男の着こなし.com

意外なほど男性のハンカチが女性受けした出来事

男性のハンカチ

「男性のオシャレにハンカチーフは欠かせない!」といった感じのことがファッション雑誌に書かれていることがありますが、私自身はそれほど気にしていませんでした。

スーツを着用する場面では、胸ポケットに目立たない程度に入れることはありますが、あくまでもハンカチは道具としてしか活用していませんでした。

と言っても大抵のトイレにはハンドドライヤー(エアータオル)やペーパーがあるので、ハンカチを持っていても使わないことが多いものです。

ドラマや映画などで女性とベンチに座るときに、ハンカチを敷いてあげるシーンがありますが、それも実践したことはありません。そもそも汚れているベンチなら他を探します。

あくまでもハンカチを活用するのは、トイレにタオルがなかった場合ぐらいでした。

【スポンサーリンク】

飲み会の席で

少し前に気の合う仲間達との忘年会があったのですが、そこで隣の席に座っていた女性がほぼ飲み終えたグラスを倒してしまい、わずかに中味がこぼれてしまいました。

おしぼりでテーブルの汚れを拭き取り事なきを得たのですが、店員さんを呼び新しい飲み物とおしぼりをお願いして待っている間、その女性の服に飲み物の染みがあることに気がつきました。

そこで私がハンカチを貸してあげると、キラキラとした目で見つめられ、そこから意外なほどハンカチで話が転がりだしました。

女性目線での男性のハンカチの印象

その女性A「うわー、○○(私)さんハンカチ持っているんですねー」

別の女性B「最近の男の人ってハンカチ持っていないですよね」

私「そうなの?まぁあんまり必要ないしね」

B「でも女性は見ていますよ、彼氏にプレゼントしても持ち歩いてくれないことが多いし」

A「わかる。ってかハンカチを持っていない男性は手を洗ったあとにタオルがなかったらどうするんですか?」

私「うーん、大抵はズボンとかで拭くんじゃない?そもそも男性はトイレのあとに手を洗わない人が多いけどね」

A、B「うわー、最低!」

私「一応オレは洗っている派だよ、だから念のためにハンカチを持ち歩いているわけで」

A「そこなんですよ、だから自然とハンカチを使えている男性は素敵なんです」

私「そう?」

B「女の子はそういうところ絶対見ていますよ、口に出さないだけで」

私「今言っているじゃん」

B「ははは、今日は特別です。忘年会だしいいじゃないですか。」

A「はい男性陣注目、今ハンカチ持っている人、手を上げてー」

男性7人中、2人(私を含む)だけ手を上げる。

A「ね?これが現実ですよ、自然にハンカチを使っている男性は珍しいんです。」

B「大事だよねー」

といった会話が展開していきました。

その後も彼女たちはハンカチのデザインやブランドで盛り上がっていました。その会話を簡単にまとめると、なんだかんで普通のハンカチで良いのだそうです。

胸ポケットの飾りとしての高級そうな生地のハンカチではなく、使い慣れている感じの普通のハンカチに男性の色気を感じるとのことでした。

男性が思っている以上に、女性は男性のハンカチに注目しているのだと感じた出来事でした。男性目線と女性目線には大きな隔たりがあるものです。

【スポンサーリンク】

女性目線

あるモテテク本に「女心を知りたいなら少女漫画を読め!」とあり、実際に何冊か読んでみると衝撃を受けたことがあります。

いわゆる少年漫画に出てくるヒロインとは全く別の感性で描かれており、男性のちょっとした仕草や行動で「キュン」としてしまうシーンが、あまりにも多くて驚かされました。

少年漫画に登場するヒロインは一途なものですが、女性漫画に登場する女性の心は揺れ動きまくります。ちょっとした男性の仕草でグラグラと揺れまくります。

漫画の中で男性が女性を意識するきっかけというのは、単純に可愛い笑顔やボディーラインだったりしますが、女性が男性を意識するきっかけというのは、とんでもなく細分化されていました。

男性からすると「そんなこと?」と驚くことばかりであり、どれだけ女性は細かく男性を観察しているんだと衝撃を受けました。

もちろん現実世界の女性全てに当てはまるわけではありませんが、さりげなくハンカチを使用している男性にときめく女性というのは、少女漫画を読むと理解できなくはありません。

ハンカチを持ち歩くと女性にモテるようになるとは言いませんが、モテる男性は女性を「キュン」とさせる機会が多いのは事実だと思います。

容姿だけで「キュン」とさせられる男性であれば、これといった努力は必要ないのかも知れませんが、そうではない男性にとっては女性を「キュン」とさせられる武器を、なるべく多く身につけた方が結果につながるのではないでしょうか。

もちろんハンカチだけが「キュン」のポイントではありません。男らしい身体つきだったり、声色だったり、さりげない優しさだったり、マメさだったり、清潔感だったり、オシャレだったり、色々あると思います。

 

「どうせオレはモテないし」

 

と思っている男性でも、少女漫画を読むと意外な武器(キュンポイント)が見つかるかも知れません。男性にとってはホントに意外なところで女性は「キュンキュン」しているものなので、機会があれば読んでみてください。

容姿や身長のように努力で手に入れられない武器もありますが、一方で努力次第で磨き上げらえる武器が意外なほど多く見つかるものです。

私もハンカチが武器になっているなんて思いもしなかったですが、一部の女性にとっては武器になり得るわけです。

全ての女性に当てはまる武器はありませんが、自分なりに無理なく増やせる武器を見つけて磨いていってほしいと思います。思いもしない効果が待っているかも知れませんよ。

【関連記事】
ファッションセンスのない男性の特徴

女性目線からの「着こなし本」

モテテク本を読み漁って感じたこと


コメント

  • ハンカチを使い慣れている男性は素敵です。せっかくスーツの胸ポケットにハンカチがあるのに使わない男性が多くて残念に感じます。

    by さっち €2018年4月18日 13:37

down

コメントする