高級腕時計は必要ない!?体験してみるのが一番です

ファッションコラム

腕時計の機能

最近は若者を中心に腕時計を身につけない人が増えているそうです。実際に私の周りの若者を見渡してみても、スーツ姿のサラリーマンでもない限り、腕時計を身につけていない男性が多いように感じます。

そもそも腕時計の機能というのは「時間を知る」ことです。

この機能だけであれば腕時計がなくても生活にまったく支障はありません。スマホで事足ります。

また最近のスマホであれば、時間を知る以外の腕時計の機能も網羅しています。ストップウォッチ機能やカレンダー機能などは、スマホの方がずっと優れています。

腕時計の機能ということだけに限っていえば、腕時計のメリットは手軽さ(スマホを取り出す手間がない)ぐらいのものです。この手軽さですら運動中の人でもない限り、それほど重要なことではありません。

機能面だけで考えれば腕時計など意味がありませんし、ましてや高級腕時計に全く価値を見出せないと考える人が増えても不思議ではありません。

それが間違っていると言いたいわけではないのですが、腕時計にはこれらのような本来の機能とは全く別の役割があります

この役割に価値を感じるかどうかで必要性が変わります。

腕時計なんて必要ない」と考えている人は、この役割(メリット)を理解した上で改めて判断してほしいと思います。

ファッションとしての腕時計

腕時計の機能面以外の役割で代表的なものは、ファッションアイテムとしての役割です。

女性だとネックレスやピアスなど様々なアクセサリーがありますが、男性でビジネスの場となると、違和感がないのは結婚指輪と腕時計ぐらいしかありません。

もちろんスーツをカッコよく着こなすことや、髪型を工夫する事は可能ですが、あまり奇抜なものを選ぶと常識を疑われてしまうので、あまり冒険はできません。

腕時計は男性ファッションの中で、遊びや個性が許される数少ないファッションアイテムです。

ビジネスの場だとスーツに合わないような派手な腕時計はNGですが、上手く選べばお洒落さや個性といった要素を、嫌味なく主張する事ができます。

この嫌味なくがポイントです。

高級腕時計といっても金ぴかで悪目立ちする物もありますが、シンプルな腕時計でもとんでもなく高価な物がたくさんありますし、それぞれの人の考え方を主張できる数少ないアイテムです。

腕時計に興味がない相手でも、シンプルな腕時計をしているからといって嫌われる事はありませんし、興味のある相手にだけ、嫌味なく趣味、趣向をアピールする事ができます。

ピアスのようなアイテムだと、相手によっては避けらるかも知れませんが、主張が強くない腕時計であれば、このリスクがありません。

だからこそファッションアイテムとして、腕時計が機能します。悪目立ちする物は別ですが、嫌われるリスクが少ない男性のファッションアイテムとして、腕時計ほど優れている物はありません。

常識人としての腕時計の役割

ファッションに無頓着なお父さんでも、スーツさえ着ればそれなりに見えるようになるものですが、腕時計にも同じような役割があります。

腕時計を身につけているからといってお洒落になるとは限りませんが、違和感なく収まっている腕時計というのは、身だしなみを整える効果があります。

誰でも初対面の相手は情報量が少ないので、見た目の印象から様々な事を推察します。

スーパーで売られている果物や野菜を選ぶ時でも、綺麗な形の物を手に取ります。同じような選択肢がある場合、見た目が良さげな物を自然と選ぶのが人間なので、見た目の印象を良くするような事が、結果を左右する事は珍しくありません

ある程度の付き合いがある人物であれば、見た目だけで左右される事も少なくなりますが、情報が少ない初対面の段階だと、見た目の印象というのは大きな判断材料になります

もちろんビジネスの場であれば、仕事の中身が一番重要なのですが、横並びの仕事が並んでいると、大抵は個人の好みで選ぶ事になります。

禁煙している人なら相手の胸ポケットにタバコが見えたという理由だけで避けたり、潔癖症の人なら清潔感がない相手を避けたり、男女なら容姿やスタイルの好みで選ばれる事は珍しくありません。

