男の着こなし.com

腕時計のオーバーホールを安くする方法!格安店と激安店の違い!

腕時計のオーバーホールとは?

腕時計の構造は大きく分けると、昔ながらゼンマイ仕掛けの機械式時計と、電池式のクォーツ時計に分かれます。

機械式の懐中時計

いわゆる高級腕時計と言われるタイプには機械式が多く、定期的にメンテナンスが必要とされています。

このメンテナンスをオーバーホール(分解整備)と言います。

これを怠ると油が切れて部品が摩耗してしまいます。腕時計は精密機械なので僅かな摩耗でも大幅なズレを生じさせてしまいます。

腕時計のオーバーホールは、車の車検のように定期的にオイル交換や整備や清掃をすることで良好な状態を保つようなことです。ただ腕時計は車検のように定期検査が義務付けられているわけではありません。

リフトであげた車

あくまでも腕時計の持ち主の判断に委ねられます。

この腕時計のオーバーホールの期間は「3年」とも「4年」とも言われているのですが、新しい腕時計に限って言えば「3年」で行う方が良いとされています。

車も新車だと初めのオイル交換が早めに設定されています。新しい部品ほど馴染んでいないので摩耗が多くなります。なので腕時計も初めてのオーバーホールが最も重要だと言われています

一部に「腕時計のオーバーホールは動かなくなってからでいい」といった意見もありますが、大切に長く愛用したい腕時計であれば、動かなくなるまでノーメンテナンスなのは、おすすめしません。

油の切れた状態で動く期間が長くなるほどキズも深くなり、腕時計の寿命を大きく縮めてしまいます。部品交換などの余計な費用が発生するかも知れません。

ただ腕時計のオーバーホールは定期的に行うことが理想ではあるのですが、車検のようにそれなりの費用を覚悟しなければなりません。海外の高級ブランドの腕時計ほど費用も高くなる傾向があります。

そこで今回は腕時計のオーバーホールを安く済ませる方法を紹介します。理想は正規店や正規代理店にお願いする事ですが、車検のように正規ディーラーでなければ出来ないという事でもありません。

オーバーホールの費用

腕時計のオーバーホールの費用はブランドによって様々です。国産の機械式腕時計に比べて、外国産の高級腕時計は高い傾向があります。

またムーブメントが複雑な機構になればなるほど、オーバーホールの費用も高くなります。

複雑機構のトゥールビヨン

一概にいくらとはいえないのですが、多くの腕時計メーカーのホームページでオーバーホールの費用を確認することができます。いわゆる正規価格です。

一方で時計修理の専門店でもオーバーホールを受け付けているところがあります。こちらの方がオーバーホールの費用を安くすることが可能です。

イメージとして国産だと正規料金よりも1~3割、外国産だと2~7割ほど安くなります。

車のディーラー車検と街の整備工場の車検の費用の違いのような事です。

あくまでも理想はメーカー指定の正規のメンテナンスを行ってもらう事ですが、車検もきちんとした整備工場であれば問題ないように、時計修理専門店が必ずしも悪いわけではありません。

ただ珍しい外車ほど正規ディーラーでないと対応できないように、腕時計もマイナーな高級ブランドだと受け付けていないケースがあります。街の整備工場でもベンツやBMWのようなメジャーな外車は大丈夫ですが、フェラーリやマセラティなどになると難しくなるような事です。

