男の着こなし.com

シューキーパーのおすすめはどれ?色々比較してみた

シューキーパーとは?

今回は私が普段から革靴に使用しているシューキーパー(シューツリー)について紹介します。

そもそもシューキーパーを知らない人もいるかも知れませんが、簡単に説明すると靴用のハンガーのことです。

スーツのような張りのあるジャケットは、適切なハンガーにかけておかないと、直ぐに型崩れして見た目も着心地も悪くなってしまうものですが、革靴にも同じようなことが起こります。

あまり革靴にこだわらない人は気にならないかも知れませんが、シューキーパーで靴の形を整えていないと、靴底がどんどん反り返ってしまいます(いわゆる餃子靴)。

皺が深く刻まれてしまうと革がひび割れてしまい、見た目が悪くなるだけではなく、履き心地も悪くなってしまいます。

そもそも新品の靴の中には丸めた紙が入っているものですが、まさにあの紙が靴用のハンガーの役割を果たして型崩れを防いでくれています。

日頃から革靴を履かないという人でも、たまに革靴の靴磨きぐらいはしていると思いますが、なるべくならこの靴用のシューキーパーを入れるようにしてください。

革靴の型崩れを防いで大きく寿命を伸ばすことになります。

冠婚葬祭でたまにしか革靴を履かないという人ほど、使用頻度が低いので意識してほしいと思います。

そこで今回は様々なタイプのシューキーパーを比較しながら紹介します。それぞれの予算や都合に合わせて取り入れてみてください。

シューキーパーの種類

シューキーパーには様々なタイプがあるのですが、先に理想から紹介すると、その革靴やブランド専用のシューキーパーを入れることです。

一部の高級ブランドの革靴であれば、あらかじめシューキーパーが付属されていたり、そのブランドの専用のシューキーパーが販売されているので、そのような専用モデルが最高のシューキーパーとなります。

お金に余裕がある人は、このようなシューキーパーがおすすめですが、私は経済的にここまで高額なシューキーパーを揃えることが難しいので、比較的購入しやすい価格帯のシューキーパーを色々試してきました。

プラスチック製や木材などの素材の違いだけでなく、構造上の違いもあるので、しっかりと違いを理解した上で、予算に合わせて選ぶのがおすすめです。

激安?新聞紙シューキーパー

ちなみにシューキーパーを持っていない人は、なかなか必要性を理解できないと思うので、取り合わず丸めた新聞紙を革靴に詰めてみてください。新聞紙二枚もあれば、しっかりと靴の中の形を整えることが出来ると思います。

たとえ新聞紙でも靴の甲の皺が伸びるのが分かると思います。

ただし、脱いだ直後の汗ばんだ革靴の中に直接新聞紙を入れてしまうと、インクが滲んで靴の内側にうつるおそれがあるので気をつけてください。乾燥している靴であれば問題ありません。念のために新聞紙のカラー面は避けた方が良いかと思います。

また丸めた新聞紙の上に、履かなくなった靴下をかぶせてしまうのもおすすめです。

新聞紙よりは見た目もよくなりますし、靴下の履き口を結んでしまえば取り出しもしやすくなります。

新聞紙であればそれぞれの靴の形に合わせられますし、費用もほとんんどタダです。何もしないよりは絶対にいいです。私はたまにしか履かないスニーカーにも入れています。

これをバカにする人もいるのですが、例えサンダルやスリッパだとしても、しばらく履かないで型崩れしてしまうよりは良いのではないでしょうか。新聞紙は機能的(吸水性やフィット感など)にも悪くないので初心者には特におすすめです。

どんなに安物の靴でも大切に扱うことで寿命の延ばす(縮めない)事が可能です。多くの人が適当に靴を扱って寿命を縮めているので、意識してほしいと思います。衣替えなどでしばらく保管する靴には、新聞紙のような簡易シューキーパーでも良いので形を整えてから保管してください。

参考スニーカーの寿命を延ばす方法

プラスチックのシューキーパー

比較的安価なシューキーパーにプラスチック製のものがあります。プラスチックといっても、やはり専用品なので丸めた新聞紙よりは機能的です。

大きな違いというのは、新聞紙のような丸めた紙だけだと、革靴の表面の皺を防ぐ効果しかありません。一方で専用のシューキーパーは踵に押し付けることで、靴底の反り返しを防ぐ効果があります。

