男の着こなし.com

ベルトが曲がってしまう理由!対処法はなくはないが・・・

ベルトが曲がる理由とは?

昔はベルトが曲がることなんてなかったはずなに、何故か最近のベルトはよく曲がってしまう・・・なんて思ったことがありませんか?

曲がった革ベルト

別にこれはあなたが悪いわけではないありません。当然ベルトが悪くなったわけでもありません。

ベルトが曲がりやすくなった理由というのは、ズボンのシルエットの変化したからです。

ズボンの進化

ここ10年ぐらいでズボンの形は少しずつ変化していきました。スーツのズボンだけではなく、カジュアルなジーパンやチノパンのシルエットも大きく変化しています。

どう変わったのかというと、特に股上が浅くなりました。

股上が浅くなると視覚的に足が長く見えるようになります。ベルトの位置が下がって胴が長く見えるので、足が短く見えそうなものですが、実際に見比べてみると違いは歴然です。

WS000002 引用元:http://jcrewshopping.jugem.jp/?search=

特に女性のズボンのシルエットの変化が著しいです。股上を浅くすると足がセクシーに見えるようになる半面、しゃがんだ時に後ろから下着が見えるようになってしまうようなケースもあるほどです。

WS000001 引用元:http://www.gmo-toku.jp/index.html

一流ブランドのきちんとしたジーパンであれば、きちんと計算して立体的に裁断、縫製されているので、股上を浅くしながらもおしり側を上げているので、股上が浅いデザインのズボンでも、しゃがんだ時に後ろから下着が見えることは少ないのですが、パッと見の形だけを真似たメーカーのものだと、しゃがんだときに下着をさらけ出してしまうことになってしまいます。

正直、男性から見てもあのパンチラはセクシーではないですよね。

一方で男性のズボンの場合は女性ほどせめたデザインは少ないですが、足を長く見えるように少しずつシルエットが見直されてきました。

下の商品は同時期に売られているユニクロのズボンです。

WS000004 WS000003 引用元:http://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/jeans/men/

股上の深さが全然違うのがわかると思います。ユニクロの中でも若者がターゲットのズボンと年配の人向けのズボンでは、デザインやシルエットが大きく違うものです。

参考ユニクロを着ている男はモテない?

このようなズボンのシルエットの変化が、少しずつスーツのような紳士服にも取り入れられていったので、ベルトを締める位置が下がり(股上が浅くなり)、相対的にお尻側が上がったので、ベルトに皺寄せがいくことになりました。

これが昔に比べてベルトが曲がりやすくなった理由です。

他にもデスクワークが増えていることも関係しているのですが、基本的に避けることが出来ない問題です。

新しい真っ直ぐのベルトを身につけると、どうしても引っ張られて違和感が出てしまうのは仕方がありません。

ベルトを曲げない対処法

このベルトが曲がることを嫌がって、ベルトを曲げない方法というものがあります。

それは「逆向きにベルトをする」という方法です。左から通していたベルトを右から通すということです。

単純にベルトが逆側にも曲がるので、「プラスマイナス0」ということらしいです。

ですが、実際にやってみると綺麗にプラスマイナス0になるわけでもなく、ベルトがクネクネになってしまうことが多いです。頑固な曲がり癖がついてしまった場合は、この方法で真っ直ぐに戻すことは難しいです。

他にもベルトを曲げない為に、あえてズボンの後ろ側のベルトループに通さないといった対処法もあるのですが、これも見た目のバランスが悪くなってしまうのでおすすめしません。

ズボンによってベルトループの数や位置が違うので、たまに通し忘れている人を見かける事がありますが、そのようなちょっとしたスキがいくつか重なってしまうと、一気にズボラな印象に映ってしまいます。

参考減点対象と向き合うとオシャレになる

個人的にこれらの対処法はおすすめしません。

根本的なベルト対策

ベルトが曲がってしまう対処法として私がおすすめするのは、きちんとメンテナンスをする事です。

一般的な男性向けのベルトの多くは革で出来ているので、革靴と同様、毎日酷使していると皺がよって形が崩れてしまいます。

理想はベルトも革靴のようにローテーションして毎日使わないことです。さらに保管するときもベルト売り場のように吊るしておくと、ベルト自身の重みでクセを多少は戻すことが出来ます。

