男の着こなし.com

オシャレに関心をもつと怪しい人物を見抜けるようになる!

怪しい人物を見抜く方法

漫画やアニメに出てくるような髭を生やして風呂敷を背負っている泥棒などいないように、誰にでも分かる怪しい外見の人物など、そうそういるものではありません。

警察24時のようなテレビに登場する空き巣のような人物も、大抵は真昼間の住宅街で怪しまれないようにスーツ姿の営業マンを装っているものです。

ですが、オシャレに関する知識がある人からすると、スーツを着ていても怪しさを感じ取る事が出来るものです。

分かりやすい例でいうと、スーツ姿に不釣り合いなスニーカーを合わせているような事です。逃走しやすいような靴を選んでいます。

革靴を履いていても先が尖がっているものだと、全うなサラリーマンではないと想像できますし、ネクタイの結び方のバランスが悪いと慣れていない事が伝わってきます。

当ブログでは以前に職務質問されやすいファッションについて紹介した事があるのですが、

参考職務質問されやすいファッションとは?

外見から怪しげな人物を見抜く事は、それほど難しい事ではありません。中途半端に装った外見というのは、どこかしら違和感が漂っています。

つい最近私が見たある動画の中でも怪しい人物がいました。

成功者を装った身なり

その動画ではメンタルのコーチの権威といった感じで恰幅の良い男性が紹介されており、高級そうな腕時計やスーツを身にまとい、シャツの袖を折り返してカフスボタンをつけていました。

その成功者っぽい身なりの男性が言うには、独自のメソッドでメンタルを変えるとガンですら治ってしまうとの事で、簡単に要約すると未来に希望をもつ事ができると、身体がその未来の自分に相応しい状態に変化していくので、健康な身体が当たり前になるといった感じでした。

その男性は何百人ものクライアントの考え方を変える事で健康な身体にし、家族のガンも消したと自慢げに語っていました。

このような理論や成功哲学というのは珍しいものではありませんし、その事を否定したいわけではないのですが、私が気になったのはその身なりに気を使っている男性がメタボ体型でハゲていた事です。

別に薄毛の男性を否定したいわけでもありませんし、私自身も薄毛で悩んできた身ではあるのですが、カフスボタンという手間の掛かるオシャレまでして身なりに気をつかっている人物が、メタボ体型で薄毛だった事に違和感を覚えました。

メタボ体型で薄毛である事を昔の彼が想像して求めていた結果なのであれば、その未来を引き寄せた事になるのかも知れませんが、普通に考えるとそうなりたい男性は多くないはずです。

ある程度の白髪交じりで恰幅が良い方が、大人の男性の雰囲気や優しさが醸し出されて良いという考え方もあるのかも知れませんが、少なくともそのような周りの人に威圧感を与えない事を望んでいる人がするファッションではなく、むしろ「俺は凄いだろ!成功したんだぜ!」という雰囲気が漂う押し出しの強いファッションでした。

彼の理論が正しいのであれば、その外見は明らかに相応しい状態ではありませんし、考え方で身体を健康な状態にしてガンまで治療できてしまえる人が、メタボ体型で薄毛なのは説得力がありません。

私は彼の外見を一目見た時から怪しさを感じ取っていたので、別の意味で興味が惹かれて最後まで動画を見たのですが、案の定、彼の理論と身なりが一致していなかった事が面白く感じました。

他にも胸ポケットのチーフの指し方がわざとらしかったり、ネクタイが長かったり、革靴がおろしたての新品だったりと、オシャレに気をつかう男性なら避けそうなポイントが散見しており、誰かが意図して彼の身なりをコントロールしている様子が伝わってきました

凄く簡単に言うと、似合っていなかったわけです。

私は彼の理論については詳しく語れませんし、論破する自信もないのですが、身なりのアンバランス感から怪しさを見抜く事ができたという事です。

最近はYouTubeなどで自称成功者が偉そうに語っているものですが、身なりから伝わってくる情報を察知できると、別の角度から怪しさを見抜けるものです

オシャレに興味をもつという事

男性がオシャレに興味をもつようになると、初めは個性的なデザインや有名ブランドのロゴといった分かりやすい要素を取り入れる傾向があり、私自身もそうだったのですが、その段階を経てオシャレの本質(相手の為)といったものが分かるようになると、その段階の人物を簡単に見抜く事ができるようになります。