プラスチックのシューキーパーのタイプを大きくわけると、バネ式と固定式の二つがあります。

100均のシューキーパー

とちらがいいとも言えないのですが、バネ式のシューキーパーは踵を強く押し付けるので、踵が強化されていない激安の革靴だと、革に食い込んで形が崩れるのでおすすめしません。

一方で固定式のシューキーパーの場合は、自分でサイズを調整することができるので、力を入れ過ぎることにはなりません。

プラスチック製のシューキーパー (穴の位置を変えて調整します)

この辺は「ファッション基礎講座 革靴 初級編」でも触れているのですが、踵を踏みつけられるような構造の弱い革靴には、バネ式ではないこちらのタイプのほうがおすすめです。

5000円以上の革靴だと大抵は踵が強化されているので、バネ式のシューキーパーでも問題ありません。

きちんとしたシューキーパーは、踵からそれなりの力を押し付けて、より積極的に皺を伸ばし、靴の底が反り返ることを防いでくれます。

丸めた新聞紙でも革靴の甲の皺は防げますが、この靴底の反り返りを戻す効果は期待できないので、頻繁に革靴を履くサラリーマンはやはり専用のシューキーパーを用意した方が良いかと思います。

ちなみに今までシューキーパーを入れていなかった革靴でも、きちんとシューキーパーを入れて、革に栄養を補給(靴磨き)してあげると、徐々に反り返りは戻ってくるので安心してください。

ちなみに↑で紹介したプラスチックのシューキーパーは、バネ式、固定式ともに100円ショップで購入したものです(どちらもダイソー製)。

しかし残念ながら最近はあまり見かけなくなってしまいました。いくつかのダイソーを回ってみたのですが、同じモノはありませんでした。

木製のバネ式のシューキーパーが売られているのですが、明らかにサイズが小さいように感じたので購入していません。靴のサイズの小さな人や女性用の靴であれば問題ないのかも知れませんが、ダイソー以外の100円ショップで売られている事もあるのでチェックしてみてください。

既にダイソーの小さ過ぎるシューキーパーを購入してしまい、フィット感が物足りないと感じている場合は、先端に新聞紙を巻いたり、靴下を履かせてボリュームを持たせることで、それなりにフィットさせることが出来ると思います。サイズの合わないシューキーパーでスカスカだという場合は試してみてください。

一般的に売られているバネ式や固定式のプラスチックのシューキーパーは、100円とはいかないのですが、ネットで探せばセットで千円未満でも見つかるものですよ。

【amazon】シューキーパー

【楽天】シューキーパー

色々見ているとアディダスやミズノのシューキーパーもあります。やはりスニーカーでも長く愛用する為には、シューキーパーが必需品だという事です。

「スニーカーには必要ない」

「靴はシーズン事に買い替える」

という意識の男性が多いとは思いますが、安物の靴をシーズン事に買い替えるよりも、少し良質な靴を長く大切に扱うほうが、結果的にコストパフォーマンスも履き心地も良くなるものですよ。

もちろん靴の見た目や機能も違います。そして何よりも満足度が段違いです。愛着をもたせる意味でもシューキーパーの使用はおすすめです。

参考100円ショップで買うべき靴磨きのグッズ

木製シューキーパー

プラスチックよりも少し値段が高いのですが、本格的なシューキーパーの多くは木製です。木製のメリットは、なんと言っても見た目がかっこいいです(笑)。

これは結構重要な要素で、初めて木製のシューキーパーを購入したときは凄く嬉しくて、とても満足度が高かったことを覚えています。何度も無駄に出し入れしていました(笑)。

木製のシューキーパーでも、お手頃価格のモノはバネ式です。

(リーガルで1500円ぐらいで購入)

基本的にはプラスチック製のバネ式のシューキーパーと機能は同じですが、やはり100円ショップのシューキーパーよりはバネの品質もよく、形も流線型でより革靴の内側にフィットしてくれます。

