男の着こなし.com

革靴の皺に愛着を!あなたの足に合わせてくれたのです!

新しい革靴の卸し方?

新品の革靴を履く前に、あらかじめボールペンなどで革靴の甲を押さえつけてのクセをつけておくと、綺麗な皺をキープできると言われています。

この方法であれば革靴の甲の理想的な位置に皺が刻まれ、しかも皺の位置が左右均等になるそうです。

「革靴に見た目の美しい皺を入れる」、そういう考えもありだとは思います。実際に革靴の専門店でもこのような事をアドバイスされる事がありますし、専門書を読んでも紹介されているものです。

ただ私個人の意見ですが、「すごくもったいないなぁ~」とも感じてしまいます。

革靴の皺はオーダーメイド

私は中古の革靴を購入して履いたことがないのですが、例えサイズが同じだとしても他人の足の形に馴染んだ革靴が、別の人の足にピッタリと合う可能性は低いのではないでしょうか(履き続ければいずれ馴染むとは思いますが)。

足の肉付き、骨格、重心の位置、歩き方までピタリと合うなんて、双子の兄弟でもない限り難しいと思います。

ボールペンで革靴にわざわざ皺を入れることにも、同じような違和感があります。

その皺が足の形や動きとピタリ合うのでしょうか?結局その皺プラス、あなたの足に合わせた皺が重なるだけのような気もします。

あらかじめつけた皺のクセのまま、その後も皺の位置をキープ出来るのもおかしな話です。ビスポーク(オーダーメード)であればピタリと合うのもわかりますが、既成靴の場合だと、よほどサイズに余裕を持たせてない限り、皺のクセが残るとは思えません。

足のサイズや肉付き、関節の位置、歩き方、そして歩く環境は人それぞれです。

参考男性の歩き方についての考察

それに多くの人は左右の足に差があるものです。革靴を購入する場合は大きい方の足に合わせることになるので、小さな方の革靴はブカブカで片方だけ皺が出やすいのは仕方がありません。

ですが、その革靴の皺も個性だと思います。

革靴が自分の足の形に合わせて皺を刻み、徐々に馴染んでいきます。

それにきちんとサイズが合わせた方の革靴には、皺は少ないものです。

この写真は革靴を壁によりかけただけですが、皺の刻まれ方が左右で全然違うことがわかると思います。私の足は左のほうが大きいので、左足を中心にサイズを合わせています。

革靴の皺

もし、この革靴にボールペンで皺の癖を付けていると、小さい方の足の右側の革靴には、綺麗に皺が入ったかも知れませんが、サイズの合っている左足には不必要な皺が入ることになったはずです。

効き足のほうが踏ん張る機会が多いので、足の筋肉の付き方に差がでるのは普通のことです。成長期にスポーツをしていると、よりその傾向があると思います。

運動靴の多くは紐靴ですよね。激しく動く為には左右の差もバカに出来ません。少しでもフィット感を上げるためには紐靴の必要があるのだと思います。

参考エレガントな靴紐の結び方

ちなみに両足とも革靴の皺が深い場合は、そもそものサイズ合わせが間違っていた可能性があります。その場合は中敷きの厚みを増すことで皺が浅くなる場合もあります。

サイズ合わせの重要性

いくら紐靴だとしても、革靴はスニーカーほどは調節出来ません。

なので革靴の購入時には、きちんと試し履きをして、しっかりとサイズを合わせることがとても重要です。

夕方や夜だと足がむくんでいるので、その時間でピタリだとしても、朝はブカブカになる場合もあります。むくみ具合も人それぞれなので何ともいえませんが、革が伸びることを考えると、むくむ前の朝方の足に合わせたほうが良いかと思います。

これも逆の説があり、夕方に合わせた方が窮屈にならずに済むといった感じなのですが、革は徐々に伸びていきますし、靴の中底も沈んでいくので、購入時から余裕を持たせすぎると、まるでフィットしなくなってしまいます。

足がむくんでいない午前中でピッタリの革靴であれば、その後にむくんできつくなるのは、それほど問題ではありません。

足がむくむといっても流石に骨が飛び出るわけではないので、履いているうちに革が徐々に伸びてきます。

ただいきなり新しい革靴を履いて会社に行くことはおすすめしません。どうしても長時間履くことになるので、馴染むまでに痛みが出やすい傾向があります。

参考革靴の痛みを和らげる方法

新しい革靴を足に馴染ませるには少しずつ履くしかありません。自宅の中で履いて馴染ませても良いのですが、体重を掛けない事にはなじまないので、近所のコンビニに行くときなどの短時間の着用がおすすめです。

