男の着こなし.com

太った体型の男性ファッション、ポイントはやっぱりサイズ

太った男性向けのファッションとは

今回は太った男性向けのファッションについて考察します。

太っている体型の男性向けのファッションの着こなしテクニックとして、一般的に言われているのが、

「膨張色はダメ!」

「ボーダーはダメ!」

などと言われています。

これらは太っていることをより強調してしまうのでNGということなのですが、それぞれ顔も髪型も体型も違うので、これらの条件が一概に正しいとも言い切れません。

隣の同じような体型の男性がいれば、洋服の柄や色の違いで印象が変わるかも知れませんが、そのようなわかりやすい比較がされるケースというのは稀です。

太っていることを隠そうとすることだけが着こなしテクニックではありません。そのようなテクニックについて解説されている書籍もありますが、

はずさない男の私服コーデ術(7)ポッチャリ体型の上手なコーデ編

太っている体型を隠すという発想の前に、やるべきことがあります。そちらの方が太った男性の魅力を引き出しやすくなります。

洋服が似合わない条件

太った体型の男性のファッションが似合っていない最も大きな理由は、サイズが大きすぎる洋服を選んでいるからです。

洋服のサイズが小さすぎたりピチピチだと、お腹の出っ張りが目立ってしまうので避けたいのはわかります。

ですが、お腹を目立たせないように必要以上に大きすぎる洋服を選んでしまうと、洋服の皺が増えてしまいます。さらに細かな事をいうと、上着なら洋服の肩幅が合わずに肩から袖が落ちてしまったり、袖口や袖丈まで長くなってしまいます。

お腹周りのサイズに余裕を持たせすぎたズボンだと、裾も広がってダボダボになってしまいます。

太っている男性の多くが、このような着こなしになってしまっています。身体が大きいのにも関わらず、お下がりを着ている子供のような着こなしです。

ブカブカのTしゃつ

サイズが大きすぎる洋服というのは、それだけ余分に生地が余るので皺がたくさん増え、清潔感まで失われてしまいます。

太っている男性は体型が変わりやすいということもあり、つい大き目のサイズを選ぶ傾向がありますが、このサイズ合わせを改めることで大幅に印象を改善することが可能です

ジーパンのようなタックのないズボンだと、お腹周りに合わせてサイズを上げてしまうと、全体的にブカブカになってしまいますが、ツータックのズボンであれば裾が広がり過ぎるようなことになりません。

また大き目のサイズの洋服は体型の変化に気づきにくいですが、きちんとサイズを合わせた洋服は体型の変化に気づくので抑止力にもなります。これも凄く大切な要素です。

若い頃から体型をキープしている人の多くは、タイトな洋服を好む傾向があります。僅かでも太ると洋服がきつく感じられるので、自然と摂生することができるからです。

きちんとサイズを合わせた洋服というのは、単純に似合やすいだけでなく、余計な皺が少なく清潔感があり、体型を維持(意識)することにつながります。

サイズの大きな洋服を扱っているお店のモデルさんの着こなしを観察するとよくわかるはずです。決して大き過ぎるサイズを選んでいません

一般的なお店の洋服で大きなサイズを選んでしまうと、全体的にサイズが大きく膨らんでいるので肩幅や袖や裾が長すぎるようなことになるのですが、大きいサイズの専門店の洋服だと、あらかじめ太っている方の体型を考慮して設計されているので、適度にお腹周りだけにゆとりを持たせたようなシルエットになっています。

このような太っている人向けの洋服をしっかりと選ぶことがポイントです。一般のお店のサイズの大きな洋服(2L)が似合うのは、180センチでガタイの良い男性だけであり、170センチの太っている男性向けではありません。

これを勘違いしている男性が多いので、お下がりを着ている子供のようなだらしのない印象になってしまいます。子供であれば可愛げもありますが、成人した男性だと不潔でズボラな印象にうつってしまうので気をつけてください。

洋服は肩幅が重要

洋服の上着を上手に着こなすには、肩幅のサイズが非常に重要なポイントになります。太るとお腹や二の腕が太くなりますが、肩幅はそれほど変わりません。

痩せているときにMサイズがピッタリの体型の男性が、太ったからとXLを着てしまうと、お腹は隠せても肩幅が大きすぎるので、肩がずり落ちて皺が増えます。すると全体的にだらしのないファッションになってしまいます。

太った体型を隠そうとすればするほど、より太っていることが強調されてしまいます

ズボンのサイズもお腹周りの為だけにサイズを上げてしまうと、裾が広くなってしまいます。裾上げをしても広すぎておかしなバランスになってしまいます。

薄毛も隠そうとすればするほど、横から持ってきたり、後ろから持ってきたりして、より髪の薄さが強調されてしまいますし、白髪も黒々と染め過ぎると不自然に浮いて見えてしまいます。

参考美容室よりも理容室がおすすめの理由

これらと同じように、太っている体型を安易にサイズの大きな洋服で隠してしまうと、不自然な皺が増えて実際の体型よりも太っているように見えてしまいます

ここを気をつけてほしいと思います。

薄毛の人が頑張って髪型をセットしても、正面からしか隠しきれないように、太っている人も隠し通すことなど出来るものではありません。

自分では鏡で正面から確認して隠せていると思っても、周りの人が鏡のように正面から見ることなど稀です。むしろ正面以外の350度から見られているので全く隠せていないと自覚してください。

薄毛や太っていることを「隠している」「気にしている」と周囲の人に思われることの方が問題です。むしろ「この自慢の体型をキープしています」ぐらいの方が、堂々とした印象になり、男性らしい魅力が増すものです。

芸能人でも薄毛やぽっちゃり体型の愛されキャラがいますが、彼らはそれらを隠していません。むしろ武器にしてしまっています。その方が周りが安心して付き合えるようになります。

周りに隠していることがバレると、腫物に触れるように気を遣わせることになります。この状態で魅力を引き出すことなど不可能です。太っている体型を活かす方向を意識してください。

次は具体的に太っていることを上手に活かしている有名人を紹介します。太っているというデメリットを武器に変換すれば、それは大きなメリットになります。

膨張食を避けることで痩せてみる着こなしテクニックではなく、太っていることをメリットに変えるファッションがあることを知ってください。

これを理解できるようになると、必要以上に太っている事を隠す必要がないとわかると思います。

次は:ぽっちゃり体型をカバーするメンズの服は・・・
mae iro iti iro ni san tugihe
3ページ中、1ページ目を表示

down

コメントする