男の着こなし.com

クローゼットの掃除を見落とすな!カビやダニの温床に!

クローゼットはダニ天国?

皆さんは自宅のクローゼットの中を意識して掃除をしたことがあるでしょうか?

オシャレに気をつかって洋服のメンテナンスを心掛けているという人でも、大掃除の時ぐらいしかクローゼットやタンスの中を掃除したことがないという人も多いと思います。

実はクローゼットのような密閉された空間というのは、ダニやカビにとって快適な空間です。

扉を開け閉めする度に洋服からホコリが舞い上がります。そして衣類に染みこんだ水分や皮脂汚れもダニやカビのエサになってしまいます。

ダニ

特に天然素材のデリケートな生地ほどダニや虫に食われやすい傾向があります。そのような洋服でなくてもクローゼットの中がカビの温床になってしまっていると、洋服にイヤな匂いがうつってしまう事は珍しくありません。

クローゼット用の脱臭剤を取り入れるような事が悪いわけではありませんが、それだけで済む問題ではないので、定期的にクローゼットやタンス、押入れなども掃除をする必要があります。

オシャレが好きな人でもクローゼットの掃除は意外と見落とされがちなので、改めて意識するようにしてみてください。

そこで今回はクローゼットの簡単な掃除方法を紹介します。定期的にしっかりと掃除することが理想ですが、せめて衣替えや梅雨前には掃除するようにしてください。

クローゼットの簡単な掃除

クローゼットの中の簡単な掃除をする方法は、中の洋服をいったん外に全て出して徹底的に掃除機をかけることです。

クローゼットの床だけではなく、天井やドア裏などのちょっとした段差などにたまったホコリも残さず吸い込んでください

古い掃除機

ホコリが溜まって固まってしまうと、そこに水分が含まれてダニの温床になってしまいます。酷いケースだとホコリが緑色にカビることもあります。

どんなに抗菌仕様の壁やドアや床でも、その上にたまったホコリには効果がありません。

基本的には定期的に掃除機をかけるだけで、クローゼットの中を綺麗に保つことができます。初めて掃除機をかけるであれば、戸棚の上やドアの裏側などの僅かなホコリも徹底的に吸い込んでください。

また背の低い人や天井が高いクローゼットの場合は、扇風機の風を強制的に送るなどしてホコリを舞い上がらせてください。しばらく待ってホコリが落ち着いたら、落ちてきたホコリを掃除機で吸い込んでください。

基本的にはこれだけでクローゼットの掃除はOKです。イヤな匂いが無くなれば問題ありません。ただし独特な匂いがこもっている場合は、徹底的な掃除が必要になります。

徹底的にクローゼット内を拭き掃除

掃除機でホコリを吸い取って換気してもイヤな匂いが残っているクローゼットは、大掃除のように徹底的に拭き掃除をする必要があります。

クローゼットの中の壁紙はもちろん、ハンガーをかけるポールやドア、棚など、手が届く範囲であれば全て拭き上げるのが理想です。

ハンガーを掛けるポールにホコリが溜まっていると、洋服を掛ける度に落ちてきてしまいます。ハンガーの汚れも含めて掃除してください。

ただし、拭き掃除をした直後というのは若干水分が残っているので、直ぐに洋服を入れないでクローゼットの中をしっかりと乾燥させてください。これも結構重要なポイントなので忘れないでください。

最近では壁紙用の使い捨てシートもあるので、そのようなものを活用すると簡単だと思います。除菌作用があるシートがおすすめです。



このような除菌効果のあるシートをお掃除ワイパーに装着すると、クローゼットの天井まで拭き掃除を行うことが出来ます。もちろん硬く絞った雑巾で拭いてもOKです。

これでクローゼットの大掃除は完璧です。あとはたまに掃除機をかけて換気をしてあげれば、基本的には十分です。

あとは予防として「タンスにゴン」のような防虫剤に頼るのもいいと思います。特に虫食いされやすい高級天然生地の洋服がある人は、クローゼットやタンスの中に入れておきましょう。個人的には無臭タイプがおすすめです。


このようなモノはトイレの芳香剤と同じで、あくまでも掃除をしたあとに使うから意味があります

ろくにクローゼットの掃除もしないでダニやカビだらけの空間に防虫剤を吊るしても、効果は期待できないので気をつけてください。トイレ掃除をしないで芳香剤を置いてもごまかせないのと同じです。