また革靴の購入時のサイズは、紐がピタリと閉まらないぐらいで合わせるのがいいとされています。

革靴の紐の合わせ方 (この写真はわざと右足の下に詰め物をして浮かせています)

右の革靴のようにきちんと閉まらなくても、履き続けて靴底が沈んでくれば、左のように綺麗に収まるようになるというようなことです。あくまでも理想ではありますが。

基礎講座の革靴の購入編でも触れたのですが、革靴のサイズを合わせるのは本当に難しいです。馴染むのにもそれなりに時間がかかります。

私が紐靴をすすめているのは、革靴の中では多少は融通が利くからです。

ベルトのモンクストラップでは大雑把な調整しか出来ません。しかも真ん中の穴で留めないと、見た目のバランスも悪くなってしまいます。

茶色のモンクストラップ

 

ましてや全く調整の効かないスリッポンやローファーなどは、サイズ合わせはより難しいと考えてください。

余裕を持たせ過ぎた革靴は皺が深くなるだけではなく、歩いていても疲れてしまいます。大き過ぎるとスリッパのような引きずるような歩き方しかできません。

日頃から正しく歩いていないと筋肉の付き方に影響が出るかもしれません。それが姿勢を悪化させ、健康にも悪影響を及ぼすかも知れません。

革靴を履くと疲れるという人が多いですが、大抵はこのサイズ合わせに失敗しています。適当に大きめのものを選び、脱ぎ履きしやすいように靴紐を緩めて固定しているようでは、どんなに高価な革靴を選んでも意味がありません。

サイズの合っていない革靴でトボトボとした歩き方になって魅力が減るだけでなく、身体の内側から不健康になるかも知れないので、気をつけてほしいと思います。

皺は個性

革靴の皺というのは、あなたの足の形に合わせて刻まれるものなので、必ずしもボールペンで余計な皺を入れる必要はないのではないでしょうか。

バランスよく綺麗な皺が刻まれた革靴もいいですが、自分の足の形に合わせて刻まれた皺のほうが愛着がわくと思います。

深く刻まれた皺は、あなたが革靴と共に歩んできた歴史でもあります。

いい感じの革靴の皺

カッコいい革靴というのは、新品のピカピカの革靴のことではありません。

持ち主の汗が染みこみ、革が伸びては縮み、皺が深く刻みこまれ、革が柔らかくなり、足裏の形に合わせて靴底が沈み、持ち主との一体感が生まれた革靴がカッコいいのだと思います。

飾って置くだけの革靴であれば、一度も足を入れずに皺のない状態で飾っておくのがいいのでしょうが、それがカッコいいと思うのであれば何も言いません。

靴コレクターでないのであれば、きちんと革靴を履いてあげることが愛だと思います。靴磨きといったものでも革が柔らかくなって履き心地が良くなるので、愛情をかけてあげるほどにフィットしていくものですよ。

馴染むの究極形

元プロ野球選手の新庄剛さんは、思い入れのある価格の安いグローブ(確か7000円ぐらい)を現役時代にずっと使っていたそうです。

何度も修理に出しまで使い続けました。メジャーに行っても日本に復帰しても、そのグローブを使って超一流の守備をしていました。

新庄剛のグローブ引用元:http://kichihair.exblog.jp/15807496

新庄剛さんいわく、このグローブは力を抜いても脱げ落ちないのだそうです。

新庄さんの一流の守備の極意を探る番組で本人が語っていたのですが、打球に素早く反応するには身体の力を極限まで抜くことがポイントなんだそうです。少しでも身体に余計な力が入っていると、一歩目の反応が遅れるのだそうです。

その時に新しいグローブだと手に力を入れて握っていないといけなくなります。一方で馴染んだグローブだと手に意識を向ける必要がないので、極限まで脱力出来ると語っていました。

頭にグローブを乗せる新庄、稲葉、ひちょり引用元:http://livedoor.blogimg.jp/fightersmatome/imgs/6/5/651840e8.jpg

新庄さんの手の形に馴染んだグローブは、どんなに高級な革で作っても代わりにはなりません。

私は高校野球経験者なので、硬式野球のグローブを購入した事がありますが、7000円のグローブはとんでもない安物です。当時でも安くても2万円ぐらいはしていた記憶があります。