社会人として身だしなみを整える事は最低限のマナーですが、腕時計もその役割の一つとして機能してくれます。

腕時計必要性を感じていない人にとっては、印象を左右しないかも知れませんが、スーツには腕時計をするのが当然だと考えている人にとっては、避けられる要因となってしまう可能性があります。

ここで間違えてほしくないのは、自分が腕時計といった見た目で判断しないからといって、相手もそうだとは限りません。

中身が大事なのはもちろんなのですが、その大切な中身を判断する前に外見で弾かれてしまうと、正当な評価をしてもらえません。

誰にでも好みがありますし、苦手なタイプもありますが、腕時計にこだわりがある相手からすると、そこを軽視しているというだけで、避けられてしまう事があります。

ビジネスの商談の場にラフな恰好だと相手にされない事があるように、腕時計といった物も相手側の好みによっては、印象を左右するケースがあります。

わざわざ相手の好みに合わせて腕時計をしろとは言いませんが、少なくとも「腕時計なんか意味がない!」といった主張はしないでください。

車業界の人に対して「電車で十分じゃん」と言ったり、美容業界の人に「男の髪型なんて何でもいいよ」と言って好かれるわけがありません。

高級腕時計を身につけている相手に対して、「スマホで十分」なんて事を言ってしまうと、避けられる要因となってしまいます。

高級腕時計の役割

腕時計の役割としてファッションアイテムや、身だしなみの要素の一つとして考えている人もいるので、その層から嫌われない為にも違和感のない腕時計を身につけておいて損はないのですが、誰もが知っている高級腕時計には、また別の役割が期待できます。

それは「人間関係の潤滑油」としての役割です。

より分かりやすく言うと、「会話のきっかけとしての役割」が期待できます。多少なりとも腕時計に関する知識があれば、相手が高級腕時計を身につけていると、

「素敵な腕時計ですね、オメガですか?」

といった感じで会話のきっかけになってくれます。

営業職の人なら理解してくれると思いますが、初対面の相手の会話を弾ませるには、いかにきっかけを見つけるかがポイントになります。

ビジネスの商談の場では、内容の良しあしで判断するものですが、そこに至るまでは高級腕時計のような分かりやいアイテムが、会話のきっかとして機能する事があります。

もちろん会話のきっかけは他にも色々ありますが、相手のことを全く知らない初対面の状況ほど、腕時計はきっかけづくりに適しています。

車好きの人同士が出会っても、目の前に愛車がない事には気がつきませんし、プロ野球好き同士が出会っても、相手の好きな球団が分かる前だと、なかなか踏み込めません。

よほど奇抜な格好や髪型をしていたり、特徴的な形の眼鏡から会話が広がることもありますが、それらのような特別なモノは、相手によってマイナスの印象を与えてしまう可能性もあります。

ビジネスの場で奇抜な恰好や個性を主張している人は多くないですが、それだけに会話のきっかけとして当たり障りのない天気の話などをするわけですが、誰もが知っている高級腕時計を身につけていると、結構な確率で話が転がる事があります。

