男の着こなし.com

ユニクロがファッションの本場でも人気に!って当然だよね

ユニクロがファッションの本場で躍進!

少し前にネットニュースでファッションの本場であるイタリアのミラノに出店したユニクロが、現地の人に大人気で行列が出来ているというものを見かけました。

「新しい店舗だからなのかも?」と思ったのですが、出店してから3ヶ月経っても人気が衰える事もなく、入場制限をするほどの人気になっているのだそうです。

何年か前にもフランスに出来たユニクロが大人気になっているというニュースを見かけていたので、改めて最近の情報を調べてみると、ファッションにうるさいパリジャンにも大人気のようでした。

ユニクロの洋服は他の世界的なファストファッションと比べて、デザインがシンプルなものが多く、流行に敏感な層には受け入れれないと言われていたのですが、蓋を開けてみると大人気になっていました。

ファストファッションの品質

10年ぐらい前に親戚の高校生がアメリカに短期留学するという事でお小遣いをあげると、お土産でGAPのTシャツを買ってきてくれました。

内心「何で日本にもあるGAPなんだ?」とは思いましたが、せっかくの善意なのでお礼を言って着てみると、明らかにペラペラの安い生地であり、数回の洗濯をしただけで首元がダルダルになってしまいました。

その当時のユニクロの安いTシャツだと1000円もしないで購入できたのですが、それと比べてと品質の差が歴然としていました。

また数年前の旅行中にZARAというファストファッションのお店に行く機会があり、地元にZARAがない事もあって洋服を購入したのですが、自宅に戻って着る時にタグをチェックしていると、スルスルと糸がほどけて取れてしまいました。

こんな事はユニクロの洋服では経験した事がなかったので驚いたのですが、縫製の処理を見ても無駄に糸が伸びていたり、雑な点がいくつも見当たりました。

外国製のファストファッションにはこのような苦い経験があったので、初めてH&Mに行った時は、かなり慎重になって品質を確かめてみると、明らかにユニクロの生地よりも質が悪く、購入する気にはなりませんでした。

そもそもファストファッション業界というのは、ワンシーズンだけの使い捨て感覚で楽しむ層に向けて発展してきた歴史もあり、流行のデザインを安価な価格で楽しめるものなんだそうです。

ユニクロの洋服は価格帯だけで言えばファストファッションに分類されるのかも知れませんが、そもそものコンセプトがまるで違うので品質は圧倒しています。

最先端の流行のデザインという点では負けてしまうのかも知れませんが、誰もが流行を追い求めているわけでもありませんし、それはファッションの本場と呼ばれるところでも同様なはずです。

特に男性ファッションは流行の流れが穏やかなので、シンプルなデザインの高品質なものほど喜ばれます。

日本人の誰もが料亭で高級和食を食しているわけではないように、一般的なフランス人が豪華なフレンチを食しているわけがありません。

オシャレにうるさいイタリア人だって同じはずです。むしろオシャレにうるさい人ほど品質の差に敏感になるので、安易に流行だけを追う事はしません。

シンプルなデザインで品質の良い洋服がお手頃価格で売られているのであれば、受け入れられない方がおかしいはずです。

ファッション雑誌を眺めていると、イタリア人やフランス人はみんなオシャレなイメージがあるものですが、あくまでもその雑誌のコンセプトに沿ったファッションの人が選ばれているのであり、全ての国民がそのようなファッションをしているわけでもありません。

参考あるファッション雑誌に撮影された時の話

国民全体のファッションレベルで考えると、日本よりもオシャレなのだとは思いますが、誰もが有名ブランドの洋服を身につけているわけではありません。

洋服の本質を分かっている人達に、お手頃価格で高品質なユニクロが評価されるのは当然の事です。

もちろん本場ヨーロッパのハイブランドの洋服ほど良い生地ではありませんし、デザイン性が優れているとは言いませんが、それこそ高級料亭や高級フレンチに誰もがいけるわけではないように、多くの一般の人にとっては選択肢に入りません。

ろくに品質を見極める事なく価格だけに引っ張られてしまうと、「安物買いの銭失い」になってしまいますが、その洋服に求めている役割をしっかりと見極めた上で選ぶのであれば、あとから後悔する事はありません。

逆に自分で判断する事なくファッション雑誌やブランドイメージや価格に引っ張られて選んでしまうと、全く似合わない洋服を身につける事になってしまいます。

セールで洋服の価格が半額になったからといって、品質が悪くなるわけではないように、価格だけで判断するのもおかしな話です。

参考洋服の品質と価格は比例しない!?

