男の着こなし.com

ベルトが曲がってしまう理由!対処法はなくはないが・・・

ベルトが曲がる理由とは?

昔はベルトが曲がることなんてなかったはずなに、何故か最近のベルトはよく曲がってしまう・・・なんて思ったことがありませんか?

曲がった革ベルト

別にこれはあなたが悪いわけではないありません。当然ベルトが悪くなったわけでもありません。

ベルトが曲がりやすくなった理由というのは、紳士服のズボンのシルエットの変化したからです。

ズボンの進化

ここ10年ぐらいでズボンの形は少しずつ変化していきました。スーツのズボンだけではなく、カジュアルなジーパンやチノパンのシルエットも大きく変化しています。

どう変わったのかというと、特に股上が浅くなりました。

股上が浅くなると視覚的に足が長く見えるようになります。ベルトの位置が下がって胴が長く見えるので、足が短く見えそうなものですが、実際に見比べてみると違いは歴然です。

WS000002 引用元:http://jcrewshopping.jugem.jp/?search=

特に女性のズボンのシルエットの変化が著しいです。股上を浅くすると足がセクシーに見えるようになる半面、しゃがんだ時に後ろから下着が見えるようになってしまうようなケースもあるほどです。

WS000001 引用元:http://www.gmo-toku.jp/index.html

一流ブランドのきちんとしたジーパンであれば、きちんと計算して立体的に裁断、縫製されているので、股上を浅くしながらもおしり側を上げているので、股上が浅いデザインのズボンでも、しゃがんだ時に後ろから下着が見えることは少ないのですが、パッと見の形だけを真似たメーカーのものだと、しゃがんだときに下着をさらけ出してしまうことになってしまいます。

正直いって、男から見てもあのパンチラはセクシーではないですよね。

一方で男性のズボンの場合は女性ほどせめたデザインは少ないですが、足を長く見えるように少しずつシルエットが見直されてきました。

下の商品は同時期に売られているユニクロのズボンです。

WS000004 WS000003 引用元:http://www.uniqlo.com/jp/store/feature/uq/jeans/men/

股上の深さが全然違うのがわかると思います。ユニクロの中でも若者がターゲットの商品と年配の人向けでは、デザインやシルエットが大きく違うものです。

参考ユニクロを着ている男はモテない?

このようなズボンのシルエットの変化が、少しずつスーツのような紳士服にも取り入れられていったので、ベルトを締める位置が下がり(股上が浅くなり)、相対的にお尻側が上がって、ベルトに皺寄せがいくことになりました。

これが昔に比べてベルトが曲がりやすくなった理由です。

他にもデスクワークが増えていることも関係しているのですが、要するに避けることが出来ない問題です。

新しい真っ直ぐのベルトを身につけると、どうしても引っ張られて違和感が出てしまうのは仕方がありません。

ベルトを曲げない対処法

このベルトが曲がることを嫌がって、ベルトを曲げない方法というものがあります。

それは「逆向きにベルトをする」という方法です。左から通していたベルトを右から通すということです。

単純にベルトが逆側にも曲がるので、「プラスマイナス0」ということらしいです。

ですが、実際にやってみると綺麗にプラスマイナス0になるわけでもなく、ベルトがクネクネになってしまうことが多いです。頑固な曲がり癖がついてしまった場合は、この方法で真っ直ぐに戻すことは難しいです。

真新しい真っすぐのベルトのフィット感がいまいちなように、逆向けに通しても違和感が出てしまいます。

個人的にこの方法はおすすめしません。簡単な対策としては、きちんとベルトを保存するのがおすすめです。

一般的な男性向けのベルトの多くは革で出来ているので、革靴と同様、毎日酷使していると皺がよって形が崩れてしまいます。

理想はベルトも革靴のようにローテーションして毎日使わないことです。さらに保管するときもベルト売り場のように吊るしておくと、ベルト自身の重みでクセを多少は戻すことが出来ます。

