男の着こなし.com

プッシュアップバーの効果が凄い、使っていなかった俺、バカ!!

お金を稼ぐ人は、なぜ筋トレをしているのか?

少し前に「お金を稼ぐ人は、なぜ、筋トレをしているのか?」という本を読みました。

詳しい内容についてはネタバレになるのであまり詳しくは書けませんが、「なるほどな~」と思わせてくれる興味深い内容でした。

特に印象的だったのは、筋肉が発達している部位別に相手の性格や印象を分析しているところでした。

今までの私は漠然と「マッチョの人は強そう」などと思っていましたが、

「ふくらはぎが発達している人は、○○である」

のように細かい筋肉違いによる分析がされていました。発達している筋肉の箇所で内面が浮き出てくるといった感じなので、身体を鍛えている男性にとっては面白い内容なので、是非読んでみてください。

変わった角度から筋トレについて語られている面白い本でもあるのですが、中でも私が気になったのが、

「さっさとプッシュアップバーハンドグリップを買え!」

と書いてあったことです・・・プッ、プッシュアップバー?

ハンドグリップ

ハンドグリップは誰でも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。握力を鍛える器具のことです。

これはわりと昔からありますよね。ハンドグリップを持っていなくても男性であれば誰もが一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

この本の中でも握力を鍛えることが、とても大切だと紹介されていました。私は手のひらに豆が出来るのがイヤなので道具なしで鍛えていますが。

参考道具なしで握力を鍛える方法

プッシュアップバーとは?

そして私が気になったのは、もう一つの「プッシュアップバー」というものでした。

いままで「プッシュアップバー」のことを全く知らなかったのですが、腕立て伏せを効率的に行う器具ということで興味がわきました。

洋服をカッコよく着こなす為にも、男性らしい頼もしい身体になる為にも、胸の筋肉はとても重要なポイントになるので、私も一般的な腕立て伏せを行っていたのですが、そのトレーニングを自宅でも効果的に行えるのということなので、凄くプッシュアップバーが魅力的なものに感じました。

一般的な腕立て伏せでも胸の筋肉を鍛える事はできますが、やはり理想を言うとスポーツジムなどでベンチプレスでバーベルを上げることです。

とはいえジムに通うのも面倒なので、自宅で取り入れられるプッシュアップバーの効果を実感してみたくなりました。

そこでさっそく近所のスポーツ用品店に向かって、プッシュアップバーを購入してきました。

さっそくこのプッシュアップバーを使って腕立て伏せを行ってみると、驚きの効果を実感することになりました!

プッシュアップバーの効果が凄い!

いわゆる普通の腕立て伏せとは別次元の筋トレ効果があります。自宅で腕立て伏せをしている男性であれば、ぜひ取り入れてみてください。

プッシュアップバーを使用すると腕立て伏せに深さが生まれるので、肩甲骨周りのストレッチにもなります。

洋服をカッコよく着こなす為には上着をバランスよく肩にフィットさせる必要があるので、プッシュアップバーならではのストレッチ効果は相性が良いと感じます。

さらに効果を感じたのがフォームの乱れの「気づき」です。

肩幅ぐらいに開いて行う腕立て伏せは大胸筋に刺激を与えられるのですが、この腕立て伏せの難点は、辛くなってくると腰が引けて(浮いて)しまう事です。

踵が後方に下がって身体がくの字になってしまうと、胸の筋肉ではなく腕や肩の筋肉で持ち上げる事になってしまうので、回数は伸びても狙った筋トレ効果が得られない傾向があります。

筋トレを始めて間もない頃というのは、誰もがどんどん記録が伸びていくものですが、これは筋肉がついたというよりも、上手く手抜きができるようになってしまった事も関係しています。

だからこそスポーツジムなどに通ってトレーナーから正しいフォームを指摘してもらうのが有効なのですが、プッシュアップバーを使用すると、このフォームの乱れに自ら気がつきやすくなりました。

これ以上手首が倒れて後ろ側に流れていかないので、普通の腕立て伏せのように手抜きになりにくい効果があるという事です。

さらにプッシュアップバーが視線に入る事で、深く身体を落とした時に視線の位置のズレも把握しやすくなります。一般的な腕立て伏せだと知らず知らずのうちに後ろに身体が下がってしまうのですが、それを防止する効果があるという事です。

