男の着こなし.com

男なのにくびれが出来て驚いた!簡単な方法を紹介します

くびれを作る筋トレ

一般的にくびれを作る為のトレーニングというのは、腹斜筋と呼ばれる腹筋のサイドを鍛えることだと言われています。

普通の腹筋の動作のひねりを加えたり、サイドプランクと呼ばれる横向きで行うトレーニングが効果的だと言われています。この辺の情報についてはネットで探せばいくらでも見つかるものです。分かりやすい動画があったので紹介しておきます。

決してこれらのくびれを作るトレーニングが悪いわけではないのですが、私はたまたまある武術の本で紹介されていたトレーニング(ストレッチ?)を見よう見まねで行っていると、自分でもびっくりするぐらいくびれが出てきてしまいました。

そもそもくびれを作る為に行っておらず、全く期待していないポイントだったこともあり、自分でも驚いてしまいました。運動部だった学生時代の頃のようなお腹周りです。

そもそも男にくびれが必要かどうかという問題もありますが、普通の腹筋を頑張っているのにお腹が凹まないという男性は、試してみる価値があると思います。

とても簡単なので今回はその方法を紹介します。洋服をカッコよく着こなす為にもお腹周りをシェイプアップさせましょう。

男のくびれを簡単に作る方法

くびれを簡単に作る方法というのは、腰の横から背中にかけての筋肉をストレッチする動作になります。ポイントさえつかめば座りながらでも行えるのですが、初めは立った状態で行った方が分かりやすいです。

まずは肩幅よりも広く足を広げ、軽く腰を落として下半身を安定させます。しっかりと骨盤が起き上がっているのがポイントです。

そして軽く手を握り、手のひらが上向きになるようにして腰骨に両手を添えます。いわゆる空手の構えのような状態です。ボクシングの構えのように斜めにならないようにしてください。

この状態のまま背中側に飛び出た肘を背骨の方に引き寄せます。手が腰から離れないように意識してください。これだけで肩甲骨が広がって背中周りの筋肉をストレッチする感覚が分かるはずです。

ここまでなら一般的なストレッチとそれほど効果は変わらないのですが、ウォーミングアップもかねて何度か気持ちの良い範囲で繰り返してください。

次は片手を前に突き出します。空手の正拳突きのような恰好です。力を入れる必要はなく、軽く突きをしている状態にします。この時に反対側の手は腰に触れたままです。

ここからが簡単にくびれを作るトレーニングになるのですが、初めて行う方は極端には追い込まないでください。普段使われない筋肉を刺激することになるので、想像以上に効いて筋肉がつってしまうかも知れません。

腰をひねらないように気をつけながら、ゆっくりと突きをしている側の手を前に押し出しながら、腰に触れている側の手の肘を背骨の方に引き寄せていきます

素早く突きを出す必要はありません。ゆっくりと遠くにこぶしを伸ばしながら、反対側のこぶしが腰から離れないように肘を背骨の方に引き寄せるだけです。

この時に首が前に出たり姿勢が崩れないように気をつけてください。背骨がピンと伸びた状態で肩だけをひねるようなイメージです。腰はひねらないでください。そして反対側も同じように行ってください。

以上です。

ものすごく簡単な動作ですが、実際に試してみると想像以上に腰の裏側の筋肉が伸びるのを感じることが出来ると思います。本当に調子にのってやり過ぎると背中の筋肉がつってしまうので気をつけてください。

私はこのトレーニングをするようになって2週間ぐらい経ちますが、やる度に腰の裏から背中にかけての筋肉が熱くなるのを感じられています。

腰裏や背中の筋肉のストレッチとして効果があると感じていたのですが、まさかのくびれが出きてしまうという驚きの効果がありました。くびれに気づいたのは1週間ぐらいでした。

もちろん太っている方やガチガチに鍛えている男性だと、そもそもくびれが出来る余地がないので、見た目にわかるほどの効果はないかも知れませんが、ある程度身体が絞れている男性であれば、1週間ぐらいでくびれが出てくる可能性があると思います。

お腹の前や背中の上の方を鍛えるトレーニングはたくさんありますが、腰の裏の筋肉をここまでピンポイントで刺激できる方法というのは、そう多くありません。

それこそひねるような動作で一時的に刺激を与えることは出来ますが、そこを限界まで伸ばすことが出来るのが、今回紹介した方法です。

騙されたと思って試してみてください。普段からそれなりに鍛えている方でも想像以上に効果を感じられると思います。運動不足の方はやり過ぎに気をつけてください。

まとめ 武術の奥深さ

当サイトでは以前にも古武術のテクニックを応用したトレーニング方法を紹介したことがあるのですが、

参考どこでも筋トレをする方法

古武術のトレーニングは近代スポーツのように筋肉を大きく強くする為に行うものではなく、筋肉を思い通りにコントロールする為に、しなやかな筋肉を取り戻す目的が多い傾向があります。