もちろん相手が腕時計に興味がないと、その効果はありませんが、だからといって避けられる要因にもなりにくいです。

悪目立ちする金ぴかの腕時計だと別ですが、シンプルな針の高級腕時計のせいで損をする事は滅多にありません。

高級外車やスポーツカーなどに乗っていると、凄く食いついてくる人がいる一方で、避けられてしまう事もあります。

これは個性的なファッション髪型でも同様であり、相手の好みによって左右されるので「諸刃の剣」です。

高級腕時計はこの辺のバランスが優れています。悪目立ちしないデザインであれば、腕時計に興味がない相手にはスルーされますが、それほどマイナスにもなりません

一方で興味がある相手からは気に入られます。同じブランドの腕時計を身につけていれば、それだけで一気に仲良くなることも珍しくありません。

もちろんビジネスの場だけではなく趣味の集まりでも同様です。アウトドアな趣味であれば、Gショックを身につけている同士だと分かると、会話が盛り上がるものです。

これがスーツや革靴のブランドとなると、ここまで盛り上がることは稀です。よほど特徴的なデザインのものでもない限り、そもそも気づいてもらえません。

お互いにファッション好きであれば、革靴やバッグから会話が膨らむこともありますが、多くのビジネスマンがファッション好きとも限りません。

だからこそ、一般の人でも多少なりとも知識のある高級腕時計(有名ブランド)というのは、会話のきっかけになりやすいという特徴があります。全く腕時計に興味がない人でもロレックスぐらいは知っているものです。

革靴が大好きな人同士であれば、ジョンロブ(革靴の最高峰ブランド)を履いている事に気がつくと、とんでもなく会話が盛り上がるかも知れませんが、そんなケースは滅多にありません。

これが高級腕時計ならではの役割です。

相手が知ってくれている可能性が高いアイテムなので、会話のきっかけという役割を果たしてくれます。

お金持ちの多くが高級腕時計を身につけているのは、まさにこの会話の役割を期待しているからでもあります。

誰も高級腕時計に正確な時間を求めていません。そもそも高級腕時計ほどゼンマイ仕掛けの複雑機構なので、時刻は正確ではありません。スマホの時計の方がずっと正確です。

単純に自慢をしたいという役割を期待している人もいますが、そのような役割とは別に、あえてビジネスの場で高級腕時計を選ぶビジネスマンは珍しくありません。

この辺のバランスは、高級ブランドに興味がない女性でも、ヴィトンのバッグや財布をもつような感じと似ています。

本心では対して興味が無くても、高級ブランドに興味がある女性が多いだけに、上手くつきあう為のアイテムとして取り入れるような事です。

「周りの人からの評価なんて関係ない!」

といった考え方なのであれば、それはそれで自由ではありますが、そのような考え方のまま上手くいくのは、よほどの美人やイケメンや仕事が出来る天才だけです。

何かしらの武器があるのであれば、周りの人から好かれる努力などしなくても良いのかも知れませんが、私も含めて多くの一般人には、これといった武器があるわけではないと思うので、周りの人に合わせた方が、横並びの中から選んでもらいやすくなります。

会話のテクニック

圧倒的な魅力のある人や天才的な人は、わざわざ高級腕時計の役割に頼る必要はありません。ホリエモンこと堀江貴文さんは「腕時計は必要ない」と言い切っています。

確かにホリエモンぐらい有名であれば、わざわざ腕時計から会話のきっかけをつかむ必要はありません。坊主頭で着飾らなくても勝手に人が集まってくるのだと思います。

ただ多くの一般人はそうではないはずです。初対面の相手に簡単には興味をもってもらえません。スタイルの良い爽やかなイケメンであれば、女性の方から寄ってくるのかも知れませんが、多くの男性はそうではないはずです。

キャバクラでモテる男性は、よほどのイケメンか、お金持ちアピールが上手な男性のように、何の事前情報もない初対面で相手に好かれる為には、見た目の印象が結果を左右します。

「話しかけてくるな!」といった感じのオーラを発している人より、優しそうな表情の人の方が話しかけやすいように、話をするきっかけを持っている人というのは、それだけ有利に立ち回れます。

奇抜な恰好や髪型のように相手の好みによって分かれる要素だと、ケースバイケースなので上手くいくとは限りませんが、誰もが知っている有名ブランドの腕時計だと、会話のきかけとして役立ってくれる事が増えてくれます。

もちろん会話のきっかけは他にも色々あるので、そこを見つけるのが得意な人であれば、わざわざ高級腕時計の役割に頼らなくても良いかと思います。

相手が大阪出身と分かれば、阪神タイガースの話題から入るのが良いのかも知れませんし、そのような当たり障りのない会話からお互いを知り、徐々に本題へと会話の流れを導いていけます。