ベルト売り場

またベルトの多くは革なので、たまに油分を足してお手入れしてあげると、革ベルトを長く綺麗に使うことが出来ます。

革靴の皺もメンテナンスを怠るとひび割れてしまいますが、定期的に靴磨きをしていると良い状態を保つ事ができるものです。

革のベルトも同じで乾燥してしまうと曲がった箇所に皺が出来てしまうので、たまに油分を足してあげてください。

まとめ メンテナンスが一番の対処法

ベルトが曲がってしまう理由というのはズボンのシルエットの変化なので、私自身はそれほど気にしていません。

むしろ新しいベルトをつけると硬さが気になってしまうので、適切にメンテナンスしながら自宅の中で座りながら積極的に曲げてしまいます。

良質なベルトほど硬い革が使用されているので、馴染むのに時間が掛かるのですが、それだけに寿命が長いものです。

最近は、あらかじめ曲線を持たせたベルトも売られるようになってきました。

 

このようなベルトは最近の股上が浅いズボンとフィットしやすい傾向があります。ベルトが曲がることがどうしてもイヤだという人は、このようなベルトを選ぶのも有りだと思います。

私は自分の体型に合わせて曲がってくれたベルトが愛おしいので、ベルトの曲がりを受け入れています。

ただし、メンテナンスを怠ると曲がり過ぎて皺が深くなってしまうので、綺麗に曲げていく事がポイントです。

どうしても回避したいのであれば、昔の股上の深いシルエットのズボンを探すぐらいでしょうか。そのようなズボンを購入したとしても他のズボンに合わせたベルトと高さが違うので、ベルトの穴の位置も変わってしまいます。結局はベルトも買い直さなければならないかも知れません。

その為にもベルトを使わない時は吊るして保管する事と、たまに革に油分を足す事を意識してみてください。これが最も現実的な対処法なのではないでしょうか。

100均にもベルトハンガーと呼ばれるものが売られているので、一つ用意しておくと良いかと思います。

油分を足すというと革用の油を塗り込む事が理想ではあるのですが、面倒な人は手で軽くベルト全体を撫でるだけでOKです。

革靴は手入れをしないとすぐに傷んでしまうものですが、同じ革製品でも財布は長持ちします。この理由は財布は手で触れる機会が多いからです。自然と油分が補われています。

「そんなワケがあるか!」と思う人は、スマホの画面をよく見てください。

手の油だらけになっているはずです。ティッシュで綺麗に拭いても、使うそばから脂ぎっていくのがわかると思います。

もちろん革用の油分を足すのも良いのですが、その場合はきちんと拭き取ってください。少しでも残っているとズボンを汚す事になってしまうので、丁寧に拭き上げる必要があります。

特に縁取りされているベルトは要注意です。細かな溝に油分が残りやすいので、かなり丁寧に拭き上げなければなりません。

むしろ財布のように手の油分だけの方が、多くの人にとって煩わしくないと思うので、使う前や使った後に軽くベルト全体を手で触れるようにしてみてください。

私自身もこれだけで良好な状態を保つ事が出来ています。

手が乾燥している人はおでこにでも触れて手のひら全体に馴染ませてから触れてください。ハンドクリームを使わなくても手の乾燥が自然と潤いますよ。

ちなみにこの自分の油分で革製品を綺麗に保つテクニックというのは、実際に私が財布を購入した際にブランド店の店員から教えてもらったものです。

参考財布の購入時のポイント!

革のベルトは革靴のように汚れが付着する事もないので、これだけでも綺麗な状態を保つ事ができるものですよ。

ベルトを曲げない為の対処法というと、股上の深いシルエットのズボンを選ぶぐらいしかありません。反対側からベルトを通してしまうとクネクネになってしまうかも知れないので、あまり余計な事はしない方が良いかと思います。

適切なメンテナンスをしながら、自分の身体に合わせて綺麗に曲げる事の方が現実的な対処法になると思うので、今回紹介した吊るして保管と手で撫でる方法を意識してみてください。

【関連記事】
革靴の皺はあなたのオーダーメード

ベルト購入時の注意点、ベルトハンガー

ダイソーの靴クリーナーがおすすめ

コメント

  • ベルトが曲がらないように対処するのではなく、きちんと曲げるという発想はなかったので勉強になりました。
    自分の身体に合わせて馴染んでくれたベルトを愛せるようにメンテナンスをしようと思います。ありがとうございました。

    by 匿名 €2019年9月28日 12:42

down

コメントする