男の着こなし.com

モデルと一般人の洋服の着こなし方の決定的な違い

モデルと一般人の着こなしの違い

オシャレが好きな方は男女問わずに、ファッション雑誌のモデルの洋服の着こなしを参考にする方が多いと思います。

当サイトではスタイルの良いモデルの着こなしを参考にしても、一般的な体型の男性が上手く着こなす可能性は低いので、あまりおすすめはしていないのですが、実はこのスタイルの違い以外にも決定的な違いがあります。

それは洋服を着こなす目的の違いです。

洋服を着る目的

一般人が洋服を着こなす目的というのは、自分をオシャレに魅せることで周囲の人からの評価を上げることです。

もちろんオシャレだけではなく、仕事着のように効率を重視したものもありますが、それも仕事相手からの信用につながります。

きりっとしたイギリスの警察官の制服

オシャレ好きの人の中には、自分の気分を高揚させるためという目的の人もいますが、そのオシャレで気分が高揚する理由が、周囲の人からの評価されたという経験を元に構築されたことが多いです。

中には誰からも評価されない奇抜な恰好をしている人もいますが、そのような人に対してオシャレな印象にはなりません。

これもオシャレの楽しみ方の一つではありますが、これはコスプレのようなものなので時と場所を選ぶ必要があります。

一方でモデルが洋服を着こなす目的というのは、あくまでも洋服を際立たせることにあります。

自分をカッコよく魅せる為の着こなしではなく、洋服の良さを引き出すための姿勢や表情や仕草(ポージング)を取り入れます。

大人の雰囲気があるシックなデザインの洋服の良さを際立たせる為に、姿勢よくクールな表情を決めるようなことです。

カジュアルな洋服であれば躍動感のあるポーズや弾ける笑顔をします。さらに髪型のセットも洋服の雰囲気に合わせて変えていきます。

他にもシチュエーションを工夫したり、ドライヤーで風を送って洋服の生地をなびかせるようなこともします。

逆に洋服のデメリットを隠す為に、照明を明るくして生地の質感をわからなくさせたり、裏地や背中側を写らないようにすることもあります。

実際に私が過去にネットで購入したニットのセーターは、表側のデザインが裏側には全くなくて驚いたことがあります。

販売ページのモデルが着用している状態を確認してみると、裏側は全く写っていませんでした。

これらのように、あくまでも洋服の良さを引き出す道具として、モデルという存在があります。

様々なタイプのモデルがいるので、予めその洋服のコンセプトに合うモデルを選ぶのはもちろんですが、そこからさらに洋服に歩み寄ることがモデルの技術ということになります。

一般人でも憧れのブランドの洋服を着こなす為に、スタイルや髪型を合わせようとする人もいますが、そもそもブランドのコンセプトに合っていない場合は残念な結果になってしまいます。若作りのファッションなどその典型です。

参考年相応のファッションが良い理由

○○のブランドが大好きだったとしても、そのブランドが想定している客層と合っていないと、似合いようながありません。

モデルだって好きなタイプの洋服がそれぞれあると思いますが、プロとして自分の好みは捨て去り、洋服の良さを引き出すことにフォーカスしています。

テレビでパリコレを目指すモデルを育成する企画があったのですが、そこで優勝した方の選考基準の説明で、着る洋服によって表情や姿勢がガラり変わる憑依タイプと言われていました。

これがまさにモデルの仕事です。洋服に合わせるのがモデルの技術であり、自分の良さを出す為に洋服を着こなすのではありません

このように洋服を着こなす目的に決定的な違いがあるので、一般人がモデルの着こなしを真似してしまうと、スタイルの違いだけでなく、自分の良さも引き出せなくなり、ちぐはぐな印象になってしまいます。

一般人におすすめの着こなし

私が考える一般人におすすめの着こなしというのは、あくまでも自分を良く見せる目的にフォーカスすることです。

洋服の良さを引き出すのではなく、自分の良さをアピールできる洋服を選んだり、自分のコンプレックスを上手く隠せるような洋服を選ぶことです。

自分の良さを引き出すのに分かりやすいのは、オーダーメードの洋服です。自分の体型に合わせて洋服を仕立てるので、ブランドが想定しているスタイルと違っても似合わせることが出来ます。

あるブランドの洋服のLサイズが想定しているスタイルというのは、モデルのように細身で180センチぐらいの人です。

目安として175~180という表記があるかも知れませんが、Mサイズも170~175といった感じになっています。実際に175センチの人がどちらのサイズも似合うのかというと、決してそんなことはありません。

体重も人それぞれですし、同じ体重でも筋肉量によってスタイルは大きく違いますし、姿勢によってもスタイルは変わります。

オーダーメードであれば、これらの個性に合わせてしっかりと対応することが出来ますが、既製服だと裾上げ程度しか出来ません。

だからこそ、一般人は自分の体型に合う洋服を選ぶことが重要になります。

モデルのように洋服に寄せるのではなく、自分に洋服を合わせるのがポイントです。

普段着がダサいお父さんでもスーツ姿はそれなりにカッコよく決まるのは、スーツはサイズ合わせを細かくできるからです。

ファッション雑誌のモデルの着こなしを参考にするのは構いませんが、そのまま鵜吞みにするとここを見落としてしまうので気をつけてください

コーディネートそのものを参考にするのは構いませんが、全く同じ洋服が自分の体型に合うとは限らないので、そこをしっかりと見極める必要があります。

この視点がないと残念な着こなしになってしまいます。

残念な着こなしとは

せっかくお金をかけてハイブランドの洋服を着ているのに、残念な着こなしになっている方が多いものです。

お金持ちアピールのファッションで女性にモテることもありますが、それはあくまでもお金になびいているだけであり、付き合うことになってもお互いにとって良い結果になる可能性は低いです。