プッシュアップバーを使用したからといって体重が変わるわけではないので、腕立て伏せの強度を極端に上げられるものではありませんが、肩甲骨周りを刺激できるストレッチ効果と、正しいフォームをキープする効果があるので、結果的に腕立て伏せの効果も引き出しやすくなります。

意外なメリット

さらにプッシュアップバーを使用していて感じた意外なメリットがあります。それは腕立て伏せをした時の手首の痛みがなくなった事です。

これはおそらく今までの私の腕立て伏せのフォームが乱れていた事もあり、手首に無理な力が加わっていたのが補正されたからです。

今までは回数を重ねる毎に手首の角度がどんどん後ろに下がってしまっていたのですが、プッシュアップバーを握ると手首の向きが変わってロックされるので、時々発生していた手首の痛みに悩まされなくなりました。

ただ一度だけ手首に妙な痛みが出てしまった事があるのですが、その理由はプッシュアップバーの使い方を間違っていたからです。

プッシュアップバーの傾き

このように角度が付いているプッシュアップバーを逆向きにして握ってしまったので、左右で差が生まれて痛みが出てしまいました。これを意識するようになってからは痛みは全く出ていません。

プッシュアップバーの効果というのは、これらのように腕立て伏せの正しいフォームを維持しやすくなるという事です。自宅で一人で筋トレに行う人にとっては、かなり相性が良いアイテムだと感じました。

フォームが安定すると当然筋トレの効果も高まります。今まで連続で20回ぐらいは楽に腕立て伏せが出来ていたのですが、プッシュアップバーを使用すると15回ぐらいで限界が訪れました。

ダイレクトに胸の筋肉に刺激を与えられるようになるので、自宅で筋トレを行っている人には本当におすすめです。

肩甲骨周りがしなやかになると、肩幅が広がって自然と胸を張った良い姿勢になり、抜群に洋服が似合いやすくなります。

猫背で肩幅が狭まって前に入っていると、洋服が皺だらけになってしまうだけでなく、健康にも良くありません。

特にスーツのように張りのある生地の洋服を着ていると、生地が引っ張られて疲れの原因となってしまいます。

筋トレをして体力がつくというよりも、筋トレによって正しい姿勢に導かれる事で、無駄な体力が奪われなくなるような事です。

最近はスマホやデスクワークの影響で姿勢が崩れてしまっている人が多いだけに、プッシュアップバーの効果は抜群に相性が良いと感じています。

これらの効果は筋肉が目に見えて分かるほど大きく発達する前から実感できるはずです。

一般的な腕立て伏せでもしっかりとフォームを確認しながら行えば、同様の効果があるとは思いますが、どうしても一人で行うとなるとフォームの乱れに気がつきにくいので、プッシュアップバーを取り入れる価値があるのではないでしょうか。

もちろん胸の筋肉も発達しやすくなるので、男らしい堂々とした姿勢に近づいてくれます。洋服の上からでも男性らしい肉体をアピールできるようになると、女性の視線を感じられるようになりますよ。

男性が女性の胸に目がいくように、実は女性も男性の胸を意識しているという調査結果もあります。見事な腹筋はプールや海にでもいかないとアピールできませんが、胸の筋肉は洋服の上からでもアピールできるのでモテに直結する筋肉です。

女性でも姿勢が悪いとスタイルの良さが伝わってきませんが、良い姿勢でいると女性らしいボディラインが浮き出て魅力的にうつります。

実際の体型よりも姿勢の良しあしが印象を変える事は珍しい事ではありません。男性も良い姿勢をキープできるようになるとスタイルが抜群に良く見えるようになるので、意識してほしいと思います。

その為にもプッシュアップバーを取り入れる価値があると感じています。今まで存在すら知らなかった私がバカでした。自宅で腕立て伏せをするなら必須アイテムだと感じています。

下手に高価なブランド服を購入するよりプッシュアップバーを購入した方が、ずっと見た目の印象が良くなるかも知れません。

想像以上に姿勢に好影響があるので、筋トレの効果を高めたい男性だけでなく、洋服をカッコよく着こなしたい男性にもプッシュアップバーはおすすめです。どんなにカッコ良い洋服を着ても姿勢が悪いと良さなど引き出さません。

次はプッシュアップバーの効果を高める使い方や、腕立て伏せ以外の筋トレにも利用する方法を紹介します。世の中には様々な筋トレグッズがありますが、プッシュアップバーはコスパ抜群のグッズですよ。

次は:プッシュアップバーの効率的な使い方
mae iro iti iro ni san tugihe
3ページ中、1ページ目を表示

down

コメントする