男の着こなし.com

眼鏡が似合わない男性の特徴!自分の好みで選ぶのはNG

眼鏡が似合わない男性の特徴

世の中には眼鏡が似合わない男性が珍しくありません。私自身もそうだったのですが、眼鏡が似合っていない男性にはある特徴があります。

一般的にはよく「丸顔の男性には○○眼鏡が似合う」「面長の男性には△△眼鏡は似合わない」といった事があげられていますが、そのような条件に当てはまっている男性でも、似合う事もあれば全く似合わない事があるように、あくまでも目安でしかありません。

誰にでも似合う眼鏡などありませんし、あくまでも相性があるだけです。

むしろそのような目安を参考にするばっかり、本質を見落としてしまう事も珍しくありません。

眼鏡が似合わない人に欠けている特徴というのは、

自分で選んでいるからです。

オシャレな人が伊達メガネを選ぶのであれば、しっかりとバランスを見極めながら選ぶ事ができますが、視力が悪い人が自分で眼鏡を選ぶとなると、視力が悪いだけに鏡の前でしっかりと確認する事ができません。

これが一番の問題です。度付きレンズが組み込まれた眼鏡が完成して初めて確認する事になるので、

「思っていたのと何か違う・・・」

という事になってしまいます。これが多くの男性が似合わない眼鏡をかけている理由です。

視力が悪い人ほどレンズの厚みも増す傾向があるので、目の大きさの見え方も変わります。眼鏡屋さんのようによほど詳しい人でもない限り、完成品の眼鏡を身につけた時に想像通りだったという事にはなりません。

似合う眼鏡を見つけるポイントというのは、このよほど詳しい人の意見を参考にする事です。

似合う眼鏡を見つける方法

私自身もそうだったのですが、自分の好みで眼鏡を選んでいた頃というのは、周囲の人に眼鏡姿を褒められるような事が全くありませんでした。

ある時に初めて訪れた眼鏡屋では、二つ購入すると三つ目がサービスで付いてくるという価格設定だったので、三つ目を対応してくれた女性店員さんに選んでもらうと、自分では絶対に選ばないであろうタイプの眼鏡になりました。

はっきりいって全く好みではなかったのですが、ある時に職場にかけていってみると、びっくりするぐらい周囲の人から褒められる事になりました。

  • あれ?眼鏡替えたんですね!いいっすね
  • ○○さん、その眼鏡素敵です

といった感じで褒められ、久しぶりに会った取引先の人からも、「印象が変わった」と褒められました。

その事があまりにも衝撃的で、それからは常に店員さんの意見を参考に選ぶようにしています。

ネットで「似合う眼鏡の見つけ方」を調べてみると、様々なメガネメーカーが事細かにポイントを紹介しているのですが、それらを全て素人が判断するのは難しいわけです。しかも視力が悪い裸眼で判断するとなると、ほとんど不可能です。

一方で眼鏡屋の店員さんであれば、それらの知識や経験が豊富なので、素人とは比べ物にならないほどのスキルがあります。

これは似合う髪型を見つける方法でも同じなのですが、プロの美容師が似合うと思う髪型と、お客さんの好みが一致するとは限りません

プロの目から見て似合わないと分かっている髪型でも、お客さんが指定してきた髪型を勝手に変えるわけにはいかないので、どこかしら妥協する事は珍しくないわけです。

それでも一流の美容師であれば、お客さんの好みの意図を汲み取りながら、頭の形や髪質や量に合わせてバランスを取るといった事をしてくれます。

ファッション雑誌を持ち込んで「このモデルと同じ髪型にしてください」と言われても、全く同じ髪型にするのではなく、その人がそのモデルの髪型に感じているメリットを上手く取り入れるような事です。

これが眼鏡選びだとなるとプロがバランスを調節する要素がありません

それこそファッション雑誌で容姿端麗でスタイル抜群のモデルが着用している眼鏡と、全く同じ物を手に入れられてしまうだけに、顔の大きさも髪型も違う一般人にとってバランスの取れない眼鏡になってしまいます。

