男の着こなし.com

100円ショップで買うべき靴磨きの商品!具体的な使い方

100円ショップの靴磨き用アイテム

100円ショップで手に入れてほしい靴磨きの商品は、前回の記事でも紹介したウェットシートと靴墨(靴クリーム)です。あとは磨き用の不要な布を用意してください。

ダイソーの靴クリーナー靴墨

ウェットシートはたくさん購入しても構いませんが、靴墨は一つだけにしてください。あまり減るものではありません。

100円ショップの靴墨は意外と種類が豊富です。この写真の商品の他にも手が汚れないリキッドタイプや、先端にブラシが付属されているものも売られていました。

基本的にはどの靴墨でもいいのですが、自分の靴の色にあったものを選んでください。そしてよく説明書きを読み、革に栄養を補給出来るタイプの靴墨を選んでください

本格的な靴磨きを行う時の靴墨は、栄養補給は専用の商品に頼るので、あくまでも靴墨としてしか使わないのですが、栄養を与えられる靴クリームであれば、取りあえずはそれだけで十分です。

乳液と化粧水とファンデーションが一つになったようなものと考えてください。では、さっそく100円ショップの商品を使った靴磨きの手順を紹介します。

革靴の汚れ落とし

今回はこの革靴を100円ショップの商品で磨いていきます。

革靴

まずはウェットシートで革靴全体の汚れを拭き取ります。

本格的な靴磨きの手順であれば、ブラシで表面の汚れを落とし、クリーナーで古い靴墨を落とすべきところなのですが、100円ショップのウェットシートだけでも靴墨は多少落ちてくれます。

ポイントは革靴の上から下の方に向けて汚れを拭きとっていくことです。汚れやすい靴底の近くは後回しにしてください

目立つような砂埃がある場合は優しく拭きとってください。力を入れて引きずってしまうと革にキズが付いてしまいます。

革靴の汚れ落とし

今回は左側の靴だけ拭きました。ウェットシートが少し黒くなって靴墨が落ちたのがわかるでしょうか。ウェットシートだけでも革靴の汚れが落ちてそれなりに光沢も出てきました。

普段のお手入れなら、これだけでもOKです。

靴磨きの頻度にもよるのですが、毎回靴墨を塗り込まなければならないわけではありません。靴墨を重ねすぎると取り除くのも大変になります。

シートで拭くだけであれば、両足の革靴を拭いても1分もかかりません。外出前にサッと拭くだけで済みます。これなら旦那さんの革靴を奥様でも簡単に手入れすることができると思います。

ちなみに、それほどウェットシートが汚れなかった場合でも、左右の革靴を一枚で拭くのではなく、二枚使用してください。余計なキズを防ぐことになりますし、栄養補給という意味でも新しいシートを使用した方が良いです。

一枚当たりに換算すると、それほど高いものではありません。最後に靴底の汚れも軽く拭きとって無駄なく使いきりましょう。

靴墨の塗り方

日頃のお手入れはウェットシートだけでいいのですが、毎日革靴を履く場合は週に一度ぐらいは靴墨を塗ってください。靴墨がワックスとなって革の表面を保護してくれます。

革靴をローテーションさせて使い分けている人は、靴墨を塗るのは月に一度ぐらいでも大丈夫です。

靴墨を塗る場合は靴紐を外してください。これは意外と大切です。靴紐を外すのを怠るとムラができたり、靴紐が傷んでしまう原因にもなってしまいます。

参考靴紐が切れるのは縁起が悪い!?

まずはウェットシートで同じところまで仕上げます。ウェットシートには若干水分が含まれているので、ここで少し乾燥させてください。反対側の靴を仕上げたり、中敷きを取り出して革靴の内側の掃除をしてしまいましょう。

意外と中敷きにも汚れが貯まっているものです。特に革靴の内側の先端部分にもホコリが貯まっているので、たまに掃除してあげてください。

参考靴の匂い対策!消臭スプレーに頼る前に!

