男の着こなし.com

こだわりのメンズファッションこそアク抜きが大切!

植松晃士のファッションチェックが秀逸!

少し前に普段はあまり見る機会がないお昼の番組「ヒルナンデス」を見ていると、植松晃士さんがオシャレ自慢の女性のファッションチェックをしており、ズバズバとこだわりのファッションを切り裂いていました。



植松晃士さんについて詳しく知りたい方は公式のHPを確認してほしいのですが、

植松晃士公式ウェブサイト

簡単に説明すると、独自のおねえ視点で女性ファッションをプロデュースしている方です。

私は彼の本を読んだことがあり、おブスに見えてしまうファッションをぶった切るスタイルは理解しているつもりだったのですが、実際にテレビ番組の企画でその様を見ていると、とても感心しました。

一般女性が良かれと思って取り入れているファッションでも、実際には的外れになってしまっている事があり、植松晃士さんはそれらを少し改善するだけで見事なコーディネートに仕上げていました。

さらにそのお昼の番組のスタイルが主婦向けという事もあり、かなり少額なファッションアイテムでバランスを整えてしまうのにも感心しました。

全身のファッションを丸ごと変えるような事ではなく、靴下の色や髪を束ねるといった微差で、こうも見事に全体の印象が変わるのかと勉強になり、改めてファッションのプロの凄さを実感する良い機会となりました。

このような微差は当然メンズファッションにも当てはまるものなので、興味のある方はヒルナンデスをチェックしてみてください。

そして中でも私が気に入ったのが「アク抜き」という表現です。こだわりのファッションほど上手くアク抜きをしないと「くどく」なってしまうという表現が、とても分かりやすくて感心しました。

主張の強さは諸刃の剣

男女限らずファッションが好きな人ほど、何かしらのこだわりがあるものですが、こだわりの強いアイテムほど主張が強く、良い面だけではなく悪い面まで全面に押し出されてしまいます。

オシャレな髪型が許される職場は多くありません。その髪型の合わせるファッションとなると、限られた空間以外では残念な印象にしかなりません。

オシャレな髭も同様です。許される職種はかなり絞られますし、少しでも手入れを怠ると一気に不潔になってしまいます。

ファッションアイテムで分かりやすいのは金ぴかの腕時計でしょうか。お金持ちアピールは出来るかも知れませんが、目立ち過ぎると成金丸出しの下品な印象になってしまいます。

その金ぴかの腕時計に強いこだわりがあり、どうしても身につけたいのであれば、適度にアク抜きをする事でバランスを保つことが可能になります。

バンドを控えめなものに変えたり、しっかりとシャツの袖の中に納まるようにしたり、あえて磨かずにくすんだ状態をキープしたりといった感じで、目立たせない工夫をするような事です。

参考加藤浩次の腕時計が見事だった!

他にも革靴も当てはまるかも知れません。明るい茶色の革靴を鏡面磨きでピカピカに仕上げてしまうと、こだわりの強さが全面に押し出されてしまいます。

汚い靴が良いわけではありませんが、決まり過ぎているファッションにもリスクがあります

女性に「神経質で付き合うと面倒そうだな」と思われてしまうかも知れません。極度な潔癖症の人と付き合うのが難しいように、こだわりの強さが全面に押し出されてしまうと、メリットよりもデメリットの方が多くなってしまいます。

これは逆の立場で考えてみると分かりやすいのですが、全身分かりやすいブランド物で固めている女性には近づきがたいような事です。エルメスのバーキン(超高級バッグ)を持っている女性を口説ける男性は多くありません。

学校で一番の美人より、クラスで2~3番目に可愛い女の子の方が多くの男子から告白されるように、手の届きそうなポジションの方が有利に働くケースは珍しくありません。

メンズファッションにもこのバランス感覚は当てはまります。一点豪華主義のアイテムが有利に働くケースは多くありません。キャバ嬢にはモテる(カモにされる)かも知れませんが、一般女性から好かれる要因にはなりません。

こだわりが感じられるアイテムというのは一部の女性にしか好かれないので、どうしても取り入れたいのであれば、適度にアク抜きをする必要があります。

こだわるポイントのズレ

ファッション好きの人というのは、異性に好かれる事よりも自分が好きなファッションをする事で満足するので、それはそれで問題ないのですが、多くの男性がファッションに興味をもつ理由というのは、やはり女性にモテたいからではないでしょうか。

女性との接点がキャバクラしかない男性であれば、分かりやすく金持ちアピールできるアイテムが有効かも知れませんが、一般女性からモテたいのであれば、こだわるべきポイントは別のところにあるはずです。

これは車で考えると分かりやすいのですが、基本的に車に強いこだわりのある男性は女性にモテません。中古車を改造してお金を掛けている男性に好感をもつ女性はかなり少数派です。