初対面の女性と仲良くなるのも同様です。いきなり「ホテルに行こう」と言って応じてくれる女性などいません。他愛もない会話からお互いの距離を測り、ある程度の信頼関係を築いてから本題へいくわけです。

このような他愛もない会話のきっかけづくりとして、特にビジネスの場では高級腕時計が役割を果たしてくれます。もちろん合コンやパーティーでも同様です。

相手の腕時計のブランドが分かれば、話しかけるきっかけになりますし、こちらの腕時計も相手にとって話しかけるきっかけになってくれます

スマホが当たり前になった現在では考えられないことですが、昔は「すいません、今何時ですか?」と尋ねて会話(ナンパ)のきっかけにしていたものです。

「時間を知る」だけの機能では使えなくなった会話のテクニックですが、「素敵な腕時計ですね、どこのブランドですか?」は現在も使えるテクニックです。

これといって秀でている特徴(容姿や知名度)がない一般人だからこそ、高級(有名)腕時計は武器になってくれる可能性があります。

このような役割が無くても困らない人であれば良いのですが、「高級腕時計なんて無意味!」と決めつけてしまうのは、ちょっともったいないなと感じます。

高級腕時計の基準

腕時計の価格がいくらから高級腕時計になるとは言えないのですが、相手(一般的な人)が高級腕時計と認識してくれるブランドほど、潤滑油としての役割を果たしてくれます。

借り物でも中古でも(たとえ偽物でも)ロレックスやオメガのような有名ブランドの腕時計であれば、相手は高級腕時計だと認識してくれます。

むしろ一般の人にあまり知られていないブランドの超高級腕時計より、ずっと役割を果たしてくれます。

国産のブランドでもセイコーやシチズンといったブランドであれば、一般の人でも大抵は知っています。

1万円ぐらいのセイコーのクォーツでも腕時計の知識が少ない人から見れば、それなりに高級そうなセイコーの腕時計と思ってもらえるものです。

有名でない(一般的ではない)ブランドの高額な腕時計より、多くの一般の人が知っている高級そうな腕時計ほど、会話のきっかけとしての役割を果たしてくれるものです。

フェラーリやポルシェに乗っていると言えば、誰もが驚いてくれますし、人気のないモデルの中古フェラーリだとしても、フェラーリというだけで相手は一目おいてくれます。

その中古フェラーリよりも何倍も高い新車のマクラーレンに乗っていると言っても、車好きの人にしか凄さは伝わりません。

高級腕時計も相手に高級腕時計だと伝わるブランドほど、その役割を果たしてくれます。

高級腕時計を体験してみよう!

ここまで読んできても、

「高級腕時計のそんな役割など必要ない!」

と感じた人もいるとは思います。圧倒的な魅力がある人や自信がみなぎっている人には、会話のきっかけの為の役割など必要ないのかも知れません。

ですが、ぜひ一度、高級腕時計の役割を体験してみてください。メリットを知った上で判断してほしいと思います。

親や友人に借りてもOKですし、中古でも偽物でも構いません。実際に一カ月ぐらい高級腕時計を身につけてみると、周囲の反応が変わることを実感すると思います。

初対面の相手だけではなく、知り合いからも話しかけられると思います。

一般の人が高級腕時計と認識してくれるブランドを選んでみてください。想像以上に会話のきっかけになることが体験できるはずです。

その上で「やっぱりどうでもいい」と感じたのであれば良いのですが、こればっかりは実際に体験してみない事には分からないと思います。

とは言え、いきなり高級腕時計を購入するのには抵抗があると思いますし、誰もが知り合いに借りられるわけでもないと思うので、その場合はレンタルという手段もあります。

安いプランなら月額3980円から有名ブランドの腕時計をレンタルすることが可能です。個人的にはもう一つ、二つ上のプランの方が、多くの一般人が高級腕時計だと認識してくれるブランドが多いので、そちらをおすすめします。

