男の着こなし.com

男性も髪の分け目を変えると印象が変わるかも知れない

髪の分け目を変えて激変した知人

先日、久しぶりに仕事で再会した知人の男性が、随分とカッコ良くなっていました。前よりも垢ぬけた印象で、活き活きと仕事をしていて驚きました。

私なりにファッションの分析をしてみたのですが、元々スーツをスマートに着こなしていたので、そこでプラスになったようには感じられません。

メンタル面でよほど充実したのだろうと思っていたのですが、その後に飲みに行く事になり、

私「随分とカッコよくなったよね~」

知人「はは、ありがとうございます。最近良く言われるんですよ」

私「何か良い事であったの?可愛い彼女でも出来た?」

知人「いや、実は美容室を変えたんですよ」

私「ん?でも前からそんなに変わってなくない?」

知人「えーとですね、髪型はほぼ同じなんですが、分け目を変えられたんですよ」

私「分け目?え!?それだけ?」

と秘密を教えてくれました。

顔は左右非対称

その知人の印象が変わった理由を要約すると、新しい美容師さんが彼に最適な髪型を考えてくれ、あえて今までと髪の分け目を逆にする事でバランスが整ったという事のようでした。

それだけでグッと印象が良くなると信じられない人もいると思いますが、そもそも人の顔というのは、綺麗に左右対称になっているわけではありません。

イケメンや美人と呼ばれる人ほど左右対称に近い傾向があるのですが、多くの一般人は左右の顔を反転させると別人のような印象になります。

顔の左右差引用元:http://mobile.ci-labo.com/sp/r/wd01/01.html

これについては当ブログでも以前に紹介したことがあるのですが、

参考イケメンを目指す道を正しく理解しよう

顔の左右差を解消する事は簡単な事ではありません。極端な方法だと整形手術といった手段がありますが、細かな事だと食べ物を噛む時に、どちらか左右に偏らないように意識して少しずつバランスが良くなるといったケースもあります。

日頃の姿勢やクセといったものも骨格に影響を与える事は珍しい事ではありません。タクシー運転手のように左側にだけ身体や首をひねる動作を長年繰り返していると、骨格のバランスが狂いやすくなってしまいます。

以前にテレビで個性的な顔が売りの役者の片桐はいりさんが、歯医者で嚙み合わせが悪いと指摘されて矯正すると、個性だったエラの張りが小さくなってきて困ったと笑い話にしていました。

このようなちょっとしたクセや習慣が骨格に影響を与え、顔に左右差が出るような事は珍しくありません。というかほとんどの人が何かしらのクセを持っています。

笑顔のような表情一つとっても左右さがある人がいますし、特定の動作が多い仕事や趣味といったものが影響する事もあります。

小顔になるマッサージやトレーニングといったものがありますが、あれは物理的に小顔になるのではなく、筋肉のこわばりといったものをほぐして歪みが取れるからです。

他にも歯ぎしりを抑えるマウスピースで顔の歪みが消えるようなケースもあります。

これらのように顔の左右差を整えるのは簡単な事ではありません。様々な要因が絡み合っているので、特定するだけでも一苦労ですし、誰しもが改善するとも限りません。

女性ならメイクで左右のバランスを取るといった事も可能ですが、男性の場合は眉毛の形を整えるぐらいしかないと思っていました。

今回の知人の男性が髪の分け目を変えただけで、かなり印象が変わったのを目撃したことで、改めてこの左右差の重要性を認識する出来事となりました。

髪型のセットの凄さ

髪の長い女性は髪型のセット次第で随分と印象が変わるものですが、短い髪型の男性でもセット次第でやりようがあるのかも知れません。

以前に私は東京に出張した際に、薄毛専門の床屋さんに行ったことがあります。実はそこでも分け目を変えられた事があります。

それまでは髪の分け目や流れの事を意識した事がなく、自然に流れる方向に撫でつけていたのですが、あえて自然の分け目に逆らって髪を持ち上げてセットする事で、髪が立って薄毛が目だなくなるというテクニックを教えてもらいました。