自分で眼鏡を選ぶという事は、美容師さんがお客さんの好みの髪型通りに仕上げるような事であり、アンバランスになってしまいます。

昔の私がそうだったように、自分の基準だけで眼鏡を選んでしまっている男性が多いので、大抵はバランスが取れずに似合わなくなってしまいます。

自分に似合う眼鏡を選ぶポイントというのは、知識も経験も豊富なプロの力を利用する他力本願が一番有効になります。

自分で眼鏡を選ばない方法

眼鏡に関する知識が豊富な店員さんのスキルを利用するといっても、完全に丸投げしてしまうと店員さんも困ってしまうので、いくつかのポイントを紹介します。

  • 予算
  • 使用する場面
  • 髪型やファッション

予算は言葉の通りです。予め予算を伝える事で選択肢が狭まります。

使用する場面というのは、職場や職種に合わせる眼鏡なのか、オシャレを優先する眼鏡なのかという事です。

デスクワークが中心ならレンズの視力も変わりますし、細い眼鏡だと首の動きが多くなるのでレンズが大きめの眼鏡の方が負担が少なくなります。他にブルーライトカットなどの選択肢も入ってきます。

一方で身体を動かす仕事の男性であれば、眼鏡のフィット感や軽さといったものが重要なポイントになってくるような事です。

髪型やファッションというのも似合う眼鏡を見極めるうえで重要なポイントになります。スーツに合わせる眼鏡であれば、休日のラフなファッションや髪型に合わせて選ばれてしまうとズレが生じてしまいます。

優秀な店員さんであれば、予算内でこれらのバランスの取れた眼鏡を選んでくれます。視力が悪い人ならレンズに予算を掛けるのが一番かも知れませんし、それほど視力が悪くなくて普通のレンズで良ければ、フレーム選びを細かく詰められるような事です。

フレーム選びといっても、ちょっとした大きさの違いで印象は大きく変わります。人によって左右の目の感覚や眉毛との距離や鼻の付け根の高さなどが全然違うので、似たような眼鏡フレームでも相性の良しあしがあります。

この相性の良しあしを見極められるのは、そのお店にの商品を理解している店員さんだけです。

眼鏡の相性の見極め

例えば数年前からウェリントンという形のフレームの眼鏡が男女問わずに人気になっているのですが、当然のようにウェリントンのフレームといってもそれぞれ細かく違います。

全体的な大きさも違いますし、フレームの素材は太さも違います。鼻パッドの有無もあります。

鼻の高い欧米人だと鼻パッドなしでもズレ落ちないかも知れませんが、多くの日本人は鼻が大きくても付け根は低いものなので、相性が悪い事は珍しくありません。

鼻パッドが目立つのがイヤなのであれば、少しフレームの太いものを選ぶ事もできますし、鼻パッドそのものも目立たない小ぶりのものや、平面ではなく立体的になっているものもありますし、透明度が高いものもあります。

さらに細かな事を言えば、比較的レンズが大きい眼鏡なので、レンズの質によって反射具合も変わるので、予算の掛けどころといったバランスも取る必要があります。

価格の安い分厚いレンズだと、いかにも安っぽい反射になりがちな眼鏡です。

レンズ代込みで5000円という予算なのであれば、むしろレンズが小さい眼鏡の方が安っぽさを避けられる事もあるわけです。

よほど眼鏡に詳しい男性であれば、これらも含めて自分で選ぶ事が出来るかも知れませんが、それこそ視力が悪い裸眼の状態だと判断できない事もありますし、仕上がりのレンズの状況まで含めて考えるのは難しい事です。

だからこそ眼鏡屋の店員さんにお願いする事が一番だという事です。

まとめ 眼鏡は自分で選ぶな!

一般的に似合う眼鏡を選ぶ方法として言われているのが、顔の大きさや骨格や目の離れ具合や眉毛との距離などを見極めて、バランスの取れた眼鏡を選ぶ事なのですが、それらは視力が悪い人の裸眼では見極める事が出来ません。

それほど視力が悪くなくても経験がないと、なかなかベストな眼鏡フレームを見つける事が出来ません。

目の下のクマや皺が目立つ人であれば、あえてフレームを太くした方がバランスが取れるかも知れませんし、鼻が低い人ならパッドがないセルフレームの眼鏡とは相性が悪いかも知れません。

オシャレとして眼鏡を取り入れている女性の中にも、ズレ落ちておかしなバランスになっている事があるものです。

これらのように本当に些細な事で眼鏡のバランスは崩れてしまいます。自分に似合う眼鏡を見極めるのは簡単ではありません。

スキルのあるプロの美容師が髪を切ってもらう立場で、他の美容師に指示を出してカットしてもらうのであれば、適格なアドバイスができるのかも知れませんが、素人が自分の好みの髪型を事細かに美容師に指定してしまうと、アンバランスな髪型になってしまうような事です。