メジャー時代に新庄さんの古いグローブをからかって、外国人選手がはめようとして、大ゲンカまでしたことがあったそうです。大きな指が入って形が変わったらどうするんだ!ということです。

一つの道具に対してここまで愛情を注ぐのは難しいかも知れませんが、自分の汗を吸って足に馴染んだ革靴も、同じように変え難いものではないでしょうか。

それなりに良質な革靴であれば、靴底を交換して長く履く事が出来ますし、日頃から靴磨きといったメンテナンスを心掛ける事で良い状態を保つ事ができるものです。

革靴の皺というのは、自分の足に合わせて変化してくれた結果です

新城さんのグローブのように革靴の皺を愛してあげてください。見た目の皺の美しさを意識しすぎるあまりに、大切なものを見逃してしまうのはもったいないような気がします。

まとめ 機能美とは

サイズが合っていない洋服の皺というのは不格好なものですが、一方できちんとサイズを合わせた洋服に出る自然な皺は美しいものです。

何度もオーバーホールをしながら使い続けている腕時計の細かなキズも素敵なものです。新品にはない輝きが宿っています。

参考オーバーホールを格安に済ませる方法

長年履き続けたジーパンに刻まれたキズや皺が似合うのは持ち主だけです。ダーメジ加工されたジーンズだと、キズや色あせるポイントが微妙にずれて不自然さが漂います。

革靴の皺も同じではないでしょうか。

革靴を愛した歴史が刻まれているのであり、適当に靴同士を擦り合わせて脱いでいるような人の革靴だと、直ぐにボロボロになって寿命を迎えてしまいます。

きちんと革靴を履く時に靴ベラを使って足を入れ、しっかりと靴紐を結び直す事で革が余計に伸びてしまう事もなくなります。

そのようにきちんと向き合ってきた人の革靴には、独特なオーラが醸し出されるものです。

ピカピカに鏡面磨きをしている革靴が悪いとは言いませんが、あまりにも大切にするあまりに、ろくに馴染んでいない革靴を履いている革靴マニアより、日頃からきちんと履いている人の革靴の方が、私にとっては素敵にうつります。

ショーウインドーに飾ってある美しい革靴に愛着は湧きません。その人の愛(汗や体温、靴磨き)が染みこまれて、初めて革靴に愛着がわくものです。

革靴の皺は革靴が自分へ寄り添おうとしてくれた結果です。

とても愛おしいことではないでしょうか。

子供が書いてくれた親の絵は、かけがえのない宝物になるものです。冷静に客観的に見れば下手くそな絵でも、親にとってはピカソよりもラッセンよりも最高の絵になるはずです。

これが愛なんだと思います。他人の評価ではなく、あなたにとって大切なことが何かを忘れないでください。

これは革靴に限った話ではありませんが、無理やり自分の理想とする形に押し込んでしまうと軋轢が生まれてしまうものです。

お互いに少しずつ寄り添っていく関係性の方が、お互いの良さを引き出せるのではないでしょうか。

新品のジーパンにわざわざダメージ加工をするより、きちんと履いて自分の骨格や動きに合わせて馴染ませた方が、自然な皺や退色が生まれるのではないでしょうか。

逆に間接などの可動部ではない箇所の生地や縫い目には、無駄な力が加わらないので張りのある良い状態を保てるものです。

革靴の革を柔らかくするだけなら、適当に踏みつければ良いのかも知れませんが、それでは全体的にヨレヨレになってしまいます。

柔らかくなるべき箇所は柔らかくなり、硬さを保つべき箇所には余計な事をしない方が良い状態を長く保つ事につながります。

ろくにメンテナンスをしないと、皺がどんどん深くなって折り目がついてしまい、そこから革が剥がれてしまうような事もあるので、靴磨きといったメンテナンスは大切ですが、極端に皺を嫌う必要はないのではないでしょうか。

あなたに寄り添ってくれた革靴の皺に愛着をもってください。

年季の入った皺が刻まれた革靴というのは、決して悪い事ではありません。靴底を張り替えてまで履き続けられた革靴というのは、独特なオーラを醸し出してくれるものですよ。

【関連記事】
革靴の購入時のポイントと注意点!

洋服を馴染ませて着心地をよくする方法

靴磨きは100均で十分?検討しました

down

コメントする