男の着こなし.com

腹筋ローラーの効果がやっぱり凄い!背筋まで筋肉痛に

腹筋ローラーの効果

私は十数年前に腹筋ローラーを使用していた事があり、その効果については実感していたのですが、引っ越した先が二階でフローリングだったこともあり、音が響く腹筋ローラーを泣く泣く手放した経験があります。

当時使っていた腹筋ローラーは硬化プラスチックのような素材で、フローリングだとガタガタと音がしてしまいました。階下の人に文句を言われてはイヤなので処分しました。

それから長年腹筋ローラーの存在を忘れていたのですが、少し前に立ち寄った激安の殿堂「ドン・キホーテ」で腹筋ローラーが売られているのが目に入りました。

ドン・キホーテの腹筋ローラー

様々なタイプの腹筋ローラーが売られていたのですが、中でも「ドン・キホーテ」のオリジナル商品(↑)で売られていた腹筋ローラーに目が釘付けになりました。

十数年前に購入した時は、うる覚えですが3千円前後だった思います。それがドン・キホーテでは何と700円ぐらいで売られていました。

しかもローラーの表面がゴムで覆われています。これなら音の心配もなさそうだと思い、昔を思い出して購入してみました。

そして十数年ぶりに腹筋ローラーを使用してみたところ、効果が半端ではありませんでした。腹筋だけでなく、肩の筋肉や背筋や太ももの前側の筋肉まで筋肉痛になってしまいました。

当時は若かった事もあり、腹筋ぐらいしか筋肉痛になった記憶しかないのですが、中年になった現在の私にとっては、想像以上に腹筋ローラーで全身を鍛えられる効果を実感しています。

健康の為だけでなく、洋服をカッコよく着こなす為にもスマートな体型を維持したいものですが、腹筋ローラーはかなり効果的なアイテムだと感じました。

そこで改めてネットで腹筋ローラーの効果について調べてみると、様々な意見が混在していて驚きました。

中でも特に印象に残ったのがこちらの動画です。

科学的には効果がないと否定されているという意見もあるようなのですが、こちらのムキムキの男性のように実際に使用して効果を実感されている人もいます。

私自身も腹筋ローラーを使用すると腹筋の上部が熱くなるのを感じますし、筋肉痛も経験するので効果がないなんて全く信じられません。

科学的には腹筋ローラーよりも効率的な腹筋トレーニングがあるのかも知れませんが、腹筋ローラーの効果は腹筋以外にも期待できるので、興味のある男性は挑戦してみる価値があると思います。

そこで今回は筋トレの初心者にもおすすめな腹筋ローラーの使用法を紹介します。

すさまじい筋肉痛・・・

私はクランチと呼ばれる一般的な腹筋のトレーニングを定期的に行っていたので、それなりに腹筋には自信があったのですが、

クランチをする女性

久しぶりに腹筋ローラーを使用してみると、すさまじい筋肉痛に襲われました。

特に腹筋の上の方の筋肉痛が凄まじく、一般的なクランチとは別の箇所の腹筋を刺激出来ているようでした。

また腹筋の筋肉痛は翌日に現れたのですが、二日後には背中周りが筋肉痛になりました。背筋のトレーニングを自宅で行うことは難しいので、これも腹筋ローラーを使用するメリットの一つだと感じています。

流石に腹筋ローラーで背中が大きくなるほど強い負荷を与えられるとは言いませんが、背筋がほぐれて正常な状態に整うと、肩甲骨周りの筋肉もほぐれて自然と胸を張った男らしい姿勢になるので、洋服をカッコよく着こなす事につながります。

腹筋ローラーの効果について調べてみると、他にも上腕三頭筋や三角筋(肩周りの筋肉)にも効果的とあったので、まさに洋服の上着をカッコよく着こなす為に必要な筋肉を鍛えられます。

現代人はデスクワークやスマホの影響で姿勢が崩れてしまっている男性が多いだけに、腹筋ローラーの効果は絶大だと感じています。

腹筋ローラーの意外なメリット

お腹周りの筋肉、腹筋と一言にいっても、腹直筋、外腹斜筋、内腹斜筋、腹横筋、直腸筋など、様々な筋肉から成り立っています。

一般的な腹筋のトレーニング(クランチ)も悪くはありませんが、様々な種類のトレーニングを行うことで、バランスよく腹筋に刺激を与えることになります。

スポーツジムに通っている男性であれば、様々なトレーニング器具で部分別に鍛える事が出来るのですが、個人が自宅でそれらを全て用意するのは簡単ではありません。また自宅の場合はスペースの問題も大きいと思います。

腹筋を鍛える器具

一般的なクランチだけでは鍛えにくい箇所を刺激できるのも、腹筋ローラーのメリットです。

さらにスペースを取らないのも個人的には大きなメリットだと感じています。大きなトレーニング器具は、いずれ部屋の片隅に追いやられて洋服や物に埋もれてしまう可能性があるものです。

「ぶら下がり健康機」や「ジョーバ」を継続的に使用している人は、おそらく一部ではないでしょうか。

せっかく筋トレを思い立った時に、それらの器具が洋服に埋もれているとやる気を失ってしまいます。収納が大変なトレーニング器具は行動する前にモチベーションが下がるケースが珍しくありません。

参考筋トレを継続するポイント!

だからこそ腹筋ローラーのコンパクトさは大きなメリットになります。他の器具に比べてトレーニングを継続しやすいので、結果的に効果も引き出しやすい傾向があります。

普段から一般的なトレーニングで腹筋を鍛えている男性でも、腹筋ローラーを試す価値があると思います。

場所も取らないですし、最近は100円ショップでも売られているようなので、金銭的なハードルもありません。

高価な筋トレグッズを試すとなるとリスクがありますが、腹筋ローラーはかなり安くなってきたので、一度も試す事なく「科学的な根拠がないから無意味だ!」と否定するのはもったいないと思います。

こればっかりは実際に試してみる事が一番です。

そんなメリットだらけの腹筋ローラーですが、初めて使用する人には注意してもらいたいポイントがあります。それこそ間違った使い方をしてしまうと腰や背中を傷めてしまうリスクがあるので気をつける必要があります。

次は具体的な腹筋ローラーの効果的な使い方や、選び方について紹介するのですが、一般的な腹筋ローラーのやり方となると、初心者向けの膝をついた状態で行う方法(膝コロ)と上級者向けの立った状態で行う方法(立ちコロ)があるのですが、この二つの間にはかなり大きな壁があります。

この膝コロと立ちコロの間の中級者向けの方法があるので、それを上手く取り入れる事で安全に腹筋ローラーの効果を引き出しやすくなります。

次は:腹筋ローラーの段階別の使い方、出来ない人は壁を利用しよう
mae iro iti iro ni tugihe
2ページ中、1ページ目を表示

down

コメントする