これは実際にやってもらわないとイメージしにくいと思うのですが、ドライヤーで髪を持ち上げながらセットしてもらうと、見事に地肌が目立たなくなって感動したものです。

ただ毎朝そのようなセットするのは大変で、整髪料をつけると頭皮に良くないとも思ったので、現在の私は当時よりもさらに短い髪型にして分け目も流れもないぐらいにしています。

参考薄毛に似合う髪型が分かる本

これはあくまでも私が薄毛に悩んでいたからであり、そうではない男性にとっては整髪料をつけるのに抵抗はないと思います。

今まで髪型の分け目や流れを意識した事がないという男性は、あえて逆向きも試してみる価値があるのではないでしょうか。

薄毛が目立たなくなるといったメリットだけでなく、顔のバランスが良くなってイケメンに近づけるかも知れません。

まとめ 平均に近づけよう

当ブログですすめているファッションというのも、いかに普通で無難を極める事ばかりを紹介してきました。

奇抜な事や目立つ事が許されるのは、元々バランスが取れているイケメンやモデル(90点の人達)だけに許された遊びのような事であり、多少の減点(マイナス10点)があっても個性(ちょっと変わった80点)として評価されます。

一方で一般男性(60点)が中途半端に目立つ事をしてしまうと、ただただダサい人物(50点)に成り下がってしまいます。

それよりも自分の減点対象やコンプレックスと向き合い、小さな減点を抑える事で70点ぐらいに到達する可能性があります。

背が低いのが悩みの男性なら、日頃から良い姿勢を意識して靴に厚みのある中敷きでも入れると、数センチは身長が高くなりますし、目が離れている男性なら伊達眼鏡をして中和するような事も可能です。

参考目つきが怖い男性は眼鏡をしよう

眼鏡で分かりやすいのはギャル曾根さんでしょうか。昔の彼女は小さな目をギャルメイクで大きくしていましたが、ママタレとして活躍するようになると、大きなフレームの伊達メガネで上手く印象を変えています。

引用:公式ブログより

中敷きや眼鏡といったアイテムを取り入れたからといって、全ての人にとってプラスになるわけではありません。あくまでも平均に近づける事で印象が良くなる可能性が高いという事です。

なで肩で悩んでいる男性であれば、肩パッド入りのジャケットで男らしい体型に近づきますが、いかり肩の男性が同じジャケットを着てしまうと、余計に強調されて怖い印象になってしまうかも知れません。

ガッチリとした肩幅のある男性なら、肩パッドも裏地もない薄い生地の安いジャケットの方が、ほどよく厚みが抑えられて似合うかも知れません。

誰でもカッコ良くなれる万能なファッションアイテムなどありません。あるのは相性だけです。

これらのように細かな減点対象と向き合うことで、多くの男性が平均値に近づける事が可能です。分かりやすい目立つファッションアイテムよりも、普通のファッションの中から自分に合う物を見つける方が、ずっと簡単で近道です。

これらの対策と同じように、髪の分け目を変える事も有効なのだと勉強になりました。

分け目というと七三分けのようなはっきりとした髪型の事を想像してしまうかも知れませんが、髪の流れといったものでも当てはまります。

ちょっとした向きの違いで、グッとバランスが取れるかも知れないので、挑戦する価値があるのではないでしょうか。

自分で鏡の前で見ると違和感があるかも知れませんが、鏡は反転しているので実際に周囲の人が見る姿ではありません。

たまに映像で自分を見ると違和感があるものですが、これも鏡の前の反転した自分の顔の印象が強いからです。

美容師さんのように客観的に見てくれる人の方が、正しい判断が出来る事もあるので、馴染みの美容師さんに相談してみるのも良いかと思います。

女性のようにメイクでごまかせない男性こそ、髪の分け目は重要なのかも知れないと感じた出来事でした。

【関連記事】
男性ファッションに抜け感は必要ない

オシャレと姿勢の関係は無視できない

中年男性におすすめの髪型

down

コメントする