靴の状態などは凄く分かりやすいのですが、どんなに高級な革靴を履いていても、靴べらを使わなかったり靴紐を緩めて履いていると、直ぐにヨレヨレになってしまいます。

日頃から靴磨きをしている人であれば扱い方にも気をつかえるようになりますし、フィット感による疲れ具合なども理解できるようになるので、脱ぎ履きしやすいように適当に大きめの革靴を選ぶような事もありません。

女性が着るスリムなドレスといったものも、背中側で留めるものは自分だけでは着られません。昔は召使がいるお金持ちだけが着られるものであり、それ自体が高貴である事の証明でもありました。

怪しげな彼が身につけていたカフスボタンも少し似ています。最近はオシャレの為に取り入れる男性も増えてきましたが、よほどスマートに着こなさないと粗ばかりが目立ってしまいます。

高級車を自ら運転しているような感じです。本当のお金持ちや成功者というのは、運転手がいて後部座席に乗っているものですが、田舎のヤンキーが中古の高級車を意気揚々と運転しているような違和感が漂います。

同じお金を掛けるにしても、スポーティーな高級車なら運転していても様になるのですが、田舎のヤンキーはジャージ姿だったりするのでバランスが取れません。むしろ国産のスポーツカー位の方がバランスが良いものです。

ロールスロイスやセンチュリーを1人で運転して様になるのは、正装して白手袋をしている運転手ぐらいです。

これはファッションのバランスにも当てはまる事で、高級そうな目立つ腕時計や大きな腕時計のせいでバランスがおかしくなっていたり、雑な着こなしのせいで違和感が漂ってくることは珍しくありません。

彼女の実家に結婚の申し込みを行く時に、寝ぐせ頭の普段着では行かないように、相手をリスペクトしている人の身なりというのは、自分なりにしっかりと整えるものです。

スーツを着なれていない男性だとしても、事前に床屋に行くぐらいの事はしますし、爪を切ったり、鼻毛をチェックしたりぐらいするはずです。

そこで華やかなチーフを胸ポケットに挿したり、派手なネクタイや目立つ腕時計をする事もありません。その人なりに相手を立てる選択をします。

高級なスーツをスマートに着こなしていないとダメという事ではなく、相手をリスペクトしている姿を感じ取る事ができると、彼女のお父さんも話を聞く気になってくれます。

結婚の申し込みぐらい分かりやすいシーンであれば、多くの人が意識できる事なのですが、オシャレに興味がない男性ほど、普段から身なりで相手への気遣いをする事ができません。

オシャレに関心をもってレベルアップしていく事というのは、単純に自分の外見が良くなるという事だけではなく、相手への敬意、気遣いが出来るようになる事であり、逆にその経験が相手の身なりから内面を判断する基準を構築する事にもつながります

外見から内面を見抜く能力が研ぎ澄まされるので、結果的に怪しい人物を見抜く力も手に入るという事です。

いかにも怪しげな外見であれば誰もが警戒する事ができるものですが、その辺は相手も分かっているので現実的な判断方法ではありません。

まとめ 違和感の正体

怪しい人物を見抜く時というのは、大抵は「なんか匂うんだよなぁ~」といった違和感から始まります。

気温の高い夏場にパーカーのフードを被っていたり、サングラスやマスクをつけていると怪しさ満載で警戒できますが、

本当に質の悪い人物というのは、このようなミスを犯しません。

全く罪悪感のないサイコパスのような人物であれば、完璧に外見を装って態度にも一切出さないような事もあるので、外見だけで判断できるとは言いませんが、大抵の怪しげな人物というのは、何かしらのスキがあるものです。

