男の着こなし.com

ドローイングの効果はやり方次第!間違えるとヤバいです

ドローイングとは?

まず初めに簡単にドローイングについて説明します。ドローイングとは意識的にお腹を凹ませて腹筋を刺激するトレーニング方法のことです。ドローイングではなく「ドローイン」と短く表記することもあります。

お腹を凹ます動作に加えて呼吸を意識することで、より腹筋に刺激を与えられてトレーニング効果が高くなります。お腹を凹ます時に息を吐き切ります。

ドローイングと似たようなものに、ヨガのポーズの中でお腹を凹ます動作を行うことがあります。

ヨガの達人クラスになると、胡坐をかいたまま腹筋をグネグネと動かすことが出来るようになります。テレビでヨガにハマっている片岡鶴太郎さんもやっていました。

単純にお腹を凹ます、膨らますだけなら誰でもできますが、腹筋が波打つようにコントロール出来たり、さらには腹筋の左右まで使いわけられるようになります。

伝説の格闘家、ヒクソン・グレイシーが同じようなことをやっていました。


(3分過ぎからお腹が凄いです)

ここまで腹筋をコントロールすることはかなり難しいと思いますが、ドローイングも腹筋の位置を意識しながら行うことで、様々な箇所(体幹の筋肉や周辺の内蔵)に刺激を与えることができます。

洋服をカッコよく着こなす為には、お腹が出ていると難しいですし、健康の為にも中年太りは避けたいものなので、いつでもどこでも気軽に行えるドローイングを、生活に取り入れてみてほしいと思います。

ドローイングのやり方!

えっと、まだドローイングをやらないでください。ちょっとだけ待ってください。ドローイングはやり方を間違えると大変なことになる場合があります。

その理由を説明していきますが、ただ、ちょっと下ネタです。先に謝っておきます。すいません。でもあなたに私と同じ経験してほしくないので、我慢して読んでもらいたいと思います。

私がドローイングを初めて知ったのは本屋さんの立ち読みでした。やることは簡単なので「そういうものか」と思い、その場で立ち読みしながらドローイングを行ってしまいました。

その後、しばらく別の本を物色している間にも調子にのり、素人考えのドローイングで腹筋をグイグイ凹ましていたところ、とんでもない便意が襲ってきました

徐々にではありません。いきなり「グルグルグルグル~」と猛烈な便意が襲ってきました。

幸い、そこは馴染みの本屋さんだったので、トイレの位置を把握しており、私は人目も気にせずにダッシュしました。何とか便器に座った途端、大爆発してしまいました。

大爆発のイラスト

文字通り、今まで体験したことがないぐらいの大爆発でした。

私は普段、便秘でも下痢でもないのですが、間違いなく人生で一番と言い切れるぐらいのヤバさでした。冷や汗が止まらなかったことを覚えています。

綺麗に拭いてパンツを履くと、妙なところにイヤ~な感触があり、おしり全面に散らばっていたようで、結局拭きなおすことになりました。これも初体験です。

相当散らばっていたのでしょう・・・そのパンツは直ぐに処分しました。

ドローイングに腸もみ効果も!

ドローイングが悪いわけではないのですが、普段使わないお腹周りの筋肉を、いきなり勢いよく動かしてしまったせいで、腸が刺激されたのだと思います。

なので、初めてドローイングを行う時は必ず自宅で行ってください!しかも調子に乗って長時間しないでください。

初日は軽く腹筋を刺激する程度でやめておいてください。ある程度腹筋を凹ますという動作に慣らしてから、翌日以降にでも本格的にドローイングを行ってください。

今これを読んでいる電車の中で初めてのドローイングを行ってしまうと、本当に大変なことになる可能性があるので気を付けてください。

テレビを見ていると、便秘解消のためのマッサージや体操が紹介されていることがあります。皮膚の上からのマッサージによって腸の動きを促すわけですが、おそらくドローイングにも同じように腸内の活動を活発にさせる効果があるのだと思います。

腸もみ

引用元:http://xbrand.yahoo.co.jp/category/bodycare/4283/4.html

そもそも腸は腹筋を使って動いているので、ドローイングでも同じような効果があるのだと思います。

しつこいようですが、初めてドローイング行う場合は周りの環境(トイレ)に気をつけてください。

何度もいいますがドローイングが悪いのではありません。腹筋を鍛えるだけではなく腸内環境にも素晴らしい効果が期待出来ます。おそらく便秘解消にも効果があります。

私は普段から定期的に一般的な腹筋のトレーニングを行っていたのですが、ドローイングでは通常の腹筋のトレーニングとは違う筋肉を刺激するのだと思います。

参考腹筋ローラーの効果は背筋にも!?