ドアのメンテナンス

私もつい最近クローゼットの掃除をしたばかりなのですが、その時に気になったのがドアのギシギシ音でした。

ギシギシする蝶番

蝶番に潤滑油をさせばギシギシは解決するとは思うのですが、油の匂いがクローゼットの中にこもるのが嫌だったので、何か方法はないかと調べてみると便利な方法が見つかりました。

それは「鉛筆の芯」を利用する方法です。

蝶番に鉛筆やシャープペンの芯をこすりつけるだけで、潤滑油と同じような効果があるのだそうです。

鉛筆の芯で滑りをよくする方法は、主に鍵穴が硬くなってきたときに使うテクニックのようです。

鍵

潤滑油も手軽で便利で強力ではあるのですが、液体だけにホコリが吸着しやすいというデメリットがあるので、匂いの影響もない鉛筆の芯はおすすめです。

またクローゼットだと蝶番に洋服が触れる可能性もなくはないので、やはり潤滑油よりも鉛筆の芯の方が相性が良いと思います。

まとめ 見落としがちなクローゼット

着用後の洋服にブラッシングをかけたり、適切なハンガーを利用することも大切ですが、たまには洋服を収納するクローゼットも掃除してください。

参考洋服ブラシの効果を侮るな!

高級な天然生地の洋服ほどダニやカビに好かれるので、本当に気をつけてほしいと思います。

基本的には定期的にクローゼットの中に掃除機をかけてあげることです。なるべくなら晴れた日のように湿度が高くない日を選んでください。

クローゼットの掃除の頻度は大きさや地域によっても違うのですが、シーズン毎に掃除機をかけるぐらいで十分かと思います。特に湿度が高い時期は換気の為にも掃除してください。

梅雨時に限っていえば、「水とりぞうさん」のような除湿剤を組み合わせるとより安心かと思います。

また着用後の洋服を直ぐにクローゼットの中に収納してしまうと、湿気がこもる原因になってしまうので、脱いだ洋服は数時間はクローゼットの外で乾燥させてから収納するようにしてください。

そしてクローゼットよりもさらに忘れがちなのがハンガーの汚れです。ハンガーのフックには手垢がびっしりついているものなので、クローゼットの掃除とセットで拭いてください。

またハンガーの素材によってはカビやすいものがあります。特に滑らないように布で覆われたハンガーは気をつけてください。実際に私もカビさせてしまったことがあります。

あとクリーニングに出してビニールが被ったままの洋服をクローゼットに入れる事も避けてください。ビニールがあると湿気がこもる原因となってしまいます。

洋服を保護するカバーなどもありますが、あれも湿気の原因になる事があります。クローゼットの外に吊るすような場合であれば、ホコリよけに使えますが、空気の流れがないクローゼットの中では使用しない方が良いです。

防虫効果などもあるのですが、大抵は一年ぐらいで効果が切れてしまうので、ただただ湿気を貯め込むビニールのような事になってしまいます。

ちなみにクローゼットの中は少し空間に余裕があるほうがいいと言われています。洋服をギュウギュウに詰めると型崩れの原因にもなりますし、換気も悪くなってしまいます。

よくクローゼットの中の空間を有効活用するグッズなどが売られていますが、あまり行き過ぎると型崩れの原因になってしまうので、ほどほどにしてください。

定期的に無駄な洋服を処分することもクローゼットの掃除の一つです。お気に入りの洋服を大切にするためにも、洋服の整理をしておきましょう。

洋服の寿命はこれらのようなメンテナンスによって大きく変わるので、クローゼットや靴箱の中のような保管場所も掃除してあげましょう。

【関連記事】
革靴を劣化させずに保管する方法

おすすめのハンガーの選び方

匂いで迷惑?スメルハラスメントとは 

コメント

  • きちんと洗濯やクリーニングをしているのに
    洋服がカビ臭いのはクローゼットが原因の事が多いですよ

    by 匿名 €2019年5月19日 14:55

  • クローゼットからカビ臭いにおいがして掃除したら棚の裏側が緑色にカビてた事がある

    by 匿名 €2019年9月12日 15:57

down

コメントする