誰もが過去の人生経験を元に判断基準が構築されているので、過去に出合った怪しげな人物に近い雰囲気を感じ取ると、どことなく違和感を感じ取る事になります。

目の泳ぎや口調の変化や態度といったものも当てはまるのですが、分かりやすいポイントが分からないと、「なんか匂うんだよなぁ~」といった曖昧な印象になります。

昔の人は食べ物の安全性を確かめる為に、腐敗していないか匂いで確かめたわけですが、いかにも新鮮そうな見た目の食材に対して匂いで確かめていたわけではありません。

どことなく見た目が劣化していると、匂いを確かめて判断する基準を研ぎ澄ませていました。いかにも悪臭を発している食べ物に対して、わざわざ鼻を近づけて判断するわけではありません。

怪しげな人物に対して「なんか匂うんだよなぁ~」と感じるという事も、外見や態度から何かしらの違和感を感じた結果です。

人生経験の乏しい子供ほど、いかにも怪しげなおじさんについていってしまう事があるわけですが、逆に人生経験が豊富なお年寄りや面接官のような相手を見極める機会が多い人ほど、外見から様々な情報を受け取る事ができます。

オシャレに興味をもってレベルアップしていく事も同じです。単純に自分の見た目が良くなるだけでなく、相手の外見から内面を見極める能力が磨かれていきます。

車や腕時計に詳しい人であれば、簡単に価格を見積もる事が出来ますが、「ベンツ=お金持ち」といった認識しかない女性だと、中古のベンツをローンで購入した結婚詐欺師に騙されてしまうかも知れません。

外見だけでその人の内面の全てを見抜く事が出来るとは言いませんが、自分のオシャレのレベルが上がるほどに、相手の外見から受け取れる情報量が増えていくので、結果的に怪しげな人物を見抜きやすくなるという事です。

腕のいい料理人であれば、料理の見た目や盛り付け方からでも様々な情報を受け取る事ができるように、人の外見から得られる情報というのも、それぞれの人生経験や知識量によって変化します。

人の少ない田舎から東京に出ると詐欺に引っかかってしまう事が多いものですが、引っかける側も田舎から出てきた純粋無垢な人物を外見から見抜いてしまいます。

ナンパが上手い男性も、女性の身なりや態度からナンパ待ちしている女性を見抜く能力が長けているので成功率が高くなりますし、万引きGメンも身なりや態度から目星を付けてチェックします。

誰もが仕事や興味のある分野の事であれば、見た目から様々な情報を受け取る事が出来ますが、興味のない分野の事ほど様々な情報を垂れ流してしまいます。

オシャレに関心をもつといっても、自分を良くする事だけしか考えられないと、相手を判断する事につながらないかも知れませんが、レベルアップしていくとファッション全般に関心をもつ事になるので、初対面の相手から受け取れる情報量が膨大に増える事になります。

上辺だけを取り繕った怪しげな人物に騙されない為にも、オシャレに関心をもつ意味や必要性があるのではないでしょうか。

人を外見だけで判断するのはどうかと思いますが、外見ににじみ出ている内面の様子を判断基準にする事は悪い事ではありません。

「お客さんに上手いと言われるのが何よりも喜びです」

と語る寿司職人の爪の間が汚れていると、私はその発言を疑います。本当にお客さんの事を考えているのであれば、そのような事にもしっかりと向き合うのではないでしょうか。

外見から内面を推し量る能力がない人ほど、ちょっと取り繕っただけの怪しげな人物のターゲットにされてしまいます。

そもそも詐欺師のような人というのは手っ取り早く結果を出したいので、身なりも中途半端な事が多いものです。

もしかしたらその分野に詳しい人が相手だと後々面倒な事になるので、あえて中途半端な身なりをして、引っかかる人物を見抜いているのかも知れません。偽物の宝石を扱う詐欺師は、本物を持っている金持ちを相手にしないような事です。

本気でその事に向き合っている人の外見とは雲泥の差があるので、しっかりと外見から得られる情報を察知できるようになってください。

専門分野ほど詳しくなれるわけではありませんが、オシャレに関心をもつとあらゆる人物の外見から得られる情報量が増していくので、あまり詳しくない分野の人の外見からでも、怪しげな違和感を察知できるようになりますよ。

【関連記事】
身なりでセクハラを回避できるかも?

ファッションセンスがない男の特徴

外見の変化が相手に伝わるメカニズム

down

コメントする