男の着こなし.com

女性と目を合わせるのが苦手な男性におすすめの練習方法!

目を合わせられない男性が増加?

少し前に知り合った30過ぎの男性と飲む機会がありました。かなりお酒が進んだこともあり、かなりぶっちゃけた話になったのですが、中でも驚いたのが彼が童貞だったということです。

冷静に客観的に見て彼は不細工でもなく、引き締まったスタイルで清潔感もあり、話も面白く笑顔が可愛い気のいい奴でした。

(もしかしたらゲイなのかな?)とも思ったのですが、それとなく好きな芸能人の話やタイプを聞くと、普通に女性が好きなようでした。

これといって彼に彼女が出来ない理由を見つけられなかったのですが、しばらくして女性店員さんが追加した注文を持ってきてくれた時に、その理由がわかりました。

彼は女性と目を合わせることが全くできていませんでした

女性店員を前にした途端、猫背になりうつむいてしまい、小声で「すいません、すいません・・・」と呟いていました。

それまでは男性店員が接客してくれていたので気がつかなかったのですが、女性店員を目の前にした瞬間、彼は人が変わってしまいました。

(ちなみに私は女性店員に必ず笑顔を振りまきながらチェックする習慣があるので、今まで男性店員ばかりだったことを覚えていました笑)

私なりに原因が推測できたので、

「なんで女性と目を合わせないの?」

と訊ねると、彼は驚いた表情で、

「え!?目を合わせていないですか?」

と逆に言われてしまいました。

彼は女性と目を合わせられないことを、全く自覚していませんでした。

【スポンサーリンク】

目を合わせる重要性

「目は口程に物を言う」という言葉があるように、目を合わせた瞬間に得られる情報というのは膨大です。

心理学的な知識がある方は目の動きで細かく分析することができますが、そうではない一般の人でも様々な情報を無意識に受け取っています。

笑顔でも目が笑っていない人というのは、誰もがわかるのではないでしょうか。

表情や声では笑っていても目を合わせた途端にそれが本位なのかどうか、心理学的な分析をしなくてもわかるものです。

怒られている時でも本当に自分の為を思って怒ってくれているのか、単純に機嫌が悪くて他者に当たっているか、目を合わせていると伝わってくるものです。

これだけインターネットが普及しているのにも関わらず、対面による会議や交渉が重要視されているのは、まさにこの本位を確かめることでもあります。

子供で想像してみるとわかりやすいかも知れません。

子供は興味のあることに対して目をランランと輝かせますが、嘘をついてしまった時は伏し目がちになります。自分に負い目があると、それが姿勢や表情でまるわかりになります。

大人はある程度コントロールできるので、姿勢や表情を取りつくることが出来ますが、目をじっと見つめられると内面を見透かされたように感じて、ぼろが出てしまうものです。

これらのように目を合わせる重要性が理解できると、目を合わせられないデメリットも理解できると思います。

目を合わせられないデメリット

目を合わせられないデメリットを簡単にいうと、単純に相手に信用されません。受け取り方は人それぞれですが、

  • 嘘をついているのか
  • 何か隠しているのか
  • 別のことを考えているのか
  • 興味がないのだろうか

などのネガティブな印象を与えてしまいます。

「緊張しているだけで問題ないかな」

とも判断できることがありますが、それは上ずった声や肩の力の入り具合なども含めて総合的に判断されるので、目を合わせられないだけだと、大抵はネガティブな印象になってしまいます。

初めに紹介した男性の場合だと、おそらく女性側は

  • 私に興味がないんだろうな
  • 話しかけてほしくないのかな

のような拒絶された印象を受け取ってしまいます。

基本的に人は初対面で感じた印象を覆すのに時間がかかるものなので、拒絶された印象から恋愛に発展する可能性は、かなり低くなってしまいます。

職場のように長時間、同じ空間で過ごすような環境でもない限り、初対面で感じた印象はなかなか覆りません。

女性と目を合わせられないという男性は、まずこれらのデメリットをしっかりと理解してください。相当なデメリットがあるということを理解すると、少しずつ目を合わせるように変わっていきます。

それでも長年続いた習慣は簡単には変えられないので、女性と目を合わせられるようになる練習方法を紹介します。

女性と目を合わせる練習

女性と目を合わせる練習というのは、単純に慣れることです。

簡単なのはテレビ(ニュースなど)の女性アナウンサーの目をしっかりと見続けることです。目に疲労が感じない程度にテレビに近づいて、しっかりと目を見ながら話を聞いてください。

女性と目を合わせることが苦手な男性は、これだけでも結構難しいかも知れません。恥ずかしさを感じる方は、それだけ効果があるということです。

ポイントは女子アナの目と目の間にグッと視線を固定することです。

左右どちらかの目に視線を合わせてもいいのですが、目を合わせることが苦手な方ほど視線が右目、左目と動いてしまい、俗言う「目が泳いだ」状態になってしまいます。

目の間にグッと視線を固定すると、相手は自分の心の中を見透かされたように感じるものです。目の間を観るのが難しいと感じる方は、眼鏡をかけている方で試してみてください。より視線を固定しやすいと思います。