それなりに腹筋に自信がある方でも、ドローイングはチャレンジしてみる価値があると思います。一般的な腹筋で鍛えられる筋力というよりも、細かなコントロール能力が要求されるので、よりしなやかな腹筋に近づけると思います。

しつこいようですが、いつでもトイレに行ける環境で行ってくださいね。

ドローイング上級編

ドローイングをお腹を凹ますだけと言いましたが、慣れてくればヒクソングレイシーの動画のように、意識的に様々な腹筋を動かすようにイメージしてみてください。

実際に鏡の前で行うのも効果的です。めいいっぱいお腹を凹ました状態でも、そこからもう少し搾れるようになるものです。横隔膜を上に持ち上げるようなイメージをしたり、腹筋の左右を使い分けるようなイメージをしてみてください。

日常生活の中で腹筋の左右や上下を意識することはありませんが、鏡の見ながら行うことで少しずつ意識することができるようになります。

これは胸の筋肉を思い浮かべるとわかりやすいと思います。マッチョな人は胸の筋肉を左右別々にピクピク動かすことが出来ますが、胸の筋肉がない方はどこに力を入れていいのかわからないと思います。

大胸筋が目立つ男性

胸の筋肉を鍛える筋トレを行っていると、何度も大胸筋が筋肉痛になり、ちょっとした動作でも胸の筋肉を使っていたことに気がつくようになります。

このような経験を積み重ねていくうちに、自然と大胸筋に力を入れるコツがわかってくるものです。

他にもウインクで考えるとわかりやすいかも知れません。私は小学生の頃に初めてウインクをしたことを覚えているのですが、左目しかできませんでした。その事を同級生にからかわれたことを覚えています。

それが悔しくて必死で練習をしました。初めは右目だけをつぶろうとしても左目まで閉じてしまったものですが、手で左目を開きながら右目だけをつぶるように練習していると、数日で出来るようになりました。

ドローイングも初めはお腹を凹ますだけで十分ですが、ある程度慣れてくれば様々な腹筋の使い方を意識してみてください。痩せている方は肋骨の動きにも注目してください。常に腹筋の箇所を意識をしながら動かすようにすることで、もう一つ先にいけると思います。

特定の筋肉に意識を向けてトレーニングすることはとても重要です。世の中には手の指先の第一関節だけを器用に曲げられる方や、耳をピクピク動かせる方もいます。日本人でも欧米人のように片方の眉毛だけを器用に上げて、驚く表情をすることができる方がいます。

片眉を上げる外国人男性

これらは要するに、特定の筋肉を動かすコツを知っている方です。

母音の少ない日本語の発声ではおでこの筋肉を使わないのですが、英語圏は日常会話でもおでこの筋肉を刺激しているそうです。だからこそ、おでこの筋肉を日本人よりも器用に使える方が圧倒的に多いのだそうです。だからこそ多くの欧米人が片方の眉毛だけを上げる動作を自然に出来ます。

ウインクが苦手な方も鏡を見て意識しながら行うことで上達が早くなります。口笛も見よう見まねで意識しながら様々な口の形を試すことで、少しずつコツを掴んでいきます。一度コツを覚えてしまうと一気に上達するものです。

ぜひドローイングも慣れてきたら鏡の前でお腹を凹ましてみてください。腹筋の上側や下側を意識して凹ましてみてください。左右の腹筋を別々に凹ましてください。波打つようにコントロールしてみてください。

おそらく初めは全く出来ませんが、徐々にコツがわかってくるものです。

そして鏡を見ながらドローイングを行うと、自分が理想としているお腹のサイズもイメージしやすくなります。これぐらいまでなら痩せられるとイメージできると、結果が早くなるものです。

またドローイングを行う時は姿勢も気をつけてください。猫背で背中が丸まっているとお腹を凹ましにくくなります。逆に最もお腹を凹ますように努力をしていると、自然と骨盤が起き上がって姿勢も良くなるものです。

猫背の男性のイラスト

逆に最も腹筋に力を入れやすい姿勢といのは正しい姿勢でもあります。ある程度ドローイングに慣れてきたら、より力を入れやすい姿勢や角度も意識してみてください。

またあえて呼吸のタイミングを変えてみるのもおすすめです。息を止めながら凹ませてみたり、息を吸いながらお腹を凹ましてみると、力の入り具合の違いを感じ取れると思います。

このような経験を積むことで、細かなコントロール能力が上がっていきます。

まとめ 腹筋の大切さ

大腸を動かすのはお腹周りの筋肉です。様々な内臓を支えているのもお腹周りの筋肉です。これらが衰えてしまうと、臓器の位置が下がって機能も落ちてしまいます。

お腹がポッコリ出てる方は脂肪だけが原因ではなく、内蔵を支える腹筋が衰えているからでもあります。

腹筋のトレーニングというと、バキバキに割れた見事な腹筋というイメージがありますが、必ずしもそこを目指す必要はありません。ストレッチやドローイングのように日常的に腹筋を刺激することは、内臓にとっても良いことです。結果的に健康への好影響が期待できます。

私の体験のように腸もみ効果を狙ってドローイングを行うのもいいでが、腹筋のコントロール能力が上がるほど他の臓器にも良い影響を与えてくれるので、ぜひ頑張ってみてほしいと思います。

おそらくドローイングは単純な腹筋トレーニングよりも、ずっと健康効果が高いと思います。

ドローイングだけで腹筋が割れるとは言いませんが、それなりに腹筋を鍛えている方でもドローイングをする価値があると思いますよ。より細かな腹筋を刺激できると思います。

ただし、しつこいようですが、初めてドローイングを行う時だけは気をつけてください。初日は慣れることを意識してください。またお腹周りの筋肉痛は日常生活に大きな影響を与えるので、休日の前などタイミングも意識してほしいと思います。

いつでもどこでも出来るドローイングというのは、そう多くありません。洋服をカッコよく着こなす為にも、健康の為にも効果的なので、日常生活に取り入れてみてください。

【関連記事】
正しい姿勢がわからない人はお尻!

道具いらずで握力を簡単に鍛える方法

食事前の酵素で疲れ知らずの身体に

コメント

  • 欧米人の驚いた表情が確かに出来ないww

    by 匿名 €2018年6月10日 11:05

down

コメントする