革靴の表面が乾燥したら靴墨を塗っていきます。

靴クリームの塗る

あまり難しく考えなくて良いのですが、ポイントは靴墨を薄く薄く塗ることです。

この後に布で余分な靴墨を拭き取るので、たっぷりつけてもあまり意味がありません。靴磨きの動画を見ると、鏡面磨きをする為に何度も塗り込むようなシーンがありますが、簡単な靴磨きには必要ありません。

靴墨をたっぷり塗りこんでしまうと、ミルフィーユのように層が出来てしまい、その内に割れてしまうこともあります。

まさに私が初心者の頃にやってしまいました(苦笑)。革が破れたと思って焦ったものです。全体的に薄く塗るとこんな感じです。

光沢のある革靴

ウェットシートの時よりもさらに光沢が増したと思います。今回はリキッドタイプなので光沢がありますが、固形の靴墨だと磨く前はあまり輝きません。

ここでまた少し乾燥させます。このままでは表面の靴墨がまばらでベタついており、ホコリや泥が付きやすい状態なので、靴墨の表面をなだらかに馴染ませる必要があります。

靴墨を塗って少し乾燥させたあとに、仕上げに乾いた布(洋服の切れ端など)で余分な靴墨を拭き取っていきます。

靴磨き

軽く拭きとるだけでもOKなのですが、光沢を出したい場合は乾いた布に数滴の水を含ませてから磨いてください。昔の映画では唾をつけて磨いていたものです。

これで革靴に靴墨で満遍なくコーティングされました。革が傷つきにくくなり、多少の汚れや雨も弾いてくれます。

ここで革靴に防水スプレーをかける事をすすめている人も多いのですが、個人的にはきちんと靴墨でコーティングしていれば必要ないと思います。

参考靴用の様々なスプレーは必要か?

これで100円ショップの商品を利用した簡単な靴磨きは終了です。最後に靴紐を通して完了です。

慣れてくると乾燥時間も含めて10分もあれば、靴磨きが出来るようになりますよ。

まとめ 靴墨は・・・

今回紹介した100円ショップのアイテムによる靴磨きに慣れて楽しく感じられるようになれば、本格的な靴磨きに挑戦するのも良いかと思います。

このよなカッコいい靴磨きセットも販売されているので、靴磨きにハマると所有欲をくすぐられますよ(笑)。

ただし、いきなり本格的な靴磨きは続かない可能性が高いので、今回は初心者におすすめな100円ショップのウェットシートを使った簡単な方法を紹介しました。

靴磨きの楽しさを感じられた人は、ぜひ本格的な靴磨きに挑戦してみてください。3000円ぐらいからでも靴磨きセットが売られていますよ。

【amazon】靴磨きセット

【楽天】靴磨きセット

実物を見て購入したい人は東急ハンズがおすすめです。かなり豊富な品揃えになっていました。どこにでもある靴の量販店には、意外と靴磨きセットは売られていないものです(個別のアイテムはあります)。

ちなみに100円ショップの靴磨きアイテムを利用して本格的な靴磨きを行う事も可能です。YouTubeで詳しく紹介している動画がありました。

フェルトを利用したり、シェービング用のブラシをカットするなどアイディア満載です。個人的には内羽根式の靴紐の最後を残すというところに感心しました。確かに狭くて靴紐の先の硬い部分で傷つくことがあるんですよ。

いきなり初心者がこのような本格的な靴磨きをするのは大変だと思うので、まずは靴磨き用のウェットシートと靴墨だけでも良いかと思います。

そして最後にもう一つ言わせてもらうと、100円ショップの商品を紹介しておきながら言うのもおかしいのですが、靴墨、靴クリームというのは中々減るものではありません。

一度に極少量しか使わないので、全てを使い切るまで相当な年月を要します。

なので靴墨、靴クリームに限って言えば、100円ショップで購入するよりも、もう少し良い物をおすすめします。一回当たりの使用量で考えると1円も差がありません。

街の靴屋さんのレジの横辺りに大抵は靴墨が置いてあるのでチェックしてみてください。ウェットシートも売られていますが、こちらは100円ショップのもので十分です。

また靴墨を選ぶ時は色を注意してください。黒の革靴はそれほど気にしなくてもいいですが、茶色の革靴の場合は少し薄めの色の靴墨を選ぶと、元の革の色をキープすることが出来ます

