男の着こなし.com

改めて感じたユニクロの凄さ!特に男性向きな理由

ファストファッションの選び方

ファストファッションの意味を調べてみると、流行を取り入れながらも大量生産で低価格なファッションを提供しているブランドのことのようでした。

私は定期的にユニクロに足を運んでいるのですが、最近は他のファストファッションの洋服も購入していました。

そして改めてユニクロの凄さを実感しています。特に男性ファッションには向いていると感じます。

【スポンサーリンク】

流行のファッション

ファストファッションは大量生産をすることで価格を抑えられるわけですが、大量生産を実現するのは様々な準備が必要なわけで、企画や準備に時間をかけてしまうと流行が過ぎてしまいます。

グローバルなファストファッションの代表格はZARAやH&M、GAPなどがありますが、流行のファッションという意味ではユニクロよりもスピーディーに反映している傾向があります。

特にZARAは季節ごとに大きくデザインが変更され、ファッションに敏感な若者に好まれる傾向があります。

一方でユニクロの凄さは圧倒的な高品質にあります。

圧倒的な高品質

ユニクロの洋服の品質が高いことは有名ですが、他のファストファッションの洋服を着用してみることで、改めて凄いのだと実感しました。

洋服の傷み具合、劣化はメンテナンスのスキルや日ごろの姿勢や所作も影響するので、正しく定義することは難しいのですが、同じような価格帯のその他のブランドと比べると違いがわかりやすくなります。

あるファストファッションの洋服は一度の洗濯で見事に色落ちしました。タグやボタンが取れたことも一度や二度ではありません。

Tシャツのようなシンプルな洋服でも襟が伸びてしまったり、毛玉がつきやすいなど歴然とした差を感じました。

そもそも世界的にファストファッションは、季節ごとに使い捨てられる程度の品質しか求められていないのかも知れませんが、ユニクロの品質は群を抜いています。

使い捨てられる紙コップの価格でありながら、繰り返し使えるようなイメージでしょうか。

ファストファッションに求めるもの

流行のファッションを楽しみたい方であれば、季節ごとに使い捨てるファストファッションもありだとは思います。むしろ世界的にはそちらの方がスタンダードなのかも知れません。

ブランド側にとっても、ファストフードのようにお客さんの回転率が高まります。ファッションに敏感な女性にとってもありがたい選択肢だと思います。

一方でユニクロの洋服の寿命は長く、使用頻度の高い下着や肌着でも数年持ちます。

ファストフードの価格でありながら普通のレストランの食事のような品質であることは、上手な商売とは言えないかも知れませんが、消費者にとってありがたいのは間違いありません。

要するにファッションに何を求めるか、です。

雑誌で紹介されている流行のファッションを求めるのであれば、海外勢を中心としたファストファッションのブランドが適しています。

ただ男性のファッションは女性のファッションと比べて流行の変化が遅いものです。最先端のファッションと言っても全く新しいスタイルが流行することは稀です。

だからこそ男性にはユニクロの洋服が向いていると感じます。

洋服の扱い方次第ではありますが、高品質で長く着続けることが可能なユニクロの洋服はベターな選択だと改めて感じます。

【スポンサーリンク】

まとめ 判断基準の構築

ユニクロが高品質だと言っても、高級ブランドの洋服と比べて品質が高いと言っているのではありません。

時々ここを勘違いされる方がいるのですが、熟練の職人さんが丁寧に仕上げた高級ブランドの洋服のような品質だということではありません。

ただ高級ブランドの洋服に使われている高級生地というのは、扱い方が難しいものです。自宅で気軽に洗濯できないこともありますし、天然素材の高級生地ほどダニやカビに好かれる傾向があります。

それらを理解した上で上手に付き合わないと、ファストファッションのようにワンシーズンで寿命を迎えることになるかも知れません。

ここもユニクロの凄さです。扱いやすさ、メンテナンスのしやすさなども考慮されて生地から開発されています。

高級ブランドの洋服をセールで安く手に入れられたとしても、扱い方を誤るとファストファッションに成り下がってしまうかも知れません。

もちろんユニクロだけが素晴らしいわけではありませんが、比較的流行が穏やかな男性ファッションとの相性が良いのは理解していただけたのではないでしょうか。

洋服の品質の見極めや扱い方がわからないファッション初心者の男性こそ、ユニクロを選択するメリットが大きいように感じます。ベースとなる判断基準を構築するのに適しています。

それこそ最近ではユニクロの高品質の影響もあり、その他の国産メーカーの品質もかなり向上してきました。消費者にとっては喜ばしいことです。

洋服を選ぶ時に価格やブランド名だけに左右されない判断基準を身につけてほしいと思います。その教科書としてユニクロほど最適な洋服は、今のところないように感じました。

【関連記事】
洋服の着心地を良くする方法

清潔感さえあれば十分!では不十分

オシャレをする意味が分からない男の特徴


down

コメントする




CAPTCHA