腕時計のオーバーホールもロレックスやオメガのようなメジャーなブランドであれば、正規店以外でもオーバーホールをすることが可能なので大幅に価格を抑える事が可能です

金のロレックス

ただし、ネットで探すと正規料金の4分の1ぐらいの激安ショップも見つかるのですが、それらは正直おすすめしません。

オーバーホールの費用の多くは職人の人件費です。ある程度は企業努力で安くすることができるのかも知れませんが、極端な激安価格は工程を省いている可能性があります

車検も極端な激安店は最低限の整備しかしません。ギリギリ車検に通ればOKというメンテナンスしかしないので、次の車検までに安全に走れるとは限らないわけです。

腕時計のオーバーホールも極端な激安店だと、ろくに調整もせずに簡単な清掃と油だけを挿し、とりあえず動く状態にだけ仕上げるところが中にはあるようです。

全ての激安店がそうだとは限りませんが、極端な価格の激安店は避けてほしいと思います

格安オーバーホールを試してみた

私の機械式時計は国産でシンプルな構造のものなので、オーバーホールの正規料金が12.000円でした(税別、送料別)。機械式時計の中では安い部類になると思います。

初めてのオーバーホールは正規店で行いました。メーカーのホームページに受付窓口があるので、申し込みをしてから腕時計を送り、指定口座に代金を振り込みました。

それから3年が経ち、2回目のオーバーホールは格安店を試してみようとネットで色々探してみると、多くのショップが正規料金に比べて1~3割安く設定されており、私が選んだのは正規料金よりも2000円安いこちらのショップでした。

【NUTS 時計修理】

ここを選んだポイントはホームページから真摯な印象を受けたこともあるのですが、本音を言うと楽天の中に出店していたからです。

これだけでも信用度が増しますし、数百円分の楽天ポイントが余っていたので安くなりました。さらにたまたま楽天スーパーセールの期間に当てはまった事もあり、ポイントの還元率が通常よりも高く、後日に合計1割ぐらいのポイントバックがありました。

楽天カードを所有している人であれば、決済日を5か0の付く日に楽天市場内のショップで決済すると、さらにポイントが増えてお得になります(要エントリー)。

オーバーホールの申し込みの手順も簡単でした。一般的な楽天の商品を購入するのと変わりません。自分の腕時計に当てはまる条件をクリックして決済をすると、数日後に自宅に空の箱が送られてきます。

白い箱の中にスポンジが入っており、間に腕時計を挟みます。

オーバーホールする腕時計を送る為の箱

さらにこの白い箱を緩衝材で囲んで送ります(送料は購入代金の別)。

オーバーホールする腕時計の送り方

あとはオーバーホールをしてもらう腕時計を送ったことをメールで伝えて待つだけです。

私の腕時計は送ってから一月半で戻ってきました。

腕時計のオーバーホールが終わってから送られてきた箱

これでもかと丁寧に梱包されていました。また別料金で外装の磨きもお願いしていたので、ブルーのテープに囲われていました。

オーバーホールで磨き終えた腕時計

テープを外してみると、見事にピカピカに仕上がってくれて嬉しくなりました。

ピカピカの機械式時計の裏側磨かれた腕時計

流石に大きな傷は消えていませんでしたが、綺麗に磨かれたおかげもあり、正規店でオーバーホールをした時よりも満足度は高かったです。

ちなみに楽天以外でもオーバーホールを受け付けているショップは当然あります。

時計修理の千年堂

こちらの千年堂さんのページを確認してもらうとわかるのですが、悪質な時計修理業者について厳しく指摘しています。腕時計のオーバーホールの品質は素人が簡単に判断できることではないので、はっきり言ってお店選びが全てです。

千年堂さんは格安な料金設定ながら後払いであり、しかも一年保証です。買い取りも行っていないので、難くせをつけて格安で引き取るような事もありません。

激安を売りにしている悪徳な業者だと、オーバーホールが出来ないと難癖をつけて、初めの金額よりも高くしてくるところがあったり、二束三文で引き取ろうとするところがあるのだそうです。

一方で千年堂さんは職人の技術やプライドが満ちあふれているホームページなので、ぜひ参考にしてみてください。

時計修理の職人

クォーツ時計のオーバーホール

ちなみに電池式のクォーツ時計でも、針が動いている腕時計だと可動部のパーツが徐々に摩耗していきます。電池交換を何度かしていると電池の減りが早くなってくるのは、針の可動部の油が切れて抵抗が増してくるからです。

腕時計の針

大切にしているクォーツ時計であれば、機械式時計と同じように定期的にオーバーホールをすることで長く愛用をすることができます。

価格は機械式のオーバーホールと比べると安く設定されているので、大切なクォーツ時計も定期的にオーバーホールをしてあげてください。こちらの目安は7~8年と言われています。