マッチョのように鍛えることが悪いとは言いませんが、しなやかさを取り戻す鍛え方というのは、筋肉が若い頃のようになるようなことです。ボディーラインから若返ることができます。

これはヨガなどで考えると分かりやすいと思いますが、筋肉が大きく発達しにくい女性でもヨガのようなストレッチで若々しいボディーを保っている年配の女性がいるようなことです。

洋服をスマートに着こなす為にも中年太りやだらしのないボディーラインでは難しくなるので、今回紹介したくびれが出来るトレーニングをぜひ試してみてほしいと思います。

ちなみにこの方法が紹介されていた本はこちらです。



筋トレやストレッチの本ではありませんが、格闘技に興味がある男性なら物凄く面白く読み進めることが出来ると思います。

この本に登場する沖縄拳法空手の方も、一般社会で使えるテクニックとして様々な応用法を紹介しているので、新たな気づきが得られると思います。

ちなみに私がくびれが出てきて驚いたトレーニングは、パンチ力をアップさせる方法として紹介されていました。背中の筋肉を上手く使えるようになることで、威力が劇的にアップする仕組みが解説されています。

よく小手先のテクニックという言葉がありますが、手のひらの筋肉だけで行おうとしてしまうと限界が低いので上手くいきませんが、腕から肩、さらに背中の筋肉まで使うことが出来ると大きな力を発揮できるものです。

実はこれで分かりやすいのはスプーン曲げです。指の筋肉だけで曲げようとしても曲がるものではありませんが、誰だって両手でぐいっと曲げれば簡単に曲がるものです。

手品のようなスプーン曲げも、背中の筋肉から引き寄せて行うと誰でも簡単に出来るようになります。プロはスプーンに相手の視線を集中させる話術で気づかれないようにしています。

この本の中でも踊りが上手い人ほど背中の筋肉を上手に使えていると紹介されていました。

茶道などでお茶を差し出す動作ひとつとっても、小手先の動きだけだと相手は雑に出されたように感じてしまうものですが、達人が差し出すと全身の動きから丁寧さが伝わってくるので、相手側も気持ちよく感じられるものです。

このような事に気がつくようになると、ファッションの方向性も変わるかも知れません。大事な商談に相手がヨレヨレのスーツや寝ぐせ頭でこられると、本気度を疑ってしまうものですが、清潔感のある恰好でハキハキと爽やかな印象があると、こちら側も真剣に向き合おうという気持ちになるものです。

書類を差し出す動作ひとつとっても、全身から大切にしている事を伝えられるようになるかも知れません。名刺交換をした後に雑に扱われて良い気分がする人がいないように、ちょっとした動作や仕草で相手側の気持ちは揺らぐものです。

この感覚が研ぎ澄まされていくと、相手のタイプに合わせてファッションを変えるような調節も出来るようになるかも知れません。若いベンチャー企業が相手なら流行を抑えたファッションや髪型のセットが有効ですし、保守的な企業が相手なら落ち着いた色のネクタイや髪型という選択肢になるようなことです。腕時計や革靴の選択も変わるかも知れません。

数字上では明らかにこちら側が有利な取引でも、どうも信用ならないと感じた事が誰にでもあると思いますが、これらは無意識に違和感を感じ取っているからです。

主婦を相手にお買い得商品を売り歩いている営業マンの腕に、高級腕時計が光り輝いていると怪しさが増すようなことです。逆に高額な投資や商品を扱う営業マンが、安物や偽物っぽいものを身につけていると警戒するようなことです。

興味のない方がわざわざ武術の技術を学ぶ必要はありませんが、様々な気づきが得られると思うので、機会があれば読んでみてください。

一般的な筋トレでくびれを作るのも良いですが、ちょっとした身体の使い方の違いだけで普段あまり使われない筋肉を刺激できるようになると、筋肉がしなやかになってボディーラインが若返るだけでなく、内臓から健康を取り戻す事につながると思います。

おそらく色気のある男性というのは、このような身体の使い方や所作などから醸し出されるオーラを相手側が感じ取るからです。魅力的な男性になる為にも学びの多い本だと思いますよ。

【関連記事】
剣道の達人は防具の身につけ方が別格

姿勢の歪みとオシャレの関係は無視できない

腹筋ローラーの効果がやっぱり凄い

down

コメントする