男の着こなし.com

中年男性の髪型は清潔感を第一に!遊ばせると不潔に見えます

中年男性の髪型の考察

今回は中年男性の髪形について考察していきます。若者は基本的に清潔感があるので自由な髪型で良いと思うので、この章は読み飛ばしてもらって構いません。

あくまでも加齢に伴って清潔感が失われ、髪のボリュームが寂しくなる中年男性向けのおすすめの髪型の情報です。

中年男性に限らず、似合う髪型、似合わない髪型というのは、もちろん人それぞれです。これといった正解があるわけではないのですが、逆に不正解は存在します

ダメ

不正解の髪型というのは女性受けが悪い髪型です。そこを意識して避けることが中年男性の髪型を選ぶポイントになります。

そもそも男性同士で髪型を気にすることは多くありません。よほど奇抜な髪型でもない限り、問題になることはありません。

一方で女性は男性の髪型を気にすることが多いです。女性の社会進出の増加に伴い、ビジネスの場でも女性と接触する機会が増えています。だからこそ、女性受けの悪い髪型を避ける必要があります。

まずは、あなたが好きな髪型と似合う髪型が別だと言うことを認識してください。

女性に嫌われる髪型

女性が好きな男性の髪型にもそれぞれ好みがありますし、はっきりとした正解があるわけではありませんが、不潔な髪型、似合っていない髪型を好きな女性は一人もいません

しばしば中年男性で長い髪を束ねている方がいますが、九割は似合っていません。

芸能人の中には確かに似合っている中年男性もいますが、そもそも顔立ちやスタイルがよく、ファッションも綺麗にまとめられており、清潔感が一般の中年男性より圧倒的に溢れているからこそ、何とかなっている髪型です。

そのような髪型の芸能人ですら、役作りで髪を短くすると「そっちのほうがいい」と大抵は言われるものです。

芸能人でもない一般の中年男性が、長髪のような目立つ髪型をするのは非常に難しいと心得てください。そもそも芸能人のように特別な個性が求められるケースなど稀なはずです。

クリエーターやバーテンダーのような個性が求められる職種であれば、清潔感のある長髪が有利に働くことがないとは言いませんが、多くの中年男性には当てはまりません。

長髪に限ったことではありませんが、年相応からかけ離れている髪型(若作りの髪形)というのは、どこかにスキがあると一気に不潔に見えてしまいます。

参考若作りと若々しいの違い!

髪がボサボサだったり、ボリュームがなかったり、無精ひげだったり、白髪が目立っていたり、逆に黒々と染めすぎているのが目立っていたり、洋服が昔の流行だったりすると、女性からオシャレな髪型とは思ってもらえません。

単なる不潔でだらしのないおじさんという烙印を押されてしまいます。

ただでさえ清潔感が失われてしまう中年男性が、髪型で冒険をするのは非常にリスクが高いので気をつけてください。それこそ芸能人のようにスキンケアや体型維持やファッションも含めて、相当努力をしないと似合うことは難しくなります。

清潔感とは?

清潔感を点数で例えてみます。

一般の中年男性の清潔感が50点、それほど衰えていない若者は60点が平均だと仮定します。

ここに容姿やスタイルが良ければ、プラス10点、20点となります。

容姿のいい80点の若者が、だらしのない格好で不潔な髪型だと60点になります。

一般の中年男性がだらしない格好だと40点、さらに不潔な髪型だと30点になります。

たとえ顔立ちがハンサムな中年男性でも50点どまりです。

似合っていない髪型や不潔な髪型、だらしのない洋服は減点対象になります。

逆にカッコいい洋服を着こなしたとしても、実は10点、20点とプラスになるわけではありません。

せいぜい数点の加点にしかなりません。

これだと努力する必要がないように感じますが、何もしないと加齢による減点がモロに出てしまいます。

清潔感が失われていく中年男性に必要なことは、大きな加点を狙うのではなく、全力で減点をさせないことです。奇抜な髪型や流行のファッションで加点を狙うよりも、清潔感を意識した普通を目指して減点を少なくする方が、より簡単で効果的です