コロンブス、カラーチャート

このカラーチャートを見ると靴墨の色の豊富さに驚くと思います。茶色だからと適当に靴墨を選んでしまうと、色ムラが出来たり変色してしまう可能性があります。

革靴と同じよな濃さの色を選ぶと、徐々に革の色が濃くなるので気を付けてください。あえて変化をつける為に選ぶのであれば構いませんが。

日ごろの革靴の簡単な手入れには、100円ショップのウェットシートが本当に便利で簡単なので覚えておいて損はないと思います。私はかれこれ何十個も購入しています。

特にダイソーの革靴用ウェットシートは二つに分けられており、小型で持ち運びにも便利です。私は仕事鞄と旅行鞄にも常備しています。

現在の私はそれなりに靴好きなので本格的な手順で靴磨きもするのですが、せいぜい月に一度ぐらいです。基本的に日頃のお手入れには100円ショップのウェットシートだけです。

ピカピカになるわけではないのですが、そもそもピカピカに光り輝く革靴が良いとも限りません。

参考靴磨きにもTPOがある!?

また他のところでも紹介していますが、私はこの100円ショップのウェットシートで、様々な革製品の手入れをしています。革のベルトや鞄、靴べらや小物入れまで綺麗に出来るので便利ですよ。

靴磨きは車のワックスがけと同じで丁寧にワックスをかけるのが理想ではありますが、やはり大変な作業なので続かないものです。

普段はお手軽なシート(フクピカなど)を利用し、月に一度ぐらい本格的にワックスをかけてあげれば、車は十分に綺麗に保つことが出来ます。

ピカピカの車

靴磨きは車ほど大変ではありませんが、よっぽどの靴好きでもなければ頻繁に出来るものではありません。お手軽な靴用のウェットシートと上手に使い分けて、快適な革靴ライフをおくってほしいと思います。

ちなみに100円ショップには革靴の中敷きやシューキーパー(靴用のハンガー)、脱臭剤、靴紐、靴べら等も売られています。

特にシューキーパーは革靴の型崩れを防いでくれるので、せっかく靴磨きをして綺麗に保つのであれば、ぜひ取り入れてみてください。

ただし、これはダイソーでは現在売られていません。昔は見かけたのですが、最近は木製の小さなシューキーパーが一個150円で売られています。

明らかに小さくて頼りない感じなので、あまりおすすめしません。女性用の靴のようなサイズです。

ダイソー以外の100円ショップだと、それなりの大きさの物が売られている事があるのでチェックしてみてください。

100円ショップの靴磨きアイテムというのは、あまり上質な物とは言えませんが、どれも機能的には問題がないので、これから靴磨きを始めるという人は、まずは100円ショップに足を運んでみてください。

本格的な靴磨きの道具は、ある程度慣れてきてからで十分ですよ。

前へ:靴磨きは100均で十分?ダイソー製を試してみた
mae iti ni iro tugi iro
2ページ中、2ページ目を表示

【関連記事】
出来る男は携帯用靴べらを持っている

革靴のを長持ちさせるための保管方法

おすすめのシューキーパーを比較検討

コメント

  • さっそくダイソーに行ってきたのですが、二つパックのウェットシートではなく、大きなタイプしかありませんでした、とりあえず購入しましたが、バッグに入れて置くなら小さい方がいいですね、復活を望みます!

    by 匿名 €2016年4月4日 22:01

  • 今まで100均の靴磨きスポンジを使っていたけど
    砂や汚れが挟まると使えなくなるから
    シートの方が良さげだな

    by 匿名 €2019年5月24日 15:23

down

コメントする