ベルト売り場

またベルトの多くは革なので、たまに油分を足してお手入れしてあげると、革ベルトを長く綺麗に使うことが出来ます。

といっても、私自身はそこまでベルトの曲がりを気にしていません。

むしろ新しいベルトは自宅の中で座りながらしばらく使い続けて、積極的に曲げて馴染ませています。

ベルトに使われている革の種類にもよるのですが、新しいベルトは腰が痛くなってしまうことがあります。

むしろベルトが柔らかくなって曲がってくれたほうが、私の体型に合わせて馴染んでくれた証なので、その曲がりをわざわざ直そうとは思いません。

最近では、あらかじめ曲線を持たせたベルトも存在します。

 

このようなベルトは革の裁断から曲線をもたせるようにしているので、最近の股上が浅いズボンとフィットしやすい傾向があります。ベルトが曲がることがどうしてもイヤだという人は、このようなベルトを選ぶのも有りだと思います。

私は自分の体型に合わせて曲がってくれたベルトが愛おしいので、ベルトの皺と曲がりを受け入れています。

ただベルトの一部がよってシワになってしまうと、そこからひび割れてしまう事があるので、たまに靴磨きのついでにベルトに油分を少しだけ足しています。そのままだとベタついてズボンが汚れてしまうので、少し乾燥させてからしっかりと乾拭きします。そのタイミングでベルトの金属のバックルも乾拭きしてあげると、くすみが取れて光沢が出てきます。

ベルトのバックル

たかがベルトと思わずに、きちんと手入れをしてあげることによって愛着がわくものですよ。

ベルトが曲がる理由は、あなたの体型の変化や使い方のせいではなく、ズボンのシルエットの変化によるものなので、回避するのは難しいです。

どうしても回避したいのであれば、昔の股上の深いシルエットのズボンを探すぐらいでしょうか。そのようなズボンを購入したとしても他のズボンに合わせたベルトと高さが違うので、ベルトの穴の位置も変わってしまいます。結局はベルトも買い直さなければならないかも知れません。

他にもサスペンダーという選択肢があります。

サスペンダーはウエストのサイズが変わりやすい太っている人ほど向いているのですが、上手く使えばオシャレなアイテムにもなるので、ベルトの曲がりが気になる人や痛みが出るという人は、検討する価値があると思います。

また本格的な対処法をあげるとすると、オーダーメードでズボンを仕立てることです。

最近のシルエットながらも余計な引きつれが少なくなるので、ベルトの曲がりも回避出来る可能性があります。ベルトの為だけにオーダーメードというのも本末転倒ですが。

ベルトが曲がるのがどうしても許せないという方は検討してみてください。私は全然許せるので受け入れています。

ただベルトが曲がるということは革が伸びているということなので、どうしてもひび割れしやすくなります。ここだけは気をつけてください。どんなに高級なベルトでも避けられない問題です。

わざわざ油分を足してまでベルトを磨くのが面倒な場合は、せめてベルトを使用する前にベルト全体を手で軽く撫でてください。手に含まれている油分で補うことが出来ます。

革靴は手入れしないとすぐに傷んでしまうものですが、同じ革製品でも財布は長持ちします。この理由は財布は手で触れる機会が多いからです。自然と油分が補われています。

「そんなワケがあるか!」と思う人は、スマホの画面をよく見てください。

手の油だらけになっているはずです。ティッシュで綺麗に拭いても、使うそばから脂ぎっていくのがわかると思います。

ちなみにこれは実際に私が財布を購入した際に、ブランド店の店員から教えてもらったテクニックです。

財布の購入時のポイント!

革のベルトは革靴のように汚れが付着する事もないので、基本的にはたまに油分を足すだけで良い状態を保つ事ができますよ。

革のベルトも自然と手に触れるものですが、ベルト全体を満遍なく触れるかというとそうではありません。特にベルトが曲がりやすい後ろ側を中心に満遍なく撫でて馴染ませてください。

手が乾燥しがちな人は、おでこや髪の皮脂を手に馴染ませてから撫でると良いかと思います。おでこのテカった皮脂を直接ベルトに塗り込むのではなく、手のひら全体に馴染ませてから撫でるのがポイントです。

【関連記事】
革靴の皺はあなたのオーダーメード

ベルト購入時の注意点、ベルトハンガー

ダイソーの靴クリーナーがおすすめ

down

コメントする