暗いニュースと明るいニュースの時では、女子アナの目の輝きが違うのがわかるようになると思います。表情や声色に注目するのではなく、目の変化を感じてみてください。

女子アナの他にもYouTubeで参考になりそうな動画あったので紹介しておきます。

https://www.youtube.com/watch?v=nV1POJXlzEQ

しっかりとこちらの女性の目の間を見続けてみてください。なるべく高画質、大画面で見てください。慣れてきたら瞬きのタイミングも合わせてみてください。

きっと見終わった頃には、彼女のことが好きになっていると思います(笑)。

たかが目を合わせるという行為ですが、動画でも相手の気持ちと同調することは珍しくありません。実際の人間の場合は、こちらの気持ちも相手に伝わることがあるので、ネガティブな印象を持ったまま相手と目を合わせることがないように、気をつけてほしいと思います。

目を合わせるのは技術

一般的には視線の動きの影響力を学ぶ機会などありません。ですが、影響力は想像以上にあると思ってください。

自分が無意識にしていた視線の動きによって、様々なデメリットがあったのだと知るだけで、意識してコントロールできるようになります。

初めに紹介した彼のように自覚すらしていないケースがほとんどなのです。自分の視線の動きなど、芸能人のようにテレビで撮影されて客観的に観察でもしない限りわかりません。

電車で車窓を眺めている人の目を観察してみてください。ものすごい速さでピクピクと動いているはずです。ですが本人は全く自覚していません。

しっかりと女性と目を合わせているつもりでも、目が泳いでしまっていると損なので、気をつけてほしいと思います。

これからは自分の視線の動きを意識的に観察して、しっかりと女性の目の間に視線を固定するようにコントロールしていってほしいと思います。

ただしずっと見続けてしまわぬようにしてください。会話の最中に相手の目を見ることは自然な流れですが、そうではないタイミングでずっと見ていると相手は警戒してしまいます。

【スポンサーリンク】

まとめ 練習あるのみ

女性と目を合わせられない男性はテレビの女子アナから始め、お店で接客してくれる女性店員さんと目を合わせられるように練習してみてください。女性店員さんは短時間の接触しかないと割り切れるので試しやすいと思います。

基本的に接客してくれる女性は新人で緊張でもしていない限り、ポジティブな目を向けてくれるものです。失敗して恥ずかしい思いをしても、お店を替えればいいだけなので、どんどん練習してみてください。

よくモテる男性に対してモテない男性は、

「あいつは顔がいいだけだから」

と言うものですが、いわゆるモテる男性は相手の目をビシっと見つめられる傾向があります。今回紹介したようなスキルとして目を合わせる影響力を知らなくても、それが当たり前に出来ている人は男性女性問わずに好かれる傾向があります。

もちろん容姿やスタイルやオシャレなども関係してきますが、しっかりと相手の目を見つめられる方というのは、相手の心理状態を把握しやすいので、自分に興味があるのかどうかを事前に知ることができるわけです。

要するに「無駄な鉄砲を撃たない」ので、成功率が高くなります。

これはビジネスでも同様です。社交辞令で笑顔で接してくれているだけの相手に深入りしません。確率が高いところを狙い撃ちするので効率が良くなるわけです。

もちろん恋愛でも同様のことが言えます。自分に全く興味がない女性にアタックして玉砕することもありません。

相手と目を合わせるスキルが磨かれてくると、相手が興味をもった瞬間や不安を感じた瞬間もわかるようになります。ビジネスで相手が不安を感じた瞬間を察知できれば、そこを補う提案もできるわけです。

感情表現が豊かな子供(悪く言えばコントロールできない)であれば、誰もが想像できると思います。楽しいこと、興味のあることに対しては、目をランランと輝かせるものです。

ある程度感情を押し殺してコントロールしている大人でも、目の輝き(濁りも)は隠せません。それを察知するスキルを日々磨いていってほしいと思います。

注意点

最後に注意点も紹介しておきます。

今まで女性と目を合わせられなかった男性が、練習して目を合わせられるようになると、多くの女性に対して「自分のことが好きなのかも」と勘違いしてしまいます。

単純にスキル(判断能力)が未熟なので、目が合っただけで勘違いしてしまうことがあります。

今までは単純に自分が目を合わせていなかっただけで、相手の女性は全ての男性に向けて同じような視線を送っているわけです。

自分にだけ向けられた特別な視線と勘違いしないように気をつけてください。目を合わせて話すのが普通です。やっとスタートラインに立ったぐらいだと思ってください。

普通に女性と目を合わせて話せる状態に慣れてくれば、特別な視線の違いにも気が付けるようになると思います。目が合っている時間や目の大きさ(見開く)や瞳孔の変化など細かく分析することも出来ますが、慣れてくると一瞬でわかるようになります。

好意的な視線を感じられるようになってから、軽いジャブのような誘いをしてみてください。

たとえ断られたとしても、その時の相手の目の状態の変化がわかれば、その後の展開も想像できるようになります。

「その日は別の用事があるのでごめんなさい」

と断られた時に相手の目が残念そうなのか、冷めきった目なのかを見極められると、その後にするべき行動がわかってきます。

大人は小さな子供のように感情むき出しで、

「あんたなんかイヤだ」

とは言ってくれません。特にビジネスのつながりがある方であれば社交辞令が加わり取り繕って回答してきます。そこでしつこく誘ってしまうと仕事にまで影響が出てしまうので気をつけてください。

どうしても好きになってしまった人の場合は、興味をもってもらう方向にシフトしてください。直接デートに誘って相手の目を曇らせるのではなく、ちょっとした会話で相手の目を輝かせることを意識してください。

相手の目の輝きが増してきてタイミングで再度アタックすれば、成功する確率が高くなりますよ。

【関連記事】
目力とモテの関係、目力アップ方法!

モテテク本を読み漁って感じたこと

男性のハンカチは意外なほど武器になる!


down

コメントする