「高級腕時計なんて必要ない!」

と思っている人ほど、実際に腕時計の役割を体験してみてください。想像以上に腕時計の「時間を知る」という機能以外の役割を実感できると思います。

無理してまで高級腕時計を身につけている人がいるのは、このメリットを実感しているからです。

私自身もファッションに興味をもつようになる前は、全くもって意味が分からないといった考え方だったのですが、現在はその認識を改めました。

私が愛用している腕時計は、セイコーの機械式時計の中では安い部類に当てはまるものなのですが、

この腕時計を身につけるようになってから、随分と初対面の相手とも話が弾むようになりました。グランドセイコーと勘違いして話しかけてくる人がいたり、女性からも高評価をしてもらう事がありました。

これといった特徴がないシンプルな腕時計ではありますが、実際に身につけるようになると、様々な役割を体感するようになったので、身につけないで出かけると不安になるぐらいです。

こればっかりは体験してみない事には分からない事だと思うので、腕時計の必要性が分からない人ほど、借り物でも良いので体験してみてください。

治安の良くない国ではクレジットカードで支払う事が信頼される要素の一つになるように、腕時計といった要素が常識人である証明として機能する事があります。

徹夜明けで無精ひげが生えて不潔な印象になっていても、腕に高級腕時計があるだけで相手は安心するかも知れません。

実際に私は若い頃に居酒屋でアルバイトをしていた時に、いかにも浮浪者のような身なりの人が入ってきて心配になり、店長に相談したのですが、店長が彼を見るなり「ああ大丈夫、ロレックスをしているから」と一瞬で見抜いてしまいました。実際にその人は高価なお酒やメニューを注文して驚いたものです。

人生経験の乏しい若かったころの私には見抜けなかったのですが、見る人が見れば腕時計が信用のパスポートとして機能する事があります。

中小企業の社長が無理してまでベンツに乗るのも似ているかも知れません。ボロボロの古い中古車に乗っていると、経営状態が良くないと判断される可能性があるので、車に興味が無くてもあえてベンツを選ぶような事は珍しくありません。

「見栄っ張りな社長だ!」

と否定する人もいますが、見栄や自慢をする為に選んでいるとは限りません。

もちろん高級車や高級腕時計を見栄や自慢の為だけに選んでいる人もいるのですが、そのような人ほど下品に目立つデザインを好むので、その違いは誰にでも分かるはずです。

「腕時計なんて意味がない」

といった考え方が悪いとは言いませんが、落ち着いたデザインのものであれば、避けられるような事もありませんし、会話のきっかけとして機能してくれる事もあるので、実際に体験してみてください。

全ての人に高級腕時計が必要だとは言いませんが、せっかく相性が良い環境の人なのに身につけていない人が増えているので、何とか機会を作って一度体験してみてほしいと思います。

高級腕時計を身につけたからといって成功するものではありませんが、多くの成功者が高級腕時計を身につけている理由(会話のきっかけ)を理解できると思います。

成功者の中にも「必要ない!」とアピールしている人がいますが、大抵は天才なので参考にしないでください。

ちなみに腕時計をしていると、話を早く切り上げるのにも役立つますよ。これは高級である必要はありませんが、チラチラと時計を見るしぐさをする事で、言葉に出さずとも相手に気づかせることができます。

これもビジネスマンであれば役に立つスキルだと思います。スマホを取り出しても良いのですが、連絡のチェックだと思われると、こちらの意図した意味合いが伝わらないかも知れません。

最近はスマートウォッチなどもありますし、選択肢も増えています。実際に腕時計を身につけてみると想像以上に話が転がるものなので、必要性を感じていない人ほど、借り物でも良いので体験してみてください。腕時計の本当の意味、役割が分かると思いますよ。

【関連記事】
格安で腕時計をオーバーホールする方法

最高の腕時計を見つける方法

腕時計の電池交換が早まる理由