さらに木製なので湿気を吸い取ってくれるという機能が加わります。こればっかりはプラスチックには期待できません。

人間の足は一日でコップ一杯分もの汗をかくと言われているので、脱いだ直後の靴の中はムレムレになっています。

プラスチック製のシューキーパ-だと、押し付けられた革の面の乾燥が遅くなってしまうので、やはり木製の方が機能性が高いと言われています。

ただ木製のメリットはこの吸水性でもあるのですが、水気があるだけにシューキーパーの裏側がカビてしまったことがありました。

カビを綺麗に拭き取り、軽く紙やすりで削って事なきを得たと思っていたのですが、どうもカビの匂いが残ってしまい、よくよく調べてみると、通気口のような穴の中まで緑色にカビていました。

この穴にも紙やすりを丸めて突っ込んで削ることになり、かなり大変な作業となりました。

既に木製のシューキーパーを使用されている人は、たまに裏側や隙間のカビをチェックしてみてください。また靴から取り出したシューキーパーは、しっかりと乾燥させるように意識してください。

木製ならではの吸水性は、メリットにもデメリットにもなります。

シューキーパーを入れるタイミングは、革靴を脱いだ直後が理想だとは言われているのですが、カビの原因となる湿気のことを考えて、私は少しだけ間を開けて入れるようにしています。

外出着から室内着に着替えてトイレに行くようなタイミングでシューキーパーを入れています。時間にすると5分もないと思うのですが、それだけでも革靴の湿気がかなり抜けるのでおすすめです。

また衣替えのような長期間の保存の場合は、あえて安価なプラスチックのシューキーパーを使用するのがおすすめです。

私も日ごろ目につく下駄箱にはカッコいい木製のシューキーパーを使用し、衣替えの靴にはプラスチックや丸めた新聞紙を入れています。

また脱いで間もない革靴には木製のシューキーパー、ある程度乾燥したらプラスチックのように使い分けるのもおすすめです。

おすすめのシューキーパーの紹介

ここまで様々なタイプのシューキーパーを紹介してきましたが、私が一番おすすめしたいシューキーパーは、ここまで紹介してきたモノよりも、少しだけ高価なシューキーパーです

ここまで紹介してきたシューキーパーが悪いわけではなく、どれも機能的に問題があるわけではありません。

ですが、シューキーパーは良質なハンガーと同じように「一生モノ」になります

洋服や革靴を買い替えることがあっても、ハンガーやシューキーパーはよほど痛みが激しくない限り買い替える必要はありません。

洋服や革靴の手入れに限ったことではありませんが、メンテナンスの道具が揃うと自然と扱いも丁寧になるものです。良質な調理器具を購入してもらった主婦が、料理を頑張るようになるようなことです。

何万円もするような高価なシューキーパーは、誰にでもすすめられるものではありませんが、出来ればここまで紹介してきたものよりも、もう少し上質な木製のシューキーパーを手に入れてほしいと思います。

良質なシューキーパーの目安として、2000円を超えてくる辺りで差があるように感じます。機能的にも優れ、見た目も美しいシューキーパーが選べるようになります。

出来ればここの壁(2000円)を超えてほしいと思います。もちろん経済的に余裕のある人は、どんどん超えてもらっても構いません。

シューキーパーの必要性に疑問がある段階の人は、まずは丸めた丸めた新聞紙に靴下をかぶせてシューキーパーの効果を実感してみてください。

新聞紙を詰める効果を実感できたら、プラスチック製の安価なシューキーパーをいくつか試してみてください。

シューキーパーの必要性を理解できるようになると、靴磨きといったものも楽しくなっているはずです。

すると少し高価なシューキーパーでも価値が感じられるようになると思うので、この先で紹介する良質なシューキーパーを手にしてほしいと思います。

次は私がおすすめする2000円越えで、比較的どこでも手に入れやすいシューキーパーを紹介します。機能や見た目を細かく比較しながら、お気に入りを見つけてほしいと思います。

次は:無印良品とABCマートのシューキーパーの違いを比較!
mae iro iti iro ni tugihe
2ページ中、1ページ目を表示

コメント

  • 流石に新聞紙だと見た目があれですが、靴下をかぶせるのはグッドアイデアですね!
    これならシューキーパーを全ての靴に入れられそうです

    by 匿名 €2019年7月2日 15:57

down

コメントする