モデルのような端正な顔立ちでスタイルも良いのであれば、自分の年齢やタイプに近いモデルを起用しているファッション雑誌の洋服を、そのまま取り入れてもカッコ良く着こなせるかも知れませんが、多くの一般の人には当てはまらないと思います。

しばしばオシャレに自信がない人に対して、マネキン買い(お店のマネキンをそっくりまねる)を勧めている方がいるのですが、コーディネートのバランスが良くてもサイズがちぐはぐだと、残念な着こなしになってしまいます。

その洋服が想定しているスタイルと、自分のスタイルがかけ離れていると似合いようがありません。

あくまでも自分の体型に合う洋服を見極めた上で、雑誌のモデルやマネキンの着こなしを参考にする必要があります。

「人からどう思われようと関係ない!俺が好きな恰好をして何が悪い!」

といった考え方が間違いというわけではないのですが、何の為に洋服をオシャレに着こなしたいのか、という本来の目的を確かめることで、自分よがりなオシャレと距離を保つことが出来るようになります。

奇抜な恰好をしているモデルでも、プライベートでは落ち着いたファッションをしているものです。

アニメキャラのシャツが好きなのは構いませんが、それは自宅やアニメ仲間の前だけで楽しめばいいことであり、仕事場にまで持ち込んでしまうとマイナスにしかならないので気をつけてください。

そしてモデルのように洋服に自分を合わせる必要もありません。合わせるのは自分の体型であり、着用する場に適している洋服です。

モデルがサングラスをカッコよくかけていても、サングラスが合う場など限られています。西日が目に入るドライブ中だけであればいいのですが、日が落ちてからもサングラスをかけていると、残念な印象にしかなりません。

サングラスの良さを引き出すために、ファッション雑誌ではわざわざ太陽のまぶしい海辺のリゾート地で撮影をしています。多くの一般人が遭遇する場ではありません。

南青山のオシャレなオープンカフェで映えるファッションなど、その他の場では浮いてしまうファッションです。個性的なファッションほどTPOを限定されるので、多くの一般人には向いていないことが多いです。

お金に余裕があるのであれば、その時々に合わせることも出来ますが、それこそ予算が限られている一般人が踏み込むべき領域ではありません。

車を何台も所有できるお金持ちであれば、二人乗りのスポーツカーや大きなSUVや高級セダンといった具合に使い分けることが出来ますが、一般の人が背伸びしてスポーツカーを手に入れてしまうと、使い勝手が悪くなるようなことです。

ある車の本に悲しい話が紹介されていたのですが、子供の頃にスーパーカーブームにハマり、中年になってやっとフェラーリを手に入れた男性が、娘の学校の参観日にフェラーリで乗り付けてしまい、注目を浴び過ぎて娘が困ってしまい、「二度と来ないで!」と言われて助手席にも乗ってもらえなくなったそうです。

ここまで極端な事はファッションでは多くありませんが、参観日にギラギラと金持ちアピールのファッションで参加してしまうと、同じようなことになるかも知れません。

実際に私が学生の頃に同級生の親がホステスだったようで、色気たっぷりのメイクや煌びやかな洋服で参観日に来てしまい、クラス中で「誰の親?」とザワついたものです。

中途半端な背伸びのファッションは結果的に残念な着こなしになってしまうので、気をつけてほしいと思います。

まとめ 普通の凄さ

多くの男性が適当に洋服のサイズを選んでいるので、残念な着こなしになっているものです。ろくにメンテナンスもしていないので、清潔感もありません。

逆に考えると、普通の洋服でもしっかりとサイズを合わせて選び、日頃からメンテナンスをして、TPOを意識しながらコーディネートすることで、グッと印象が良くなります

靴を磨くだけでも清潔感は随分と良くなるものです。価格やブランドはそれほど関係ありません。あくまでも自分にきちんと合わせた洋服や靴が良いということです。

洋服のコンセプトに合うモデルを厳選し、さらに姿勢や表情や髪型やシチュエーションまで含めて洋服に寄せている雑誌の着こなしと相性が良い一般人は、決して多くないということです。

女性向けのファッション雑誌だと、コンセプトも様々で庶民的なタイプのものもあるのですが、男性向けとなると選択肢が少なくなり、年代もざっくりとしか区切られていないので、中途半端に取り入れてしまうと残念な着こなしになってしまいます。

モデルの洋服の着こなし方はそもそもの目的が違うので、安易に真似をするようなことは避けるべきです。

洋服のデザインやコーディネートを参考にするのは構いませんが、似たような洋服の中から自分に合うものを探すことがポイントです。全く同じ洋服である必要はありません。

一般人が洋服の良さを引き出す必要は全くないので、自分の良さを引き出せる洋服を上手に選べるようになりましょう。

【関連記事】
センスのない男性の部屋の特徴

男性ファッションに個性は必要ない?

ダサいファッションから抜け出す方法

コメント

  • モデルを真似ると残念な印象になるのは同意
    カメラ映えするファッションは生で見るとアンバランスなことが多い

    by 匿名 €2019年3月16日 21:11

down

コメントする