アジア圏であれば日本製品に対しての羨望があったり、高品質といった良いイメージがあるので、ブランドイメージだけで成功するケースもあるのですが、オシャレに対するこだわりが強く、目が肥えているヨーロッパの人だからこそ、ユニクロが受け入れられるのも当然なのではないでしょうか。

日本だと自称オシャレ好きの人達がユニクロを否定するような発言をする事があり、バカにするような風潮もあるのですが、余計な先入観やイメージがない地域の人達の方が、より本質を見極められているのかも知れません。

まとめ 本場だからこそ選ばれるもの

有名な観光地で売られているものの多くは、地元の人から見向きもされません。イメージだけに左右されないので、しっかりと本質を見極めて判断する事ができます。

私は北海道に住んでいるのですが、観光客に人気のラーメン屋と地元民に愛されるラーメン屋は全然違うものです。北海道らしい「味噌バターコーンラーメン」など地元民は注文しません。

どうしても旅行中は浮足立って羽目を外すものなので、冷静に判断できなくなってしまうものですが、それだけに無駄に高いものをつかまされやすくなってしまうものです。

どこの観光地でも同じだとは思いますが、地元の人や内部事情を知っている人が選ぶものというのは、価格や品質に見合ったものである事が多く、余計な装飾などないシンプルなものになっています。

有名ブランドの洋服を選ぶのは自由ではありますが、うがった見方をすると、「オシャレの事が全く分からないおのぼりさん」だと自らアピールしているような事なのかも知れません。

お金に対する価値観というのも人それぞれ違うので、お金に余裕がある人であれば価格差を気にせずに選べるのかも知れませんが、無理に背伸びして購入してしまうと、本質を見誤ってしまう事が増えてしまうのではないでしょうか。

ユニクロがファッションの本場であるヨーロッパで受け入れらるというのも、ファッションに詳しい人が多いからこその当然の結果なのだと感じます。

日本だとユニクロのせい(おかげ?)もあり、他のメーカーの品質も随分と向上しましたし、価格もユニクロを基準に設定してくるので、あえてユニクロ以外を選んだ方がお得になるケースも増えてきたのですが、ライバルが皆無の地域で圧倒できるのは当然の事なのだと思います。

ただユニクロは「ファッションの本場のヨーロッパでも受け入れられたからオシャレ!」といった基準で選んでしまうと、それはそれで本質から逸れてしまいます。

ユニクロの洋服の中にもダサいものがありますし、コスパがよくないものもあります。自分の体型や年代や肌の色などに合わないものだと似合いようがないように、やはり自分のフィルターを通してから判断する必要があります。

「ユニクロだから良い」、「○○はダメ」という事ではなく、あくまでも自分に合うものが良いのであり、そこにブランドのイメージや価格は関係ありません。

憧れのブランドの物を身につけることで気分が高揚するようなメリットもあるので、そこを否定したいわけではないのですが、その物の価値をブランド名や価格だけに引っ張られてしまうと、素っとん狂なファッションになってしまうので気をつけてほしいと思います。

安価な古着でもスーパーの片隅に売られいるような洋服でも、似合うものは似合いますし、しっかりと品質を見極めたり、求めている役割が満たされているものであれば、最適な選択肢となってくれます。

もちろん品質があまり良くない海外のファストファッションの洋服だって、求めている役割と合致している人であれば、最適な選択肢となる可能性があります。

洋服のメンテナンスをする気がなく、シーズン毎に全て買い替えるような人にとっては最適かも知れません。

個人的にはなるべくなら洋服を大切に扱いながら長く愛用してほしいので、品質が低いものは避けた方が良いと思っているのですが、これも私の勝手な基準なので、誰にでも当てはまるものではありません。

ただ大切に洋服を扱いながら身体に馴染んだ洋服というのは、新品にはない着心地やフィット感があり、日々メンテナンスと向き合う事で様々な気づき(品質の見極めや傷む箇所によるクセの発見など)があるので、オシャレのレベルを引き上げてくれると思っています。

靴磨きをするだけでも色々な事に気がつくようになりますし、他の人の靴を見たときに得られる情報量もどんどん増えていきます。

そういう意味でも品質が良くて価格が手ごろなユニクロというのは、かなりおすすめではあるのですが、

「ユニクロさえ着ていれば問題ないだろ」

といった考え方のままだと、そこからの成長が無くなってしまうので、しっかりと向き合ってみてほしいと思います。全く同じユニクロの洋服を着ていても似合っている人もいれば、そうではない人がいるように、誰もが似合う洋服など存在しませんし、それさえ身につければOKというものはありません。

あくまでも相性の問題なので、そこは勘違いしないでほしいと思います。

ちなみに少し前に知り合った男性が凄くオシャレで感心し、どこで洋服を買っているかと聞いてみると、

「最近はイオンばっかりですね。昔はユニクロ一辺倒だったのですが、イオンの方が安くて種類も豊富なんですよ!5%offの日を狙ってます。」

と笑いながら教えてくれました。自分なりの基準で洋服を選べる人というのは、ユニクロよりもさらに安いイオンで選んでもオシャレになれるわけです。

自分で判断する基準を持ち合わせていない人であれば、オシャレなブランド店やセレクトショップの店員さんにお願いするのも悪くはないと思いますが、必ずしもお金を掛けないとオシャレになれないわけでもないので、しっかりと自分なりの基準を構築してほしいと思います。

【関連記事】
ユニクロを着ている男はモテない?

足元から分かる情報量の多さ!

ユニクロが男性ファッションに有利な理由

down

コメントする