悪目立ちするだけでなく、エンジンがうるさくて乗り心地も悪いくせに、土足厳禁だったりするので、多くの一般女性には避けられてしまいます。

だからといって安いボロボロの中古車が良いという事でもありません。それなりに新しくて清潔感のある車に乗っている男性の方が、ずっと好感をもたれます。

全くこだわらない事が良いのではなく、こだわりが強過ぎない事が良いという事です。

休日の度に車をピカピカに磨いて車内に掃除機をかけて土足厳禁にして車を大切にしていると、同乗する方は気が利かないので乗りたくなくなるような事です。

メンズファッションも同じです。適当なファッションやズボラなファッションが良いという事ではなく、清潔感のある洋服をスマートに着こなしている男性ほど、多くの女性に好感をもたれます。

もちろん女性にも好みがあるので、全ての女性に好感をもたれるという事ではないのですが、少なくとも嫌われる事もありません

二人乗りオープンカーに乗っている男性が好きだという女性もいますが、一方で「オープンカーなんてあり得ない」という女性もいます。

実際に私が二十歳の頃に二人乗りのオープンカーに乗っていたのですが、時々「乗ってみたーい」という女性があらわれるので、初めの頃は「やっぱりスポーツカーはモテるんだな~」と嬉しくなっていたのですが、実際に助手席に乗せてオープンにすると、髪が乱れて寒いので直ぐに「閉じて」と言われてしまい、二度と乗りたがらなくなりました。

一方で普通の車であれば、それが理由で特別モテることはないかも知れませんが、避けられる事もありません

こだわりが強く感じられない「可もなく不可もなし」という選択肢の方が、多くの女性から受け入れられる(避けられない)傾向があります。

初対面で「ありえない」という烙印を押されてしまうと、そこから覆すのは至難の業ですが、初対面で「悪くはない」と思ってもらえると、チャンスが広がります。

まとめ 普通の凄さ

強面ファッションに惹かれる女性もいますが、そうではない女性からは避けられてしまうように、主張の強さは諸刃の剣です。

どうしても譲れないこだわりがあるのであれば、それを押し通すのが悪いとは言いませんが、女性にモテたいという目的でファッションに興味をもった男性であれば、こだわりを強く押し出す事は選択肢を狭める結果となってしまいます。

普通のファッションというと、これといってメリットがないように感じるかも知れませんが、普通のファッションにはデメリットもありません。これは大きなメリットです。

3%の女性にしか好かれないこだわりのファッションというのは、残り97%の女性から避けられてしまいます。

97%の女性から避けられない普通のファッションの方が、多くの女性にモテる可能性があるのは理解できるのではないでしょうか。

ただ普通のファッションと言っても、何も考えずに適当に選ぶということではなく、全力で普通と向き合う必要があります

普通のファッションの中でも、自分の肌と相性の良い色を選んだり、きちんと試着をしてフィット感を確かめたり、日頃から手入れをしながら良い状態を保ったりといった、普通の中での最高点をキープする必要があります

世の中の男性の多くがここを勘違いしているので、「半年毎に新しい洋服に買い替えれば清潔感は十分だろ」といった雑な着こなしになってしまいます。

きちんと裾上げをする事だったり、アイロンを掛ける事だったり、靴磨きをする事だったり、型崩れしないハンガーに掛けるような事を平気で怠るので、新しい洋服でも直ぐに無残な形になって薄汚れていきます。

ネクタイの結び目一つで印象は大きく変わりますし、ボタンの開け閉めといったちょっとした事でも変わります。トイレに行く度に鏡で髪型の乱れやフケをチェックするような習慣も大切です。

当たり前の事を当たり前に出来ている男性が少ないので、当たり前の事を当たり前にするだけで、周囲の平均より頭一つ抜け出ることが出来るようになります。

普通の中にも幅があるので、その範囲の中で良い状態を保つ事が重要です。

女性にモテたいという理由でファッションに興味をもった男性は、中途半端にこだわりが感じられるブランド物に手を出すのではなく、普通の上限を目指した方がずっと簡単に目的を達成しやすくなります

どうしても譲れないこだわりがあるのであれば、上手くアク抜きをして主張を抑えてください。

ロン毛が譲れないのであれば、普段はまとめておいてください。

ヴィンテージジーンズが譲れないのであれば、上着や靴はキレイ目にしてください。

特定のブランド服しか着たくないのであれば、ロゴが目立つものは避けてください。

高級腕時計が譲れないのであれば、シャツの袖に収まるようにしてください。

これらのようなアク抜きをしてバランスを整える事で、女性に避けられる要因になってしまう主張の強いアイテムでも、普通の範囲内に収める事が出来るようになります。

普通の凄さを軽視しないでください。徹底した普通こそ、多くの女性にモテる結果につながります

高級スーパーにしか行かない女性など滅多にいませんが、コンビニは大多数の女性が利用します。だからといってトイレが汚いコンビニや接客態度が悪いコンビニでは、近くのお店にお客さんを奪われてしまいます。

普通のコンビニでも清潔感があった方が人気になるように、普通の中でも幅があるので、徹底的に普通の上限を目指してみてください。

結果的に多くの女性から好かれる(嫌われいない)事になり、チャンスの数が増えていきますよ。

【関連記事】
洋服の品質は価格と正比例しない

男性ファッションに抜け感はいらない

オシャレ好きがオシャレだとは限らない

コメント

  • 安定の普通推しw

    by 匿名 €2019年5月8日 10:25

down

コメントする