手先が器用な人であれば、クォーツ時計を分解して針の可動部に油を注ぐような事ができるそうなのですが、傷つけないように分解する為の専用工具が必要なので、よほどたくさんの時計を所有しているのでなければ、おすすめはしません。

ちなみにデジタル表示の腕時計は、定期的な電池交換と簡単な洗浄(拭き掃除)だけでOKです。基本的にオーバーホールの必要はありません。

まとめ 腕時計のオーバーホールはお店選びが全て

高級腕時計は社会的なステータスになるので、思い切って購入する男性も多いと思いますが、初めて購入するという人は、オーバーホールの費用のことも頭の片隅に入れて置いてください。

参考高級腕時計の意味が分からない人へ

フェラーリのような超高級車は街の整備工場では車検を取ることができません。部品も簡単には手に入らないので、維持していくだけでも想像以上に大変なものです。

フェラーリとランボルギーニとフェラーリ

ベンツやアウディのように普及している外車であれば、田舎の方の整備工場でも対処してもらえますが、それでも一部の超高級モデルだと正規ディーラーでしか車検を受け付けてもらえない事があるものです。

一方で腕時計は車と違って輸送が簡単なので、ネットで探せば珍しい腕時計でもオーバーホールを受け付けてくれるので、工夫次第で格安で済ませることが可能です。

私の機械式時計は国産なのでオーバーホールの費用が「2千円」の違いでしたが、これがロレックスだと万単位で差があるものです。

極端に激安な価格のお店は注意が必要ですが、正規価格よりも2~3割安く済ませられるお店は珍しくないので、信頼のできそうな時計修理業者を上手く選んでみてください。

お店選びに全く自信がないという人は、時計を購入したお店に相談するのも良いかと思います。良心的な時計屋だと正規のオーバーホールの費用だけで、送料が掛からないケースもあります。

腕時計の中身は密閉されているので、はっきり言って素人がオーバーホールの良しあしを判断することはできません。プロですら分解しないとわからないと思います。

だからこそ、大切な腕時計ほど極端な激安店を避けることがポイントになります。価格が安いのは嬉しいですが、極端な激安価格にはリスクがあるので気をつけてください。

またオーバーホールの期間が短い(早い)ことをアピールしているショップも気をつけてください。

車検であれば国の定めた検査の基準がありますが、腕時計のオーバーホールにそのような基準はありません。手を抜こうと思えばいくらでも出来てしまいます。

腕時計の調整は非常に繊細な作業なので、僅かな調整でもその結果を確かめる為に時間がかかります。

ほんの僅かな調整でも様々な歯車が重なり、秒針のスピードに影響を与えます。1秒当たり0.001秒早くなったとすると、1分間で0.06秒早くなります。

腕時計の歯車

これが1時間だと0.36秒早くなります、そして1日だと8.64秒もの差が生まれてしまいます。

0.001秒の調整を確かめるには、それなりの時間が必要です。

腕時計のオーバーホールは少しずつ時間をかけながら微調整を繰り返していくものなので、極端に期間が短い事を謳っているショップや激安店ほど、適当な可能性があるので気を付けてください。

お得な価格の格安店と極端な激安店を上手に見極め、大切な腕時計をオーバーホールしてほしいと思います。

私のように楽天やamazonに出店しているお店を選ぶ事で価格を抑える事もできますが、全ての人がポイントが余っているわけでもなく、楽天やamazonのカードを所有しているわけでもないと思うので、まずは千年堂さんで無料の見積もりをとってみるのもおすすめです。

最高技術で時計修理・オーバーホール

時計修理業者の中には綺麗なホームページのところも多いのですが、こちらは職人気質な無骨なイメージが伝わってくると思います。そして悪質な業者への怒りも感じられます(笑)。

千年堂さんのページを読むだけでも、腕時計のオーバーホールの知識がかなり深まるので、一読する価値があると思いますよ。

コメント

  • ホントに激安店は止めた方がいいよ
    修理不可能って脅して二束三文で買い取ろうとする業者がいるから

    by 匿名 €2019年7月3日 12:20

down

コメントする