靴の色に近いベルトと合わせるのが王道と言われています。

冠婚葬祭には黒の革靴とベルトを合わせるものですが、そこでもバックルがあまり目立たない落ち着いたデザインのベルトの方がバランスが良くなります。

高級ブランドの高価なベルトのバックルは、シルバーでもかなり光沢があって非常に目立つことがあります。そのような主張の激しいベルトは結婚式では許されますが、お葬式には向いていません。

可もなく不可もなしの「シンプルな黒のベルト(シルバーバックル)」を、必ず一本は用意しておいてください。

次は間違いやすいベルトの着こなし例を紹介します。

次は:メンズのベルトの着こなしポイント!ありがちな失敗例
mae iro iti iro ni san tugihe
3ページ中、1ページ目を表示

down

コメントする