80点のイケメンが香水を付ければ加点になるかも知れませんが、30点の男性に香水で加点しても意味はありません。高級腕時計を身につけていても偽物とすら見えるかも知れません。加点どころか減点対象になってしまうこともあります。

同じように流行のファッションや髪型を取り入れても、そもそもの平均的が低いと僅かな加点にすらなってくれない可能性が高くなります。

参考体臭対策は匂いを誤魔化しても意味がない

清潔感が失われてきた中年男性が目指すべきは加点ではなく、減点されないための努力だと認識してください。

女性でも無駄な努力をしている方がたくさんいるものです。「そこじゃねーよ」と思わず突っ込みたくなるようなポイントを努力している方が珍しくありません。

ろくに髪を梳かすこともせずに着飾ったところで意味はありません。デブがむくみを気にしてマッサージをしても意味はありません。努力するべきはむくみの解消ではなく無駄な脂肪の解消です。

男性も徹底的に減点対象になることを避ける必要があります。当サイトで洋服も髪型も清潔感が大切と口を酸っぱくして訴えているのは、努力しないと減点を防げないからでもあります。

ダメな髪型

具体的に女性受けが悪い髪型、不正解な髪型というのは「不潔な髪型」です。

ボサボサだったり、フケが浮いていたり、ベタついていたりすると、女性に限らず男性でもイヤだと思います。この不潔に見えやすい要因を徹底的に避ける必要があります。

長髪は清潔感をキープするのが大変なので向いていません。お風呂上りに時間をかけてドライヤーで丁寧に乾かし、ブラシで整える必要があります。髪の傷みのケアも必須です。

そのように努力をしないと清潔感をキープできない髪型は避けてください。

不潔な髪型というのは、やりたくてやっているわけではないのでしょうが、ホームレスの方を想像してみるとわかりやすいと思います。

(彼のように容姿が整っているとホームレスでも清潔感が溢れますが)

ホームレスの方でも髪を短く刈り込み、きちんとヒゲ剃りをし、サイズの合った新しい洋服を身につければ、ほとんどの方は普通の見た目になると思います。

髪は長くなるほど手入れが必要になります。それだけ清潔感をキープするのが難しくなるということだけでも覚えておいてください。

だからといって坊主頭が良いとも言えません。それについては私の実体験を元に、別のところで詳しく紹介しているので参考にしてみてください。

参考薄毛だからと坊主にするのはハイリスク?

洋服も清潔感

肌がみずみずしくて髪に張りのある若者であれば、ボロボロのジーンズ履いて毛先を遊ばせた髪型でも清潔感を保つことが出来るものです。

若者風の髪型

一方で中年男性になると肌や髪の清潔感が自然と失われてしまうので、身なりや髪型が不潔だと一気にホームレスのような印象になってしまいます。

たとえヴィンテージの高級なジーパンだとしても、ジーパンマニア以外には清潔感のないだらしない格好にうつります。

若者の寝癖は愛嬌になりますが、中年男性の寝癖は目も当てられません。

くどいぐらい清潔感の重要性を説明してきましたが、中年男性は努力をしないと普通すらキープ出来ないことを認識してください。

この普通を全力で目指してほしいと思います。普通のレベルにすら達していない中年男性が世の中には溢れているので、普通のレベルになるだけで相対的に周囲から高評価が得られることになります。

これが中年男性に似合う髪型のポイントです。

ファッションも髪型も流行や高級ブランドで加点を狙うより、普通を目指す方がずっと効率的で簡単です。

次はもう少し具体的に、中年男性におすすめの髪形にする方法を紹介します。

次は:中年男性は美容室よりも理容室がおすすめ
mae iro iti iro ni san tugihe
3ページ中、1ページ目を表示

【関連記事】
普通のファッションが有利な理由!

本気の薄毛対策!世の中の嘘に騙されるな

清潔感が十分では不十分な理由

down

コメントする