男の着こなし.com

安い服が低品質とは限らないし、高い服が高品質とも限らない

洋服の品質は価格とイコール?

少し前にある雑誌のファッション特集で、

「安い服よりも高い服の方が高品質で結果的にコスパが良い」

と紹介されていました。

確かに安い服より高い服の方が高品質な可能性が高いですが、これは必ずしもイコールではありません。

価格の安い服でも高品質なものがありますし、高い服でも低品質なことがあります。

有名ブランドの洋服ほど価格に膨大な広告費が含まれていますし、有名デザイナーへの高額なギャラも含まれています。

有名ブランドの10万円の洋服に使用されている生地が、ノーブランドの5万円の洋服の生地より劣っていることなど、珍しいことではありません。

そもそも洋服の価格は大きく変動します。

洋服ほど短期間で価格が大きく下がる商品は多くありません。

有名ブランドでも年末セールとなれば半額ぐらいになることもありますし、福袋となると総額で8割引きぐらいに相当することもあります。

これらのように大幅に割引された洋服でも、品質は全く下がっていません。

季節に合わないなどのズレは生じますが、洋服そのものの品質は変わりません。

もちろん展示品で日焼けしていたり、度重なる試着で型崩れしてしまうケースがないとは言いませんが、基本的に洋服は割引さらたからといって品質が下がるわけではありません。

洋服の品質と価値の違い

洋服に流行を求める人にとっては、誰もが知っている有名ブランドの最新作という事実に価値があるので、定価で購入することが悪いわけではありません。

また洋服の価格に価値を感じる人にとっては、「これ20万だぜ!」と自慢することが喜びなので、わざわざ割引された洋服を買うことはありません。

洋服の価格そのものに価値を感じているので、たとえ品質が低くても満足できます。

あるネット動画でお金持ちの方が、

「これは○○のスーツで200万だから、これに合うネクタイは10万以上は普通だよね」

のような自慢をしていたのですが、その立派なスーツとネクタイの柄が全く合っていませんでした。腕時計もギラギラしたもので、いかにも成金ファッションといった感じで、私には残念な印象にしかうつりませんでした。

彼のファッションが悪いということではなく、そこ(価格)に価値を感じる人にとっては素晴らしいファッションなのだと思います。実際にお金持ちアピールをすることで近づいてくる女性もたくさんいるのでしょう。

これはこれで一つの価値観です。そもそも洋服に品質を求めていません。

一方で自分に似合う洋服を身につけたいという人にとっては、割引された有名ブランドの洋服やノーブランドの洋服でも関係ありません。

自分の体型にフィットしている洋服以外は選択肢にすら入りません。たとえ有名ブランドの最新作が9割引きでも関係ありません。

あくまでもフィットする洋服の中から、予算の都合に合わせて選ぶだけです。その段階になって品質(生地や柄や縫製など)やTPOやコーディネートを見極めていきます。

どんなにお買い得でフィットしている洋服が見つかったとしても、着ていく場がなければ不要ですし、既に所有している洋服との組み合わせが悪ければ、やはり購入はしません。

これらのように自分に似合う洋服の基準を持ち合わせている人というのは、洋服の価格に価値を感じません。自分の基準に当てはまる洋服に価値を感じます。

要するに価値観の違いです。

まとめ 洋服に求める価値

洋服に求める価値を、有名ブランドである事や高価格である事という人もいれば、自分との相性や品質に求める人もいます。

私は完全に後者ですし、多くの男性にもそうなってほしいと思っていますが、完全にどちら側に傾いているという人も少ないのかも知れません。

料理の美味しさというのは、単純にその料理の味だけで決まるものではありません。

料理を盛り付ける技術や接客や店内の雰囲気でも印象は変わるものです。

「料理の味さえ良ければ関係ない」

といった意識では、店内の掃除を怠ったり酷い接客をしてしまうかも知れません。

新鮮な高級食材を使用した料理を出されても、頑固な店主に押しつけがましい態度をされると、美味しさが半減してしまうものです。

どんなに上手いラーメンでも頑固おやじが睨みをきかせているようなお店には、私は行きたくありません。

洋服選びも、

「有名ブランドで価格が高いから凄い!」

といった意識だけでは、残念なファッションになってしまいます。

だからといって、

「高価な洋服を買う奴はバカだ!」

といった意識を強く持ってしまうと、せっかく自分の基準にピタリと合った洋服を見つけられても、価格だけで無理やり諦めてしまうかも知れません。

予算の都合もありますが、価格だけが選択基準になってしまうと、いつまで経っても本当に似合う洋服には出会えません。

「安い服だから品質が低い」

「高い服だから品質が高くてカッコいい」

のように決めつけないことです。

あくまでも自分の基準と照らし合わせて洋服を選んでください。

「オレはMサイズ」

といったざっくりとした基準ではなく、肩幅や裾の長さや相性の良いシルエットやTPOなども含めて、しっかりと自分の基準と照らし合わせてください。

これが出来るようになると在庫一掃セールの9割引きの洋服の中からでも、最高に似合う洋服が見つけられるようになるかも知れません。

自分なりの基準があれば、流行に左右されないデザインやコーディネートしやすいカラーや柄などが分かるので、似合わない洋服を購入することがなくなります。

安い洋服より高い洋服の方が品質が良い傾向があるのは間違いありませんが、価格だけが選択基準だと思わぬ落とし穴に落ちてしまうので気をつけてほしいと思います。

ファストファッションと呼ばれるブランドで同じような価格帯の洋服でも、びっくりするぐらい品質には差があるものです。

洋服を大切に扱いながら長く愛用したい方と、今シーズンさえ持てば十分といった方では、お店選びも変わってくるものです。

自分が洋服に求めている価値が何なのか、改めて考えてみてほしいと思います。

それがわからない事には、洋服に求めている品質もわかりません。

流行に価値を感じるのか、価格やブランド名に価値を感じるのか、好きな色を身につけて高揚することに価値を感じるのか、周囲の人から素敵(似合っている)だと思われることに価値を感じるのか、よくよく考えてみてください。

自分が洋服に求めている価値が明確になると、洋服に求める品質も見極められるようになりますよ。

【関連記事】
貧乏くさい印象にならないようにしよう

高級ブランドに興味がないことのリスク

洋服の品質は価格と比例しない!

down

コメントする