安易にファッション雑誌のモデルが似合っている眼鏡と全く同じものを選んでしまうと、人によってはバランスが取れなくて全く似合わない事になってしまいます。

一流の美容師さんはお客さんが「この髪型にしてください」とファッション雑誌をもってきても、全く同じ髪型にする事はありません。あくまでもニュアンスだけを取り入れて、そのお客さんの髪質や頭の形を考慮してバランスを取ってくれます。

このバランスを取るのは素人には不可能です。圧倒的な知識と経験が必要になるので、眼鏡も自分で選ぶのではなく、眼鏡屋の店員さんを味方に付ける事が、似合う眼鏡を見つけるコツです。

眼鏡が似合わない男性の特徴というと、顔の大きさや形や髪型ばかりが注目されてしまいますが、本質はそこではありません。あくまでも相性の問題であり、微差を調節できるプロであれば、どんな男性でも眼鏡が似合う可能性が高まります。

同じようなタイプの眼鏡でもフレームの太さで随分と印象が変わりますし、色や材質の違いでもバランスは大きく変わるものです。

靴選びのように全く同じデザインのものが、5ミリ刻みでサイズ違いがあるのであれば、好みのメーカーの靴の中からでも自分の足に合わせる事が出来ますが、眼鏡はそのようなサイズ展開になっていないので、様々なメーカーの似たような眼鏡の中から、バランスの良い物を選ばなければなりません。

眼鏡屋にファッション雑誌を持ち込んで、「こんな感じの眼鏡がほしい」と伝えると、似たような眼鏡の中からバランスが取れるものを選んでもらえるかも知れませんが、雑誌で紹介されていた眼鏡ブランドにこだわってしまうと、専門家であるプロのスキルを利用する事ができません。

本当に自分に似合う眼鏡を見つけたいのであれば、「こんな感じの眼鏡」といった基準ですら不要かも知れません。予算や場面を伝えて、いつものファッションや髪型にした上で店員さんに丸投げをした方が、本当に自分に似合う眼鏡を見つけてくれる可能性が高まります。

美容室で「ボブカットにしてください」とだけ伝えると、美容師さんなりにその人の頭の形に似合うボブカットにしてくれますが、そもそも明らかにボブカットが似合わない年代の人だと難しいわけです。

長年眼鏡をかけてきた人ほど自分なりの基準があるものですが、そもそも似合いようがないタイプの眼鏡を選んでしまっている可能性があるので、思い切って店員さんに頼ってみてください。

個人的には女性店員さんに選らんでもらうのがおすすめです。年配の男性店員さんだと、今までの眼鏡と近いものを選んでくる傾向があります。

女性は小さな頃から鏡と向き合ってきているので、男性よりも圧倒的にファッションセンスが高い傾向があります。

参考ファッションセンスがない男性の特徴

自分の基準から弾いてしまっていた眼鏡の方が、実際には似合うという事も珍しくないので、経験豊富な店員さんの意見を取り入れてみてください。

もちろん明らかに職場にそぐわないタイプの眼鏡のような場合は断っても良いのですが、それこそ職場と同じ髪型や服装でいけば、そのような事にはならないはずです。

洋服選びで考えてみても分かりやすいのですが、知識が乏しい人ほど、ろくに試着もせずに選んでしまうものです。

ズボンを2cm裾上げすればグッとバランスが良くなるような事も見過ごしてしまいますし、サイズを一つあげた上でスリムタイプを選ぶといった事も出来ません。

「俺はMサイズだから」

と決めつけていると、本当に似合う洋服と巡り合う事が出来ません。

そのような男性でも店員さんに相談しながら選んでいけば、「こっちの方が似合うかも知れませんよ」といったアドバイスが受けられますし、着用する場に合わせて色や柄を変えたり、客のレベルに合わせてメンテナンスが楽な素材をすすめてくれるかも知れません。

店員さんにおまかせにすると、予算の範囲内で高いものをつかまされると考える人もいるかも知れませんが、こちらの本気度が伝わると、大抵の店員さんは真摯に向き合ってくれるものです。

実際に洋服屋に勤めている知り合いの女性から聞いた話なのですが、笑顔で接客しながらも内心では、

「おまえにはコレは似合わねーよ、あっちだろ!!!」

といったストレスを日々感じているのだそうです。だからこそ店員を信じて頼ってきてくれると、凄く嬉しいと話していました。

多くの女性客は自分なりのファッションが確率しているので、的外れな洋服選びをする人は少ないのですが、男性客は本当にレベルが低いと嘆いていたものです。

洋服選びであれば、しっかりと鏡の前で確認する事も出来ますが、裸眼で視力が悪い状態での眼鏡選びとなると、自分の基準だけで判断するのが難しいので、上手く店員さんの力を味方にしてみてください。

正直に、

「自分に似合う眼鏡がよく分からないので、アドバイスしてもらえますか?」

とお願いすれば、よほど混雑していないタイミングであれば、丁寧に対応してもらえるものですよ。

おまけ 私が似合う眼鏡を手に入れた時の話

最後におまけで私が初めて女性店員さんに眼鏡を選んでもらった時の事を紹介します。

3本目の眼鏡を決めかねていたところ、女性店員さんの方から声をかけてくれたので、お願いしてみると笑顔で「任せてください!」と言ってくれ、椅子に座らされてから様々なタイプの眼鏡を持ってきては、かけさせていきました。

本数を数えていたわけではないのですが、おそらく10種類ぐらいの眼鏡をかけたあと、二つのタイプにしぼり、今度はその二つのタイプの眼鏡と同じような眼鏡をいくつもかけさせられました。

素人の私からすると、ほとんど同じように見えるのですが、その女性店員さんは「うーん」と私の顔と鏡を交互に確認しながら、一つ一つバランスを見極めてくれました。

時間を測っていたわけではないのですが、おそらく20分ぐらいは私の眼鏡選びだけに付き合ってくれました。

そして一つのタイプにしぼり、またまたほとんど同じような眼鏡をいくつもかけ、「お客様のお顔にはこちらの眼鏡が最も似合います!」と自信をもって勧めてくれました。

私は昔からメタルフレームの眼鏡を選んでいたので、セルフレームの眼鏡は好みではなかったのですが、時間を掛けて丁寧に選んでもらった事もあり、それを購入しました。

そして後日にその女性店員に選んでもらった眼鏡をかけて職場に行くと、冒頭で紹介したように周囲の人の反応が一変しました。

私の好みで選んだ眼鏡は新しくなっても誰からも気づかれませんでしたが(前の眼鏡とほとんど同じなので当然ですが)、女性店員さんに選んでもらった眼鏡はびっくりするぐらい高評価で自分でも驚いたものです。

店員さんにお願いするといっても、白いフレームのような奇抜な眼鏡を選ばれる事はまずないので安心してください。

なんてことない一般的な眼鏡フレームの中からでも、僅かな違いでバランスが変わるので、その見極めが上手な女性店員さんの力に頼ってみてください。

自分の顔に似合う眼鏡の特徴を調べたり、オシャレな眼鏡の事を勉強するのが悪いわけではありませんが、圧倒的に経験が豊富な店員さんの意見を無視してしまうと、お腹の出た中年のおじさんが、流行しているからとツーブロックの髪型にしているような残念な印象になってしまうので、気をつけてほしいと思います。

整った顔のイケメンほど様々な眼鏡が似合いやすい傾向があるのは間違いありませんが、眼鏡が似合わない男性に共通の特徴があるのだとすれば、それはバランスを見極めていないという事なので、そこを間違えないでください。

「俺は色白で面長だから細長いタイプの眼鏡フレームが似合う」

と決めつけていると、いつまで経っても本当に似合う眼鏡には出会えません。

経験豊富でファッションセンスの高い女性店員さんの力に頼った方が、ずっと似合う眼鏡を手にいられる可能性が高まるので、暇そうな時間帯を狙って眼鏡屋さんに行くのがポイントですよ。

【関連記事】
スーツが似合う男性の特徴

女性と目を合わせるのが苦手な人へ

目つきが悪い人の対処法

コメント

  • 眼鏡店勤務20年の者です。

    ブログ主様が仰る通り、こちら側にアドバイスを求めてきてくれるお客様は決して多くありません。
    鼻が痛くない眼鏡やフィット感のある眼鏡といった基準でアドバイスを求められる事はありますが、似合う眼鏡となると滅多に聞いてもらえません。

    お客様の好みは尊重しますが、やはり私共からすると微妙なものを選ばれている方もおり、もどかしさを感じる事があります。

    ご自身に似合う眼鏡を手に入れたい方は、是非とも私共の力を利用してください。
    むしろそのような機会に飢えている店員ばかりなので、全力で向き合ってもらえると思います。

    ただブログ主様は女性店員をおすすめのようですが、男性店員も決して知識と経験では負けていないので、よろしくお願いいたしします。

    by 匿名 €2019年10月9日 11:11

down

コメントする